« 気がすむまで甘くて美味しいものを食べ歩く―涼風の横浜・鎌倉編 | トップページ | 白玉あんみつの「温度のグラデーション」(宇治白玉クリームあんみつ:茶房 雲母) »

2006.09.08

不思議に甘い幸せのワンプレート(3種のデリとご飯のワンプレート:ハッピー デリ 鎌倉)

 鎌倉駅に降り立ちますと、そこには、一見、名古屋と変わらぬ蒼天と陽射しがありました。しかし、そこに満ちている空気は、ヒートアイランドと化している名古屋とは全く違っておりました。爽やかな暑さ。暑い中にもひんやりとした気をはらんでいる風が流れています。陰もまた違っていました。ビルに囲まれた陰と、並木の木陰にこれほどまでの差があるとは思ってもみませんでした。自然の力の豊かさを感じた瞬間です。
 その空気を胸一杯に吸い込み、暑くもあり、冷やりともした風を肌に受けておりますと、それだけで肺が清涼感でたらふくになったように思われてきました。
 でも、昼下がり。まだ、昼食を取っておりませんでした。肺はたらふくでも、胃はぺこぺこです。目的地に行く前に、しっかりと腹ごしらえをしなければなりません。

HAPPY DELI kamakura
 お店は2階です

 こちらの「HAPPY DELI kamakura」さんは、ショーケースにならぶ10種類ほどのお惣菜と、日替わりグリル料理から、2種類、もしくは3種類を選ぶワンプレートメニューが人気のお店とのこと。
 このようなスタイルは、選択の幅があって、とっても嬉しいのですが、反面、とっても困ります。優柔不断な私は「あれが美味しそう。う~ん、こっちも食べてみたい。どれが良いかなぁ…。それをとりあえず一つください」と、決定にやたらと時間が掛かってしまい、店員さんご迷惑をお掛けすることになります。ですが、この時は最も混み合う時間帯が過ぎていたため、他のお客さんにまではご迷惑をお掛けすることはありませんでした。まあまあの幸いと言えるでしょう。

 あれやこれやと迷った結果、私が選んだのはこちらの3種類。

3種のデリとご飯のワンプレート
 デリは10種ほどから選べるようになっています

 左から「クリームチーズの野菜サラダ」「ガーリックアンチョビポテト」「チキンのグリル」です。それに加わるのが大盛りのご飯。視覚のみでたらふくです。
 「クリームチーズの野菜サラダ」は、シャキシャキのお野菜に、大好きなバジルが良く効いていて、ご飯がどんどん進みます。
 「ガーリックアンチョビポテト」も、しっかりとした味付け。アンチョビの塩気とガーリックの香りが加わったお芋さんが、ご飯に合わない訳がありません。どんどんお箸が進みます。
 そして、「チキンのグリル」。塩胡椒と香草で味付けされて、普通にグリルで焼かれた鶏肉かと思いきや、漂ってくる香りは印度方面のスパイシーなもの。タンドリーチキンの香りです。辛いものが苦手な私にとっては鬼門の香りです。

 「あっ! お魚の方にしておけば良かったかなぁ…」

と、思いつつも、お肉を一口パクリっと。…あれっ!?

 「甘いっ!! カレーの香りなのに甘い!! 何故か甘い!!」

 これだけ感嘆符を付けても足りないほどの驚きのお味でした。全くのカレーの香りなのに、ちっとも辛くないのです。舌に優しい、とろける甘さなのです。これには感服。ぱくぱくぱくっと、これまたご飯に良く合って、あっという間に食べ終わりました。

 「ご飯、ちょっと多いかなぁ」と思うのは、初めだけです。全てがご飯と見事に腕を組んでいます。これだけのボリュームがあるのに、お代が¥600ということにもニンマリ。

 これで、肺も胃も満たされました。さて、最大の目的地、あの神様に向かわねば。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:3種のデリとご飯のワンプレート
 価格:¥600(2種のデリの場合¥400)

・店舗データ
 店舗名:HAPPY DELI kamakura(ハッピー デリ カマクラ)
 住所:神奈川県鎌倉市御成町15-7 樹々ビル2階
 営業時間:8:00-18:30(土は-18:00)
 定休日:日
 公式サイト:http://www18.ocn.ne.jp/~hpydeli/
 アクセス:JR鎌倉駅西口を出て真っ直ぐ西に、約250mの右側。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« 気がすむまで甘くて美味しいものを食べ歩く―涼風の横浜・鎌倉編 | トップページ | 白玉あんみつの「温度のグラデーション」(宇治白玉クリームあんみつ:茶房 雲母) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議に甘い幸せのワンプレート(3種のデリとご飯のワンプレート:ハッピー デリ 鎌倉):

« 気がすむまで甘くて美味しいものを食べ歩く―涼風の横浜・鎌倉編 | トップページ | 白玉あんみつの「温度のグラデーション」(宇治白玉クリームあんみつ:茶房 雲母) »