« 荒んだ心を解きほぐす癒しのタルト(ラズベリーチョコレートタルト:フレイヴァ・フレイヴァー) | トップページ | たまには、甘くないマフィンもいかがですか? »

2006.11.23

かなり立体的な2006年版「ミスドノエル」

 10月が終わると同時に、オレンジ色と黒色から、白色と青色のライトアップが始まりました。約2ヶ月かけて、クリスマスモードに街の色が変わっていきます。
 変わっていくのは色だけではなくて、お店の品揃えもです。特に現代日本のクリスマスは「贈り物の日」とほぼ同義になっておりますので、各店、力の入れようが普段の10割り増しくらいになっているようです。
 ミスタードーナツでは、11月20日から、クリスマス向けの一押し商品「ミスドノエル」の発売を開始しました。「ブッシュ・ド・ノエル ver.ミスド」とも言える「ミスドノエル」ですが、昨年は、くるっと一巻き、のの字型でした。今年の「ミスドノエル」はどのような形になっているでしょうか。

 今年の「ミスドノエル」は、全部で4種類。「キャラメルナッツ」「ストロベリー」「チョコレート」「カスター&マロン」となっています。「ストロベリー」と「チョコレート」は、他のドーナツのお味でも用意されていて、なんとなく予想は付きますが、他の2種類は、どのようなお味なのか…、それでは、さっそくいただいてみましょう。

ミスドノエル・ケース入り
 形が崩れないように、紙ケースに入っています

 と、その前に、4種類共通のドーナツ生地部分を見てみましょう。
 昨年に比べると、よりぐるぐる度が増していますね。さらに木の切り株に近づいていると見ることができましょう。さらにさらに、「ブッシュ・ド・ノエル」にもより近づいていて、ロールケーキ状の一本のドーナツを非対称にカットして、短い方のドーナツは、ホイップクリームを土台にして、長い方のドーナツの上に乗っけられています。これにより、かなり立体的な形状となっています。

ミスドノエル・ケース無し
 上の切り株部分を守るためのケースでした

 計測したところ、もともとは、長さ約115mmほどのドーナツを端から約35mm部分でカットしています。それにより、完成形の全長は、約約80~85mm、高さは約30~35mm×2(クリームの高さも含まれているために、ドーナツごとに結構ばらばらです)、横幅は約55mm前後となっていました。
 4種類共通の部分は、ドーナツ生地に加えて、小さい方の生地の土台のホイップクリーム、前部の「SPECIAL FANCY」と書かれたホワイトチョコレートとその土台のホイップクリームです。
 飾りの固定に使われているホイップクリームは、いつもミスドで使われているホイップクリームのようです。さっくりとやや固めにホイップされていて、強めの甘味です。ただ、今回は土台用ですので、そんなに量は多くありません。
 飾りのホワイトチョコレートは、ミルキーな舌ざわりと甘さ。後に書きますが、「チョコレート」に使われているチョコレートクリームに比べると、甘さが際立っています。

 それでは、ようやく、ドーナツ本体をいただくことといたします。生地はロール状にしたイースト生地です。見た目で分かるように、通常の生地の間に薄くチョコレートが差し込まれています。この見た目のために、食べる前は、「ミルクレープみたいに、一つ一つの層が感じられるような歯ざわりかな」と思っていましたが、実際に口にしてみると、層になっているようには感じられませんでした。どちらかというと、「チョコレートローフパン」に近いでしょうか。ふんわりとしたチョコレートローフパンを揚げパンにしているような感じです。ただ、普通の揚げパンのように、表面にザラメが付けられていないために、生地自体に甘味はあまりありません。

 まず、初めにいただいたのは、「チョコレート」でした。「チョコレート」は、土台の生地の上にチョコレートソースが乗せられていて、木の肌のような筋が付けられています。それに、カラーチョコレートスプレーが組み合わされています。

ミスドノエル・チョコレート
 これが一番、本家「ブッシュ・ド・ノエル」に近いかな

 チョコレートソースは、甘味よりもビター感が強く感じられます。ねっとりとして、ソースやクリームというよりも、ペーストと呼ぶのが当てはまるような感触。これは、どうやら「ポン・デ・クランチショコラ」のものが流用されているようです。

ミスドノエル 上から
 上から見たところです

 そうすると「ストロベリー」の方も、何か他のドーナツのものが使われているのでしょうか。「ストロベリー」の方は、「チョコレート」よりもクリームは軽いですが、もったりとした食感のクリームです。ホイップクリームよりも固く、「チョコレート」よりも柔らかいといったところでしょうか。香りはイチゴチョコレートのような感じです。甘さだけではなく、少しの酸味も加えられていて、「チョコレート」よりもあっさりといただけます。こちらも、トッピングにカラーチョコレートスプレー付きです。

ミスドノエル ストロベリー
 明るい色合いの「ストロベリー」

 それでは、新顔の2品の実食に移りましょう。
 「カスター&マロン」のベースになっているクリームは、バニラビーンズ入りのカスタードクリームです。ミスドサイトの情報によると、このカスタードクリームには、ホイップクリームも混ぜられているそうです。確かに普通のカスタードクリームに比べると、ふわりと軽い仕上がりになっていますね。食感は軽いものの、甘さはしっかり。濃厚な甘さを持っています。

ミスドノエル カスター&マロン
 栗が良い味を出しています

 トッピングのマロンクリームは、粘り気が多くて、とろりと甘いです。そのクリームの中には、直径15mmほどにカットされた栗が入っているのですが、この栗は、ただ加熱調理しているだけではなくて、甘露煮みたいに甘い味付けがされています。ほろほろとしてじんわりと染み渡る甘さは、洋風の甘味の中で特に際立っています。

ミスドノエル 横から
 横から見ると座椅子みたいです

 「キャラメルナッツ」のトッピングは、直径約5mmの粒チョコレート。キャラメルクリームの中には、クラッシュアーモンドが混ぜ込まれていて、ややざらつきがあります。でも、このざらつきは気になるほどのものではありません。クリームとよく馴染んでいると思います。アーモンドは入っているおかげで、芳しい香りが加わり、風味が豊かです。ただ、「キャラメル」と名前に入っているものの、ナッツの風味の方が増さり、キャラメル特有の焦げた甘味は感じられませんでした。キャラメル好きとしては、少し残念なところでした。

ミスドノエル・キャラメルナッツ
 「キャラメル分」がもう少し多ければ…

 「SPECIAL FANCY」と明言されている通り、「ミスドノエル」は「ファンシー」の特別版と見ることができましょう。普通の「ファンシー」もカラフルですが、「ミスドノエル」はさらにカラフル、そして豪華です。街の灯に誘われてたらふくになるにはちょうどよいのではないでしょうか。
 あまりに豪華すぎて、クリームたっぷりです。フォークは必須です。フォーク無しで、手がべたべたにならずに食べ終えることができる方は、きっと神のお使いです。神業無しで、素手で綺麗に食べることなんて、人間業では無理です。それがお出来になられているお方はおそらく天使です。見かけられた方は、来年はいいことがあると思いますよ。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« 荒んだ心を解きほぐす癒しのタルト(ラズベリーチョコレートタルト:フレイヴァ・フレイヴァー) | トップページ | たまには、甘くないマフィンもいかがですか? »

コメント

>さわむらさん
トラックバックありがとうございますー。
今回の感想はちょっと苦労しました。減量中なもので。2種類ずつ、2回に分けて二日続けていただきました。…これで、減量に効果はあるのか(笑)

名古屋の大須に揚げパンの美味しいお店があるんですよ。しっかりと揚げっていて、油分がしっかりです。その揚げパンの印象が強くて、それと比べたために、「ミスドノエル」の油はあっさり目だなぁと思ったわけでございます。
「ストロベリー」と「カスター&マロン」のクリームは「エンゼルエッグ」と同じものが使われているらしいですね。言われてみれば「ストロベリー」の香りは同じだなぁと。ふわりと軽いものの、イチゴの香りと甘味はしっかりで美味しいですー。

>相変わらずお写真のバックに『ミスドノエル広告』を写すのを忘れないとこが好きです(笑)。
こだわりましたよ(笑) しっかりと見切らせました。

>みんたさん
昨年に比べると、ボリューム感が増しています。ミスドの中で、豪華さは一、二を競いますね。普通の「ファンシー」よりも、3割増くらいで豪華ですよ。
見た目から、味はミルクレープみたいなのを期待していたのですが、残念ながらしっとり感が無くて、肩透かしをくらった気分になりました。初めからチョコローフパンとしていただいていれば満足できたのでしょうが。

1日目はフォークを出してくれなくて、べとべとになりましたが、2日目は店員さんが気を利かせてくださり、フォークを出してくださいました。それでも口の周りは結構べとべとに。ワニ天使さんがいれば、容易に食せるでしょうね。…ワニ天使、いるのか?
エジプト神話の犬形の神・アヌビスは、口が大きいのでべとべとにならずに食べられそうです。

投稿: 桜濱 | 2006.11.28 20:42

すごい、豪華なものですね!やるわねミスド…(←去年のも知らなかった人)
レビューの詳しさ、うっとり感がいつもながらさすがです。しつこいかもしれないなあと写真を見ていても、記事で食べたくなりますよ。
それにしても最後の「フォークなしで~」のくだりは、せっかく美しく楽しくまとめてくださっているのに…母「余程口が大きいワニみたいな人かね」子「感動したんだねー文がねじれて面白みを出してるね」って言い合ってしまったぶちこわし親子を許してください…

投稿: みんた | 2006.11.27 22:32

桜濱さん、こんにちは☆
ミスドにもクリスマスがやってきましたね♪

毎度詳しいレビューをありがとうございます。
私はまだチョコレートだけ食べてないので、食べたくなりました!
来月ってか週末までは我慢です~。

今年のノエルは昨年より揚げパンぽっくない感じがしましたけど…、どうでしょう?
ストロベリーはイチゴ味が強くて甘くてなかなかですー。
(今他の商品にも使われてるストロベリークリームはそんな感じ。イチゴ味濃い~。)

相変わらずお写真のバックに『ミスドノエル広告』を写すのを忘れないとこが好きです(笑)。

トラックバックさせていただきました♪
よろしゅうに☆メリークリスマス!(早すぎか?)

投稿: さわむら | 2006.11.27 19:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かなり立体的な2006年版「ミスドノエル」:

» ◎今年もミスドノエル登場♪ [今日のさわむらさん♪]
♪クリスマス~クリスマス~ 早いもので、もう街角にはクリスマスツリー~♪ パレット前は今年はブルーなツリーが出来ていました☆ [続きを読む]

受信: 2006.11.27 19:08

« 荒んだ心を解きほぐす癒しのタルト(ラズベリーチョコレートタルト:フレイヴァ・フレイヴァー) | トップページ | たまには、甘くないマフィンもいかがですか? »