« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.05

吃驚させて珈琲飲んだら、美味しさに吃驚させられた(自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド、アイスコーヒー、しょうがミルクプリン:長生堂)

 静岡県は磐田市のお店をご紹介いたします。
 ありがたくも、拙ブログを定期的に巡回して下さっている方の中には、「いつもは名古屋市内のケーキ屋さんとかパン屋さん、それに『喫茶マウンテン』が新規改装オープンしたのに、なんでまた、今回は磐田市のお店の紹介なの?」と不思議に思われる方がいらっしゃるかもしれません。実は大切な理由があるのです。その理由は…、また後ほど。

 磐田駅近くのカフェ「長生堂」さんは、コーヒーに特別の思いいれを込められていらっしゃるのです。何故、それを知っているのかですって? その理由は、また後ほど。
 カフェなので、メインはコーヒー。でも、もちろんお品はそれだけではありません。一番のオススメはベーグルサンド。これまた素材を厳選されていらっしゃるのです。何故、それを知っているのかですって? それはまた後ほど。

長生堂
 シックな外装の中にも丸い窓。遊び心たっぷり

 外観は、窓の形など、ちょっとした遊び心が見られるシックなもの。でも、ドアを開けると、白や柔らかいベージュ、黄緑などソフトなアースカラーを用いた、明るくて、ほっこりしたアットホームな雰囲気の内装です。この日は蒸し蒸しと暑い日でしたが、一歩足を踏み入れただけで、「ふぃ~っ」と思わず一息つき、この店内を拝見すると、すぐに落ち着くことができました。

 「お好きな席にどうぞ」

と、案内されて、ふっかりしたソファーに腰を下ろします。

 まずは、涼をとるためにアイスコーヒーを。

アイスコーヒー
 ミルク&シロップを入れても、コーヒーの芳醇がただよいます

 普段は、シロップやミルクを入れる前に写真を撮るのですが、体が外のあまりの暑さにやられてしまっていて、取材を忘れ、シロップ&ミルクを入れて、カップになみなみに注がれたコーヒーを二口三口、先に飲んでしまいました。

 美味しい!

 事前に仕入れていた情報どおりに美味しい! この美味しさは外が暑かったからだけではなくて、コーヒー本来の本物の美味しさです。
 深いコクがあり、濃くもある。苦味があるものの、それが嫌味になっていない。するりとのどを越していきます。私は酸味が強いコーヒーがちょっと苦手なのですが、それがほとんど無くて、いくらでもいつまでもこくりこくりと飲めそうです。内装と同じく、柔らかみのあるお味。アルコールじゃないのに、頭がゆったりと酔うような感じ。

 ベーグルサンドは数種類ありましたが、パティシエールさんにお尋ねして、オススメの中のオススメ「自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド」をお願いしました。

自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド
 お野菜たっぷり。健康的。

 黒胡麻入りベーグルにお野菜がたっぷり。それだけじゃなくて、つけ合わせのフライドポテトと完熟トマトまであり、お野菜がたっぷり、たっぷり。見るからに健康なベーグルサンドです。

自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド・断面
 みっしりとしたハムとしゃきしゃきのお野菜が食欲を誘います。

 まずは、自家製ハムを一かじり。ハムなので当然なのですが、肉感が良いです。みっしりと詰まったお肉の旨み。ハムの繊維の一本一本に封じ込められ、燻じられた味の密度がたまりません。

 「たっぷりレタス」という名前が付いていますが、お野菜はレタスの他にもふんだんに取り入れられています。鮮やかな赤、黄色のパプリカにスライスオニオン。どのお野菜も瑞々しくて、たっぷりしゃきしゃき。お野菜がみんな張り切って「にっこり」しているような表情を持っているように見えました。これらが、マスタード入りのマヨネーズベースのソースで取り持たれています。私は辛味が苦手ですが、このマスタードはちょっと「ぴりり」とするくらいで、私でも問題なくパクつけます。
 瑞々しいお野菜は、つけ合わせの2品も同じ。「フライドポテトなのに瑞々しい」ってちょっとおかしな表現ですが、そのように感じられるのです。ファーストフードのフライドポテトとは一味二味三味、いやそれ以上に違います。外側は「からりっ」「さっくりっ」、内側は「ふんわりほっこほこ」。大地から顔を出したばかりのような暖かさ。完熟トマトからはじわっと甘味が沁みだしてきます。

つけ合わせ
 とにかくお野菜がふんだん

 そして、肝心の、ベースのベーグル生地。付け加えられた甘味などの、余計な雑味が無くて、小麦本来の香り。ハムと同じく味が濃くて、かみ締めるごとに優しい甘味がじわりじわりと生まれてきます。これもまた、コーヒーと同じくらいに思いいれをもって厳選された素材を使ったベーグルなんです。何故、それを知っているかといいますと…。しつこいですが、やっぱり、その理由はもうちょっと後回し。

 ベーグルサンドを平らげて、コーヒーで体を落ち着けたら、次は甘いものに。ベーグルサンドで充分にたらふくになっているのですが、甘いものは別腹、別腹。
 パティシエールさんは、毎日、ご自分の気分次第でスイーツを作っていらっしゃっていて、日によって品揃えが違うのです。
 「じゃ、今日の甘いもののオススメをお願いしますね」とお頼みすると、しばらく考えられた後に、

 「じゃ、『しょうがミルクプリン』かなぁ。面白い組み合わせでしょ」

しょうがミルクプリン
 生姜とプリンの組み合わせなんて! 初!

 確かに面白い組み合わせです。生姜とプリンなんて、生まれて初めて見る組み合わせ。パティシエールさんの創作力が大発揮です。
 プリンは、パステルさんのような、「なめらか・とろけるプリン系」。

 「私ね。固いプリンが、好きじゃないの」

 主流にとらわれない個性的な考え方はいかにも「こちらの」パティシエールさんらしいです。「よく、この方の性格を知っていますね」ですって? ふふふ。その秘密は、もう少しもう少し、あと少しだけ後回しにさせてくださいませ。

 さて、この珍しい組み合わせのプリンをいただきましょう。スプーンでひとすくいすると、他のお店のとろけるプリンよりもトロトロ。かなりミルキー。スプーンから滴り落ちるくらいです。練乳になる寸前くらいの柔らかさ。

しょうがミルクプリン・とろっと感
 今まで食べたプリンの中で、いちばん「とろ~~っ」かもしれない

 生姜の効果はどうなのでしょう? おそるおそる一口。…あれれ、かなり甘いぞっ。…うわっ! 「ピリッ」が来たっ。ソフトな甘味が最初の数秒間に舌に絡んで、後味、のどごしで「キレ」の良い生姜の風味が「ピシッ!」と来ます。

 「生姜を入れると、甘みが増すのよ」

 パティシエールさんのおっしゃるように、確かに、一口目は普通の甘み。その一口目の甘みの後に生姜のパンチが来て、二口目をいただくと、一口目以上の甘みが感じられます。うーむ、よく考えられて作られたプリンだなぁ。

 それにしても、甘いプリンに、生姜の「ピリリ」が入っているなんて、作った人の雰囲気そのもの。

 …と、全部いただいたところで、後回しにしていた、私がこんな人物評価ができるパティシエールさんとこちらのお店についての種明かしをいたしましょう。
 実は、こちらのシェフ・パティシエールさんは、私の学生時代の同期で、同じ研究室で勉強したり遊んだりした(遊んだ割合の方が多かったような気がしますが)、友人なのです。なので、事前にかなりの情報が分かっていたのです。

 彼女は、この春、「長生堂」さんを新規に開店しました。「開店のお祝いを贈りに行きたいなぁ。どのような、お料理、スイーツを出しているのかなぁ。食べたいなぁ」と思っていたのですが、なかなか訪問する機会が得られなくて、今の時期にまでずれこんでしまっていたのでした。
 そして、私の性格の悪さが出てしまいました。予告無しに、開店のお祝いを贈りに行ったのです。彼女は、突然の訪問に、私の顔を見て、数秒間固まった後に一言。

 「心臓が止まるかと思った」

 3年ぶりに再会でした。大変ながらも、元気そうに切り盛りしているのを拝見して、友人としてホッといたしました。
 ひとしきり、四方山話などに花を咲かせ、再会を約束して、お店を後にいたしました。
 ここで、大事なお知らせを。
 彼女は大切な友人ですが、今回のお品のご紹介は、「ひいき」や「おだて」を加味してはおりません。いつも通りに、私なりにでき得る限り冷静に、お味のご説明をしたつもりです。「仲間だから、宣伝しなきゃ」などという考えは頭から外しておりますので、ご覧いただいた方は誤解なきように、何卒、お願い申し上げます。

 本当に、掛け値なしに美味しかったです。

 厳選されたコーヒーは、「南青山マメーズ」さんというお店から仕入れているそうです。こちらのお店も、妥協無しでコーヒー豆選びをされていらっしゃるとお聞きしました。新しくカフェをオープンされる方は、「南青山マメーズ」さんのお豆を取り入れられてみてはいかがでしょうか。

 「長生堂」さんは、カフェスペースのお隣のお部屋にフラワーショップも併設されているのです。スイーツはテイクアウトもできるので、お花と一緒にプレゼントなんてオシャレだと思いますよ。

併設のフラワーショップ
 フラワーショップのお部屋の方。かわいい。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:自家製ハムとたっぷりレタスのベーグルサンド
 価格:¥600

 商品名:アイスコーヒー
 価格:¥200(ベーグルとのセット価格)

 商品名:しょうがミルクプリン
 価格:¥280


・店舗データ
 店舗名:café&flower chosedo(長生堂)
 住所:静岡県磐田市中泉459-24
 営業時間:7:00-20:00
 定休日:火
 アクセス:JR磐田駅北口を出て、北進。2つ目の信号を過ぎた後(1つめの信号はスクランブル交差点です)の三叉路を右折。約100m進んで突き当たりの三叉路を左折。すぐに右折。約50mの右手。磐田駅からは徒歩5分。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.07.01

熱気。香辛。龍は踊る("AJIKI Special" ショコラ・シナモン&キャラメリゼアーモンド:ドラゴンクレープカフェ)

 7月になりました。梅雨の真っ只中なのですが、6月の梅雨入りのイメージに対して、7月は梅雨明けのイメージがあり、一気に、さっぱり、爽やかな心持ちになりますね。
 それに加えて、昨日、一昨日から、夏のバーゲンセールが始まりました。皆様は足を運ばれましたか? 私はこの日を楽しみにしておりました。下見もバッチリと済ませて、目的のお洋服を、お安く購入することができました。目を付けていた中には、売切れてしまったモノもありましたが、おおむね満足いく成果です。ホクホクです。

 普段のウィンドウショッピングと、ほとんど同じルートを辿りましたが、バーゲンセール中の百貨店は、一味どころか、七味、八味くらい違いますね。人波にもまれて、人の渦に巻き込まれて、あっちに流され、こっちに流されしておりますと、どっと疲れてしまいました。
 しかも、今年は異常気象。エルニーニョ…、じゃにゃかった、ラニーニャだとかいう訳の分からにゃい言葉の現象のせいで、梅雨どきにゃのに雨が少にゃくて、暑くて、暑くて、たまらにゃい気候ににゃっちゃってますにぇ。

 納得できたお買い物を済ませてしまうと、人だかりとカッと照りつける太陽にノックアウトされてしまい、どこかで一休みしたくなりました。
 お買い物をしていたラシックさんの地下1階には、スターバックスさんが入っていますので、そちらにお邪魔して、フラペチーノで体をクールダウンさせようと、エスカレーターを降りますと、下った先で一枚のリーフレットを手渡されました。それは6月29日に地下1階に新規オープンしたクレープ屋さんのお知らせでした。

ドラゴン・クレープ・カフェ
 下りエスカレータのすぐ横にあります

 「ドラゴン・クレープ・カフェ」さんは、アジアンスパイスを使って、「食べてキレイ、元気になる食材」をテーマに掲げたクレープ屋さんです。アジアンスパイスとクレープの組み合わせとは、面白いではありませんか。スタバさんはまた今度にして、アジアンスパイスクレープにふらりと引き寄せられてしまいました。

 こちらのクレープ屋さんは、アドバイザーとして、神奈川県・たまプラーザの「パティスリー デフェール」のシェフパティシエで知られる安食雄二さんが参画されていらっしゃるのです。そして、安食さんのオリジナルレシピでイチ押しに掲げられているのが、「"AJIKI Special"」を冠した「ショコラ・シナモン&キャラメリゼアーモンド」です。
 私は大のシナモン好きなのです。スタバさんでフラペチーノをいただくときも、備え付けのシナモンを「どばどば」と入れてしまいます(もちろん、コーヒーの風味を消さない程度に)。自分でホットケーキを焼くときも、シナモンを「どばどば」と入れてしまいます。とにかくシナモン大好き。あの香りを吸い込むと、胸が熱くなるのです。
 それに、チョコレートも大好き。キャラメリゼしたモノも大好き。大好きなモノが3種類組み合わさった、このクレープ。店員さんのオススメもあり、迷わず注文いたしました。

 クレープが焼きあがるまでに、店内の様子を拝見しておりますと、店員さんがちょっとだけまごついていらっしゃるように見受けられました。これも新規店のご愛嬌。

 クレープが焼きあがって、店員さんが、

 「熱いので、お気をつけ下さいませ」

と、おっしゃって手渡してくださいました。

 熱い!

 予告通りに熱い!

 普通のクレープは焼き上がりでも「温かい」ですが、このクレープは「熱い!」。ビックリマーク付きで「熱い!」。これぞ、アジアンテイスト。亜熱帯のクレープと思わせてくれる熱さです。徹底的にアジアを追求しています。面白いです。

AJIKI Special ショコラ・シナモン&キャラメリゼアーモンド
 チョコレートしか見えないなぁ

 中をのぞきこむと、とろけたチョコレートが目に入ります。クレープの熱さで、チョコレートはトロトロ。うーむ、見た目ではアジアっぽさがよく分かりません。

AJIKI Special ショコラ・シナモン&キャラメリゼアーモンド 展開
 シナモンが香ります。気持ちいいなぁ。

 展開してみました。広げると、ほのかにシナモンの香りが立ち上ります。ぱらりんと散りばめられたアーモンドは、色濃くキャラメリゼされています。

 再び、クレープを巻き巻きして、いただきます。
 やっぱり熱々なのが印象的。とろけたチョコレートが舌に絡まります。
 注文をするときに店員さんに、

 「チョコレートは、『ビター』と『スイート』がありますが、どちらになさいますか?」

と、訊かれました。違いをお尋ねしたところ、「スイート」はミルクが入っていて、甘いそうです。私は「ビター」を注文したのですが、それでもしっかりとした甘味がありました。とことん甘いモノを召し上がりたい方は「スイート」を注文されるのがよろしいかと思います。
 ビターでも甘いチョコレートは濃厚。そこにシナモンの「ピシッ!」とした効果が加わって、深みのあるお味が展開されています。
 サクサクとした食感は、キャラメリゼされたアーモンド。普通のスライスアーモンドよりもざっくりとしていて、生地のふんわりと良い対照を為しています。
 ベースの生地は、ふんわりと柔らかめで、厚いめ。やや油が強いかしらん。クレープを包んでいる紙ケースにじんわりと油が染みてきたくらいですので。でも、これも濃厚さを強調するためなのかもしれません。なので、結構お腹にたまり、たらふく、たらふく。

 食べ終わると、とろけたチョコレートと油で手はべとべと。スタバさんにフラペチーノで涼を求めに行ったはずなのに、何故か逆の状態になっています。

 でも、不思議と体はすっきり。

 「暑いときに熱いモノをいただくのがいい」と言われますが、それが実感できました。アジアンスパイスで体の中からすっきりさせるというのはこういうことなのですね。

 今回は熱々の「"AJIKI Special"」をいただきましたが、「ドラゴン・クレープ・カフェ」さんでは、アイスクリーム入りやジャム入りの、熱々じゃないクレープもお求めできますよ。

紙ケース
 「龍」ってアジアっぽいですよね


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:"AJIKI Special" ショコラ・シナモン&キャラメリゼアーモンド
 価格:¥430


・店舗データ
 店舗名:DRAGON CRAPE CAFE(ドラゴン・クレープ・カフェ ラシック店)
 住所:名古屋市中区栄3-6-1 ラシック地下1階
 営業時間:11:00-21:00
 定休日:ラシックに準じる
 公式サイト:http://www.dragonconcept.net/
 アクセス:名古屋市営地下鉄・栄駅からサカエチカ16番出口(三越・名古屋栄店)横。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年8月 »