« 抹茶の夏菓子で涼みませう | トップページ | 今日の「山」登りは「クリームメンタイコ」&「宇治金時氷」 »

2008.08.17

甘美なるひとしずくは第七天へ導く麗しき星(プティ グランポレール・山梨甲州フリーラン:サッポロワイン株式会社)

 いつも懇意にしていただいているみんたさんから、プレゼントをいただきました。みんたさんは、いつも私の心のツボを、ぎゅーっ、と押すかのようなものをいただいているので、わくわくしながら、宅配便の梱包を解きました。
 ワインです。
 おぉ、これは洒落ている。しかも私はたくさんは飲めませんが、お酒が好きです。これはこれは、ありがたい。オススメのワインで美味しいですよ、とのことでしたので、あっさりしながら飲んではいけない。いざという時に飲もう、と決意を固めました。
 それから、約半年。我が家の冷蔵庫で眠ってもらっていました。
 そして、「いざ」という時が来たのです。
 どのような「いざ」かと申しますと、「とってもお酒を飲みたい気分なの」という「いざ」っぷりでした。
 そうと決まれば、あとの展開は早いです。普段はものぐさな私ですが、こんな時だけ早くなります。スーパーに行って、簡単なおつまみを買ってきて、コルク抜きを探し出して、グラスを冷やして、準備完了です。
 一気呵成にここまで準備したので、息がいささか上がっています。それが落ち着いた頃には、丁度いい具合にグラスも冷えました。さぁ、飲みましょう。

プティ・グランポレール・ボトル
 ポレールは「北極星」です

 お酒は好きですが、知識はほとんど無いので、ラベルを参考にします。
 『プティ グランポレール・山梨甲州ワイン』は、

 「日本を代表するぶどう品種「甲州」。その中でも、収穫された房から自然に滴り落ちるフリーラン果汁のみを使用し、贅沢に仕込みました。」

と、あります。つまりは、日本の中でもいいぶどうを収穫し、無理矢理搾らずに、ぶどうの意志に任せて果汁を提供してもらい、じっくり時間を掛けて、頑張ってうま味を出すように応援したワイン、ということだと思います。これだけ時間と手間を掛けているのですよ、というラベルを見ただけで、美味しさを感じました。

 こくこくこく、と、柔らかい音を立ててグラスにそそぐと、薄い金色の液体からすっきりとフルーティな香りが舞い出てきます。アルコール独特のツンとするような刺激のある香りはありません。

プティ・グランポレール・グラス
 澄み切ったジュースみたいです

 そっと、口をつけると、香りそのままに、果実の爽やかで軽い風味がいっぱいに広がります。その心地良さに耳を傾けながら、ゆっくりと飲み干すと、最後の一滴で、アルコールの艶やかな余韻がもたらされます。
 次に、空気を含ませながら飲んでみましょう。そうすると、アルコールの姿が幾分明確に出てきますが、きつさは無く、清廉な風味を残しています。
 全体的に、柔らかく、すっきりとした味わいで作られているようです。これも10%という、アルコール度の低さも手伝っているでしょう。
 これだけで飲んでしまうこともできますが、何かお供にあった方がより楽しめるでしょう。前述のように、すっきりしたお味なので、ほんの少しだけクセがあるお料理が合いそうです。匂いの強くないお魚などがいいかもしれません。私は、軽い塩気があるものも良いようです。これは実際に合わせて食べてみて、上手く合いました。ちょっと難ありだったのは、味の濃いものです。ソースだったり、タレだったりの味が濃厚だと、ワインの香りが表に出てこられなくなってしまうでしょう。カナッペくらいのおつまみが良さそうです。カリカリに焼いたフランスパンだけでもいけそうです。

 するすると飲めるこのワイン、するする飲めるが故に、止めどころの見極めを誤ってはいけません。お酒がすごく弱くない限りは、あっという間にボトルを空けることができるでしょうが、アルコール度数分の酔いはやってきます。私は、「美味しいな、美味しいな」といい気になって飲んでいたら、いつの間にか床に就いておりました。どうやら、おつまみをたらふく食べて、お酒をたっぷり飲んで、そのまま天上へと連れて行かれたようです。
 でも、寝覚めの後、悪酔いも二日酔いもしませんでした。いいお酒でした。


※今回ご紹介した「プティ グランポレール 山梨甲州フリーラン」はお酒です。20歳未満の方は本品をお召し上がりになれません。飲酒運転は法律で禁止されています。


◎商品データ 
 商品名:PETITE GRANDE POLAIRE 山梨甲州フリーラン(白)2006(プティ グランポレール ―)
 価格:いただきもの
 製造者:サッポロワイン株式会社
 発売元:サッポロビール株式会社


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« 抹茶の夏菓子で涼みませう | トップページ | 今日の「山」登りは「クリームメンタイコ」&「宇治金時氷」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘美なるひとしずくは第七天へ導く麗しき星(プティ グランポレール・山梨甲州フリーラン:サッポロワイン株式会社):

« 抹茶の夏菓子で涼みませう | トップページ | 今日の「山」登りは「クリームメンタイコ」&「宇治金時氷」 »