« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.09.12

若鮎の夏色(若鮎、鬼まんじゅう:梅花堂)

 暦の上で秋になれば、その後の日々の暑さは残暑と言われます。でも、暦の上で秋になるのは八月の初め。夏が本気を出すのは、それからだいたい、一週間から十日後くらいです。なんだか、暦に欺されているような、化かされているような気になります。
 「残り香」は本体が去った後に、ほのかに香るものですが、「残暑」は、そんな、手加減はしません。しっかり残業をします。働き過ぎです。
 しかし、働き者の「暑」に、ぐうたらな私が食ってかかるのは、道理・道徳に合いませんので、甘んじて「暑」を受け入れることにいたします。
 どのように「暑」を受け入れるべきか。自動販売機の「つめた~い」や、スーパーマーケットの冷凍風呂桶に詰まっているアイス、「1コ98円、3コ284円」と書かれてあれば、3コかごに入れる、「氷」の旗が下がっている門扉を見つければ、そこに入っていく、などの手段を取るのが、心に優しいです。
 心に優しいですが、こういうたらふくを続けていると、体にはあまり優しくありません。おなかが疲れます。
 「暑」を受け入れ、心に優しく、体にも優しい。そんな方法があるのか、と、しばし黙考すると、足は和菓子屋さんに向かいます。

梅花堂・外観1
 鬼まんじゅうでとても有名

 梅花堂さんは、覚王山の入り口でどっしりと出迎えてくれます。鬼まんじゅうで有名ですが、もちろん、他の和菓子も取り扱っていらっしゃいます。

梅花堂・外観2
 次々とお客様が鬼まんじゅうを求めていらっしゃいました

 あります、あります。涼しげなのが。キンキンに冷たくはないけれども、ひえひえな雰囲気のお菓子が並んでいます。見た目で涼を感じる、という、古くからの知恵の結晶が並んでいます。ぷるぷるのひえひえのお菓子たちです。
 こうしてショーケースの中をなぞって、目を冷やしておりますと、「ん?」と引っかかる一点があります。
 茶色なのです。焼き色なのです。他から浮いています。涼しさの感じでは無いのに居るのです。「おかしい、何故、こんな色合いが居るのだ」と、一瞬思い、二瞬考え、三瞬くらいで、「ああ、君だったのか」となります。「君ならいいよ」となります。むしろ「君に会いたかった」とさえなります。
 彼らは訴えかけてきます。
「茶色ですが、買ってくれませんか?」
 と。それで、私は注文します。
「若鮎を三匹ください。あ、それと、鬼まんじゅうを二つ、お願いします」
 鬼まんじゅうは二つ。若鮎は三匹。
 どうしても、彼らは「匹」になってしまいます。焼き菓子なのに、活きていたかのように思えてしまいます。このように考えてしまうのは私だけなのか、と不安に思っておりましたが、後日、スーパーマーケットの和菓子コーナーで、パック入りの若鮎を見て安心しました。ラベルシールに「4匹入り」と印字されていました。

鬼まんじゅう&若鮎の包み
 梅に包まれた鬼と鮎の重み

 鬼まんじゅう二個と若鮎三匹は一包みにされました。鬼と鮎の異種極まった同棲です。ひとなつのあやまち、では許されないような背徳感です。
 早く別れさせなければいけません。どっちから引き離すか、と言ったら、やはり鬼からでしょう。

鬼まんじゅう・二個
 ごつごつしているから鬼

 でこぼこの形ゆえに、「鬼」と言われていますが、表面はつやつや、ほんのりと甘く香ります。天然の嫌みの無い香りです。しかし、現実世界では、得てしてこういう存在の方が鬼だったりします。

鬼まんじゅう・アップ
 つやつやもっちりが魅力です

 鬼まんじゅうは、いきなりかぶりつくと楽しさがやや落ちます。一度、半分に割りましょう。

鬼まんじゅう・断面
 お芋のほっくりも魅力です

 断面の黄色のお芋の楽しいのなんの。
 鬼まんじゅうは、ごつごつを表出させているお芋が多い方が好きです。ぽくぽくとした食感がねっとりに変わり、柔らかい甘みを残して、少しのどに詰まりながら去っていく。この一連の動きはお芋が多めでないと実現しません。
 生地は、つなぎ、で良いのです。脇役。でも、にっちり、としたつなぎが無いのもいけません。にっちり、と、ぽくぽく、が、交じりあって、大人しいけれども雄大な甘みが展開されます。
 のどの詰まりを冷茶で流して、若鮎に行きましょう。

若鮎三匹
 大ぶりな若鮎

 ご覧の通り、若鮎は茶色の焼き菓子です。本来、涼しさを有しません。有すはずがありません。しかし、有しました。全ては、その体に刻み込まれた焼き印です。
 焼き菓子に、焼き印がプラスされているにも関わらず、涼しいのです。山間の清流を想起させ、ここには無いはずのせせらぎを聞かせしめる鮎の絵の力。
 名前も良いですね。「若」とはよく付けたものです。これが「鮎菓子」などという名前でしたら、涼し度は、ぐん、と下がったでしょう。
 体長14cm、おなか周り9cmの、ぷっくりとした若鮎を横たえます。描かれるだけでこうも涼しくなるのか、と改めて驚かされます。

若鮎・お皿
 並べてみると……

 彼らはどこかを見ています。二匹並べたのに、何故だか寂しそうな目です。あどけないようでもあります。

若鮎・顔
 どこか寂しげな……

 ああ、寂しい。こんな目をした彼らを食べて良いのか。
 食べましょう。もう、この目を見ていられません。
 一匹取り上げ、頭からぱくり、と。
 どら焼きやパンケーキと同じく、表面のさっくり、が歯に伝わり、気泡のふっかり、が分かると、ねちもちっ、がやってきます。
 中は求肥。若鮎には、求肥のみと餡入りがありますが、私は求肥のみの方が、なんとなく、若い感じがしていいなあ、と思います。
 梅花堂さんの若鮎は、皮の生地は少し甘みが強めで、玉子の風味がしっかりはっきりしているように感じました。
 求肥はしっとりと粘り。ほっくりとした皮とは対照的な食感です。つややか、きらきら水面のような涼しさ。それは内にあり、表に出さない。その慎ましさが寂しげな顔を、また思い出させ、涙をこらえて、しっぽをぱくり、と。

若鮎・断面
 炊きたてのお米のような艶

 「見立て」で涼しくさせるお菓子の優しさを感じながら、お皿に乗せなかった三匹目を、もぐもぐ、と。

 ……と、これを書き始めたのが、一ヶ月ほど前です。「後で、後で」と、先延ばしをしているうちに、暦の上の秋が、肌で感じられる秋になりました。
 この夏、私は、若鮎を何匹も食べました。何件かの和菓子屋さんに行き、いろいろな寂しい目と会いました。
 それぞれのお店で、
「いつ頃まで若鮎はありますか?」
 と、お訊きしました。
「毎年、八月いっぱいくらいですねえ」
「お月見の前には無くなってしまいます」
 というお答えでした。ここ数日の間、和菓子屋さんのショーケースを見ましたが、「若鮎」の札は、もうありません。
 今宵の円い月を眺めながら、また来年会おう、と、あの目を思い出しました。寂しいのではなく、「夏は、おなか、大事にね」といたわってくれる優しい目だったことにようやく気づきました。


 ◎店舗・商品データ
 ・商品データ
  商品名:若鮎
  価格:¥130

  商品名:鬼まんじゅう
  価格:¥120

 ・店舗データ
  店舗名:梅花堂
  住所:名古屋市千種区末盛通1-6-2
  営業時間:8:00-17:00
  定休日:不定休
  アクセス:名古屋市営地下鉄・覚王山駅1番出口から本山方面(東方向)へ約50m。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年12月 »