« 白河の清き流れのうなぎかな(上ひつまぶし:しら河・今池ガスビル店) | トップページ | 名前の秘密は?(プリンアラモード・クッキーシュー:パティスリー ニノ) »

2006.08.02

喫茶マウンテンのメニュー・2006年6月改訂版 精査編

 2006.07.19付「喫茶マウンテンのメニュー・2006年6月改訂版 一覧編」の続きです。既に「喫茶マウンテン公式Blog」さんでアナウンスされていますが、私なりに調査・考察してみました。それでは、昨年のメニューとどのように変わったのか、見て行きましょう。

◎???の消滅
 昨年夏、登山者を興奮のるつぼに落とし込んだ「???カテゴリー」が消去されました。
・「大人の???」→「ピラフ・その他カテゴリー」に「大人のお子様ランチ」として正式にメニュー入りしました。
・「???丼」及び「????」はメニューから消されましたが、注文すれば作っていただけるようです。
 (2006.08.03追記)
 「喫茶マウンテン公式ブログ」さんによりますと、「????」こと「たらい氷」にオーダーのルールが設定されたとのことです。
 1.4人以上
 2.混雑時には注文を受け付けられない時がある。
 3.味は氷カテゴリーからの選択になるが、一部作ることができないものがある。ミルクかけも不可
だそうです。

◎ドリンク&氷メニューの大量追加
 店内ポップにあったお品が、「ドリンクカテゴリー」・「氷カテゴリー」に正式入りしました。

・追加されたドリンク・氷
 熊五郎(アルコール入り)&熊五郎(アルコール入り)氷
 モモ子(アルコール入り)&熊五郎(アルコール入り)氷
 ハマイカ&ハマイカ氷
 ライム&ライム氷
 エメラルドカクテル&エメラルドカクテル氷
 セニョリータ(アルコール入り)&セニョリータ(アルコール入り)氷
 黒酢

・消去された氷
 トマトバジル
 「喫茶マウンテン公式Blog」さんによりますと、「カルピスラベンダー」「いちじく」も注文不可になったようです。
 「http://members.at.infoseek.co.jp/rimssecret/mountain05.htm」で少しだけ食べた「トマトバジル氷」。消されたのを悲しむべきか、喜ぶべきか…。

◎コーヒー&紅茶&ミルクの値上がり
 4月1日からコーヒーが+50円になることは、3月以前からアナウンスされていましたが、それが新メニューにも反映されています。値上がりしていたのは、コーヒーだけではありませんでした。
 
・コーヒー
 ストロングコーヒー…300→350
 ソフトコーヒー…300→350
 アメリカンコーヒー…350→400
 ミルクコーヒー…350→400
 ウインナーコーヒー…350→400
 アイスコーヒー…300→350
 アイスミルクコーヒー…350→400
 アイスウインナーコーヒー…350→400

・紅茶&ミルク
 紅茶…300→350
 アイスレモンティー…300→350
 レモンティー…300→350
 ミルクティー…300→350
 アイスティー…300→350
 アイスミルクティー…300→350
 ミルク…300→350
 アイスミルク…300→350
 ココア…350→400
 アイスココア…350→400

 コーヒー、紅茶、ミルク類は大概50円値上げされています。しかしながら、「カプチーノ」「コーヒーセーキ」「ジョッキコーヒー」「シナモンティー」「ブランデー紅茶」の、「元から400円組」は、そのまま400円のままとなっています。「ドリンク400円ライン」が死守されているのです。

◎フロートカテゴリー・500円ライン
 それに対して、フロートは前回メニューから、全て400円を突破していました。そのため今回の値上げによって、「フロート500円ライン」が生まれました。

・フロート
 紅茶フロート…400→450
 ココアフロート…450→500
 チョコレートフロート…450→450

 チョコアイス関連が値上がり対象になっているようなのですが、「アイスクリーム」カテゴリーは、何の変化もありません。「山」の不思議がまた一つ増えました。

◎変化少のピラフページ
 ほとんど変動のないのがピラフページです。

 ペペロンチーノライス(イカ、タコ入り)…750→800
 アボガドピラフ…700→800
 アボガドとツナのピラフ…750→800
 カレーぞうすい→カレーぞうすい

 相変わらず「アボカド」ではなく「アボガド」です。「アボガドピラフ」の100円アップは大きいですね。「カレーぞうすい」は何故か「カレー」と半角カナ文字になっていました。また一つふしぎ発見です。

◎スパゲッティーから見る変化の法則
 スパゲッティーの変化の様子をみると、ピラフの変化の理由も見えてくるのです。

 サラミのナポリタン…消去(500円では厳しくなったか?)
 タコトマトスパ…700→800
 イカメンタイコスパ…700→750
 クリームメンタイコ…700→750
 ボンゴレ…700→750
 アボガドスパ…700→800
 グラタン風アボガド…700→800
 コスモセット(卵、ライス付き)…750→800

 お値段の変化したお品に共通点が見られます。
 1.海鮮物が値上がりしている。
 2.アボガド物が値上がりしている。
です。「コスモセット」は、もともとかなりボリュームがあり、たらふくになれるものでしたので、妥当な値上げではないでしょうか。

◎そのほか
 レイアウトが少し変わっていました。「紅茶&ミルク」と「フロート」の位置が入れ替わっています。
 オーダーストップ…PM9:45→PM9:40
 夜の登山に、ほんの少しだけ余裕が生まれました。

 今回も結構値上がりしたお品がありましたが、800円ラインは不動でした(「小倉丼」「たらい氷」の特殊メニューを除く)。いつ850円商品が出てくるでしょうか。「山」ファンとして、注目していきたいと思います。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

|

« 白河の清き流れのうなぎかな(上ひつまぶし:しら河・今池ガスビル店) | トップページ | 名前の秘密は?(プリンアラモード・クッキーシュー:パティスリー ニノ) »

コメント

なにやかやとバタバタしておりまして、お返事が遅れてしまいました。申し訳ございません。

>みんたさん
ある程度、ルースなスケジュールの方がいろいろと楽しめたのではありませんか? ひつまぶし、美味しかったでしょう! あ、おとといが2回目のうなぎの日でした。忘れてました。

サボテンものは、未だに食したことが無いのです。一時期、マウンテンのサボテンが枯れていたせいもあり、食べようと思っても叶わない日が続きました。
でも、今は違います。近いうちに「納豆サボテン玉子とじ」行きます。行ってしまいます。その予定です。予定は未定ですが、決定です。

まだ、レポートになっていませんが、ピラフカテゴリーの「ランチェロ」は、かなりお得感のあるお品です。¥750でありながら、ハンバーグ、オムレツ、コーンが乗っかっていて、たいへんボリュームがあります。美味しいです。無難メニューとしては、私が今まで食べてきた中で、一番のおすすめでございます。

ダーシェンカさんは、それなりに広い道に面しているので、飛びぬけて見つけづらくはないです。ただ、私の注意力が劣っておりました…。
東海(静岡含む)はいいところですよ。名古屋の夏は気が遠くなるくらい暑いですが。それがまた、人々に活気をもたらしているのかもしれません。

>むーんさん
「たらい氷」は予約になったんですね。私が登山会でいただいた時は、結構混み合っていたのですが、案外早く(15分くらいだったでしょうか)出てきましたのに。メニュー改正で、お品が増えるとともに、制限事項も増えたようですね。

「ピカンテ」は、私にはちょっと、いや、絶対に無理です。「マンゴースペシャル」も一口で撤退いたしました。
そのうち、辛口系もいただいてみたいとは思っているのですが、なかなか一人では決心が付きません。同行者のものを数口いただければ、「もう充分」となるでしょう。

通常のカキ氷は2人で丁度よい量だと思います。一人でいただくとなると、夏でも凍りつくであろうことが危惧されますわ。

投稿: 桜濱 | 2006.08.06 03:15

先週の日曜日に7人で集団登頂に行きましたが、たらい氷は予約をしていないと作れないそうで残念ながら食べる事ができませんでした。

自分はメニューから消えたピカテンピラフ(激辛)を注文。
甘口スパとは対照的なメニューで食べれない程の辛さではなく完食しましたが、油っぽいピラフと変化の無い味でしたので食べるのに時間がかかりました。

その後に同行した方から辛口マンゴーカキ氷をいただきましたが、意外に美味しく食べれました。
初めて山のかき氷を見ましたが・・・・1人で食べるにはしんどい量ですね。

投稿: むーん | 2006.08.04 00:17

おかげさまで、無事おじゃますることができました。息子が不思議とねぼすけをしてくれたせいで、あまりタイトではないかわりに無駄の多い、ぽーっと広範囲をまわる旅になりました。

山には1日の午後4時ちかくになっておじゃましまして、わたしはサボテンスパとストロングコーヒーのストレート、息子はチキンきのこピラフとウーロン茶という初心者に無理のない選択を。味は薄めで食べやすかったです。ここを拝見できなかったので値上がり等についてはわかりませんでしたが、分量やお味やお店の居心地からいって文句のない、いえお値打ちかなと思いましたよ。

今日の午後1時間ほど有松に行きましたが、電車で行き旧街道に入るとパン屋さんはわかりやすいです。帰り際で食べられなかったのは残念でしたけど、楽しみができましたよ。
暑いけど、いつも東海は嬉しいところです。おじゃましました、また行きます。ここには年中来ます(苦笑)

投稿: みんた | 2006.08.03 23:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶マウンテンのメニュー・2006年6月改訂版 精査編:

« 白河の清き流れのうなぎかな(上ひつまぶし:しら河・今池ガスビル店) | トップページ | 名前の秘密は?(プリンアラモード・クッキーシュー:パティスリー ニノ) »