« お屠蘇はとろける夢心地(とろける黒糖梅酒:チョーヤ梅酒、おいしい無調整豆乳:紀文フードケミファ) | トップページ | ぱくっとふっくらパフリング »

2008.01.13

今日の「山」登りは「ベーコンほうれん草スパ」

 「喫茶マウンテンで一番のおすすめ料理は何ですか?」と問われましたら、「う~ん…」と七七四十九時間ほど悩んでしまいます。
 マウンテンらしいお品といったら「甘口抹茶小倉スパ」をはじめとする甘口スパ群です。しかし、甘口スパを万人におすすめできるかといったら「う~ん…」とまた悩ましいことになります。
 また、辛口のものや、「なべスパ」など独創性のあふれ過ぎるものをおすすめできるかといったら、甘党及び少食の私からしたら、即時に「否」と言わざるを得ません。

 300に及ぶお品から、登山経験がまだまだ浅い私が「これがいいですよ」とおすすめするというのが無理な話なのかもしれません。そこで、店員さんに直接うかがうことにしました。

 「すみません。甘口スパ以外で、よく出ているものはどれでしょうか?」
 「そうですね…。ホワイトソースのものが多いですね」

 ふむ、なるほど。スパゲッティにしても、ピラフにしても、メニューの先頭に掲げられているのがホワイトソースです。その品揃えを見ると、おおよその内容が想像付くお品が多いようです。しかも、辛くも無く、甘くも無く、無難に食べ進めることができそうです。納得。

 そこで、今回いただいたお品は、まだいただいたことの無い、

ベーコンほうれん草スパ
 いつもより量が多いような気がします。膨張色だからでしょうか。

 「ベーコンほうれん草スパ」にしました。ビタミンAが豊富そうで、健康的なお品のではありませんか…。あれ?

ベーコンとほうれん草
 メイン具材だと思ったら…

 なんだか、ベーコンもほうれん草も量が少ないような…。見た目ではビタミンAが完全に不足しています。しかも、具に著しく偏りがあるようです。「ベーコンほうれん草スパ」ですから、「ベーコン」と「ほうれん草」が入っていれば、名に偽り無しなのですが、それ以外の具が見付からないのです。いや、見付からないのではなく、初めから入れるつもりがないようにお見受けしました。
 「ベーコンほうれん草スパ」の正体は、「スパ。そしてベーコンとほうれん草も少し参加」ということのようです。とにかく、麺の量が多いです。さらにこってりとミルキーなホワイトソースが、なんとも良く太麺にからむこと。一口で、かなりのたらふく感がおなかにずしりとやってきます。
 これは、一意専心に「ホワイトソース絡みスパ」に取り組まねばならない隠れたキラーメニューだったのです。無心に、ひたすらに無心に「ホワイトソース絡みスパ」を食べ続けていると、たまに「ふっ」と、わずかなしゃっきり食感と塩気を感じるときがあります。

貴重なベーコンとほうれん草
 わずかな具を大切にいただきます

 ほうれん草とベーコンです。無心に食べ続ける中、これに出会った際は「当たりだっ」と思われることでしょう。なにしろ、麺にあまり味が無く、ホワイトソースも柔らかい味付けなので、変化に乏しいのです。そんな中の、ほうれん草とベーコンは貴重な存在。ありがたい気持ちで、その一口をじっくりと味わうのが良いかと思われます。

 店員さんにおうかがいした「おすすめメニュー」でしたが、ともすれば、遭難の危機に陥ってしまうようなスパでした。たいそうおなかが空いているときに注文するのが無難でしょう。

 ちなみに、同じホワイトソース・スパの中にある「カルボエッグ」が私のおすすめです。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« お屠蘇はとろける夢心地(とろける黒糖梅酒:チョーヤ梅酒、おいしい無調整豆乳:紀文フードケミファ) | トップページ | ぱくっとふっくらパフリング »

コメント

>みんたさん
私も油断しておりました。本当に危うく遭難しそうになりましたよ。マウンテンは名前から推測したらダメですね。教訓となりました。薄味の麺に薄味のホワイトソースは、もったりと胃に来ました。帰り道、鬱々とした気分で自転車に乗ってしまいました。思い出しただけで、胃が泣きそうになります。
山では味の濃淡の差がありすぎます。でも、味の詳細な情報はなかなかネット上には落ちていないので、身を持って知るしかありません。…頑張ります。

投稿: 桜濱 | 2008.01.14 21:08

うっ、危ない危ない…一般メニューらしい名前のうえ、以前同じ具の組み合わせを他所の店でよく見かけたもので、今度行ったとき試してしまいそうでした。他所では塩味炒めやしょうゆ味和風をポッチリだったもので、薄味大盛りはややつらい。そのうえこの「強力粉パスタ+薄力粉ソース」の澱粉タッグはおなかに(そして皮下脂肪に)効きすぎだろうと容易に想像できて脅威です。お教えいただいてありがとうございます、この記事で美味しさ加減も恐ろしさ加減もよくわかりました。
でもやっぱり、お山は行きたいですね。今度はいつ行けるかなあ、もう息子のサイフがわりについていく鉄旅もなくなるでしょうし。ご縁があったらまたご指南くださいね。

投稿: みんた | 2008.01.13 23:29

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「山」登りは「ベーコンほうれん草スパ」:

« お屠蘇はとろける夢心地(とろける黒糖梅酒:チョーヤ梅酒、おいしい無調整豆乳:紀文フードケミファ) | トップページ | ぱくっとふっくらパフリング »