2012.01.24

なんていい陽気だったのだろう ―キルフェボン名古屋店へ惜別の辞

 小春日和。桜匂いぬるキャンパス。日の光を映した噴水。高く広く薄青いドームの中心。季を経るたびに、そのようなものたちが見えて聞こえて触れていったとき、何の気無しに浮かぶことばがあります。
 厳しい冷たさの中、激しい暑さの中、それらが緩む瞬間、固まっていた身と心が、はらん、解けて、頭を上げて甘い空気を吸い込める場所がありました。
 栄駅で降り、セントラルパークに行こうか、サカエチカからデパートを巡ろうか。北へふらりふらりと歩き、服を眺めたり、雑貨を見たり。久屋大通駅に着いたら、アネックスに上がり、フランフラン、プラザ、無印良品、東急ハンズをチェックして、南へ引き返します。三越までくると、少し疲れたかなあ、休もうか、いや、もう少し見てから、と、丸善だったり、ロフトだったり。大津通を歩く頃には、本格的に足は重く、日も傾いていて。
 そして、目に留まります。西から光を受けて白くてぴかぴかと眩しい松坂屋南館一階。
 全面ガラス張りで大津通からは丸見え。そのガラス越しに白いお皿と白いカップと小さな色と色。
 どうしても惹きつけられます。松坂屋南館のドアを押し抜けると、背の低い白い壁。今度はガラス越しではない色と色と嬉しそうな人たち。
 やっぱりここで、と決まります。でも、すぐに入ることができたためしは無かったように思います。いつ行っても、入り口の横、向かって左に並べられた銀色の椅子で待たないといけませんでした。けれども、その待ち時間も楽しく、渡されたメニューを見て、
「あ、今はこういうのが季節限定になっているのか。でも、いつものこれも美味しいし」
 などと、考えているうちに、どうぞ、と促されて店内に。
 白と青。清清しくあたたかい。
 入り口の前のショーケースには、先ほど渡されたメニューの本物が並んでいて、写真と本物はやっぱり違うなあ、これが良いような気がしてきた、となるようにお店が作ってあって、あっさりと気分が高められます。
 お店の中はちょっと窮屈なような、席と席がくっつきすぎているような、でも、必要十分な間というか、きっちりぴしりと詰まっていても、いや、詰まっているからか、お隣さんは気にならず。
 テーブルに運ばれたタルトは、とんがった方にフォークを入れます。果物とカスタードクリームの間を通って、底のタルト生地を、かしり、と割って、タルト生地の破片とカスタードクリームと果物、三位一体に絡めて、を繰り返し。
 最後、タルトの縁を上手く食べられたことが一度もありません。底よりも堅いそれは、フォークを立てても割れず、突いても割れず、ぐっ、と力を入れると、ぱきり、と、二つ三つに割れてお皿に広がり。もうカスタードクリームは残っていないので、タルト生地はなかなかフォークと馴染んでくれず、右に追って、左に追って、やっとすくって、少し口を近づけて、放り込みます。
 お水を飲んで、ふっ、と息をついて、そろそろ出ようか。きびきびと動く、真っ白いエプロン、青と白のストライプのパンツ、チェックのバンダナ、の明るさと元気が目に染みます。
 こういう一連の流れが、キルフェボンの美味しさです。外から丸見えなのも、(ほぼ必ず)待つのも、あれもこれも、何もかも全部込みで、美味しかったです。
 キルフェボンのタルトは、決してお手頃とは言えません。手が出せないほど高価というわけではないけれども、これ1ピースで、夕ごはん、たらふく食べようと思えばできるなあ、くらいなので、迷います。
 なので、「ここぞ」というときのキルフェボン、でした。だから、白い壁の前で待っているだけで満たされていました。今日はここのタルトを食べてもいいんだ、という心の浮く感じだけで美味しかったのです。
 キルフェボンを出て、矢場町駅へ。
「僕は、あっちから乗るから」
「分かった。ここで乗るから。じゃあ、また」
 その時、雨がしとしと降っていても、じっとりとしていても、風が冷たく強くても、思っていました。
「なんていい陽気なんだろう!」

Merci! Qu'il fait bon Nagoya


 ◎店舗・商品データ
 ・商品データ
  商品名:季節のフルーツタルト
  価格:¥672

 ・店舗データ
  店舗名:キルフェボン・名古屋店
  住所:名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店南館1階
  公式サイト:http://www.quil-fait-bon.com/
  ※2012年1月24日閉店


(本文中の各店舗の敬称は略しました。ご了承下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

大須通ればやっこが招く(ミニひつまぶし:やっこ)

 名古屋では梅雨明けはまだです。週末の雨が越えると、ようやくの梅雨明けになるでしょう。じめじめじとじとと、湿度を多く含んだ空気の中に居ると、体が重苦しくなってしまいますね。そうなると、さっぱりしたものを、ついつい、いただいてしまいがちになります。私も、そうめんやかき氷などに走っております。
 しかし、そんな食生活では、暑さはしのげても、胃腸は弱まるばかりです。こんなときこそ、「せい」のつくボリュームのあるものをいただかねばなりません。そうです、あの名コピーライター・平賀源内が言う「土用の丑の日には、うなぎを食せ」です。暑くて、体がくたびれて、力が入らないときこそ、ボリュームのあるものを摂り入れて、活発な内臓が出来上がるように目指すべきなのです。
 しかし、うなぎはお高いです。さて、困りました。困りますが、うなぎ、いただきたいです。さて、どうしたものか…、と、思いながら、大須の町の中をを通っておりますと、足が自然に向かいました。「うなぎのやっこ」さんです。

うなぎのやっこ・外観
 古くからの門前町のお店らしいたたずまい

 おじゃまします、と店内にはいると、門前町らしい、店員さんの活気の良さ。これもうなぎの力なのでしょう。
 しかしお値段が頭をもたげているので、困りながら、お品書きを見ます。

おしながき・その1
 やっぱり、2500円に手を出す勇気がありません

 うーむ、さすがに「ひつまぶし 二、五○○円」はお財布事情を鑑みると、苦しいものがあります。さて、どうしたものか、うな丼で誤魔化すか。いやいや、やっぱりここは名古屋。「ひつまぶし」をいただかないことにはどうにもなりません。しかし、困ります、困ります。
 と、思いながら、もう一つあったお品書きを見ました。

おしながき・その2
 ランチメニュー!! 1200円!!

 おぉっ! 「ランチメニュー ミニひつまぶし1200円」というのがあるではないですか。これだ、これにしましょう。すみません、ミニひつまぶし、お願いします。

ミニひつまぶし全体
 名前はミニでもたっぷりしています

 おぉぉっっ! 「ミニ」とはいいつつ、ボリューム満点のひつまぶしが登場しました。他のお店では、これで「普通サイズのひつまぶし」というところもありますよ。うわあ、嬉しい。
 おひつの直径は120mm、ごはんとうなぎを合わせた厚みは80mm、としっかりの内容量。うなぎは全長150mmのものを半分にして、二段乗せ。そして一切れが15mm~20mm程度になるように、短冊状に切られています。この冊切りがひつまぶしの特徴ですね。

おひつの中
 うなぎは、ちょっと小ぶりですが、二段になっています

 では、ひつまぶし作法に則って、いただきます。しゃもじを使って、おひつの中のうなぎとごはんを三等分して、まずは、一膳目。そのままお茶碗によそって、うなぎ本来の味を堪能します。

ひつまぶし・一膳目
 まずは、うなぎそのもののお味を楽しみます

 では、一口。こちらのお店は、うなぎのタレが、醬油辛くも塩辛くもなく、砂糖の甘さもそれほど無しです。それらの味よりも、だしがピシッと効いていて、うなぎの脂の香りを上手く前面に出しています。この脂が実に良いです。「じわ~っ」と染み出るような脂の濃さではなく、さらっとした、滑らかな脂のお味。皮は備長炭でいぶされていて、香り満点、パリパリの食感も歯が喜びます。

うなぎ・アップ
 備長炭でいぶされた皮のパリパリがたまりません

 かきこむようにいただくと、バランスの取れた、すっきりしたタレと、さらりとした脂、そしてほこほこの甘いごはん、これが三位一体となって、口の中で、渦巻いています。久しぶりにいいうなぎをいただいたなあ、と涙が出そうになります。

 そして、二膳目は、薬味をそえていただきます。用意されている薬味は、刻みあさつき、刻みのり、おろしわさびです。お好みで添えることができますが、私は全部を乗っけます。後のお茶漬け用に、半分を残して、おちゃわんに取り分けた、二膳目のうなぎの上に、ぱらぱらっ、と散らします。
ひつまぶし・二膳目
 薬味を乗せても、うなぎの味はしっかり

 普通は、うなぎというと、山椒が薬味ですね。でも、ひつまぶしは、これが一般的な薬味。山椒以外の薬味を良く考えたものだ、と、毎度毎度思ってしまいます。
 薬味を乗せると、また格別の味わいです。タレの甘辛さを残しつつ、あさつきとわさびの爽やかな香り、そして、のりの香ばしさは、うなぎのお味をさらに深く感じさせてくれます。わざわざこれを二膳目にする、名古屋のひつまぶしの意図。良く考えたものです。
 最後の三膳目は、二膳目のように薬味を乗せて、おだしでお茶漬けです。こちらはお茶ではなくて、おだしです。ちょっとだけ、おだしだけを飲んでみましょう。かつおだし、濃いめにしっかりでした。これだと、味の濃いうなぎにも負けないでしょう。

ひつまぶし・三膳目
 お茶漬けにするというのは誰が考えたんでしょうね。ノーベルうなぎ賞を差し上げたいです

 濃いめのおだしと、わさびのピリリ、おだしで、すこし外側に流れ出た、うなぎの脂、濃すぎないタレ。全てが統合されて、これぞひつまぶしの真骨頂、です。おだしで、水っぽくはならず、うなぎの味の濃さ、おだしの香りの相乗効果で、うなぎの旨みを何倍にもしています。

 ミニでしたが、この三膳でたらふくたらふく。薄味のおすましが、残りの脂を洗い流して、すっきりと、ごちそうさまでした。

おすまし
 食後、うなぎの脂をさらりと流してくれます

 これで、この夏を乗り切れそうです。大須は、本当に面白い町です。いろいろなお店が混在していて、一日居ても飽きません。そして、こんな美味しいランチをいただけるのですから、言うことなしです。
 さて、「せい」もついたことですし、ちょいと大須巡りに出かけましょう。

やっこ・キャッチコピー
 平賀源内に匹敵する名コピー


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:ミニひつまぶし(ランチタイムのみ)
 価格:¥1200(「ひつまぶし」は2500円)

・店舗データ
 店舗名:うなぎのやっこ
 住所:名古屋市中区大須2-30-1
 営業時間:11:30-14:00(日祝は15:00)、16:30-21:00
 定休日:月(祝日の場合は火曜日)
 公式サイト:http://www.unagi-yakko.com/
 アクセス:名古屋市営地下鉄「大須観音駅」2番出入口から大須観音の西側に沿って60m南下。大須観音の南を通る仁王門通り方面へ左折。赤提灯の下をくぐり、右手3ブロック目の角地。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

あってうれしい箱物(元祖はちみつトースト・チョコレートシロップがけ・生クリーム添え:元祖にんにくや)

 少し前に、「国立メディア芸術総合センター」という建物を建設するということが話題になりました。「国立メディア芸術総合センター」? 通称「アニメの殿堂」というもののことです。この建物の予算、117億円の計上が、建物だけのものであり、中のコンテンツは計上されていないということなどが、論議の的になっていました。やっぱり、中身があってこその「箱物」でなければならないでしょう。
 対して、ちゃんと中身まで染み渡っている「箱物」には好感が持てます。「にんにくや」さんの、「元祖はちみつトースト」のことです。たまに、この「甘い箱物」が無性にいただきたくなります。その想いがとうとう決壊して、箱を求めて行きました。

元祖にんにくや・看板
 「パワーアップグループ」という名前が頼もしいです

 にんにくでパワーアップ、たっぷりと甘いものでパワーアップ。なんとも頼もしい限りです。今回オーダーした、はちみつトーストは、「元祖はちみつトースト・ チョコレートシロップがけ・生クリーム添え」という、頼もしすぎる長い名前の甘い魅惑です。
 久しぶりにいただけると、わくわくしながら「元祖はちみつトースト・チョコレートシロップがけ・生クリーム添え」の焼き上がりを待ちます。待っている間に、この記事では「はちみつトースト」と略すことに決めました。
 お昼ごはんとしてのマルゲリータピザをパリパリッ、ささっ、と片付けて、食後の蜜箱タイムです。おっ、焼きあがったようです。

はちみつトースト
 見ただけで甘さが伝わってきて、嬉しいです

 おぉっ、いつみても、フルパワーです。スーパーで売っている、食パン約一袋分のトーストを、丸ごと、焦げ目がつくギリギリ手前で焼き上げて、中をくりぬいて、たっぷりのハチミツを染み込ませて、さらにバニラアイスクリームをトッピング。このバニラアイスクリームはトーストの熱で、徐々に食パンの目に染み込んでいっています。さらに甘さの強化です。トッピングには、クリーム界で、アイスクリームと双璧を成すホイップクリームも添えられています。さらにさらに甘さの強化。最後の仕上げに、チョコレートを網目状に縦横にこれまたたっぷり。甘すぎるのが見て取れるだけでたらふくで嬉しくなってしまいます。

はちみつトースト・アップ1
 バニラアイスクリームとホイップクリームのコンビがありがたい

 毎回思うことですが、思い切りの良い、どっしり感です。縦横が約100mm×100mm、高さが約80mmもあります。普段、これだけのトーストを一度に食すことが無いだけに、たまに、無性にいただきたくなるのです。

はちみつトースト・内側
 下の方は味が薄そうですが…

 これが一面の耳(これだけ大きいと、「耳」と表現して良いのかどうか分かりませんが)をはがしたところです。運ばれてきた時に、スタッフさんが耳の四隅をカットしてくださるので、開けやすく、食べやすくなっています。
 こうして見ると、上のほうから徐々に、はちみつとチョコレートシロップが染みているいることが分かります。さいころ状に切り目が入っているので、フォークですくい取りやすくなっています。

 では、甘みのたっぷりのコマををいただきましょう。
 おぉっ、甘い! 甘いもの好きの私が甘いと思うくらいしっかりと甘いです。はちみつがたっぷり染みてしっとりとなっていますが、はちみつ自体が、さらりとしたさっぱりタイプのものを使っているようで、甘みはちゃんと感じますが、くどくはなくて、さっぱりとした甘さを楽しむことができます。
 はちみつの甘さだけでは単調になりますが、力強いチョコレートシロップが加わってくれています。こっちははちみつよりもパンチが強くて、じっくり濃厚なお味になっています。はちみつ&チョコレートシロップのコンビは実に強力です。もう、とろとろの甘みです。

はちみつトースト・アップ2
 はちみつとチョコレートの強力コンビ

 さて、さらに強さを求めましょう。一コマをフォークに刺して、溶けかかっているバニラアイスクリームに絡めてみます。甘くないわけがありません。迫力と魅力の甘みになって、舌の上ではじけ飛んで、ひたすら甘くなっています。
 トースト部分は、ふわふわですが、かなり噛み応えがあります。あごが疲れてきたところで、まだ溶けていないバニラアイスクリームで一休み。乳脂肪分が高いタイプのようで、なめらかとろりとした濃厚な味わいと冷たさが舌とあごを休ませてくれます。
 つづけて、はちみつトーストにホイップの方を絡めてみましょう。こちらは、ふんわりと甘さがやや控えめ(それまでに甘さが強い部分をいただいていたために、舌の甘み感覚が麻痺している可能性があります)になっています。バニラアイスクリームよりも、このホイップクリームの方が舌休めに効果的に働いているようです。

 ある程度、中のふわふわ部分をいただくと、はちみつの味も、チョコレートの味も薄まってきました。普通は、クライマックスは後半に持ってこられますが、このはちみつトーストは最初からいきなりクライマックスなためです。
 しかし、にんにくやさんのはちみつトーストは、サービス精神旺盛です。はちみつとシロップが少なくなった時は、スタッフさんにお願いすると、追加してくださるのです! ありがたいことこの上ありません。早速、スタッフさんに追加のお願いをしました。

 「では、はちみつを掛けますので、ちょうど良いとことで『ストップ』とおっしゃってください。それでは、掛けます。

  『ぶんぶんぶ~ん、ハチが飛ぶ~。ぶんぶんぶ~ん、ハチが飛ぶ~』」

 「す、ストップ!」

 「ではチョコレートシロップを掛けまーす。

  『チョッコレ~トッ、チョッコレ~トッ、チョッコレ~トッ』」(あのCMの歌です)

 「あ、も、もう、その辺で!」
 「それでは、ごゆっくりお召し上がりください」

 追加の時は、歌つきなのです。この歌を聴くために、お召し上がりの方は、もぜひ追加をなさってください。楽しいです。

はちみつトースト・シロップ追加後
 ちょっと掛けすぎたかな…

 これが、追加後です。溶けきったアイスの上に、たっぷりのはちみつとチョコレートシロップ。実はクライマックスはここだったのです。残りのふわふわ部分を、とろとろの甘み成分ミックスといただきます。

 甘い。

 とんでもなく甘くなりました。1回目の「ぶんぶんぶ~ん、ハチが飛ぶ~」と1回目のチョッコレ~トッ」の部分で止めていて良いと思います。それでも、私には許容範囲。もう、頭の中は「甘い、甘い、美味しい」だけです。
 さて、中のふわふわのパン生地の部分はいただき終わりました。箱物は箱だけでは使えないと言われますが、このパンの耳箱は、もちろんちゃんといただけます。こちらは、中と違って、パリッパリのスナック感覚です。これに内側に残った甘み成分を絡ませてカリパリといただきました。しかし、すでにおなかはしこたまの甘み(それと、その前のマルゲリータピザ)で、たらふくいっぱいになっています。さすがに、少々きつくなってきました。でも美味しい。さらに、耳は固めなので、しっかりした食感。一度、あごを動かすことで、二次曲線状に満腹中枢が刺激されていきます。…それでも、クライマックスを乗り越えて、ごちそうさまです。ふーぅ。もう、おなかいっぱいです。おかわりは要りません。

 こうして、久しぶりのはちみつトーストで、たらふく過ぎになりましたが、また、忘れた頃にこの甘さを欲して、同じように、『ハチが飛ぶ~』と「チョッコレ~トッ」をスタッフさんに歌わせすぎにしてしまい、食べ応えあり過ぎで、甘みに溺れることが分かっています。でも、過ちとは思いません。それが、このはちみつトーストの魅力なのですから。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:元祖はちみつトースト チョコレートシロップがけ・生クリーム添え
 価格:¥788

・店舗データ
 店舗名:元祖にんにくや(イオンナゴヤドーム前SC店
 住所:名古屋市東区矢田南4-102-3 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター1階
 営業時間:11:00-23:00
 定休日:無休
 公式サイト:http://www.power-up.jp/
 アクセス:名古屋市営地下鉄「ナゴヤドーム前矢田」駅から、ナゴヤドーム方面に向かい、その対面のイオンの1階


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.07

雲の上でしっとりふわりとくつろごう(抹茶のシフォンケーキ、豆乳ラテ:sora cafe)

 『ドラえもん』の道具に「雲かためガス」というものがあります。Wikipediaで調べてみると、初期から後期を通して5作品に登場しているので、心当たりのある方が多いのではないでしょうか。名前の通り、このガスを雲に吹き付けると、雲が綿のように固まり、その上に乗れるようになるのです。
 複数回、藤子・F先生が、この道具を登場させていることから、藤子・F先生ご自身が「雲の上に乗って、空の世界に居れたらいいだろうな」と強く考えていらっしゃったかもしれない、とうかがわれます。
 藤子・F先生だけではなく、世の中のたくさんの人々が空の上の世界に憧れをいだいているのではないでしょうか。雲の上ですから、その上には雲は無くて、真っ青な空が広がるばかり。地上の喧騒から離れて、ゆったりと雲のベッドで一休み。こんなことを考えてみたことはありませんか? さぞかし気分がいいだろうな、と思います。でも、実際は、雲が発生している高さでは、寒すぎて、結果、永久の眠りになってしまいますが…。そんなことを言ってしまうと元も子もありませんので、やっぱり、青い天井、心地よい雲のソファーで暮らせたら、さぞかし良いだろうな、と考えることにしましょう。

 そのような「空への憧れ」を満たしてくれるお店が、「sora cafe」さんです。お店を外から見ると、一階がライムグリーン、二階がホワイトに色分けされています。また、お店の前には、背の高い鉢植えがあって、こうしてみると、明るい緑の森とその上に、ぽっかり、と、広がる雲のように見えます。爽やかに、雲の中でくつろげるような雰囲気が、伝わってきます。

sora cafe・外観
 名前のとおり、爽やかな雰囲気です

 店内はしっとりと穏やかな雰囲気。はっきりと確認したわけではないのですが、1階が禁煙席、2階が喫煙席になっているようです。1階はお料理スペースがはいっているために、2階の方が座席数が多くなっています。窓際のテーブル席、内側のソファー席に分かれていて、本当は禁煙席が良かったのですが、満席だったので、今回は、2階のソファー席に案内してくださいました。間接照明の電球光で、柔らかい感じで、雲の中はこんな感じかもしれないと思わせてくれます。
 オーダーは「抹茶のシフォンケーキ・バニラアイス添え」と「豆乳ラテ」。これまた、本当は、九州(の一部での)名物「とり天」をいただきたかったのですが、ランチタイムを過ぎてしまっていて、今回はケーキとドリンクだけです。

抹茶のシフォンケーキ&豆乳ラテ7
 アイス添えにしましたが、ホイップも付いていました

 シフォンケーキは、苦すぎない、ほのかな抹茶の風味。すっきりとしていて、軽くて、ふわふわの生地にぴったりの香りです。十分にエアが含まれていて、しっとりふわりとまさに、これもまた、雲のような印象です。
 アイスクリーム添えはプラス50円なのですが、これにして正解でした。基本のトッピングがホイップクリームに抹茶パウダー、キャラメルソースと盛りだくさん。それにバニラアイスクリームが加わっているのですから、最強です。いろいろと味を変えて、シフォンケーキを味わうことができます。とろけたアイスクリーム+キャラメルソースでまずはいただいてみると、シフォンの細かい目にコンビネーションの甘みが入ってきて、しっとりした甘さになっています。これだけで、気分は軽やかです。あっという間に、心までたらふくになりました。一方、ホイップクリームの方は、やや固めの食感です。こっちは、シフォンに、ちょん、と、乗せて、いただくと、甘さが控えめ。バニラアイスクリームとはまた別の甘みで、お得な気分になれました。

抹茶のシフォンケーキ・アップ
 溶けたアイスが、シフォン生地に染みこんでしっとり甘く

 十分に甘くなった口の中を、「豆乳ラテ」で静めます。最初は、シロップを入れずに、そのまま飲んでみました。…うん、私は普段から無調整豆乳を愛飲しているので、それほど気にはなりませんでしたが、コーヒーの苦味と、豆乳独特のたんぱく質的なクセがありますね。豆乳を普段召し上がらない方は、最初からシロップをお好みで入れたほうがいいかもしれません。シロップを入れると、豆乳らしい、少しとろりとした感触がはっきりとわかるようになって、大豆の甘みが際立ちます。

 シフォンケーキと豆乳ラテをごちそうさま、といただき終わっても、すぐに立ち上がる気にはなれませんでした。それほど、居心地の良い空間なのです。雲のソファーもこんな感じなのかな、と思いながらくつろがせていただきました。

 「とり天」のところでも書きましたが、時間帯で、ごはんものや、アルコールもいただけるようになっています。営業も結構遅い時間までになっているので、夜カフェに使うのもいいようです。
 実は、sora cafe さんには、過去3度、「とり天」を求めていったことがあるのですが、時間帯ミスだったり、定休日だったりで、4度めにして、ようやく、こちらでたらふくになることができました。
 よし、今度こそは、「とり天」を食べるぞっ!


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:抹茶のシフォンケーキ(バニラアイス添え)
 価格:¥480(+¥50)

 商品名:豆乳ラテ
 価格:¥577


・店舗データ
 店舗名:sora cafe(ソラ・カフェ)
 住所:名古屋市中区栄3-22-16
 営業時間:11:30-22:00
 定休日:水
 公式サイト:http://www.sora-cafe.jp/
 アクセス:名古屋パルコ西館・南館前交差点を西へ。そのまま直進して約300m。若宮八幡宮裏手の右側。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.03

トロッとリッチな夏のフラペチーノ(コーヒージェリーフラペチーノ:スターバックスコーヒー)

 私はスターバックスさんに行くと、たいていは、「コーヒーフラペチーノ」に甘さを足すために無料のカスタマイズメニュー「チョコレートソース追加」をお願いしています。 特に夏場は、お買い物などの途中、スターバックスさんに立ち寄り、このフラペチーノをいただくと、ひんやりとした冷たさで汗がすーっ、と引き、チョコレートソースのみがコーヒーのほろ苦さと相俟って、疲れがすっきりと晴れていきます。
 そのコーヒーフラペチーノに、この夏の新商品「コーヒージェリーフラペチーノ」が仲間入りしました。コーヒーフラペチーノとクラッシュコーヒーゼリーが二層になっていて、その上にホイップです。
 これにいつも通り、チョコレートソースを追加していただきました。そして、今回は、コーヒーゼリーに合うかもしれない、と、これまた無料でカスタマイズできるキャラメルソースも追加していただきました。甘さ対策はこれで万全です。

コーヒージェリーフラペチーノ
 ごちゃごちゃしていますが、好きなのです

 さらに、好みのトッピング「シナモン+バニラ」でお気に入りのバージョンの完成です。…原型をとどめていませんね。でも、この盛りだくさん加減と、シナモンのスパイシーさが好きなのです。では、いただいてみましょう。
 まずは、ホイップの軽い甘さと、スパイシーなシナモンのフレーバー。対照的な、軽みとしゃっきり感で、強い味わいを見せてくれます。
 少しホイップを突き崩しつついただいた後、シナモンと、バニラと、チョコレートソースと、キャラメルソースが掛った残りのホイップを、一気に下のフラペチーノの層とかき混ぜます。少し、コーヒーの香りが立ったかと思うと、そのまま甘みとスパイスの渦に巻き込まれていきました。
 こうして出来上がった、何と言っていいのか分からないフラペチーノは、何と言っていいのか分からないお味に変化しています。甘みは確実に増幅されています。香りはコーヒーが4割、あとは、それぞれのトッピングが均等に分割されて配合されているとしか表現しようがありません。いつものくせで、ややシナモンを多めに振ったので、ぴりっ、とした、鼻に鮮烈に抜ける香りが強いでしょうか。これだけトッピングを増やすと、いろいろな味わいが含まれていて、一食のごはんのように思われて、たらふくになってきます。

 では、このフラペチーノの眼目、「ジェリー」をいただいてみましょう。底の部分に、おおよそ30mm~40mm角くらいのコーヒーゼリー、いや、コーヒージェリーが沈んでいます。これをプラスチックのスプーンですくっていただいてみます。…おや? …あれ? …すくえません。プラスチックカップとプラスチックスプーンの間を、溶けてアイスカフェオレ状になったフラペチーノのプールの中で、あっちへつるり、こっちへつるり、と、コーヒージェリーが逃げるように泳いで、上手くスプーンですくえないのです。何分かすくうのを試みましたが、諦めました。
 スターバックスグリーンの太めのストローを底まで差し込んで、吸い込みます。

 とろとろとろとろとろとろとろ。

 おおおっ!!

 この食感!! 良いではありませんか! 普通にゼリー、いや、ジェリーをいただくよりも何倍も楽しくて、美味しく思えます。もともとクラッシュジェリーになっていますが、ストローで吸うことにより、ストローの大きさに細分化されて、溶けて、スパイスの香りたっぷりになったフラペチーノと共に吸い上げられて、舌の上を流れていくのです。

 ストローで吸うゼリーと言って思い出すのが、グリコさん『ドロリッチ』です。ドロリッチの方が、キャラメル味がはっきりしていて甘さが強く(コーヒージェリーフラペチーノも、もっとガムシロップやハチミツを足せば甘みは強まりますが、その分コーヒーっぽさが薄れてしまうでしょう)、ゼリーがもっと細かくなっていて、ストローで吸い上げたときの「とろとろ感」が弱いです。好き好きはあるでしょうが、コーヒージェリーフラペチーノのジェリーの方が大きい分、独特の食感を楽しめるかな、と思いました。


◎商品データ
 商品名:コーヒージェリーフラペチーノ(グランデサイズ)
 価格:¥530


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

うなぎは粉にされると思わなかったであろうし、アイスに挟まれるとも思わなかっただろう(うなぎパイのミルフィーユ:うなぎパイ本舗)

 浜松の友人に会いに行きましたら、「夜のお菓子」で知られる「春華堂」さんの工場見学に案内してくれました。

うなぎパイ工場・外観
 夜のお菓子の殿堂

 魔法のように次々と出来上がるうなぎパイに驚嘆の声を上げ、改めてうなぎパイの凄さを見せ付けられました。
 工場は、1階がラインになっており、成形から包装までを手際よく機械と人力で行っていて、2階はその様子を上から眺めたり、顔出し写真などが置いてあり、工場と観光が上手にミックスされていました。そして、一通り見終わった場所にカフェサロンがあるのです。至れり尽くせりです。

 スタンダードなお菓子もありましたが、せっかくうなぎパイ工場に来たので、とことんうなぎパイを味わいたいと思い注文したのが、

うなぎパイのミルフィーユ
 夜のお菓子の殿堂

 「うなぎパイのミルフィーユ」です。

 …あれ。想像していたといいますか、いつものミルフィーユではありません。ミルフィーユというと、薄いクレープ生地の間にクリームを挟んで、何枚も何枚もそれこそ「ミルフィーユ」(千枚の葉)のようになっているのですが、もろにうなぎパイです。
 うなぎパイ―バニラアイス―うなぎパイ―クリームです。milleまであと998足りません。でも、これでいいのでしょう。うなぎパイで千枚重ねると工場の建物の高さを遥かに上回るでしょう。そんなものできるわけありません。大人なのですから、そこは納得しましょう。

 付け合せは、栗に小豆、抹茶ソースが綺麗に敷かれています。ミルフィーユという名前を気にしなければ、ちゃんとしたデザートなのです。お味はといいますと…、うなぎパイを召し上がったことがある方でしたらお分かりでしょう。あのさっくりとした食感と夜に元気が出そうな甘さ、それにバニラアイスを足したものです。見た目の意外性に比べて、味は見た目どおりでした。
 うなぎパイを最大級にもてなした感じのフォルムにしてみました、というお品でしょう。うなぎパイと市販のアイスクリームを合わせていただいても美味しくなると思います。さくさくっ、とあっという間にごちそうさまになりました。1000は行き過ぎにしても、10くらい、フランス語風に言うと、「ディスフィーユ」くらいになっていれば、たらふくになれたことでしょう。

 工場見学が出来て、お土産(うなぎパイ1枚+うなぎパイストラップ)をいただいて、ここだけの甘味で一休みできるのですから、よくできています。また行きたいです。

2階の手すり
 手すりの支えがうなぎ。細かい


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:うなぎパイのミルフィーユ
 価格:¥650

・店舗データ
 店舗名:うなぎパイ本舗 大久保工場・カフェサロン
 住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51
 営業時間:10:00-18:00(カフェサロンのオーダーストップ17:30)
 定休日:不定期(年間360日営業)
 公式サイト:http://www.shunkado.co.jp/
 アクセス:浜松西インターチェンジを降りてすぐの「浜松西I.C」交差点を右折(南西方向)してから直進。約8kmのところにある看板にしたがって左折してすぐ。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

玉子のいろいろを召し上がれ(オムハヤシ:洋食のことこと屋)

 『365日たまごかけごはんの本』(T.K.Gプロジェクト・高木伸一著 読売連合広告社 2007年9月)という本が、しばらく前に話題になりました。生玉子と、白いごはん、醤油の、三位一体は崩れるべくもあらずと思われていらっしゃった皆々様を、玉子かけごはんの第三ステージへと誘う本として、喝采を浴びて迎えられました。

 何故に、このように、玉子とごはんが迎えられたかと考えてみますと、もともと日本の人々は、玉子にも、ごはんにも、あれこれと手を加えたくなる性分があるように見て取れます。ゆで玉子一つをとっても、「完全に茹でたやつ。そいつの殻を綺麗にむいて、伯方の塩で召し上がるのがお好きな方」、「外側の白身はしっかり固まっているけど、黄身は半分だけ熱の通った『とろり』の状態で、形を崩さないように丁寧に殻をむいて、アジシオをふりつつ、ちょっとずつ召し上がる方」、「私は温泉玉子。そのための専用の機器を買いました。自動で出来た温泉玉子を、ダシ醤油でつるりんといただきます、という方」等々。これ以上、人々の思い入れが強い食べ物が他にあろうかと言うほどの千差万別ぶりです。
 ごはんと玉子の組み合わせはまだあります。温かいごはんに、ダシ汁を吸った衣のカツを入れれば、カツ丼になります。カツではなくて、鶏肉だったら玉子丼、親が抜けたら玉子丼、ダシの代わりとろりとしたあんだったら中華玉子丼、と、まさに七変化。ごはんさえ見付ければ、玉子はどこへでも器用に出張します。

 すこし本題からそれました。本編に方向を戻します。
 ガチンコ勝負では、生玉子に判定が下るでしょう。シンプルさに関しては、ゆで玉子に優るものを見出せません。しかし、「料理になっている」という観点から、考えると、「オムレツ」に行き当たります。
 オムレツもまた、いろいろなタイプに分かれるようです。詳細は省きますが、固め、ふんわり、とろとろ…。
 そうしたら「オムライス」のスタイルももちろん変わるわけです。オムライスは洋食とされていますが、日本生まれ。玉子かけごはんの好きな日本人が、いかにも考えそうなお料理ではありませんか。何かの本で読んだ覚えがあるのですが、オムライスは、薄焼き玉子で寿司飯を包む「茶巾寿司」からヒントを得たのだそうです。
 オムライスのスタンダードタイプも、薄焼き玉子でチキンライスを包んだものですね。そこから派生して、これまた変化を見せています。チキンライスの上にオムレツを乗せて、いただく直前に、真ん中を開いて、内側と表側がひっくり返るようにする、通称「タンポポオムライス」(元祖は、伊丹十三氏のアイディアで、東京・日本橋の「たいめいけい」さんでいただけます)。オムレツを紡錘形に丸めずに、そのままチキンライスの上に乗せるタイプ。これは「かに玉丼」をオムライスの一種と捉えたら、当てはまるでしょう。

 今回、ご紹介する「ことこと屋」さんの「オムハヤシ」は、チキンライスの上に、半熟状態で紡錘形に丸める前のオムレツを、ひっくり返さずに、そのままかぶせ、その縁にハヤシソースを廻らしたお品です。

オムハヤシ
 見も心もとろけます

 玉子は半熟状態の中でも、「思い切り半熟」の部類に入ると思います。フライパンに接していた面は固まっていて、反対面は生に近くて、ところどころ、生に近い白身の部分があります。よって、とろとろのオムライスになっています。固めに焼いた薄焼き玉子を、ぶつり、と、割り切るタイプのオムライスがお好きな方は、肩透かしを食うかもしれません。でも、このとろとろっぷりが絶妙なのです。

オムハヤシ・アップ
 火の通し加減が特上です

 少しの量でもいいから、たくさんの種類を食べるのが好き、とおっしゃる方にはぴったり。固まった白身、固まった黄身、黄身と白身が一緒になって固まっているも部分、とろりとした黄身、白身、玉子の諸相が現れています。
 これらのいろいろ玉子を、ハヤシソースと絡めていただくのですが、このハヤシソースも玉子を引き立て、チキンライスを助ける、見事な活躍っぷり。柔らかい風味の玉子に、じっくりと煮込んだ牛肉と玉ねぎの旨みと甘み、トマトソースの酸味を連れて来て、濃厚な味わいとなっています。

オムハヤシ・ハヤシソース・アップ
 やや酸味が強いです

 このやや濃いソースは、玉子を引き立てると同時に、玉子からもまろやかになだめられ、これまた、バランスが巧妙に取れています。
 そして、チキンライスは、ソースよりも、もう少し酸味が強くなっているようです。さっぱり、という印象です。やや固めのライスで、表面で味を受け止めています。

オムハヤシ・チキンライス・アップ
 固めのごはんで、玉子とのコントラスト

 とろとろの玉子を、とろとろのハヤシソースとミックスし、しっかりめのチキンライスと共にいただくというスタイルと言えるでしょう。ワンプレートで様々な姿を見せてくれるこのオムハヤシは、贅沢なスタイル、ごちそうさまの後に、充実感、たらふく感で満たされ、嬉しくなります。なかなかのボリュームなので、二皿目をすぐにはいただけないため、いつも、「後日、リピートしよう」と、思わされます。

 ことこと屋さんは、名古屋市営地下鉄・東山線・藤が丘駅(東山線の東の端)の近くだったのですが、最近(と言っても、一年と数ヶ月前です)になって、中区・栄の「オアシス21」内に出店し、アクセスが断然良くなりました。
 アクセスが良くなった結果、お客様が集まりやすくなる訳で、今までオアシス21店に行ったときは、いつでも、空席待ちでした(藤が丘店も人気店なのでお客様は多いです)。休日や、オアシス21でイベントのある時は、もう少し人手が増えるかもしれません。ご来店の際は、お早めにどうぞ。

ことこと屋・外観
 アクセスが便利になりました

 あと、個人的な要望として、分煙がもう少し、はっきりと分かれていたら、と思っています。私は、タバコが苦手なのですが、両側の席のお客様が喫煙されていらっしゃる席に通されて、少々困りました。そのときは満員状態だったので、席の移動もままならず…。席に通していただく前に訊いていただければ、禁煙席が開くまで待つつもりだったのですが。(昨年末にお伺いした時のレポートなので、現在は変わっているかもしれません。既に喫煙ルールが変わっていましたら、ご容赦ください)


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:オムハヤシ
 価格:¥934

・店舗データ
 店舗名:洋食のことこと屋・オアシス21店
 住所:名古屋市東区東桜1-11-1 オアシス21
 営業時間:11:00-22:00
 定休日:無休
 アクセス:名古屋市営地下鉄・栄駅からセントラルパークへ。セントラルパークから直結。



人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.30

13Fのシナモン・パラダイス

 名古屋市営地下鉄・東山線の改札を出て、名古屋駅構内を突っ切って、太閤通口(名古屋に住むようになって5年近く経ちますが、いまだに桜通口(大名古屋ビルヂングのある方)と太閤通口の呼び分けが分からなくなって、ごっちゃになります。そのため、普段は、桜通口を「東口」、太閤通口を「西口」と呼んでいます。まだまだ「名古屋スキル」が足りません)から出て、ビックカメラさんで、オーディオやパソコンの新製品を「いいなあ」と眺めて、おもちゃを見て「楽しそうだな」と思い、大きな冷蔵庫やドラム式洗濯機を見て「頼もしいな」と感心し、一通り見学を済ませたら、延長コードなどの軽いものを購入し、店を後にして、また、駅に戻ります。今度は逆方向に駅を突っ切って、東口のところで右に折れ、地下に潜ります。名鉄百貨店・本館、近鉄パッセ、名鉄メンズ館、名鉄ヤング館まで、食べ物屋さんが居並ぶのを見て眼福を得て、「美味しそうだったな」と心の中でつぶやき逆戻り。駅に直結する地下街・ユニモールを通り、ジュンク堂書店さんで力の入った本の品揃えに圧倒され、今、売れ筋の本を確認し、ユニモールを逆戻り。タカシマヤさん東急ハンズさんで、格好良い洋服や文房具に酔いしれたり、ネジばかり置いている売り場でネジばかりを見つめたりして、10分、20分過ごし、工作のための木材などを購入して、両手にいくつかの袋が提がる頃になると、小腹が空いてきます。足も疲れます。休みたいです。

 嬉しいことに、タカシマヤさん、東急ハンズさんが入っている、名古屋駅ビル「JRセントラルタワーズ」の12階と13階はレストランフロアになっていて、洋の東西を網羅した色々なお店があります。ただ一つ問題となるのは、「小腹を満たし」、「少しの間、足の疲れを取る」という目的の私の意図と、お店側が提示するコストが一致しないことです。ちょっとお高いお店が多いんですね。そんなことを気にせずに「ここでいいじゃないか」と、さっ、と、目に付いたお店に入れたら格好良いのですが、諸般の事情で、現状では困難となっています。
 しかし、ここにも救世主はいらっしゃいました。高級店のある13階の南の端に、お馴染みの「スターバックス」さんと、「ヴィ・ド・フランス」さんがお店を構えていてくださっているのです。席も自由なフードコートタイプ。これくらいの気軽さが「ちょっと疲れた時」にはぴったりです。この日は陽気に誘われて、いい気になって、あちらこちらを廻ったために、頭がぼぅーっ、と、するほどになっていました。「とにかく甘くて美味しいものを食べたい」という欲求のみで動いていました。
 まず立ち寄ったのは、ヴィ・ド・フランスさんの方です。何のためらいもなくトングで「シナモンアップルベーグル」をトレイに載せました。次は、ふらりと振り返った先にあった、お店の最前面に出ている、新商品の「シナモンアップル」という名前のシナモンロールを取り上げました。ここまで、ほぼ、無意識です。疲労にさいなまれている極限状態でも、大好物のシナモン味を選択していました。これほどなのですから、「好物:シナモン味」を堂々と看板に掲げてもいいのかもしれないと、ぼんやりと思いました。
 ヴィ・ド・フランスさんで2種類のパンを購入した後、対面しているスターバックスさんのカウンターに向かいました。いつもは「コーヒーフラペチーノ」を、カスタマイズするのですが、とてつもないけだるさがありましたので、甘みがしっかり取れそうな「ジャバチップフラペチーノ」を久々に注文です。
 ランプの下で、ジャバチップフラペチーノ・グランデを受け取ると、すぐにキャップを開け、カスタマイズ用カウンター(正式名称は存じ上げません。ミルクやお砂糖、お手ふきなどが置かれているところです)で、コーヒー用ミルクをどばどばどばと、3どばくらい、ガムシロップをとろとろとろとろと、4とろくらい、シナモンパウダーをふりふりふりふり…と40ふりくらいして、フラペチーノの上のホイップクリームが隠れるくらいにします。これくらいでないと、シナモンの冴えた味わいが感じられないと思っております。

シナモンだらけの軽食
 夢のシナモンだらけ

 パン2個とカップの載ったトレイを持って、窓際のカウンター席に座り、薄もやの掛かった名古屋の街を見るともなしに見ながら、ゆっくりと、上から下、下から上に、フラペチーノをかき混ぜます。ジャバチップフラペチーノだったものが、段々と甘くてスパイシーな何かのフラペチーノらしきドリンクに変わっていきます。
 気が済むまで混ぜると、まずは、上の方に最後まで居残ったホイップクリームとシナモンをいただきます。コクのある油脂と、鋭い一撃を加える芳しさが豊かなスパイス。この組み合わせは、シナモン好き且つ甘いもの好きにとっては最強と言うほかありません。
 ホイップクリームの下には、冷たくて、甘くて、シナモン味のフラペチーノが待っていてくれているのです。もう一度軽くかき混ぜて、ストローで吸い上げると、想像していた以上のシナモンの刺激がやってきます。嫌ではありません。「もっと、もっと、シナモンを!」という、禁断症状のような気持ちになってきます。
 「元・ジャバチップフラペチーノ」が半分くらいになった時、ややシナモンが薄れた感がありました。そこで、カップをカスタマイズカウンターに持って行き、さらにシナモンを20ふりくらいします。目鼻にチリチリとした刺激が戻ってきました。スプーンで一口。チョコの面影がすっかり遠ざかりました。もう「シナモンフラペチーノ」になっています。これぞ究極。探し求めていたものが、ついに眼前に降り立ってくれたのです。

 フラペチーノが頭を冷やし、気が落ち着いたところで、ほっと一息ついてから、ふっくらのベーグルに取り掛かることにしました。ヴィ・ド・フランスさんのベーグルは、やや柔らかいタイプです。軽い弾力を感じながら、かぷり、と、噛むと、強めの甘みが舌になめらかに広がります。生地にはドライフルーツのリンゴが練り込まれていて、小麦粉の朴訥とした甘さと、リンゴのすっきりした甘さとが、バランス良く配されており、甘味好きには好感の持てるお味になっています。
 しかしながら、シナモン好きとしては「シナモンアップルベーグル」と呼ぶには、やや物足りない想いがありました。そこで、また、スタバさんのランプの横のカスタマイズカウンターにトレイを持って行き、シナモンをベーグルに5ふりくらいしてみました。ピリリとした爽やかな刺激が帰ってきました。気持ち良いです。甘みを残しつつ、シナモンが主張を始めました。シナモンがやや効きすぎかな、というくらいが私には丁度良いようです。
 次は「シナモンアップル」。名前には付いていませんが、全くのシナモンロールです。ふわふわの軽いパン生地に、シャリシャリの甘いグレーズが掛かっています。ぱくり、と食い付くと、中からは、甘く煮た2cm角のリンゴが4,5個ほど出てきました。ショリショリの食感がパン生地とのコントラストで際立ちます。肝心のシナモン味ですが、ベーグルより効いているものの、やはり少し足りない気がします。そして、三度、スタバさんのシナモンをお借りして、シナモンアップルに20ふりくらいして、カスタマイズです。グレーズの甘さが強かったので、これくらいで上手い具合にシナモンとの平行感が取れました。

 高層の窓から、晴れわたる名古屋の街並みを堪能しつつ、気軽に落ち着けるポイントは、そうは無いと思います。さらに、スターバックスさんと、ヴィ・ド・フランスさんが、ほんの数メートルの距離で対面していて、食べ物と飲み物の選択の幅が格段に広がっていて、さらにさらに、大好きなシナモンを好きなように味付けできて、シナモンでたらふくになれるところも、そうは無いでしょう。
 タワーズ13階南面は、こっそりと趣味に走れる、大切な、お気に入りのスペースです。このままずっと改装しないでいてほしいと、切に願っております。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:シナモンアップルベーグル
 価格:¥147

 商品名:シナモンアップル
 価格:¥179

・店舗データ
 店舗名:VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス セントラルタワーズ店)
 住所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ13階
 営業時間:8:00-23:00
 定休日:不定休
 公式サイト:http://www.viedefrance.co.jp/
 アクセス:JR名古屋駅直結・セントラルタワーズ13階

―――――

・商品データ
 商品名:ジャバチップフラペチーノ・グランデサイズ
 価格:¥510

・店舗データ
 店舗名:Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー 名古屋JRセントラルタワーズ店)
 住所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ13階
 営業時間:8:00-23:00
 定休日:不定休
 公式サイト:http://www.starbucks.co.jp/
 アクセス:JR名古屋駅直結・セントラルタワーズ13階


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

ビターな気持ちでかじり付く、甘辛きこげ茶色(とんかつ定食:とんかつ比呂野)

 バレンタインデー。
 皆様、特に男性諸氏、チョコレートを手にすることができましたでしょうか。もちろん自分で購入したものではなく、プレゼントとしてです。「数え切れないくらいもらいました。虫歯が心配です」という方もいらっしゃることでしょう。しかし、「チョコレートは?」と訊かれても、黙って下を向き、家路につき、家に帰るとすぐに布団に入り、静かに枕を涙で濡らし、「来年こそは…」とそっとつぶやく方もいらっしゃるかもしれません。
 『神聖モテモテ王国』(ながいけん著)というマンガをご存知でしょうか。『週刊少年サンデー』(小学館)で1996年から2000年まで連載されていたギャグ漫画です。深田一郎という15歳の学生と、彼の父親だと言い張る奇妙ないでたち(下半身は常に白ブリーフのみ)の謎の宇宙人「ファーザー」が、「ナオン」(女性のこと)に好意を寄せては、果敢にアタックし、壮絶に散る(主にファーザーが)というパターンが、毎回、踏襲されています。ファーザーは何故か「自分はモテる」と思っており、ナオンを振り向かせるために一郎のアパートの部屋で計画を立てます。ところがその計画はファーザーの手によって展開されると、的外れなものとなり、どんどんと深みにはまっていき、散るのです。詳しくはWikipediaに載っていますので、ご興味がおありの方はお調べください。
 単行本第3巻には、バレンタインデーを取り扱った一編があります。冒頭の、一郎とファーザーの会話をご紹介します。

 一郎「…くっ、とうとうバレンタインが来てしまったか。」
 ファーザー「……かわいそうに。なかなか人類皆平等とはいかないもんじゃよね?」
 一郎「お前もらう気か? 別にへんな男に爆発物あげる日じゃないんだぞ。」
 ファーザー「チョコくれるんじゃろ? おい。チョコってこげ茶色でトンカツじゃないやつじゃろ?」
 一郎「食ったことないんじゃないか!?」

 …なんと、秀逸なセリフ回し!
 ファーザーと一郎の食卓は、何故か毎回トンカツなのです。ファーザーにとって、日常の食事であり、最高の食事はトンカツで、基準がトンカツなのです。

 枕を涙で濡らした皆様。ファーザーに見習おうではありませんか。
 2月14日はバレンタインデーです。2月15日は「バレンタインでチョコレートをもらえなかった人デー(略してVDCWMNHD)」とし、夕食にトンカツを食べるのです。(『神聖モテモテ王国』では略称が多く使われます。[例:MNO=もてない男] ただし、『神聖モテモテ王国』自体の略称は「キムタク」。当時の読者の公募で選ばれた略称です)

 都合の良いことに、名古屋はトンカツ文化が活発な地域。トンカツに味噌だれをかけた「味噌カツ」という美食が花開いた土地です。名古屋にしばらくの間住んでいれば、自分の好きなトンカツ屋さんの1件や2件は脳内データベースに蓄積されることになります。
 名古屋の味噌カツ屋さんの代表は、やっぱり『矢場とん』さんでしょう。名古屋の中心地、中区・矢場町にでっかいビルを構え、イメージキャラクターの化粧回し姿のブタが「どすこい」と、描かれています。その本店ビルの他にも、名古屋の主要地に店舗を構えています。
 『矢場とん』さんはメジャーすぎるほどメジャーで、別格の感があります。名古屋のトンカツ好きの人の脳内データベースには、『矢場とん』さん以外に、「穴場の名店」があるはずです。今回は、私のそのうちの一店をご紹介いたしたいと思います。

とんかつ比呂野
 お隣は系列店の喫茶店です

 「とんかつ比呂野」さんは、「穴場の名店」だと私は思いますが、「名古屋の美味しい味噌カツ屋さんはどこですか?」というアンケートを取ったら、名前の挙がる頻度の非常に高いお店です。

 メインメニューの「とんかつ」は、味噌だれかソースかを選択できるようになっています。でも、ここは定番の「みそかつ定食・たれ全掛け」でオーダー。

とんかつ定食
 ソースも良いけど、名古屋ではやっぱり味噌カツ

 定食は、とんかつに付け合せの野菜(キャベツ、トマト、サニーレタス、キュウリ)に、ゆかりがふりかけられたどんぶりごはん、わかめとみつばの赤だし、そしてお漬物の陣容となっています。
 まずは、とんかつ(今回は味噌カツ)を、慈愛の心を込めて見つめましょう。赤味噌をベースとしたたれは、ウスターソースや普通のとんかつソースなど、黒味が強いたれと違って、見る者の心を優しく包み込んでくれるような、まろやかで深みのある色合いをしています。まるでチョコレートのような色合い…。

とんかつ・アップ
 照り輝く味噌だれ!

 とんかつには、どこから食べ始めるかという問題が常に付きまといます。東海林さだお先生もそのことに言及したいらっしゃったと記憶しています。とんかつを食べる順番には、大きく分けて2種類が存在します。端から食べるか、中央から食べるかです。
 これは、議論を重ねることが必要と思われる重要な問題です。端から食べる人は、「整然」を重要視しているのだと思います。一方、中央から食べる方は、最重要地点を真っ先に抑える戦術を取っていると考えられます。私は、後者に属しています。まず、そのとんかつの旨みの中心を、無垢な舌で感じなければならないと考えているからです。
 では、中央のお肉を取り出だします。

とんかつ・断面
 みっしりとお肉です。食べ応えアリ!

 約170mm×約90mmのとんかつは、8つにカットされています。その4番目部分は、肉厚15mm、約15%の脂身と約85%の肉で構成されていました。衣は薄く、細かめのパン粉をまとっています。
 さて、いただく前に、儀式を一つ。2月15日のとんかつの夕餉が有意義なものとなるように、「乾とんかつ」です。

乾とんかつ
 できるだけ楽しい気持ちでお肉を合わせましょう

 両手に持ったお箸で、二切れのお肉をやや勢いをつけて合わせます。一人で。ここで本当に乾杯の時のように「かんとんかーつ」と声を出してはいけません。お店の人や周りのお客さんに怪しまれます。「かんとんかーつ」は心の声に留めておいてください。

 「乾とんかつ」を済ませたら、ようやく実食です。いただきます。
 まずは歯にサクサクの衣が当ります。やや時間を置いて、味噌だれを吸って、やや柔らかくなった衣の感触と香り。甘味としっかりとコシの入ったたれの合わせ技。甘さと味噌の塩気の組み合わせは、コロンブスのアメリカ大陸到達に匹敵する邂逅だと思わざるを得ません。
 この甘辛さが口に残っている間に、ごはんを頬張ります。…「ごはんの友」の実力者「明太子」とタメを張れると思います。
 たまらず、次なる一切れに。サクサクと食べられるのです。油切れが良く、衣にしつこさが全くありません。また、お肉の脂身の旨さ。じんわりと体の隅々に行きわたる脂の甘さ。これが包容力というものなのでしょう。
 ついつい脂身の旨さを強調してしまいましたが、お肉の本体部分の旨さも言わずもがなです。みっしりと詰まったお肉は、かじると、清涼感と重量感の両方を合わせ持った豊潤な香りと味を口腔内に広げます。いくら噛んでも、その旨みは次から次へと立ち現れ、永遠に尽きることがないのではなかろうかと思わずにはいられません。
 中央に空いた、二切れ分のとんかつの空間。付け合せのキャベツをその空間に残った味噌だれに付け、一口。さっぱりしたキャベツに濃厚なたれの組み合わせは、肉の旨みを残しつつ、口直しの効果も発揮します。
 もうここまで来ると加速度がつきます。肉、野菜、ごはん、お味噌汁に陶酔し、お箸が止まりません。お肉は中央から端へとその姿を消していき、それに伴い、どんぶりのごはんもみるみる間に無くなっていきます。
 おっと、あまりに勢いよく頂いていたために、のどにつかえてしまいました。ここでお味噌汁をくいっと。赤味噌に赤味噌。なめらかにのどを潤します。

 最期の一口のお肉になりました。ここで、

 「すみません。ごはんと赤だしのおかわりをお願いします」

 比呂野さんでは、定食を注文すると、ごはんと赤だしとキャベツのおかわりが自由なのです。たらふくになれるシステムが備わっているのです。味噌カツがいかにごはんに合うのかを、ちゃんと分かっていらっしゃる店主さんのお心を見た気がします。

 残りの一口のお肉を口にし、熱々のごはんでそれに合わせ、赤だしでその余韻を楽しむ。お肉は無くなりましたが、味の記憶で、どんぶりごはんと赤だしをいただきます。

 味噌カツがある文化圏に住まうことができたことを、神に感謝します。

―――

 『神聖モテモテ王国』第4巻で、ファーザーはこのように言っています。

 「トンカツとはトンに勝つ……つまり己に克つ事じゃよ。それを食べちゃうのだから、つまり何かに勝った様な気になるわけよ。」

 勝てるのです。トンカツはチョコレートにも勝てるのです。

 2月15日の夜は、さぁ、レッツ・トンカチックディナー!


 『神聖モテモテ王国』の単行本1~6巻(未完のため全6巻ではありません)は、永らく絶版となっていましたが、コミックパークさん復刊してくださいました。元の単行本に比べ割高(約2.5倍)になっています。万人にオススメするには、やや躊躇ってしまうマンガではありますが、ギャグ漫画がとにかく好きという方はご一読を。
 復刊本の売れ行きによっては、単行本未収録話を収めた「第7巻」が新たに発行される可能性もあるとのこと。ご購入をお願いいたします。もちろん第7巻を渇望する私のためにじゃよー!

 (2008.05.06追記)
 『神聖モテモテ王国』(略称:キムタク)ファンの想いがコミックパークさんに伝わり、なんと、8年ぶりに、続刊となる「第7巻」が発売されることが、コミックパークさんからアナウンスされました(復刊された1~6巻の売れ行きが好調で、小学館からOKが出たようです)。早ければ、2008年5月中に発売されるそうです。なお、「第7巻」は、手作り&完全注文生産のため、一般の流通ルートは通らず、コミックパークさんのみの販売になるらしいです。内容は、単行本未収録の週刊少年サンデー掲載分+ヤングサンデー集中連載分になるとのこと。

 ギャワワー! この追記はトンカツと関係ないじゃろー!
 でも、かーんげきーいー、早く喜びの酒、松竹梅を買ってきてー。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:とんかつ定食
 価格:¥1260

・店舗データ
 店舗名:とんかつ比呂野
 住所:名古屋市昭和区山花町116
 営業時間:平日11:00-15:00,17:00-21:30 土日祝11:00-15:00,17:00-22:00(L.O.各30分前)
 定休日:無休
 アクセス:名古屋市営地下鉄「川名駅」直上、「川名交差点」を北へ約200m。「川原通7交差点」を右折し約50m、次の信号を左折し直進。約300mの右手。(山花町バス停向かい)


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.05

吃驚させて珈琲飲んだら、美味しさに吃驚させられた(自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド、アイスコーヒー、しょうがミルクプリン:長生堂)

 静岡県は磐田市のお店をご紹介いたします。
 ありがたくも、拙ブログを定期的に巡回して下さっている方の中には、「いつもは名古屋市内のケーキ屋さんとかパン屋さん、それに『喫茶マウンテン』が新規改装オープンしたのに、なんでまた、今回は磐田市のお店の紹介なの?」と不思議に思われる方がいらっしゃるかもしれません。実は大切な理由があるのです。その理由は…、また後ほど。

 磐田駅近くのカフェ「長生堂」さんは、コーヒーに特別の思いいれを込められていらっしゃるのです。何故、それを知っているのかですって? その理由は、また後ほど。
 カフェなので、メインはコーヒー。でも、もちろんお品はそれだけではありません。一番のオススメはベーグルサンド。これまた素材を厳選されていらっしゃるのです。何故、それを知っているのかですって? それはまた後ほど。

長生堂
 シックな外装の中にも丸い窓。遊び心たっぷり

 外観は、窓の形など、ちょっとした遊び心が見られるシックなもの。でも、ドアを開けると、白や柔らかいベージュ、黄緑などソフトなアースカラーを用いた、明るくて、ほっこりしたアットホームな雰囲気の内装です。この日は蒸し蒸しと暑い日でしたが、一歩足を踏み入れただけで、「ふぃ~っ」と思わず一息つき、この店内を拝見すると、すぐに落ち着くことができました。

 「お好きな席にどうぞ」

と、案内されて、ふっかりしたソファーに腰を下ろします。

 まずは、涼をとるためにアイスコーヒーを。

アイスコーヒー
 ミルク&シロップを入れても、コーヒーの芳醇がただよいます

 普段は、シロップやミルクを入れる前に写真を撮るのですが、体が外のあまりの暑さにやられてしまっていて、取材を忘れ、シロップ&ミルクを入れて、カップになみなみに注がれたコーヒーを二口三口、先に飲んでしまいました。

 美味しい!

 事前に仕入れていた情報どおりに美味しい! この美味しさは外が暑かったからだけではなくて、コーヒー本来の本物の美味しさです。
 深いコクがあり、濃くもある。苦味があるものの、それが嫌味になっていない。するりとのどを越していきます。私は酸味が強いコーヒーがちょっと苦手なのですが、それがほとんど無くて、いくらでもいつまでもこくりこくりと飲めそうです。内装と同じく、柔らかみのあるお味。アルコールじゃないのに、頭がゆったりと酔うような感じ。

 ベーグルサンドは数種類ありましたが、パティシエールさんにお尋ねして、オススメの中のオススメ「自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド」をお願いしました。

自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド
 お野菜たっぷり。健康的。

 黒胡麻入りベーグルにお野菜がたっぷり。それだけじゃなくて、つけ合わせのフライドポテトと完熟トマトまであり、お野菜がたっぷり、たっぷり。見るからに健康なベーグルサンドです。

自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド・断面
 みっしりとしたハムとしゃきしゃきのお野菜が食欲を誘います。

 まずは、自家製ハムを一かじり。ハムなので当然なのですが、肉感が良いです。みっしりと詰まったお肉の旨み。ハムの繊維の一本一本に封じ込められ、燻じられた味の密度がたまりません。

 「たっぷりレタス」という名前が付いていますが、お野菜はレタスの他にもふんだんに取り入れられています。鮮やかな赤、黄色のパプリカにスライスオニオン。どのお野菜も瑞々しくて、たっぷりしゃきしゃき。お野菜がみんな張り切って「にっこり」しているような表情を持っているように見えました。これらが、マスタード入りのマヨネーズベースのソースで取り持たれています。私は辛味が苦手ですが、このマスタードはちょっと「ぴりり」とするくらいで、私でも問題なくパクつけます。
 瑞々しいお野菜は、つけ合わせの2品も同じ。「フライドポテトなのに瑞々しい」ってちょっとおかしな表現ですが、そのように感じられるのです。ファーストフードのフライドポテトとは一味二味三味、いやそれ以上に違います。外側は「からりっ」「さっくりっ」、内側は「ふんわりほっこほこ」。大地から顔を出したばかりのような暖かさ。完熟トマトからはじわっと甘味が沁みだしてきます。

つけ合わせ
 とにかくお野菜がふんだん

 そして、肝心の、ベースのベーグル生地。付け加えられた甘味などの、余計な雑味が無くて、小麦本来の香り。ハムと同じく味が濃くて、かみ締めるごとに優しい甘味がじわりじわりと生まれてきます。これもまた、コーヒーと同じくらいに思いいれをもって厳選された素材を使ったベーグルなんです。何故、それを知っているかといいますと…。しつこいですが、やっぱり、その理由はもうちょっと後回し。

 ベーグルサンドを平らげて、コーヒーで体を落ち着けたら、次は甘いものに。ベーグルサンドで充分にたらふくになっているのですが、甘いものは別腹、別腹。
 パティシエールさんは、毎日、ご自分の気分次第でスイーツを作っていらっしゃっていて、日によって品揃えが違うのです。
 「じゃ、今日の甘いもののオススメをお願いしますね」とお頼みすると、しばらく考えられた後に、

 「じゃ、『しょうがミルクプリン』かなぁ。面白い組み合わせでしょ」

しょうがミルクプリン
 生姜とプリンの組み合わせなんて! 初!

 確かに面白い組み合わせです。生姜とプリンなんて、生まれて初めて見る組み合わせ。パティシエールさんの創作力が大発揮です。
 プリンは、パステルさんのような、「なめらか・とろけるプリン系」。

 「私ね。固いプリンが、好きじゃないの」

 主流にとらわれない個性的な考え方はいかにも「こちらの」パティシエールさんらしいです。「よく、この方の性格を知っていますね」ですって? ふふふ。その秘密は、もう少しもう少し、あと少しだけ後回しにさせてくださいませ。

 さて、この珍しい組み合わせのプリンをいただきましょう。スプーンでひとすくいすると、他のお店のとろけるプリンよりもトロトロ。かなりミルキー。スプーンから滴り落ちるくらいです。練乳になる寸前くらいの柔らかさ。

しょうがミルクプリン・とろっと感
 今まで食べたプリンの中で、いちばん「とろ~~っ」かもしれない

 生姜の効果はどうなのでしょう? おそるおそる一口。…あれれ、かなり甘いぞっ。…うわっ! 「ピリッ」が来たっ。ソフトな甘味が最初の数秒間に舌に絡んで、後味、のどごしで「キレ」の良い生姜の風味が「ピシッ!」と来ます。

 「生姜を入れると、甘みが増すのよ」

 パティシエールさんのおっしゃるように、確かに、一口目は普通の甘み。その一口目の甘みの後に生姜のパンチが来て、二口目をいただくと、一口目以上の甘みが感じられます。うーむ、よく考えられて作られたプリンだなぁ。

 それにしても、甘いプリンに、生姜の「ピリリ」が入っているなんて、作った人の雰囲気そのもの。

 …と、全部いただいたところで、後回しにしていた、私がこんな人物評価ができるパティシエールさんとこちらのお店についての種明かしをいたしましょう。
 実は、こちらのシェフ・パティシエールさんは、私の学生時代の同期で、同じ研究室で勉強したり遊んだりした(遊んだ割合の方が多かったような気がしますが)、友人なのです。なので、事前にかなりの情報が分かっていたのです。

 彼女は、この春、「長生堂」さんを新規に開店しました。「開店のお祝いを贈りに行きたいなぁ。どのような、お料理、スイーツを出しているのかなぁ。食べたいなぁ」と思っていたのですが、なかなか訪問する機会が得られなくて、今の時期にまでずれこんでしまっていたのでした。
 そして、私の性格の悪さが出てしまいました。予告無しに、開店のお祝いを贈りに行ったのです。彼女は、突然の訪問に、私の顔を見て、数秒間固まった後に一言。

 「心臓が止まるかと思った」

 3年ぶりに再会でした。大変ながらも、元気そうに切り盛りしているのを拝見して、友人としてホッといたしました。
 ひとしきり、四方山話などに花を咲かせ、再会を約束して、お店を後にいたしました。
 ここで、大事なお知らせを。
 彼女は大切な友人ですが、今回のお品のご紹介は、「ひいき」や「おだて」を加味してはおりません。いつも通りに、私なりにでき得る限り冷静に、お味のご説明をしたつもりです。「仲間だから、宣伝しなきゃ」などという考えは頭から外しておりますので、ご覧いただいた方は誤解なきように、何卒、お願い申し上げます。

 本当に、掛け値なしに美味しかったです。

 厳選されたコーヒーは、「南青山マメーズ」さんというお店から仕入れているそうです。こちらのお店も、妥協無しでコーヒー豆選びをされていらっしゃるとお聞きしました。新しくカフェをオープンされる方は、「南青山マメーズ」さんのお豆を取り入れられてみてはいかがでしょうか。

 「長生堂」さんは、カフェスペースのお隣のお部屋にフラワーショップも併設されているのです。スイーツはテイクアウトもできるので、お花と一緒にプレゼントなんてオシャレだと思いますよ。

併設のフラワーショップ
 フラワーショップのお部屋の方。かわいい。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド
 価格:¥600

 商品名:アイスコーヒー
 価格:¥200(ベーグルとのセット価格)

 商品名:しょうがミルクプリン
 価格:¥280


・店舗データ
 店舗名:café&flower chosedo(長生堂)
 住所:静岡県磐田市中泉459-24
 営業時間:7:00-20:00
 定休日:火
 アクセス:JR磐田駅北口を出て、北進。2つ目の信号を過ぎた後(1つめの信号はスクランブル交差点です)の三叉路を右折。約100m進んで突き当たりの三叉路を左折。すぐに右折。約50mの右手。磐田駅からは徒歩5分。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧