« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.18

お茶チョコかチョコお茶か迷う容器の美しさ(茶葉ショコラ:théo murata)

 三種類のチョコレートが入っていて、それぞれ、お茶の葉を十二分に生かした香りとお味になっています。甘み、苦味、濃密、とそれぞれチョコレートの味に合わせて、香りの違うお茶を使っているのが凝っていますね。茶葉の香りを楽しみながら、ゆっくりと甘みでたらふくになってみましょう。

茶葉ショコラ・1

茶葉ショコラ・2

茶葉ショコラ・3

茶葉ショコラ・4

茶葉ショコラ・5

茶葉ショコラ・6

茶葉ショコラ・7

茶葉ショコラ・8

 チョコレートは丁寧で上品なよいお味ですが、器もまた、上品で丁寧な作りになっていて、チョコレートが入っているのが分かっているのに、「お茶? いや、やっぱりチョコだ」と思わされるくらいの凝りっぷりです。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:茶葉ショコラ
 価格:いただきもの

・店舗データ
 店舗名:théo murata(テオ・ムラタ)
 住所:大分県由布市湯布院町川上1267-1
 公式サイト:http://www.sansou-murata.com/
 アクセス:JR湯布院駅から北東へ。「湯布院」交差点を右(北東方向)、県道216号線を道なりに500m、バス停手前を左折し、そのまま北方向へ約800m。「山荘無量塔」敷地内。

 更新履歴
 2019/02/02
 画像のリンク切れを修正しました。
 全角英数文字を半角英数文字に修正しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

| | コメント (0)

2009.01.11

もちもち、お餅?「米粉ドーナツ」

 ドーナツ、作っていますか。
 私は作っているのを眺めていたことはありますが、自力で作ったことはありません。作りはしなくて、買ってきたものをいただいています。
 でも、ドーナツの作り方はだいたい分かります。小麦粉、ベーキングパウダー、バター、玉子、牛乳などを、それぞれ分量を量って入れて、練り合わせて、生地ができたら、輪っかの型で抜いて、油で揚げる、と、これが大まかな流れでしょう。
 もう一度、復習。小麦粉と…、

 ここでストップ。

 ミスタードーナツさんは、ここで方向転換をしました。小麦粉ではなくて、米粉を取り出したのです。「まさか、米でドーナツを作るのか?」 そのまさかをしたのです。「そんなことをしたら、揚げ餅になるんじゃないのかい?」 あえて、それに挑戦してしまったのです。果たして、米粉でもドーナツを作ったらドーナツになるのか? 新商品の『米粉ドーナツ』をいただいて正体を見定めてみましょう。
 米粉ドーナツは、「チョコあられ」「きなこ」「黒ごま」の三種類です。いずれも「和」の要素を持たせているのは、やはり米粉だからでしょう。軽く触れ、その手ざわりがもちもちを志向した「ポン・デ・リング」に似ていることが分かります。しかし、形は「ポン・デ」とは違って、もこもこではなく、普通の輪になっており、直径85mm、厚さ25mm、穴の直径35mmと、見た目は至ってシンプルなドーナツの形状をとっています。

米粉ドーナツ・3種
 新たな食材に挑戦しました

 それでは、「チョコあられ」からいただきます。手にとって改めて、感触を確かめてみますと、もちもち感、プナプナ感が、ポン・デ・リングを上回っているのが分かります。ポン・デ・リングよりも柔らかいのです。軽く振りながら、柔らかさをペナペナと見ておりますと、パラパラと小さな音が鳴りました。チョコあられには、片面にチョコレートコーティングがされており、そのチョコレートの上に、2mm大のあられがまぶされています。しかし、チョコレートとあられの密着度が低いのか、取り上げると、パラパラパラッと、あられが、お皿、トレイ、テーブルに落ちて弾けます。「元気が良いあられだね」などと言う心の余裕はありません。とにかく、あられの崩落を止めねば、と、チョコ面を上にして、水平に保ちました。そこからゆっくりと口の高さまで持って行ったら、口の方からお迎えします。この接近方法で被害は最小限に抑えられました。

米粉ドーナツ・チョコあられ
 あられが散らばります

 口に入ったチョコあられは、甘めのミルクチョコレートで、他のドーナツのチョコレートコーティングと変わりは無いようです。何よりも、あられの食感が立っています。一口かむごとに、「ザクッ、ザクッ」と、クランキーな音が頭蓋に響きます。生地が柔らかく、もちもちしているために、あられは小さくとも、なおさらその逆ベクトルの食感が大きくなっているようです。
 上に書いたもちもち感について、もう少し詳しくみましょう。「ポン・デ」のもちもち感は、串だんごの食感に似ており、「きっちり」した歯ざわりで、さっくり切れるものです。対して、米粉ドーナツは、まさにお餅。しかも、つきたてで、伸びの良いものに似ています。噛み切る時に、瞬間、歯に絡みつくような粘り気を感じます。このように書くと、和と洋がアンバランスさを見せているようなお品のように見られるかもしれませんが、あられに軽く塩味が付いているので、甘いチョコレートと組み合わさり、日本人になじみの甘辛、みたらしに近いように感じられました。生地に合わせて、巧妙に和と洋の要素が含まれています。

 生地がお餅に近ければ、お餅に合う食材は米粉ドーナツにも合うだろう、と、推測がつきます。お餅と長年、友好関係を結んでいる「きなこ」が、米粉ドーナツに参加しないはずがありません。
 米粉ドーナツ「きなこ」。これが「きなこ餅」ではないとできるでしょうか。私はなんとか米粉ドーナツ・きなこにドーナツとしての道を見出して差し上げたかったのですが、観念しました。これは90%、きなこ餅です。普通はきなこに混ぜるお砂糖が、米粉ドーナツではグレーズになっていることで、見た目ではドーナツの体裁を取っていますが、いただくと「きなこ餅」です。もちろん、違和感はありません。おなじみのきなこ餅のお味と食感なのです。言い方を変えれば「食べやすいお味」と表わせるでしょう。米粉「ドーナツ」とするならば、もう一ひねり、インパクトがあると、劇的に印象が変わり、よりドーナツっぽくなっていたのではないかと思います。

米粉ドーナツ・きなこ
 ほとんど「きなこ餅」のような気が…

 「黒ごま」は、その一ひねりが加えられたものでした。グレーズと黒ごまの組み合わせです。甘みはグレーズが受け持って、食感、香りの特色は、黒ごまが担っています。この黒ごまは、かなり主張が強く、芳ばしさが大いに感じられ、抑えた甘み、さらりとした風味となっています。黒ごまがプチプチとはするのですが、「あられ」ほどではなく、生地のもちもち感を押さえつけてはいません。

米粉ドーナツ・黒ごま・断面
 生地の密度は高いです

 ただ後半になって、グレーズの甘みが湧き上がるように出てきます。やや甘みが濃すぎるようです。これは、グレーズを少なめ、もしくは、少量のパウダーシュガーにして、甘みをあまり前に出さず、ごまの風味を首尾一貫して、主役として盛り立てたほうが、さらにいただきやすくなり、和の雰囲気を強くすることができたのではないでしょうか。

 三つの米粉ドーナツをいただきました。みっちりと中身が詰まった米粉生地は、ボリュームがあります。
 いつだったか、丸餅一個で、ごはん一杯分のエネルギー量があると聞いたことがあります。米粉でドーナツ三つとなると、結構なエネルギー量になるのでしょう。もちろん、たらふくです。
 いずれのドーナツも、かなりの甘さを持っていますので、メニューに渋い緑茶があればいいかもしれません。セットでオーダーしたいです。


◎商品データ
 商品名:米粉ドーナツ チョコあられ
 価格:¥126

 商品名:米粉ドーナツ きなこ
 価格:¥115

 商品名:米粉ドーナツ 黒ごま
 価格:¥115


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.04

ふくふくきらきら麩まんじゅう(餡麩三喜羅:大口屋)

 熱田神宮に初詣に行きました。初詣かつ初熱田詣でです。
 甘く見ておりました。さすがは、三種の神器「草薙剣」を御神体とする大神宮。たいへんな人出でした。あたり一面の人波、人だかり。ゆるりゆるりと、丑年らしく牛歩の歩みで一時間半かけて本殿前にようようたどり着き、そこでも、人々に押し合いへし合いとなり、体がねじれ、傾きながら、二礼二拍一礼で、「あれも欲しいです。これも欲しいです。何もかも欲しいです、食べたいです」と百五円分の祈りを、たっぷりしました。
 その祈りを叶えるには、どのような行いを取ればよいのか神託を問うために、初詣の締めくくりとばかりに一生懸命に、ジャラジャラとおみくじ筒を振り、ひょろりと出たおみくじ棒に書かれた番号を巫女さんにお見せすると、薄く、細長いおみくじ紙を渡してくださいました。これで、「為せば成る、為さずとも成る何事も。万事よし。どんどん行け。All OK!!」と書かれているのを確認すれば、初詣ミッションは完了です。えびす顔でおみくじ紙に目を落としました。

 「末吉 私欲に囚われ、新規に急ぎ事を起こさんとすれば願望叶い難し。信心怠りなく静かに努めれば幸いあり。二兎追う者は一兎をも得ず」

 えびす顔は凍りつきました。つい先程、たっぷりと私欲に満ちた祈りに、いきなり駄目出しをされたのです。「こらっ!! いい気になるな。欲張るな。そんなん祈っても叶いはせん。大人しくすべし」というのです。他に書かれてあったこまごました運勢も、「まあ、だいたい駄目だね。真面目に暮らして、順風を気長に待ちなさい」ということのようです。
 おみくじのお言葉を胸にしっかり刻み付け、「甘いもの初め」に移ることにしました。いきなり食欲に走っているようですが、甘いものは別腹。よって、甘いものは「別神託」だと判断しましたので、いいのです。それに人は食べなければ生きていけないではありませんか。どうせ食べるならば甘くて美味しいものが良いではありませんか。そう判断しました。私欲では無いと判断しました。言い聞かせました。
 百貨店の地下に行くと、十日前とはすっかり様相が変わっています。赤・緑・白のクリスマスカラーはどこへやら。落ち着いたお正月色になっています。頭の中では『春の海』がつま弾かれています。
 クリスマスは、和菓子屋さんがどんなに頑張っていらっしゃっても、洋菓子に走ってしまいますが、お正月はなんと言っても「和」です。そして、和菓子屋さんも我が意を得たりとばかりに活気に満ちています。
 お正月向きの和菓子もいろいろと取り揃っています。縁起の良い絵柄の華やかな羊羹などがありましたが、今回、目に付いたのは、白いシンプルなお饅頭です。

餡麩三喜羅・外箱
 今年の甘いもの初め

 お饅頭はお饅頭でも、皮が生麩の麩まんじゅう「三喜羅」。見た目はシンプルですが、名前は縁起良く華やかです。「三つの喜び」に、「綺羅」が掛けてあるのです。

 生麩の主原料はたんぱく質のグルテンです。以前、私は生麩作りに挑戦したことがありました。強力粉で玉を作って、それをボウルの中でひたすら洗うのです。すると、炭水化物がだんだんと底に沈み、それに連れて、玉は粘り気が増していきます。続けること一時間。もっちりとしたグルテンが取り出せました。それを小さくちぎってお吸い物に入れました。味の無いかまぼこの出来そこないのような食べ物になっていました。ちっとも美味しくありません。後で分かったことですが、生麩はグルテンに適量の小麦粉と米粉を混ぜなければなりませんでした。中途半端な知識で痛い目に遭った経験の一つとして、頭に叩き込まれました。

 遠い記憶から、目の前の三喜羅に戻りましょう。白くつやつやした表面は、あのときの生麩もどきと軽くオーバーラップしましたが、そこはかとなく漂う風格が違っています。上品な、完全たる和菓子だとすぐに分かりました。

餡麩三喜羅
 饅頭というより白玉に近い雰囲気です

 ぷっくりとした白い体に、薄緑の葉をまとっている姿からは、清廉な印象を受けます。親指と人差し指、中指でつまむと、その力をそっと受け止める、ふくふくとした感触。わずか直径40mmであることを、少し憎らしく思いました。これを五十倍にして、体全体で飛び込んだらさぞかし気持ち良いだろうな、と思わせられる、優しいクッション性です。
 二度三度、指で弾力を楽しんでから、葉っぱをはがします。すると涼やかな香りで、目が、はっ、と覚めました。この葉は「サルトリイバラ」という植物の葉なのだそうです。以前は笹の葉を使用していたそうですが、三喜羅は全国で初めて麩菓子にサルトリイバラの葉を用いたとうことが説明書に書かれていました。このサルトリイバラは、実に香りが良いです。すっきり、身も心も洗われるような、清らかな香りです。

サルトリイバラ
 丸いサルトリイバラの葉。香りが強いですが、嫌味はありません

 ふっくらしっとりとした三喜羅を持ち上げて、まずは、半分だけいただきます。さっ、と、サルトリイバラの香りがかすめてから、こしあんが伝わってきます。皮より先に中の餡の味が伝わるのです。麩の間を抜けるようにして、するりとなめらかな甘みが現れます。そして、現れた時と同じように、すっ、と、淡い雪のように消えていきます。実に上品な甘さです。甘さの重みやクセが全くありません。儚く美しい甘さです。
 餡の甘みが薄れた頃に、麩の食感が強く出てきます。皮の食感は、指で感触を楽しんだ時とはやや趣きが異なりました。ふわふわと柔らかいのかと思っていたのですが、案外と、強い弾力があります。もちもちもちもちと噛み続けても、その弾力は長く残ります。餡が先に姿を消すので、後々までもっちりぷっくりとした食感を味わえます。

餡麩三喜羅・断面
 なめらかで流麗とした餡

 皮の厚さは約5mm。餡の分量が多いですし、薄い皮でも食べ応えがあるのですが、もたれるような印象はありません。サルトリイバラの香りがすっきりとしており、生麩の皮に甘みがほとんどなく、もっちりとした食感でも、キレが良くてさっくりとしているからでしょう。一個食べ終わったら、すぐに次の一個へと食が進みます。いくらでも食べられるので、たらふくになかなかなれないことが、嬉しくもあり、悔しくもあります。
 お皿に乗った二つの三喜羅をいただいて終わりにしよう、と思っていたのですが、気が付いたら、六個入りの箱が空になっていました。三喜羅×6で十八喜羅もいただいたことになりますが、物足りないです。しっかりとした甘みと味わいを持っているのに、いくらでもいただけます。甘味の理想形でしょう。

 お正月から良いものいただきました。ありがとうございました。…けど、もっと食べたい。止められない。私はコートをはおって、バッグを持って、二箱目の三喜羅を買いに出かけようとしました。しかし、はっ、と思い、取り止めました。おみくじのお言葉が思い出されたからです。

 「私欲に囚われるな」


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:餡麩三喜羅(あんぷさんきら) 6個入り
 価格:¥756

・店舗データ
 店舗名:大口屋 三越名古屋栄店
 住所:名古屋市中区栄3-5-1 三越名古屋栄店・地下1階
 営業時間:三越名古屋栄店に準じる。
 定休日:三越名古屋栄店に準じる。
 公式サイト:http://www.ooguchiya.co.jp/
 アクセス:名古屋市営地下鉄・栄駅から、サカエチカ5番・6番出入口直結。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »