« 豆腐センターの絶品無調整豆乳(豆乳:ヤマトー) | トップページ | ソフトクリームてんこ盛りにおけるコーンフレークの有効性 »

2006.12.15

今日の「山」登りは「ナスみそミートスパ」

 閉山後、初めての喫茶マウンテンレポートです。再開山までは、メモストックに入れていた分をレポートに致しますので、情報はやや古くなります。ご了承くださいませ。

 以前にも書いたような気がいたしますが、喫茶マウンテンのお品はメニューに載せられている名前から、その実物が想起できるものがあれば、反対に、見れば見るほど、想像が広がり、「一体、これは、何が出てくるのだろう?」と思わざるを得ないものがあります。
 今回ご紹介する「ナスみそミートスパ」は前者に当たるでしょう。直球型のネーミングです。「茄子」「味噌」「ミートソース」が乗っかった「スパゲッティー」です。素直と言えば素直、ひねりが無い名前と言えばそうと言えますが、組み合わせはねじれています。
 「茄子」と「ミートソーススパゲッティー」の組み合わせは、手堅いものでございます。油と相性の良い「茄子」は、こってりとしたミートソースに合うのです。ちゅるりとスパをすすり込むと、濃厚なトマトソースとひき肉が、舌にずしりとはっきりした味わいをもたらし、脇に控える茄子ををかじると、油を吸って、くんなりとした見た目とはやや様相を異にして、しゃくっとした食感を覚えることができるのです。
 「ちゅるり」「ずしり」「しゃくっ」と、三者三様の味わいが、黄金率のトライアングルをもたらしてくれるのです。「ミートソーススパゲッティ」と「茄子」の組み合わせはマンガ「ミスター味っ子」でも取り上げられたのを見た覚えがあります。やはり手堅いのです。

 さて、そこに「味噌」が加わるとどうなるのでしょうか。もちろん「名古屋」にある喫茶マウンテンですから、味噌は「赤味噌」です。前述いたしましたように、ミートソースは、濃い味を持っています。そこに、赤味噌という濃い味が参加するのです。「濃厚+濃厚」、いや、場合によっては「濃厚×濃厚」となるとも考えられます。いずれにせよ、濃度が増すことを考えることは容易です。

ナスみそミートスパ
 意外とソース量は少ないですが…

 一口でその特性が分かりました。答えは「濃厚+濃厚+α」でした。「濃厚×濃厚」と言えるほど濃厚ではありませんでした。しかし「濃厚+濃厚」で済むほど、軽くもありませんでした。
 ミートソースに赤味噌が混ぜ込まれているのは間違いなさそうです。この混ぜ込み具合が絶妙なのです。「ミートソース」の酸味やジューシーさが失われてはいません。「赤味噌」の香ばしさが感じられないほど、味噌が少なくはありません。

 挽肉がたいそうしょっぱいミートソースでした。

 塩気なのです。このスパは、塩気で麺と茄子を食させるものでした。上に掲載した写真を見ると、ホワイトソース系スパほど「どちゃっ」とソースがかかっていないことが分かります。これが正しいのです。これだけのソース量でスパと茄子をまかなうことができているのです。さらには、麺そのものは薄い塩コショウ味と、淡白な味付けとなっており、「濃厚+濃厚+α」のソースを絡めると、丁度良い濃さになるのです。計算しつくされたソース量なのです。
 具は、品名に書かれてある「ナス」の他は「玉ねぎ」のみ。シンプルな構成となっています。いいのです。ソースが濃いので、これ以上、何も足さなくても良いのです。いや、足してもらっては困ります。

 食後、赤く染まった口の周りを拭うと、皿に溜まった尋常ではない油が目に入ります。これが「+α」の正体です。他のお店のスパゲッティでは、これは味わえません。この「+α」が、「山」でのたらふく感なのです。
 このスパゲッティは美味しいスパゲッティです。「山」らしいお品、かつ「名古屋っぽさ」を感じたい方、ある程度のボリュームを覚えたい、しかし遭難は避けたい方には、このお品はおすすめできます。

 長々と書きましたが、一言で言い表すならば「うまくどい」スパです。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« 豆腐センターの絶品無調整豆乳(豆乳:ヤマトー) | トップページ | ソフトクリームてんこ盛りにおけるコーンフレークの有効性 »

コメント

>みんたさん
そうなんですよね。分量がネックなのです。塩辛みたいに、箸先にちょいとソースを付けるだけで充分なお味だと思います。あの麺と油の量では、「+ごはん」はややつらいですわ。
先日、跡地に行きました。かつての賑わいが嘘であるかのように、がらんどうとしていましたよ。寒風にふさわしい跡地でした。
あと、3つ4つはストックがあるので、小出しにしていくつもりです。こうしてたまに山のお品を振り返って、春の山開きを待ちましょう。

投稿: 桜濱 | 2006.12.19 01:33

>藤田チエさん
そうか! その考え方がありましたね。大阪の食文化が名古屋に移るとこうなるんですね。
ですが、これをおかずにして、さらにごはんまで食べるとなると、たらふくでは済みません。胃が破れます。

投稿: 桜濱 | 2006.12.19 01:27

た、確かに…山スタンダード盛りだと分量がネックですが、ごはんが美味しそうな見た目のメニューです。チエさんするどいです、さすが大阪のかた…(ほれぼれ)
読んでいたら、また登りたくなりました。今はあの場所は更地だと、わかってはいるのですが…。
こうして順番に桜濱さんに紹介していただいて、また登山できる日にそなえたいと思います。
今回もごちそうさまでした。

投稿: みんた | 2006.12.18 23:34

これはご飯のおかずとして食べるパスタなんでしょうか?
うどんとごはん
ラーメンとごはん
やきそばとごはん
などなど、
炭水化物をおかずにする大阪人の私は平気だと思います。

投稿: 藤田チエ | 2006.12.18 07:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/13081174

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「山」登りは「ナスみそミートスパ」:

« 豆腐センターの絶品無調整豆乳(豆乳:ヤマトー) | トップページ | ソフトクリームてんこ盛りにおけるコーンフレークの有効性 »