« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009.06.28

今日の「山」登りは「アマトリチアーナ」

 スパゲッティはイタリア国のものです。そのスパゲッティを中心にメニューを展開している喫茶マウンテンは、イタリア国の料理店だとも考えられます。しかしながら、加納マスターの類稀なる独創性から、食の国境を無きものにし、果ては宇宙にまで飛び出しています(「コスモスパ」のこと)。
 そんな、東西南北、上下左右、天蓋地角、遠近両用、ありとあらゆる場所の要素をごっそりと集めている山の中で、いかにも「イタリア国っぽい」ものを見つけたら、皆様はどのように思われるでしょうか。「ほっ。」とされるのではないでしょうか。見つけました。「アマトリチアーナ」です。
 イタリア語の特徴として、母音で終わる「開音節」言語であるということ、また、最終音節の一つ前の音節が長音化しやすいこと、などが挙げられます。例えば「カプチーノ」などは、その特徴を有していると言えるでしょう。したがって、「アマトリチアーナ」はイタリア語なのです。たぶん。
 アマトリチアーナ……。
 イタリア語っぽいことは分かりましたが、イタリア語話者ではない私には、何なのかが全く分かりません。「それっぽいが、実物が分からない」。マウンテンのメニューでよくあることです。正体を確かめるにはオーダーをするしかありません。

アマトリチアーナ
 ケチャップたっぷりのナポリタン風です……。

 おや、案外と、イタリアのスパゲッティっぽい、と言いますか、ナポリタン風のスパゲッティがやってきました。トマトのぴっしりとした爽やかな香りが、辺りに立っています。麺にほぐされたトマトがたっぷりと絡まっています。具はそのトマトと、幅20mm、長さ60mmほどに大きめにカットされたベーコンがメインです。あとは、いつものとおり、玉ねぎと、香り付けにニンニクが入っていて、無難に美味しそうな香りになっています。
 では、メイン具材のトマトからいただいてみましょう。……ん!!
 辛っ!!
 なんですか、この辛さは! 油断をしておりました。トマトだけの赤さかと思いきや、唐辛子も入っているようです。ちょっと、探してみます。……おや、見つかりません。と、なれば、これはタバスコの辛さですね。たっっっっぷりとあの赤い液体が放り込まれているようです。辛いものが苦手な私には意表を付く攻撃且つ効果的な攻撃でした。一撃で戦意を喪失しました。
 しかし、残すわけには参りません。しっかりといただきます。

アマトリチアーナ
 この赤いのが難物!

 トマトはホールトマトをつぶしたものらしく、皮は無くて、種のつぶつぶの感触があります。先ほども書きましたが、かなりスパイシーです。辛さのほかにも、玉ねぎ、にんにく、と、香りの強さが一級品の食材が使われているために、濃いめの味付けになっています。
 写真でお分かりいただけると思いますが、小さな葉っぱのパウダーが散見されます。これは多分、バジルだと思うのですが、トマトの酸味の強さと、唐辛子の辛さで、その香りを感じることはほとんどできません。
 トマトと、対を成して、具のメインを張っているのがベーコンです。このベーコンが実に効果的に働いています。ここからお肉のダシがしっかりと出ていて、塩味も付加されています。このベーコンが無ければ、ただの辛いスパゲッティだったと思われますが、ベーコンのおかげで、味に深みが出ています。

アマトリチアーナ
 ベーコンがあったから乗り越えられたようなものです

 なんとか、6、7合目まで登りましたが、額からしたたり落ちる汗を止めることができません。トマトの酸味がある分、唐辛子の辛みが際立っているのです。口の中を、すーっ、と抜ける酸味が抜けると、手を取り合って、辛みがぐゎーっ、と、駆け抜けていくのです。このスパの初見の時点で、このような苦行になるとは思いもよりませんでした。たらふくとかどうとかという問題では無いお味です。
 どうにかこうにか、力なくフォークを動かして、フォークの歯にひっかかるスパゲティを完食いたしました。最後に、お皿の上には、トマトと何かいろいろなものが凝り固まった物体が少量残っています。これをいただかねばなりません。
 きつい。
 この赤い塊がきついです。トマトとタバスコと玉ねぎの香りとニンニクの欠片が油で結合した、この赤い塊がきついです。頬を伝っているのは、額からの汗でしょうか? 目じりからの水分でしょうか……?
 このように、山には、甘口抹茶小倉スパのように、派手なメニューもあれば、このように地味に仮装をして、重いボディーブロウのようなパンチを見舞わせるメニューも隠れ住んでいるのです。ご注意ください。
 そういえば、「アマトリチアーナ」の意味が分かりません。
 「甘」くも、「鳥」肉も入っていませんでしたが、「血」の色をした、胃に「穴」を開けるようなスパでした。

 ※2009/07/01追記
 検索をしたところ、「アマトリチアーナ(Amatriciana)」のレシピがたくさん出てきました。トマトソースベースで、メインの具がベーコンの辛口パスタ(穴あきパスタを使うことが多いようです)料理のことだそうです。メジャーだったんですね。勉強になりました。


 更新履歴
 2018/06/06
 一部の約物を修正しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

今日の「山」登りは「黒ざくろ氷」

 黒ざくろシリーズは、マウンテンでは、後発のもので、正式メニュー入りするまでは、店内の張り紙で「ジュース」「スカッシュ」「氷」が宣伝されていました。今では、ちゃんと正社員として働いているようです。
 以前、「黒ざくろジュース」をご紹介した時も、「黒ざくろ」という名に反して、黒くは無いことを申し上げましたが、

黒ざくろ氷
 ざくろってこんな色でしたっけ?

 やっぱり、氷も黒くはありません。そして、ザクロっぽい、濃い赤みもありません。見た目は、普通のグレープのかき氷のようです。そこで、調べてみたところ、「黒ザクロ」というものは、表面の皮が黒色になるのであって、中の実は他のザクロと同様に、濃い紫色だということが分かりました。たぶん、「黒ざくろ氷」の蜜は、もっとザクロっぽい濃さを持っているのでしょうが、氷に掛けたことで、すこし薄まったのだろうと思われます。
 しかし、一見すると、名前ほどのインパクトはなくて、夜店でよく見かけるような色の氷になってしまっています。また、香りも甘味料っぽさが強くて、駄菓子の「チューチュー」っぽいものです。

黒ざくろ氷・壁面
 黒くもありません

 では、壁面を丁寧に崩し去りながら、いただきます。お味は、香りよりもきつくは無くて、すっきりした甘みと、さらりとした酸味でいただきやすくなっています。しかし、昔、父が山で摘んできてくれたざくろのお味では無いような気もします。

黒ざくろ氷
 救いのバニラアイス

 さっぱりしたタイプの蜜なので、味が薄くなるのも早くなっています。5合目くらいで味がかなり無くなってきました。マウンテンの氷を食べていて、ちょっときつくなる時間帯です。氷味だけでたらふくになりたくはないなと思いつつ、それでも我慢して、シャクシャクといただいていると、「救いのアイス」が出てきました。これで最後まで乗り切れます。

黒ざくろ氷
 ジュースとしても美味しいです

 最後は、下まで浸透した蜜とバニラの香りと、シャラシャラとした氷水の一気飲みです。このときは、味が濃すぎない方が美味しいように思われます。


 更新履歴
 2018/06/06
 画像のリンク切れを修正しました。
 第3段落に設定していた「黒ザクロ」のリンクを解除しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.14

今日の「山」登りは「ココナッツミルク氷」

 「モンブラン」をいただきました。モンブランをフランス語で書くと"Mont Blanc"です。"Mont"が「山」、"Blanc"が「白い」です。フランス語では、基本的には、形容詞は名詞の後ろから掛りますので、モンブランは「白い山」。日本の三霊山に数えられる「白山」(石川県、福井県、岐阜県にまたがっています)も「モンブラン」です。したがって、おなじみの茶色いマロン味のお菓子は、本当は「モンブラン」ではないことになります。 私は、喫茶マウンテンで、本当の「モンブラン」をいただきました。霊峰の霊峰です。その名は「ココナッツミルク氷」。運ばれてきたそれは、標高300mm、幅150mmと、巨大な氷山です。

ココナッツミルク氷・全体
 ただの白い氷の山にしか見えません

 近づいてきて分かる、ただの氷の山ではない証拠。鼻をかすめる、ほの甘い、南国の熱を持った甘い香り。氷山なのに暑いのです。
 そして、その香りには憧憬が。覚えのある甘い香りです。ココナッツと言って思い出すお菓子ナンバー1、日清シスコさんの「ココナッツサブレ」、あの香りにそっくりなのです。また、私にとってはおなじみの、ミスタードーナツさんの「ココナツ」の香りそっくりです。ただの白い山なのに、熱気と想い出が伝わってくる山に取り組みたいと思います。

ココナッツミルク氷・頂点アップ
 ココナッツシロップとミルクが掛っているのですが……

 「ココナッツミルク」という名前ですから、「ココナッツ」と「ミルク」の蜜が両方掛けられています。しかし、ココナッツもミルクもどっちも白。氷の白と完全に同化しています。肉眼では、かろうじて、その境界線がわかるのですが、写真ではお伝えすることが極めて困難です。ここまで接写をしても、違いのところが分かりません。

ココナッツミルク氷・頂上掬い
 すくってみましたが、やっぱり写真では分かりません

 蜜が一番掛っている頂上にスプーンを入れます。繰り返しになりますが、このスプーンには、冬の象徴である氷と、南国の象徴であるココナッツと、広い草原の象徴であるミルクがかかっているワールドワイドさがあるのですが、お伝えできません。悔しいです。
 では、このワールドワイドの蜜がたっぷりの頂上を一口。おっ、かなり甘いです。さすがに二種類の甘い蜜が掛っているから当然と言えば当然なのですが、氷のさっぱりさに負けずに、しっかりと主張のある、重みのある暑い甘さになっています。
 それでも、2合目、3合目くらいまで食べ進むと、さすがにシロップは薄まってしまい、そっけない氷のお味になってしまいます。そこで上手い具合に登場してくれるのが、マウンテンの氷ではレギュラーのバニラアイスさんです。彼が登場してくれたおかげで、甘みを取り戻すことができました。
 最後は、蜜とアイスクリーム、氷のジュースと化した、パールホワイトの液体を飲み干して完食です。最後が、かなり味が薄くなるので、さっぱりといただくことができました。これが頂上の部分と同じくらいのたっぷりの蜜加減だと、甘さでしっかりとたらふくになったでしょう。でも、霊峰モンブランとしてあるには、これくらいの清廉さを求めてもおかしくないような気がします。


 更新履歴
 画像のリンク切れを修正しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。
 一部の約物を修正しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.10

「チョコレート」ちょっと柔らかくなりました

 これまでも定番商品だった、ミスタードーナツさんのチョコレートが新食感になって再登場です。
 大きく変わったところはありませんが、「ゴールデンチョコレート」がいなくなりました……。結構好きだったのですが…、残念です。再登場したのは「チョコレート」「ダブルチョコレート」「ココナツチョコレート」「ストロベリーチョコレート」の4種類です。
 ベースなる生地はいずれも同じです。直径約75mm、厚さ30mm。もっくりとしたケーキ生地です。それぞれのお品には、コーティングが為されていますが、中身の生地そのものはビターで甘さはそれほど無くて、チョコレートの香りが立っています。

チョコレート・4種
 リニューアルして4種類です

 では、スタンダードな「チョコレート」からいただきます。おや。ちょっと食感を変えてきていますね。前のしっとりしていて、やや重みのあるガトーショコラ風から、ふかふかと柔らかいパンケーキ風になっています。エアが多めに含まれているようです。
 チョコレートの場合、グレーズが掛っているので、その甘みは、生地のビターさと相俟って、バランスが取れ、食感の軽さは、グレーズの甘みを和らげて、甘すぎなくしています。いい感じの改良版の印象を持ちました。

チョコレート・断面
 写真では分かりにくいですが、食感が変わっています

 ダブルチョコレートは、コーティングが半面だけチョコレート掛けになったものです。これもまた、チョコレートコーティングは甘すぎず、チョコの香りを強くしているのに買っています。「ダブル」というほどの重さは無くて、口当たりが良いです。
 私は前の代からココナツのファンでした。あのざっくりとしたパウダーの甘さが好きなのです。あの甘みがあったからこそココナツをいただいていたので、これまで甘さが抑えめになっていたら、ちょっと眉をしかめるところなのですが……。
 パウダーの暖かみのある甘さと、ちょっと灼けたような甘さ。前のココナツパウダーのままです。良かった! これは、もともとの生地のビターさと、ココナツのやや強めの甘さの組み合わせの良さといえるでしょう。

ストロベリーチョコレート
 例のお菓子の味に似ています

 ストロベリーチョコレートは、半面にイチゴチョコレートと、その1/4にパフが振られています。これは生地の香りよりもイチゴの香りの方が、やや強くなっています。もくもくといただいていると、あるお菓子を思い出しました。あの「アポロチョコ」の味そっくりなのです。アポロの豪華版のような印象です。ちょっと、喩えが適切かどうか分からなくなってきましたが、さわやかなお味で好感が持てます。

チョコレート・ピラミッド
 運動会っぽく組んでみました

 今回の「チョコレート改造内閣」の眼目は、生地の食感に集約されるでしょう。ガトーショコラタイプがお好きだった方には、ちょっと物足りないかもしれません。しかし、私は、4つのお品を次々にいただいたことで、しっかりとたらふくになれました。


◎商品データ
 商品名:チョコレート
 価格:¥105

 商品名:ダブルチョコレート
 価格:¥115

 商品名:ストロベリーチョコレート
 価格:¥115

 商品名:ココナツチョコレート
 価格:¥115


 更新履歴
 2018/06/06
 画像のリンク切れを修正しました。
 一部の約物を修正しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.07

雲の上でしっとりふわりとくつろごう(抹茶のシフォンケーキ、豆乳ラテ:sora cafe)

 『ドラえもん』の道具に「雲かためガス」というものがあります。Wikipediaで調べてみると、初期から後期を通して5作品に登場しているので、心当たりのある方が多いのではないでしょうか。名前の通り、このガスを雲に吹き付けると、雲が綿のように固まり、その上に乗れるようになるのです。
 複数回、藤子・F先生が、この道具を登場させていることから、藤子・F先生ご自身が「雲の上に乗って、空の世界に居れたらいいだろうな」と強く考えていらっしゃったかもしれない、とうかがわれます。
 藤子・F先生だけではなく、世の中のたくさんの人々が空の上の世界に憧れをいだいているのではないでしょうか。雲の上ですから、その上には雲は無くて、真っ青な空が広がるばかり。地上の喧騒から離れて、ゆったりと雲のベッドで一休み。こんなことを考えてみたことはありませんか? さぞかし気分がいいだろうな、と思います。でも、実際は、雲が発生している高さでは、寒すぎて、結果、永久の眠りになってしまいますが……。そんなことを言ってしまうと元も子もありませんので、やっぱり、青い天井、心地よい雲のソファーで暮らせたら、さぞかし良いだろうな、と考えることにしましょう。
 そのような「空への憧れ」を満たしてくれるお店が、「sora cafe」さんです。お店を外から見ると、一階がライムグリーン、二階がホワイトに色分けされています。また、お店の前には、背の高い鉢植えがあって、こうしてみると、明るい緑の森とその上に、ぽっかり、と、広がる雲のように見えます。爽やかに、雲の中でくつろげるような雰囲気が、伝わってきます。

sora cafe・外観
 名前のとおり、爽やかな雰囲気です

 店内はしっとりと穏やかな雰囲気。はっきりと確認したわけではないのですが、1階が禁煙席、2階が喫煙席になっているようです。1階はお料理スペースがはいっているために、2階の方が座席数が多くなっています。窓際のテーブル席、内側のソファー席に分かれていて、本当は禁煙席が良かったのですが、満席だったので、今回は、2階のソファー席に案内してくださいました。間接照明の電球光で、柔らかい感じで、雲の中はこんな感じかもしれないと思わせてくれます。
 オーダーは「抹茶のシフォンケーキ・バニラアイス添え」と「豆乳ラテ」。これまた、本当は、九州(の一部での)名物「とり天」をいただきたかったのですが、ランチタイムを過ぎてしまっていて、今回はケーキとドリンクだけです。

抹茶のシフォンケーキ&豆乳ラテ7
 アイス添えにしましたが、ホイップも付いていました

 シフォンケーキは、苦すぎない、ほのかな抹茶の風味。すっきりとしていて、軽くて、ふわふわの生地にぴったりの香りです。十分にエアが含まれていて、しっとりふわりとまさに、これもまた、雲のような印象です。
 アイスクリーム添えはプラス50円なのですが、これにして正解でした。基本のトッピングがホイップクリームに抹茶パウダー、キャラメルソースと盛りだくさん。それにバニラアイスクリームが加わっているのですから、最強です。いろいろと味を変えて、シフォンケーキを味わうことができます。とろけたアイスクリーム+キャラメルソースでまずはいただいてみると、シフォンの細かい目にコンビネーションの甘みが入ってきて、しっとりした甘さになっています。これだけで、気分は軽やかです。あっという間に、心までたらふくになりました。一方、ホイップクリームの方は、やや固めの食感です。こっちは、シフォンに、ちょん、と、乗せて、いただくと、甘さが控えめ。バニラアイスクリームとはまた別の甘みで、お得な気分になれました。

抹茶のシフォンケーキ・アップ
 溶けたアイスが、シフォン生地に染みこんでしっとり甘く

 十分に甘くなった口の中を、「豆乳ラテ」で静めます。最初は、シロップを入れずに、そのまま飲んでみました。……うん、私は普段から無調整豆乳を愛飲しているので、それほど気にはなりませんでしたが、コーヒーの苦味と、豆乳独特のたんぱく質的なクセがありますね。豆乳を普段召し上がらない方は、最初からシロップをお好みで入れたほうがいいかもしれません。シロップを入れると、豆乳らしい、少しとろりとした感触がはっきりとわかるようになって、大豆の甘みが際立ちます。
 シフォンケーキと豆乳ラテをごちそうさま、といただき終わっても、すぐに立ち上がる気にはなれませんでした。それほど、居心地の良い空間なのです。雲のソファーもこんな感じなのかな、と思いながらくつろがせていただきました。
 「とり天」のところでも書きましたが、時間帯で、ごはんものや、アルコールもいただけるようになっています。営業も結構遅い時間までになっているので、夜カフェに使うのもいいようです。
 実は、sora cafe さんには、過去3度、「とり天」を求めていったことがあるのですが、時間帯ミスだったり、定休日だったりで、4度めにして、ようやく、こちらでたらふくになることができました。
 よし、今度こそは、「とり天」を食べるぞっ!


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:抹茶のシフォンケーキ(バニラアイス添え)
 価格:¥480(+¥50)

 商品名:豆乳ラテ
 価格:¥577


・店舗データ
 店舗名:sora cafe(ソラ・カフェ)
 住所:名古屋市中区栄3-22-16
 営業時間:11:30-22:00
 定休日:水
 公式サイト:http://www.sora-cafe.jp/
 アクセス:名古屋パルコ西館・南館前交差点を西へ。そのまま直進して約300m。若宮八幡宮裏手の右側。

 更新履歴
 画像のリンク切れを修正しました。
 一部の約物を修正しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.03

トロッとリッチな夏のフラペチーノ(コーヒージェリーフラペチーノ:スターバックスコーヒー)

 私はスターバックスさんに行くと、たいていは、「コーヒーフラペチーノ」に甘さを足すために無料のカスタマイズメニュー「チョコレートソース追加」をお願いしています。 特に夏場は、お買い物などの途中、スターバックスさんに立ち寄り、このフラペチーノをいただくと、ひんやりとした冷たさで汗がすーっ、と引き、チョコレートソースのみがコーヒーのほろ苦さと相俟って、疲れがすっきりと晴れていきます。
 そのコーヒーフラペチーノに、この夏の新商品「コーヒージェリーフラペチーノ」が仲間入りしました。コーヒーフラペチーノとクラッシュコーヒーゼリーが二層になっていて、その上にホイップです。
 これにいつも通り、チョコレートソースを追加していただきました。そして、今回は、コーヒーゼリーに合うかもしれない、と、これまた無料でカスタマイズできるキャラメルソースも追加していただきました。甘さ対策はこれで万全です。

コーヒージェリーフラペチーノ
 ごちゃごちゃしていますが、好きなのです

 さらに、好みのトッピング「シナモン+バニラ」でお気に入りのバージョンの完成です。…原型をとどめていませんね。でも、この盛りだくさん加減と、シナモンのスパイシーさが好きなのです。では、いただいてみましょう。
 まずは、ホイップの軽い甘さと、スパイシーなシナモンのフレーバー。対照的な、軽みとしゃっきり感で、強い味わいを見せてくれます。
 少しホイップを突き崩しつついただいた後、シナモンと、バニラと、チョコレートソースと、キャラメルソースが掛った残りのホイップを、一気に下のフラペチーノの層とかき混ぜます。少し、コーヒーの香りが立ったかと思うと、そのまま甘みとスパイスの渦に巻き込まれていきました。
 こうして出来上がった、何と言っていいのか分からないフラペチーノは、何と言っていいのか分からないお味に変化しています。甘みは確実に増幅されています。香りはコーヒーが4割、あとは、それぞれのトッピングが均等に分割されて配合されているとしか表現しようがありません。いつものくせで、ややシナモンを多めに振ったので、ぴりっ、とした、鼻に鮮烈に抜ける香りが強いでしょうか。これだけトッピングを増やすと、いろいろな味わいが含まれていて、一食のごはんのように思われて、たらふくになってきます。
 では、このフラペチーノの眼目、「ジェリー」をいただいてみましょう。底の部分に、おおよそ30mm~40mm角くらいのコーヒーゼリー、いや、コーヒージェリーが沈んでいます。これをプラスチックのスプーンですくっていただいてみます。……おや? ……あれ? ……すくえません。プラスチックカップとプラスチックスプーンの間を、溶けてアイスカフェオレ状になったフラペチーノのプールの中で、あっちへつるり、こっちへつるり、と、コーヒージェリーが逃げるように泳いで、上手くスプーンですくえないのです。何分かすくうのを試みましたが、諦めました。
 スターバックスグリーンの太めのストローを底まで差し込んで、吸い込みます。
 とろとろとろとろとろとろとろ。
 おおおっ!!
 この食感!! 良いではありませんか! 普通にゼリー、いや、ジェリーをいただくよりも何倍も楽しくて、美味しく思えます。もともとクラッシュジェリーになっていますが、ストローで吸うことにより、ストローの大きさに細分化されて、溶けて、スパイスの香りたっぷりになったフラペチーノと共に吸い上げられて、舌の上を流れていくのです。
 ストローで吸うゼリーと言って思い出すのが、グリコさん『ドロリッチ』です。ドロリッチの方が、キャラメル味がはっきりしていて甘さが強く(コーヒージェリーフラペチーノも、もっとガムシロップやハチミツを足せば甘みは強まりますが、その分コーヒーっぽさが薄れてしまうでしょう)、ゼリーがもっと細かくなっていて、ストローで吸い上げたときの「とろとろ感」が弱いです。好き好きはあるでしょうが、コーヒージェリーフラペチーノのジェリーの方が大きい分、独特の食感を楽しめるかな、と思いました。


◎商品データ
 商品名:コーヒージェリーフラペチーノ(グランデサイズ)
 価格:¥530

 更新履歴
 2018/06/06
 画像のリンク切れを修正しました。
 全角英数表記を半角英数表記に変更しました。
 一部の約物を修正しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »