« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.09

ふっくら優しき心のでか南瓜(茅ヶ崎名代 南瓜ぷりん:えぼし工房)

 「大道芸に行けなかった。残念だ」ともらしておりましたら、拙ブログをご愛顧いただいている方が、

 「お加減いかがですか? お見舞いです」

と、はるばる神奈川から贈り物をして下さいました。うわぁー、ありがとうございます。感極まっております。むしろ、風邪を引いてよかったかも。いやいや、健康が一番ですね。
 彼女も私が大の甘党だということをご存知でいらっしゃいますので、もちろん、甘いものです。

南瓜プリン・パッケージ
 パッケージの「濡れ」は気にしないようにしましょう

 わざわざクール便で送ってきてくださいました。半分だけ色が変わっているのは、送る途中で、ボール紙が水気を吸ってしまったためで、製品に異常があるということではありません。

 茅ヶ崎ですか~。海のイメージです。それ以外には…、海のイメージです。すみません。私の頭の中では茅ヶ崎は海とだけ直結しています。それなのに、南瓜とは。検索をしてみましたが、この南瓜プリンのことだけがでてきます。名産というわけではないようです。なぜ、この会社は茅ヶ崎と南瓜を結びつけたのでしょう?

 そのような、枝葉末節な疑問はさておき、実食に移りましょう。濡れてしまったパッケージをびりびりと破ると、

南瓜プリン
 南瓜密度が高そうな色合いです

 でかい。
 そうか! かぼちゃの大きさとプリンの大きさをかけているんだ! …と、自分の内部で納得させました。
 プリンにしては、かなり程度の高い大きさです。直径12.5cm、高さ3cmとなっています。スーパーの市販品には及びもつきません。仮にスーパーに置いていたとしたら、陳列スペースをくってしまって、効率が悪いですよね。

南瓜プリン・アップ
 ぽっくりとした手触りですくえました

 さて、スプーンでひとすくい。固めのタイプのプリンですね。むしろ、とっても柔らかく煮た南瓜のようです。では、ぱくり。
 ふむ。ほろほろした食感は、まさに南瓜。天然素材を使っています、というのがすぐに分かるくらいの、南瓜本来の、柔らかい甘さです。濃縮された南瓜の旨みがあるのに、くどくはなく、こんなにおおきくても、すいすいと食べ進めていけるのです。
 底にはカラメルソースが入っていました。これもねっとりと甘くは無く、さっぱりした甘さ。あくまで南瓜の甘みを引き立てるためのもの。南瓜そのものの甘さがこんなに力強いとは思いませんでした。
 ほろりねっとりの南瓜の甘みと、さっぱりすっきりのプリンとしての甘みが上手く融合しているのがこのお品ではないでしょうか。

 南瓜の美味しさを上手く商品化したこのお品には、感無量。なにより、お見舞いをわざわざ送ってくださったお心遣いに、感無量。みなさまのお優しいお心遣いにたらふくになった、今回の風邪っぴきでした。

 そうそう、このプリンをつくっている「えぼし」さんは、本店は居酒屋さんとのこと。そちらも美味しいらしいです。お近くの方は足を運んで、呑んで、デザートに南瓜プリンをどうぞ。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:茅ヶ崎名代 南瓜ぷりん
 価格:いただきもの

・店舗データ
 店舗名:えぼし工房 京急上大岡店
 住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
 営業時間:京急百貨店・上大岡駅に準じる
 定休日:京急百貨店・上大岡駅に準じる
 公式サイト:http://www.eboshi.com/
 アクセス:京浜急行電鉄・上大岡駅直結


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

こっこっここっここっこ、ひよこっこ~。(銀のいちご こっこ:ミホミ)

 11月の初めの週末といえば、私にとっては、なんといっても「大道芸ワールドカップin静岡」です。

 いや~、楽しかったですー!!

 …という感想を書きたかったのですが、風邪を引いてしまったのでした。なんともタイミングの悪い。治りかけてはいたのですが、ぶり返してはいけないと思い、泣く泣く、静岡行きを諦めました。

 大道芸観覧で、久しぶりに会う友人がいたのですが、彼女にも会えず、非常に残念な思いをしました。それを不憫に思ってくれたのか、静岡から帰る途中に、名古屋で下車して、短時間ながら、夕食を共にしてくれるというのです。ありがたい、ありがたい。名古屋駅までなら、なんとか、はいつくばって出向けます。

 静岡大道芸最終日、名古屋駅で久しぶりに旧交を温め、近くのレストランで、大道芸話に華を咲かせたのでした。いやー、それにしても、お話しを聞くにつれ、無理をしてでも行けばよかったなぁ、と思われてなりません。でも、体を壊してはいけませんね。養生して、正解だったと思うようにします。来年こそは!

 その友人が、お土産に、静岡のお菓子を買ってきてくださいました。甘党の私の好みを熟知しているだけあっていいセレクトです。

こっこ・箱
 いちご味の『こっこ』は期間限定だったはず

 私は数年間、静岡に住んでいたことがあります(だから、大道芸にも興味を持ったのですが)。なので、この『こっこ』は、とっても馴染みの深いお菓子です。静岡時代、帰郷するときのお土産にも、『こっこ』は活躍してくれました。
 私が住んでいたころは、いちご味の『こっこ』は、春の期間限定だったように記憶しているのですが、事情が変わったようです。『銀のいちごこっこ』という名前で、リニューアルされているようです。

こっこ・シール
 「あきひめ」も美味しい

 使われているいちごは、静岡名産のあきひめ。あきひめ、大ぶりで、瑞々しくて、爽やかな甘さで、美味しいですよね。

こっこ・包装
 今や静岡の"新"銘菓なんです

 箱の中の『こっこ』は前のままの『こっこ』でした。久しぶり、『こっこ』。
 静岡のお土産にはいろいろありますが、今、人気が高いのは、この『こっこ』ではないでしょうか。写真にあるように、まさに「新銘菓」なのです。

こっこ・本体
 「こっころん」という感じかな

 開封すると、ころんとしたかわいらしい姿で出てきます。静岡では『こっこ』のCMソングが流れています。

 「タマゴかな? ケーキかな? こっこ、こっこ。ひよこっこ~♪」

 この歌が『こっこ』そのままを表わしています。タマゴのようなケーキ。それが、ひよこっこ~、の、『こっこ』なのです。

 それでは、久しぶりに『こっこ』を味わいましょう。
 うんうん、懐かしい味だ。しっとり、じんわりした、スポンジケーキの柔らかさ。ふんわりと漂う、いちごの軽い酸味と甘み。

こっこ・中身
 ミルククリームがなめらか

 中のミルククリームはとろりとした舌ざわりで優しい雰囲気を持っています。そこに、ちょっとしたプチプチが入っているのは、いちごの再現ですね。
 そうそう、色がイチゴ色というほど濃くないのは、着色料を控えているかららしいです。

 一つたべては、しっとり『こっこ』。もひとつ食べては、ふんわり『こっこ』。

 …

 お土産にいただいた『こっこ』は4つあったのですが、たらふくになる間もなく、あっという間に4つの包み紙が出来上がりました。ついつい手が出てしまうお菓子なのです。

 『こっこ』には、このいちご味の他に、プレーン(たまご味)、抹茶味が揃っています。静岡行きを強調したいならば、お土産としては抹茶かいちごがいいかもしれません。が、たまご味も美味しいですよ。つまりは、全部美味しい新銘菓なのです。

 来年こそは、自分で『こっこ』を買いに行きたいと思います。養生せねば!


◎店舗・商品データ
 商品データ
 商品名:銀のいちご こっこ(4個入り)
 価格:いただきもの

 店舗データ
 店舗名:静岡駅キオスク、駅ビルのお土産売り場など
 販売者:株式会社ミホミ


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.04

エリカさんの結婚式(マ・ボンヌ:ショコラティエ・エリカ、ウェディング:マリアージュ・フレール)

 前回の続きです。

 「もう一つのプレゼントは、いろんな所で絶賛されているものなんですよ」

と、実に興味深い情報をいただきました。雑誌にも取り上げられたらしいのです。しかもそのお店の場所が、

 「白金台」

 し、知っている東京の地名だ! しかも、「ネーゼ」が付くはずだ。私だったら、お土産を買うにしても立ち入ることができない場所だ。たぶん連行されます。なにせ「プラチナ・スタンド」ですよ。そんな台には、の、上れない…。
 でも、プレゼントでいただけたのですから、縁はあるのかもしれません。将来は、このプラチナの街に住むことができるかも!

 妄想はさておき。贈り物の方に目を移しましょう。

マ・ボンヌ パッケージ1
 赤いリボンでぐるぐる巻き

 真っ白な袋に対して、赤を基調にした、鮮やかなパッケージです。

マ・ボンヌ パッケージ2
 …のようにみせたプリント柄

 アップで見ると、赤だけではなくて、いろいろなリボン柄が描かれています。ポップでかわいらしい印象ですね。中身はカラフルなのが想像つきます。

 それでは開けてみましょう。

マ・ボンヌ 中身
 箱とは大違い

 ………
 ……
 …黒い棒が出てきました。チョコレートバーですが、箱とのあまりのギャップに驚かされました。まさかこのようなサプライズだとは。
 と、とりあえず持ってみましょう。

 ………
 ……
 …重い。
 ずっしりとした重量感があります。見たままの重量感です。まさか、ここまで箱とのギャップがあるとは。持っただけでたらふくになりそうです。
 計測してみましょう。ずっしりとした重さは254g。チョコレートバーとしては最大級の重さではないでしょうか。大きさは14.5×4.2×4.2。思わず「ぐっ」と握ってしまう衝動に駆られます。リレーのバトンのようです。

マ・ボンヌ 重い
 ずしりとくる重さ

 外観のインパクトだけに目を奪われても仕方ありません。1cmくらいにカットしていただくことにしましょう。
 おっ、ビニールを開けると、豊潤で、濃密な、温かく甘い香りが立ち上ります。チョコレートの濃度の高さが分かります。

マ・ボンヌ カット
 マシュマロが甘さを増しています

 おや。中身は、外観と違って、ちょっとカラフルに。白いのとベージュのが混じっています。何でしょうね。
 ワンカットを半分くらい、かぷりっと。ふむふむ、白いのはマシュマロで、ベージュはくるみですね。チョコレートは香りから想像されるとおり、濃密。舌にからみつくような甘みです。甘党垂涎。
 チョコレートの甘みだけで終わりかと思いきや、それがなかなか終わらないのです。マシュマロが溶けて、チョコレートと混じりあい、甘みのあとを引かせるのです。とろりとしたチョコレートとマシュマロの甘みだけだと単調になるでしょう。そこに加わるのが、くるみなのです。ざくざくとした食感が、しつこくなりすぎないストッパー役を果たしているのです。
 外観からは想像できない、繊細で、複雑なお味のチョコレートバーでした。でも、いっぽんまるまるはいただけないです。ちょっとずつ食べていきましょう。
 そうして、ちょっとずつ、いただいていったのですが、このチョコレートバーの隠し技がもう一つわかりました。私は、これを冷凍庫で保存していたのですが、カチカチになります。カチカチ状態で、バキバキと食べて、口の中でかみ砕くという食べ方があります。そして、カットしてしばらく置いておくと、ゆるく溶けていきます。それをいただくと、マシュマロとチョコレートの「溶け」が渾然一体となり、柔らかな味わいになります。ゆったりと時間を楽しんで、ゆったりとした気分で、お茶とともにいただくのがよいでしょう。

 と、このように思って下さったのか、プレゼントの中には、もう一つ、紅茶を入れてくださっていました。

マリアージュ・フレール パッケージ
 大人っぽいパッケージ

 マリアージュ・フレールさんの紅茶です。私はあまり紅茶に詳しくはありません。彼女によると、とっても高級な紅茶店とのことです。

中のカン
 ウェディングという名のセイロンティーらしいです

 紅茶の名前は「WEDDING」。チョコーレートと紅茶のめぐり合わせを予感させてくれますね。

ウェディングのお茶
 澄んだ紅色です

 濃いルビーのような魅惑的な色合いです。一杯目をいただきましょう。
 すっきりとした甘い香りです。くせがなくてたいへん飲みやすいです。これだと、たしかにチョコレートの甘さが引き立ちます。
 やや時間を置いて、二杯目。一杯目よりももちろん濃くなりますが、苦味や渋みなどのくせは全く出ていません。さっぱりとしつつも、とろりとしているような柔らかい味わい紅茶です。くせが無い紅茶にくせになりそうです。

 ご出産のお祝いだったのに、かえって、こんなによいお品をお返しでいただけるなんて。本当にありがとうございました。
 お子様がすくすくとお育ちになることを祈っておりますよ。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:マ・ボンヌ
 価格:いただきもの

・店舗データ
 店舗名:Chocolatier Erica(ショコラティエ・エリカ)
 住所:東京都港区白金台4-6-43
 営業時間:10:00-18:30
 定休日:8月1日~8月31日,12月31日~1月3日
 公式サイト:http://www.erica.co.jp/
 アクセス:東京メトロ「白金台駅」1番出口から、目黒通りを南西(目黒方面)へ約150m。「白金台交差点」を右折(北西)へ。道なりに、約450mの右手。


・商品データ
 商品名:WEDDING(ウェディング)
 価格:いただきもの

・店舗データ
 店舗名:MARIAGE FRÉRES(マリアージュ フレール)
 住所:東京都中央区銀座5-5-6 すずらん通り マリアージュ フレール ビル
 営業時間:11:00-20:00(紅茶売り場以外は11:30-19:30)
 定休日:無休
 公式サイト:http://www.mariagefreres.com/
 アクセス:銀座駅A1出口を北西(有楽町方向)へ約20m。最初の交差点を左折。そのまま50mの右手。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

青の流れは彩り目映く(黒べい銘菓詰合:赤坂青野)

 一つの宅配便が届きました。
 中を開けてみると、お菓子がぎっしり。夢か? これは夢なのか?と思わずにはいられない素敵な風景。
 夢ではありません。先日、友人の出産お祝いを贈ったのですが、そのお返しにと、彼女が送ってくださったのです。

―――――
 私の贈り物が届いたときに、彼女は、

 「桜濱さんに、お返しをしたいんですけど、何がいいですか? お菓子でいいですか?」

 もちろん、もちろん。お菓子、言うこと無しです。

 「何かリクエストがあれば、それをお送りしますよ」

 彼女は東京に住んでいます。せっかくなので、東京でしか買えないものをリクエストすることにしました。しばらくネットで調べて、出した結果、

 「「赤坂青野」さんの『ごま名月』が食べたいですっ!」

と、リクエストを出したのです。

 「はーい、分かりました。それじゃ、桜濱さんのリクエストにプラスして、私がオススメのお菓子を送りますね」

 なんと! バリューセットでの贈り物をいただけるというのです。狂喜乱舞。
―――――
 と、このようなやり取りがあって、最初のお菓子ぎっしりの贈り物が届いたのでした。
 ホクホク顔で、包みをほどくと…、

「赤坂青野」さん詰め合わせ
 青野さんだけど赤坂にあるんですね

 あれ? 『ごま名月』が無い…。同封のお手紙によると、『ごま名月』は生菓子なので送れず、代わりに贈答用の詰め合わせを送ってくださったとのこと。ちょっと残念ですが、お気遣いがありがたいです。『ごま名月』は東京に出向いたときに直接いただくことにいたしましょう。

 包装紙を解き、ふたを開けると、そこには和菓子の花園ともいえそうな様子。どこからいただいていいのか迷います。

詰め合わせの中
 きっちりと詰めあわされている美しさ

 入っていた商品説明によると、赤坂青野さんの看板商品は、『赤坂もち』。どうやら『ごま名月』よりも、前面に押し出されている商品のようです。ならば、早速、その『赤坂もち』からいただいてみましょう。
 『赤坂もち』は薄い和紙に風呂敷状に包まれています。説明書によると、

赤坂もち
 丁寧な包み方です

赤坂もち・説明書
 『赤坂もち』の食べ方説明

 「赤坂もちの召し上り方 黄名粉の香りを包むためにカップに入れておりますが、召し上がる時は小風呂敷に一度赤坂もちをあけて切りながら黄名粉をつけてお召し上り下さい。」

という指示があります。「黄名粉」という書き方がいいですね。

赤坂もちと和紙
 この和紙に粉を開けろというのか…

 風呂敷を開封してみましたが、なんだかここに開けるのは心もとない…。粉が飛び散って、惨事が起きそうな予感がしますし、せっかくの綺麗な小風呂敷を黄名粉でダメにしたくありません。なので、お皿を用意して、そちらに開けることにしました。

 ビニールを開けると、黄名粉がまぶされた、とろりとやわらかいお餅が二つ。箱に入っている間は形をとどめていましたが、お皿に開けると、形が保っていられないほどの柔らかさです。付属のくろもじで切ろうとしましたが、あまりに弾力性がありすぎてきれませんでしたので、一つをそのまま口に放り込みます。

赤坂もち・中身
 結局、お皿に開けました

 おっ、甘さで来るのかと思いきや、一番最初に強く感じられたのはくるみの味でした。意外や意外です。なるほど、そうきたかという気持ちです。もちろん、お砂糖の甘味もあります。結構な甘味ですが、くどくはありません。素直な甘さとでも言えましょうか。
 二つをぱくぱくっと食べてしまうと、相当量の黄名粉が余りました。きめ細かで、上品な黄名粉ですが、それだけで食べるにはさすがに味気ないです。じっさいに黄名粉だけ食べた人間が言うのですから、誤りではないと思ってください。

 次は、名前にインパクトのある『粋な黒べい』。

粋な黒べい
 「粋な」という冠詞がニクいぜ

 なんだかおかしな名前だなぁと思って箱を見ると「現在は殆ど見かけなくなってしまった赤坂料亭街の黒塀。そんな懐かしい情景を偲んで菓子にしました」とあります。あぁ、なるほど、「べい」は「塀」だったのですね。氷解。

 「べい」というだけあって、四角四面のきっちりさん。表面はグラニュー糖で覆われていて、ざらざら。黒糖の重みが見ただけでずっしりと感じられて、しっかりしたお菓子の印象です。

粋な黒べい・中身
 黒糖棒みたいです

 いかにも堅そうな外面とはうらはらに「ほこっ」と真ん中で割ることができました。人もお菓子も、見た目では分からないものです。

粋な黒べい・割る
 中はカステラ

 お味の中心は、黒糖の深い甘み。カステラのようで和風。幻想的な味わいです。
 そしてここでも出てくるのがくるみのお味。カステラの中に、細分化されてくるみが混ぜ込まれています。くるみの味ってこんなに強かったっけ?と思うくらいに、こちらでも結構な存在感を示しています。
 外側のグラニュー糖、内側の黒糖。二つの甘味が絶妙な組み合わせで、口中を甘く、甘く、刺激してくれます。ダブルの甘みなので、かなり強めなのですが、さくさくといただくことができました。
 黒糖、胡桃、グラニュー糖、カステラと、懐かしいようで、新しいお味。それがこの「粋な黒べい」といえるでしょう。

詰め合わせのいろいろ
 他にもいろいろ入っています

 白い包装紙に包まれているのは『一つぶ』です。

一つぶ
 小さくて大きな「一つぶ」

 「確かに見た通り一粒だけど…」と思ったのは大間違い。いただいて見なければ分からない仕掛けがあったのでした。
 ぱっと見は、シンプルな栗饅頭です。半分をぱくっといただくとそのポテンシャルが分かりました。

 栗がでかい。

 大粒の栗を厳選しているのだろうというのが分かります。しっとりと甘く煮た栗が、ぽっくりとした食感となっています。栗の外側にある白あんは、さらりとしていて、栗の甘みを消さずに上手い具合に脇役に徹してくれています。私が今までいただいた栗饅頭のなかでも一二を競う美味しさです。栗がこんなに美味しくなるなんて!

一つぶ・中身
 半分に割ると、栗の大きさが分かりますね

 『小倉ひねり』はちょっと変わったお菓子。「蜜づけにした小豆ともち米を挽いた粉をあわせ、丸く握って蒸し上げた甘納豆」。ほー、甘納豆をこんな風にもできるんですね。よく考えたものです。

小倉ひねり
 もち米の粉と小豆という、ちょっと変わったお菓子

 粉と甘納豆を合わせているだけなので、袋を開けると、定型が無くなります。粉々しているので、ちょっと食べにくいかしら。崩落を気にしながら、もふもふと口に入れると、ほんのりとした甘みと、もち米の粉がぱさぱさがちょっと気になります。ほんのりした甘みは小豆のものですね。ちょっと、変わったお菓子をいただきたいときにいいでしょう。
 お菓子でギャンブルをすることがあるとは思いませんでした。『とりどり』は、「黒糖、杏、紫蘇、生姜、桜、胡桃、小倉」の7種類の餡があるのですが、食べてみるまでは分からないようになっているのです。

とりどり
 何が当るのかな?

 さて、私は何に当るのでしょうか…。一つまみできる小粒饅頭を、まずは半口いただいて味を確かめてみます。おっ、これは「黒糖」だ! なんだか楽しい! お菓子でギャンブルがこんなに楽しいものだなんて! 「赤坂青野」さん、考えましたねぇ。
 ギャンブルというと、ちょっとすれた感じがしますが、お味は上品。『ひよこ』のような玉子生地の皮、黒糖の濃い甘みが立ちます。

 なんだか、ここまで変化球ばかりの和菓子でしたが、今度のは直球勝負の『すごもり』。シンプルな大福餅です。

すごもり
 上品な大福でした

 あんこはつぶあん、ねっちりとしているけど、歯切れのよい求肥。甘みはしっかり系。粉が落ちるのはあんまり気にしないようにしましょう。

 箱に入っていたお菓子は以上です。ふぅ、たらふく、たらふく、満足、満足。の、上に、もう一つ、「美味しそうなので、これも買っちゃいました」と、

栗蒸し羊羹
 栗蒸し羊羹も!

 『栗蒸し羊羹』も付けてくださいました。嬉しいっ!

栗蒸し羊羹・中身
 「おくわし」!!

 パッケージをのなかには、くろもじが付いていましたが、袋に「おくわし」とかかれています。

 「おくわし」

 なんて、いい響き。上品かつ、「食べてくださいっ!」という作り手の思いが伝わってきます。
 「おくわし」で上のビニールをはがして、お皿にあけると、つるんとしたフォルムが現れます。掌にちょこんと乗せたくなるような可愛らしさ。

栗蒸し羊羹・本体
 つやつやして、見るからに美味しそうですね

 その中に、大粒の栗が見え隠れしています。それでは半分に割ってみましょう。

栗蒸し羊羹・半分
 やっぱり栗が大きい!

 最大直径35mmの栗!!(高さ最大20mm)。
 栗はほこほこした素材の味と甘みがいっぱい。羊羹よりも、栗の存在感が強く出ています。栗にここまで重点が置かれている栗羊羹もまた珍しい。なんて贅沢な栗羊羹なのでしょう。
 栗のもこもこした食感と、にっちりとした羊羹のバランスが良いです。餡は上質のこしあんで、なめらか、香り良し、澄み切った甘みの餡となっています。

 私がリクエストした『ごま名月』は叶いませんでしたが、彩り豊かな和菓子の詰め合わせで、「赤坂青野」さんはたっぷりと堪能しました。

 さて、次は、私のリクエストじゃない方のお返しをいただきます。一体何でしょう? 気になりますが、次回に。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:黒べい銘菓詰合
 価格:いただきもの

・店舗データ
 店舗名:赤坂青野・本店
 住所:東京都港区赤坂7-11-9
 営業時間:9:00-19:00(月~金)、9:00-18:00(土)
 定休日:日祝(春分の日、子供の日、秋分の日は9:00-17:00で営業)
 公式サイト:http://www.akasaka-aono.com/
 アクセス:東京メトロ・赤坂駅7番出口から南西(乃木坂方向)へ、道なりに約500m。「赤坂小前交差点」の北脇。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »