« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.24

白河の清き流れのうなぎかな(上ひつまぶし:しら河・今池ガスビル店)

 今年は、平賀源内さんの手管にまんまと乗ってみました。
 せっかく、名古屋に居住しておりますので、夏の土用の丑の日だった昨日、ひつまぶしをいただきにお出かけしました。
 名古屋でひつまぶしと言えば「あつた蓬莱軒」さんが有名ですが、私にとっては、ちょっと敷居が高うございました。
 そこで、以前、ひつまぶしをいただいたことのある「しら河」さんを訪ねました。こちらは、いくらかリーズナブル。私でもどうにかこうにか敷居をオーバーすることができるのです。その前回は「栄ガスビル店」でしたが、今回は「今池ガスビル店」に行くことにいたしました。小ずるい理由を持って。

 「栄ガスビル店」は、営業時間が11:00~22:00(土日祝)、「今池ガスビル店」は昼の部が11:00~15:00、そこから休憩を置いて、夜の部が17:00~22:00となっているのです。つまり、一日中混みあうであろう栄店に対して、今池店は、休憩終了前の夜の部を狙って行けば、あまり待たずにすんなりと店内に潜入できると考えたのです。
 このような綿密な計画を立てたところで、同伴者をと考えました。…ささのってぃさんです。いつもいつもマウンテンばかりに付き合ってもらっているので、たまには山登り以外をと考えたのです。早速、彼に連絡を取ったところ、OKの返事をいただき、今池店前で待ち合わせることとなりました。

 もう少しで17:00。「しら河・今池ガスビル店」前。腰を抜かされるほど驚く張り紙を目にしたのです。

 「土用の丑の日に限り、営業時間を11:00から22:00とします。」

休憩無しだったのです。計画が無駄だったのです。

しら河・今池ガスビル店
 この張り紙

 しかし、晩ご飯の時間としては若干早いためか、ちっとも待たずに席に着くことができました。先んずれば人を制すです。

 「上ひつまぶしを2つ、肝吸い、赤だしを一つずつお願いします」

 私は「肝吸い」、ささのってぃさんは「赤だし」です。「上」ひつまぶしとなっていますが、下も中も並もありません。いきなり上!…かと思いきや、「ミニひつまぶし」というお品もありました。ひつまぶしなのに「ミニ」という外国語をくっつけるのにやや引っかかるものを覚えましたが、これで上手くいっているのなら、拘泥することではないのかもしれません。

上ひつまぶし全容
 照り輝いています

 運ばれてきた「上ひつまぶし」には、刻み海苔の小袋がついています。その裏面にこのような説明書きがありました。

のり
 国産海苔です

「味の三様 美味なる 召し上がり方
 器に入ったまましゃもじで五~六回かきまぜます。
 一膳目 そのままお茶碗によそってお召し上がりください。
 二膳目 お好みの薬味を添えてお召し上がりください。
 三膳目 最後は、お好みの薬味を添えてお茶漬用のおだしを多めにかけてどうぞお召し上がりください。
 ひつまぶし折の場合
 味の三様、同様にてお召し上がりください。さめた場合には別の器に移して頂き電子レンジで二分程あたためてください。
 尚、ご家庭ではあつめの煎茶にてお茶漬けをおすすめ致します。

 なんだか、数値の指定まであり、食べるのが難しそうですが、これが最良のいただきかたなのでしょう。この教えの通りいただくことにしました。

ひつまぶし・混ぜ前
 目映い!

 まずは、この整然と並んだ照り輝くうなぎと、たれの染み込んだ飯を、

ひつまぶし・混ぜ後
 あの整然はどこに…

 五、六回かき混ぜました。これで旨みが増大したはずです。ここから、一膳目にいきましょう。そのまま細切れうなぎと飯の混沌をがっつり行きます。

ひつまぶし・一膳目
 旨みが行き渡っているのが分かります

 一膳目はそのまま、うな丼感覚です。…うん、皮がぱりぱりに焼けていて、身はふんわりほろほろ。このように、一匹の魚から対照的な食感が生まれるとは! この世の中は不思議なことだらけです。ご飯はびたびたにならない程度でありながら、全体に甘辛のタレが行き渡っています。うなぎとタレのコンビネーションから、どっしりと強烈な旨みが生じています。

 二膳目は薬味をかけて。添えられたあさつきをパラパラとふりかけ、箸先にちょいとわさびをくっつけて、中央に座らせます。さてと…、の前に瓜の奈良漬をつまんで、一膳目から一呼吸。これも、酒粕の甘い香りいっぱいでしゃっきりした良いお味。それでは、改めて二膳目に行きましょう。

ひつまぶし・二膳目
 彩りが出ました

 あのどっしりと重量感満載の味が、この二つで大変化です。脂っぽさが和らぎ、あさつきのしゃりっとした涼しさと、わさびの爽やかさで、さくさくとお箸が進んでいきます。
 三膳目は二膳目の形態に、おだしをたっぷりとかけます。

ひつまぶし・三膳目
 見るだけで満足!

 くせの無いのに、しっかりとした鰹のおだしが加わると、さらにさらさらと喉を通っていきます。川魚の鰻と海魚の鰹が手を握り、境界線が薄らいで、総てが丸くなじんでおりました。

 そして、最後に四膳目。説明書きに反することをしてしまいました。一口だけおひつに残していたのです。ぱくり。
 締めにふさわしい味の濃さ。クライマックスと言えましょう。残しておいて良かったです。

肝吸い
 みつばの香りが強いです

 肝吸いは、みつばと湯葉入り。やや薄味です。肝の軽い苦味が舌をなでます。
 この肝吸いは、ひつまぶしの味に比べると力が弱いような感じがしました。
 おや、一片のゆずが入っています。
 なるほど、そうなのですか。
 薄味で良いのです。わざと薄味にして、胃をおちつかせるのです。ゆずの清涼感もまた然り。
 ささのってぃさん。赤だしはどうでしたでしょうか?

 ぱりぱり、ふわふわ、さくさく、さらさら。いろいろな顔を見せてくれたひつまぶし。どの顔の時でも、こちらの顔は変わりません。ただただにんまりするだけです。見た目以上にいろいろと食べた気になりました。たらふくっ!

 …しまったっ! 刻み海苔をかけるのを忘れていました。
 いま、海苔だけいただいてます。ぱりぱり…。あっ、美味しい!

◎商品・店舗データ
 商品名:上ひつまぶし
 価格:¥1470

 商品名:肝吸い
 価格:¥210

 店舗名:しら河・今池ガスビル店
 住所:〒464-0850 名古屋市千種区今池1-8-8 今池ガスビル地下1階
 営業時間(通常):11:00-15:00,17:00-22:00(オーダーストップ 21:00)
 定休日:なし(年末年始のみ休業)
 公式サイト:http://www.hitsumabushi.jp/
 アクセス:今池交差点南西。名古屋市営地下鉄10番出口すぐ。

 (06.07.29追記)
 今年は、二度、夏の土用の丑の日があります。二回目は8月4日です。前回の丑の日にうなぎを食べる機会を逃してしまった方は、来月の丑の日を狙ってみてはいかがでしょうか。スーパーでは、一回目の丑の日よりもお安くなっているでしょうし、お店で食べるにしても、よほどの人気店ではない限り、行列に並ばなくてもよいはずです。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.23

長い名前の豪華なプディング(スィートポテトプディング&アップルシナモンソース:ダンケ@名古屋デザートフォレスト)

 「名古屋デザートフォレスト」で買ってきたプリンは、「大根プリン」だけではありません。きちんと「本命プリン」も買ってまいりましたよ。あっ…、いや、「大根プリン」が悪いという訳ではござません。あれはあれで、大根とプリンを見事にマッチングさせた、素晴らしいお品だと思っております。

 でも、もう一つのプリンは、名前からして、私の心の芯を「スパンッ!」と射抜いたお品です。

スィートポテトプディング&アップルシナモンソース
 長い名前です

 大阪府東大阪市「Danke」さんの「スィートポテトプディング&アップルシナモンソース・たっぷり果実のソース仕立て」です。全部で38文字です。店頭ポップでは、最後の「たっぷり果実のソース仕立て」という部分がカットされていますが、商品にはきちんとプリントされています。
 まずその長い名前に惹かれます。この長さの中に籠められた魅惑のワードたち…。

 「スィートポテト」
 「アップル」
 「シナモン」
 「たっぷり果実」
 「ソース仕立て」

 ほっこりと甘い「スィートポテト」! ジューシーな「アップル」! 大人の香りの「シナモン」! 贅沢な「たっぷり果実」! そして最後の「ソース仕立て」などという言葉はフランス料理にしか見えません。高級感たっぷりです。

 甘党、シナモン好き、アップルパイ好きの私の心を射止めるために、大阪からのぞみに乗って名古屋に来たとしか思えませんでした。

 このお品は、名前の通り贅沢な形態を取っています。プリン本体とほぼ同じくらいの大きさのソースが別添えになっているのです。

本体とソース
 分家してます

 金色パックの方が、プリン本体。透明パックがアップルシナモンソースです。半透明のソースパッケージの中を透かして見ると、ソースよりも多いアップルが見て取れます。もう、これだけで、頭の中はパラダイスです。

 まずは金色パックを丁寧に開けて、お皿の上に「ぷりんっ」と取り出します。そして、もう一つのソースパッケージを、汁が飛び散らないように丁寧に開けて、先ほどのプリンに、とろとろーっとかけると、

完成形
 豪華!

 「スィートポテトプディング&アップルシナモンソース・たっぷり果実のソース仕立て」の完成です。この名前をまたタイピングするのは大変なので、上に書いたものをコピー&ペーストしました。

 このプリンの眼目は、なんと言っても、リンゴの多さでしょう。主役のプリンを凌ぐくらい、ごろんごろん入っています。店頭ポップによれば、長野県産のふじを使っているそうです。まずはソースの味見をしましょう。
 シナモンの香りがしっかりついていますが、ふわりと香る程度。ソースは甘さの中に、軽い酸味で感じられ、さわやかな甘酸っぱさです。さいの目切りのリンゴは、シロップの味が中までしっかりと染み渡っているものの、シャリシャリとしたリンゴ独特の食感は残っています。
 では、次にプリンだけを。シロップの甘味を生かすためか、甘さは抑え目ですね。玉子の香りがかなり強く出ています。ねっとり感は無く、さらりとた舌触りとなっています。
 最後に、全てを合わせていただきます。グランドフィナーレですよ。
 プリン本体の甘味と濃厚な風味が、シロップと合わさることで、その芽を出し、ぷるりさらりとした本体と、シャリシャリのリンゴのコントラストの妙なる食感。シナモンの香りは、プリンとリンゴの二大主役を盛り立てるように、軽く鼻を抜けていきます。

 なんという、豪華絢爛なプリンなのでしょう。

 ちょっとずつ、ぷるりと掬い取りながら、しみじみと食べていきました。φ60mm、h25mmですが、満足度はこの大きさの百倍千倍の気分です。満足しました。もちろんこれもたくさん食べられれば言うことはないのでしょうが、この一個だけの満足感が適度なたらふくをもたらしてくれているように思います。

◎商品店舗データ
 商品名:スィートポテトプディング&アップルシナモンソース・たっぷり果実のソース仕立て
 価格:¥420

 製造者:Danke(ダンケ@株式会社中島大祥堂)
 住所:大阪府東大阪市大蓮東4-12-45
 公式サイト:http://www.danke-net.co.jp/danke/

 販売者:名古屋デザートフォレスト
 住所:〒461-0048 愛知県名古屋市東区矢田南4-102-3 イオン名古屋ドーム前ショッピングセンター 3階
 営業時間:9:00-23:00
 定休日:年中無休
 公式サイト:http://www.teamnamja.com/ftp/nagoya_df/
 アクセス:名古屋市営地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅より、ナゴヤドーム行きのデッキに沿って、南に約450m。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

ジャバチップ&シナモンという媚薬(ジャバチップフラペチーノ:スターバックス コーヒー各店)

 いま、スターバックスの店舗前には、同じ看板が立てられており、そこに描かれている二つの商品が強力に推されているようです。

スタバ ジャバチップ・ストロベリークリーム
 最近スタバで見かける立て看

 一つは「ジャパチップフラペチーノ」、もう一つは「ストロベリークリームフラペチーノ」です。
 この日は、暑い日でした。人間は汗をかくと、塩分など、ミネラルが出て行ってしまいます。そのため、脱水症状を防ぐためには、運動後は水よりもスポーツドリンクを摂取するほうが良いと、テレビ番組で見ました。
 暑いこの日、私も汗をかきました。でも、体が欲していたのは甘味でした。他の方とは違い、私の体からは、汗とは違う何かが流れ出ているのかもしれません。

 スターバックスのこの看板を見た私は、惹きつけられるように、冷房の効いた店内に導かれたのです。

スタバ ジャバチップ・ストロベリークリーム
 ジャバチップの方です

 「ジャバチップ」か「ストロベリークリーム」か迷いましたが、看板でより前面に出ている「ジャバチップフラペチーノ」のグランデを選択しました。

スタバ ジャバチップ・ストロベリークリーム
 シナモンをトッピング

 お好みでフレーバーパウダーや、シロップが足せるようになっておりました。迷わずシナモンパウダーを取り上げて、店員さんが十数秒前にかぶせた下さったキャップをさっさと外して、シナモンをふりふりふりふりと振りまき散らしました。「ジャバチップ」の味が損なわれない限界ギリギリでふりふりを止めることができたと思っております。

 プラスチックのスプーンでを、ホイップクリームの下に腰を下ろしているジャバチップ部分を掘り起こして、いただきます。
 ごく小さなチョコレートのつぶつぶはかなり間をおいて散在しているように見えますが、味の上ではかなりの存在感を示していました。チョコレートの濃厚さをぷちぷちと感じつつ、フラペチーノののどごしを楽しみます。のどを流れていくさらさら感は、暑い日にはもってこいです。

 そして、お気に入りのシナモンを楽しむときがやってきました。ホイップクリームとチョコレートソース、シナモンパウダーを、かしゃかしゃとかき混ぜ、スプーンでそろりと口に運ぶと、

 チョコとシナモンによる過半数以上の連立与党の完成!

でした。チョコレート好き、シナモン好きの媚薬とでもいえましょうか。それに、先ほどのさらさらが加わるのですから言うことはありません。

 チョコレート業界は二月に一年の大半の売り上げを示すそうです。その反対の季節には、あの手この手で、チョコレートをもぐりこませなければならないのでしょう。スターバックスはそれに成功しました。夏のチョコレートはこうであるべきだというお手本を見た思いです。

 これを毎日飲んでたらふくになりたいですが、おなかを冷やさないように、ほどほどでいただくことにいたします。

◎商品・店舗データ
 商品名:ジャバチップフラペチーノ・グランデサイズ
 価格:¥490

 販売者:Starbucks Coffee Japan, Ltd.(スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社)
 全国602店舗(2006.03.31現在)


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.20

すりおろしたもの?(大根プリン:民宿あほうどり@名古屋デザートフォレスト)

 これからは、冷たくって、ぷるぷるしているお菓子に惹かれます。ゼリー、くずきり、杏仁豆腐、そしてプリン。

 イオンナゴヤドーム前SCの「名古屋デザートフォレスト」の「ロールケーキ博覧会」は先月で終わり、今月からは「プリン博覧会」が始まりました。夏向きに模様替えです。
 淡い黄色がメインの棚々。いつものことながら、ここにくるとあっちにこっちにと目移りします。甘くて、玉子が香って、冷たくて、濃厚な甘味を持つプリンは美味しいに決まっています。でも、それに該当すると思われるプリンが、何十個も並んでいると、「ちょっと異色のモノを選んでみようかな」と思ってしまうのは、コネタ集めに慣れてしまった身のゆえでしょうか。
 そんなコネタ意識を頭の片隅に置いて、棚を見ていると、二つのプリンに目が留まりました。そのうちの一つを購入です。

大根プリン パッケージ
 思い切った組み合わせです

 神奈川県・三浦市「民宿あほうどり」の「大根プリン」です。なんとまあ、チャレンジ精神溢れる商品ではありませんか。

 店頭のポップによると、

 「民宿発!ユニーク野菜プリン
  名物女将が作る民宿の隠れメニュー
  大根の辛味がぴりり!野菜嫌いの人でも
  食べられるほど。プリンと大根が相性抜群!」

 そそられるフレーズが並んでいます。
 「民宿あほうどり」からは、もう一つ「キャベツプリン」というモノも出品されていました。そちらのポップには「キャベツの甘味を最大限にいかした」と書かれておりましたので、「大根プリン」の方を選びました。やはり「辛味」と「甘味」がどのように手を結んでいるのかの方が気に掛かります。

 パッケージの裏面の説明を見ると、「名称:大根プリン(洋生菓子)」と書いていました。「洋生菓子」。大根が加わるだけで、「洋」の字にこんな違和感が生じるとは思いませんでした。
 原材料名は「大根」。まずは主役が名乗りを上げます。それに「牛乳 砂糖 植物性油脂 卵黄 ゼラチン 香料 (原材料の1分に大豆を含む)」と続きます。「大根」さえ除けば、ごく普通のプリン材料ですね。付属のカラメルシロップの原材料は「グラニュー糖」のみです。
 パックを開けて、ぷるりとお皿にあけて、カラメルシロップをたらりたらりと。

大根プリン カラメルソースがけ
 大根っぽいたたずまい。冷蔵庫で傾いでいました

 本丸からは攻めずに、カラメルシロップのお味を見てみます。…うむ、これは純粋な濃い砂糖のお味です。グラニュー糖以外の何者でもありません。
 それでは、「大根」の方に行ってみましょう。スプーンでひとすくい。
 おっ、普通のプリンとは感触が違いますよ。ぷるぷるという感じはしません。もっと柔らかいです。だからといって、「パステル」の「なめらかプリン」の感触ともやや違います。「さらさら」した感じです。
 では、シロップを避けて、プリンだけをいただいてみます。

 あっ、大根です。まさに大根です。辛味の無い大根おろしみたいです。

 プリン自体には、甘味はほとんどありません。大根の清冽な香りに、大根おろしに軽くゼラチンを加えているようなさらっとした食感。ポップに書いてあるような辛味は、ほとんど感じませんでした。ただ、プリンだけだと、なにか物足りなさを感じます。
 次は甘味強きカラメルシロップとともに、もうひとすくい。大根の香りは残りますが、これでプリンらしさがかなり増しました。シロップさまさまです。するするするっと食べ終えました。プリン本体に濃厚さがないため、何個いただいたら、たらふくになるのか想像がつきません。

 このプリンをいただいて思った事があります。
 もしかしたら、普通の大根おろしにカラメルシロップをかけても、美味しくなるのかもと。チャレンジする価値はあるでしょう。

◎商品・店舗データ
 商品名:大根プリン
 価格:¥280
 
 製造者:民宿 あほうどり
 住所:〒238-0101 神奈川県三浦市南下浦町上宮田526-2
 公式サイト:http://www.ahoudori.jp/

 販売者:名古屋デザートフォレスト
 住所:〒461-0048 愛知県名古屋市東区矢田南4-102-3 イオン名古屋ドーム前ショッピングセンター 3階
 営業時間:9:00-23:00
 定休日:年中無休
 公式サイト:http://www.teamnamja.com/ftp/nagoya_df/
 アクセス:名古屋市営地下鉄ナゴヤドーム前矢田駅より、ナゴヤドーム行きのデッキに沿って、南に約450m。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.19

喫茶マウンテンのメニュー・2006年6月改訂版 一覧編

 喫茶マウンテンの公式ブログで、既にアナウンスされていますが、先月初めに「山」のメニューが新しくなりました。遅ればせながら、各ページの写真と、ベタ打ちテキストの商品名・価格表を作りましたので、「山」登りの際の参考にしていただければと思います。

――――――――――

「山」メニュー'06版 ドリンク
 1.ドリンク

コーヒー
【アイスは加糖タイプになります】
ストロングコーヒー … 350
ソフトコーヒー … 350
アメリカンコーヒー … 400
ミルクコーヒー … 400
ウインナーコーヒー … 400
カプチーノ … 400
アイスコーヒー … 350
アイスミルクコーヒー … 400
アイスウインナーコーヒー … 400
コーヒーセーキ … 400
ジョッキコーヒー(アルコール入り) … 400

紅茶&ミルク
【アイスは加糖タイプになります】
紅茶 … 350
アイスレモンティー … 350
レモンティー … 350
ミルクティー … 350
シナモンティー … 400
ブランデー紅茶 … 400
アイスティー ストレートはプラス100円 … 350
アイスミルクティー … 350
ミルク … 350
アイスミルク … 350
ココア … 400
アイスココア … 400

トースト、サンドイッチ
バタートースト … 250
ガーリックトースト … 300
ジャムトースト … 300
玉子トースト … 350
ハムトースト … 350
野菜トースト … 350
小倉トースト … 400
ツナトースト … 400
玉子サンド … 500
野菜サンド … 500
ハムサンド … 500
ミックスサンド … 550

フロート
コーヒーフロート … 450
オレンジフロート … 400
紅茶フロート … 450
コーラフロート … 450
ココアフロート … 500
抹茶フロート … 450
チョコレートフロート … 500
クリームソーダ … 400

ジュース
★印はプラス50円でスカッシュに出来ます
ウーロン茶 … 300
コーラ … 300
オレンジジュース★ … 300
うめジュース ★ … 300
タマリンドウジュース★ … 300
グレープフルーツジュース★ … 300
キウイジュース★ … 300
ピーチジュース★ … 300
巨峰ジュース★ … 300
チェリージュース★ … 300
パインジュース★ … 300
グロセージャジュース★ … 300
イカスミジュース … 300
スイカジュース★ … 300
ゴーヤとウコンのジュース … 300
バナナジュース … 400
マメイジュース★ … 400
黒ざくろジュース★ … 300
ココナッツミルクジュース … 300
ミックスジュース … 400
レモンジュース★ … 400
ブランデーレモン … 400
洋梨ジュース★ … 300
クランベリージュース★ … 300
ソーダ水 … 300
ブルーベリージュース★ … 300
熊五郎(アルコール入り) … 350
モモ子(アルコール入り) … 350
ハマイカ★ … 300
ライム★ … 300
エメラルドカクテル★ … 350
黒酢 … 350
セニョリータ(アルコール入り) … 300

「山」メニュー'06版 スパゲッティー
 2.スパゲッティー

ホワイトソース
きのこツナクリーム … 800
ベーコンブロッコリー(ショートパスタ) … 700
サーモンスパ … 750
カルボエッグ … 800
ベーコンほうれん草スパ … 750
サーモンほうれん草スパ … 750

和風
和風スパ … 750
山菜スパ … 700
なべスパ … 700
納豆スパ … 750
納豆山菜スパ … 750
焼きスパ … 700
きのこスパ … 700
高菜スパ … 700
アサリスパ … 700

甘口
甘口抹茶小倉スパ … 800
甘口バナナスパ … 800
甘口いちごスパ(冬、春限定) … 800
甘口メロンパン風スパ … 800
甘口キウイスパ … 800
おしるこスパ … 800

スープスパ
コーンスープスパ … 700
ベーコンほうれん草スープスパ … 750
とりとブロッコリーのスープスパ … 700
ツナきのこスープスパ … 700
シーフードスープスパ … 750
とりスープスパ … 800
うどん風カレースパ … 700
みそ煮込みスパ … 800

ワンコイン
ミートボールナポリタン … 500
ミートボールクリーム … 500
プチミート … 500
ハンバーグスパ … 500
まいたけととりのスープスパ … 500
山菜スープスパ … 500
ウインナーナポリタン … 500
とりのナポリタン … 500
きのこのペペロンチーノ … 500
ローズスパ … 500

トマトソース
なすベーコンスパ … 800
なすトマトスパ … 800
いかトマトスパ … 800
きのこサーモンスパ … 800
トマト味ツナスパ … 750
サボテンスパ … 800
ペスカドール … 800
イタリアン … 650
イタリアーノ … 750
タコトマトスパ … 800
アマトリチアーナ … 700

その他
ミート … 650
ミートスペシャル … 750
みそミート … 700
ナスみそミートスパ … 750
メンタイコスパ … 700
イカメンタイコスパ … 750
クリームメンタイコ … 750
イカスミスパ … 800
うめスパ … 700
ボンゴレ … 750
アボガドスパ … 800
グラタン風アボガド … 800
アラビアン … 700
ヤングスパ … 700
シャンピニオンスパ … 650
ヤサイ&ベーコンスパ … 700
オリエンタル … 650
納豆サボテン玉子とじ … 800
ウインナースパ … 700
ツナサラダスパ … 700
玉子とじスパ … 700
フレサラ(冷) … 750
冷やし中華スパ … 750
バジルスパ … 700
カントリー … 650
コスモスパ … 700
コスモセット(卵、ライス付) … 800
アボガド&えびクリーム … 800
インディアン … 700
豚ベジタブルカレー … 750
ナスカレースパ … 800
ツナカレークリーム … 750

●ご注文はお一人様一品以上お願いします
  (中学生以下、高齢者を除く)
●代金は、まとめてお願い致します

「山」メニュー'06版 ピラフ
 3.ピラフ

ホワイトソース
えびピラフスペシャル … 700
べーこんほうれん草ピラフ … 750
きのこチキンクリーム … 800
ウインナーライス … 700
サーモンピラフ … 750
ツナクリームピラフ … 750

和風
和風ピラフ … 700
山菜ピラフ … 700
納豆ピラフ … 700
和風サーモンピラフ … 750
焼きピラフ … 700
きのこピラフ … 700
高菜ピラフ … 700
うめピラフ … 750
みそピラフ … 700
みそ納豆ピラフ … 800
豚きのこみそピラフ … 800
タカナベーコンピラフ … 750
お茶ピラフ … 750
チキテリピラフ … 700
マカライスペスカド … 800

辛口
タコスピラフ … 750
テリポジョピラフ … 750
メンタイコピラフ … 700
ペペロンチーノライス(イカ、タコ入り) … 800
ヤングハラペーニョピラフ … 700
ニワトリピラフ … 700
シーフードメキシカンライス … 750
ドライカレー … 750
シーフードドライカレー … 750
カレーライス … 750
カレーピラフスペシャル … 750
ハンバーグカレーライス … 800

トマトベース
トマトピラフ … 650
ランチェロ … 750
マカライスハンバーグ … 750
シーフードトマトピラフ … 750

その他
バジルピラフ … 700
ハムバターライス … 650
森のバターライス … 800
イカスミピラフ … 800
大人のお子様ランチ … 800
チャーハン風ショートパスタ … 800
アボガドピラフ … 800
アボガドとツナのピラフ … 800
サボテンピラフ … 800
コーンピラフ … 650

ぞうすい
えびぞうすい … 800
みを肉入りぞうすい … 800
シーフードぞうすい … 800
とりぞうすい … 800
バジルぞうすい … 800
きのこぞうすい … 800
山菜ぞうすい … 800
カレーぞうすい … 800
イカスミぞうすい … 800
ほうれん草ぞうすい … 800
和風ぞうすい … 800


和風ハンバーグ丼 … 700
カルネ「牛丼」(卵入り) … 550
焼肉丼 … 700
トマト丼 … 700

ワンコイン
ミニハンバーグカレー … 500
オムハンライス(赤) … 500
オムハンライス(白) … 500
トマトハンバーグ丼 … 500
コーンリゾット … 500

サラダ
野菜サラダ … 700
レタスサラダ … 500
パン … 150
ライス … 150

「山」メニュー'06版 デザート
 4.デザート


イチゴ … 700
夕張メロン … 700
小倉 … 750
抹茶 … 750
宇治金時 … 800
ミルク … 750
ココナッツミルク … 700
青リンゴ … 750
グレープフルーツ … 700
パイナップル … 700
バナナミルクフラッペ … 800
マンゴスペシャル(辛口) … 800
ピーチ … 700
マスカット … 700
クランベリーミルク … 750
バラカルピス … 700
ミルクチェリー … 750
スイカ … 700
巨峰 … 800
イカスミ … 750
グロセージャ … 700
マメイ … 700
セニョリータ(アルコール入り) … 750
タマリンドウ … 700
ウメ … 750
黒ざくろ … 700
バーモンド … 700
洋梨 … 800
カルピスラベンダー … 700
ブルーベリー … 700
フルーツフラッペ … 800
いちじく … 700
ゴーヤ … 700
レモン … 700
ライム … 700
エメラルドカクテル … 750
熊五郎(アルコール入り) … 750
モモ子(アルコール入り) … 750
ハマイカ … 700
ミルクのトッピング … 50UP
【氷のラストオーダーは9:30】

アイスクリーム
バニラ … 400
チョコレートアイス … 450
抹茶アイス … 450
チョコレート&バニラ … 450
抹茶&バニラ … 450

パフェ
チョコレートパフェ … 650
フルーツパフェ … 650
クリームパフェ … 650
キウイパフェ … 650
イタリアントマトパフェ … 650
和風パフェ … 700


喫茶 マウンテン
営業時間 AM7:00~PM10:00
オーダーストップ PM9:40
定休日 毎週月曜日
(祭日の月曜日も休業させて頂きます)
名古屋市昭和区滝川町47-86
電話(052)832-0897

●ご注文はお一人様一品以上お願いします
 中学生以下、高齢者を除く
●代金は、まとめてお願い致します

―――――――――――

 文字を見ているだけで、たらふくです。

 旧版からの変更点については、改めて「精査編」で扱います。
 タイプミス等、お気付きの点がございましたら、ご連絡くださいませ。確認が取れ次第、修正いたします。

 「2006年6月版メニュー・精査編」に続きます。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

瑞々しき無花果のタルト(タルト・オ・フィグ:シェ・シバタ 名古屋店)

 東海地区のケーキ店の話題が上るとき、かなりの高確率で登場するのが、岐阜県多治見市の「シェ・シバタ」です。名古屋に移り住み、甘い物好きの血が沸騰しはじめて、何度、このお店の名前を見聞きしたことでしょう。
 一度は行ってみたいあこがれのお店。でも名古屋からはちょっと遠すぎます。JR名古屋駅からJR多治見駅まで30分強。そこから、さらに1km強。移動手段が公共交通機関か自転車か徒歩しかない私には、かなりの冒険となります。

 あこがれだった「シェ・シバタ」をぼんやりと頭に思い浮かべながら、甘いものを探していたある日、吉報がもたらされました。4月末に名古屋に支店がオープンするというのです。しかも私にとって交通の便がかなり良い、名古屋市営地下鉄東山線覚王山駅のすぐ近くに。これを吉報と言わずに何を吉報と呼べばよいでしょう。

 オープン初日に駆けつけねばと思っておりましたが、あいにく都合がつかずに、オープンから数日後に訪れることとなりました。すると、

 ものすごい人だかり。黒山です。

 店内は満席。テイクアウトも行列。路上駐車の帯ができておりました。それを見ていると、心が急いてしまい、じっくりとケーキを選ぶことができずに、目の前に積まれてあった「ショソン・オ・ポンム(アップルパイ)」を、一つだけお持ち帰りするので精一杯。
シェ・シバタ 外観
 お店の前には、常に停車中の車があるため、どうしても斜めからのアングルに。

 這這の体で手にしたアップルパイは、さっくりと上品な軽さの生地に、風味豊かなリンゴがつまっておりました。その甘い香りの中に、涙のしょっぱさを感じたのは気のせいだったのでしょうか。

 それから、2ヶ月ちょっと。「そろそろ、落ち着いてきた頃合ではなかろうか」と思い、覚王山を再訪しました。開店時間に合わせて10時を少し回った頃に訪れたのですが、すでに何台かの車の列ができており、店内もけっこうな賑やかさ。「名店はやっぱり名店なんだ」と当たり前のことをじっくりと思い知らされました。
 しかし、今回は、ケーキ選びに困難を伴うほどの人だかりではありません。まずはショーケースの隅から隅までじっくり眺め、色とりどりのケーキを目で味わいます。そして、選んだのは、イチジクのタルト「タルト・オ・フィグ」です。

 オーダーを済ませると、ナプキンの上に、ナイフとフォークが置かれます。そして、その横に置かれた伝票の裏面に目を遣ると…、

柴田さんからのメッセージ
 手づかみでいいのです!

 「chère cliente
 フォーク・ナイフをお出ししますが シュークリームやタルト等は手で食べたほうが、美味しく召し上がって頂けます。 ケーキのテイストが上下で分かれている場合は 上下の関係を崩さないように 一緒に味わって下さい。 当店ではフランスのお菓子文化、製法をベースに、伝統的なお菓子から 革新的なお菓子までシバタオリジナルのスイーツをお客様にお届けします。 早朝から深夜までお菓子漬けの当店のパティシエ達 そんなエスプリ(精神)をお菓子を通して 御理解頂ければ幸いに思います。 merci beaucoup
 Patron chef. Takeshi.S」

 オーナーシェフの柴田武さんからのメッセージです。
 白を基調とした、明るく上品な店内。でも、型にはまらず、より美味しく食べられるようにとのお心遣いが感じられました。そのお言葉に甘えて、遠慮なく手づかみでタルトを頂くことにしましょう。

タルト・オ・フィグ
 イチジクが輝いていました。

 高さ6cm、幅3cm、長さ12cmを持ち上げて、ちょっと大きめに口を開けて、数層に分かれたタルトを、いっぺんにほおばります。
 カスタードクリームに覆いかぶさっている、主役の愛知産イチジクは新鮮そのもの。ぷちぷちとした種の感触と、とろりとした甘味、わずかな酸味、そしてあふれ出る瑞々しさ!
 生クリームは柔らかめのホイップ、中央のカスタードクリームは、イチジクの味の後を追うようにして、甘い玉子の香りを広げます。生クリームもカスタードクリームも甘味は抑え目。そのためイチジクの甘味が際立っているように感じました。
 タルト生地はサクサクタイプ。生地とカスタードの間からは、上品に落ち着いた洋酒の香りが浮かび上がってきます。

 柴田さんの仰るとおり、手づかみでいっぺんに食べて本当に良かった!

 天辺に座ったフランボワーズのすっぱさが、二口目に加わってきました。これまた、なんというバランスの良さ、タイミングの良さなのでしょう。悦楽此処に極まれりです。

 ナイフとフォークの出番は無く、一口ごとに感動を抱きながら、あっという間に食べ終わりました。心は満足。でも、おなかはまだまだ余裕があります。もっと食べたい、思う存分たらふく食べたいっ。

 その強い思いに衝き動かされ、二日後にまた訪れてしまいました。その時の感動は、また後日。

◎商品・店舗データ
 商品名:Tarte aux figues(タルト・オ・フィグ:イチジクのタルト)
 価格:¥420
 
 店舗名:chez Shibata NAGOYA(シェ・シバタ 名古屋店)
 住所:〒464-0064 名古屋市千種区山門町2-54
 営業時間:10:00-19:00
 定休日:火
 公式サイト:http://www.chez-shibata.com/
 アクセス:名古屋市営地下鉄覚王山駅の北東、日泰寺の参道に沿って、約150mの右側。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

ヒントでミント(ヒントミント クラシック シナモンミント:HINT MINT INC.)

 「あ~ぁ、眠い~。頭をすっきりさせたい~っ」

という時、手元にあると便利なのが清涼菓子。小さな一粒、放り込めば舌に刺激、頭すっきり。かすかに甘くて、「もう一粒」と、ついついケースをシャカシャカ振ってしまいます。
 コンビニやスーパーに行けば、レジ横などに、このような清涼菓子が幾種類か並んでいますね。CMも印象的な「FRISK」が一番よく見かけるものでしょうか。

ヒントミント クラシックシナモンミント
 脚韻を踏んでいる「ヒントミント」

 一見しただけではお菓子に見えない、アルミケースのこれも清涼菓子。アメリカからやってきた「ヒントミント」です。「ソニープラザ」や「成城石井」など、輸入菓子を扱っているお店でお買い求めができるようです。
 それらのお店では、現在、3種類のヒントミントが扱われていました。私が最初に食べたのは「チョコレートミント味」。チョコレートの甘く強い香りがあっという間に口に広がり、呼吸器全般をさわやかな風が流れました。甘さにつられて、思わず「もう一個ちょうだい」となりました。
 あんまりねだってばかりはいけません。「明治屋で買ったよ」という情報を元に、自分用の「ヒントミント」を買いに行きました。するとそこには、「チョコレートミント味」の他に、「ペパーミント味」と「クラシックシナモンミント味」がありました。シナモン好きの私には選択の余地はありません。

 1920年代のシガレットケースをモチーフにしたという、銀色のオシャレなケースをスライドさせると、ミントの葉っぱの絵が刻印されたφ13mmの粒が綺麗にならんでいます。そして、シナモンの香りが素早く鼻を衝きます。
 一粒つまんで口に放り込むと、

 刺激的っ!

 前回食べた「チョコレートミント味」とは、傾向を異にした味に驚かされてしまいました。強烈なシナモンの味です。私は「八つ橋」のふうわりとした肉桂の香りを予想していたのですが、それとはかなり様相が違っておりました。ピリピリピリピリと舌を刺激するその味は、間違いなくシナモンの「清涼」菓子。眠気は彼方に吹き飛びます。ピリピリする、けどシナモン好きにはクセになるお味です。甘味は微量。シナモンが苦手な方はお気をつけくださいませ。

 「次は『ペパーミント味』を」と思っているのですが、「シナモンミント味」がなかなか無くなりません。結構食べているつもりなのですが。
 内容量は31グラム(35粒くらい)。今数えたら21粒残っていました。1ヶ月以上前に買ったはずなのですが。半分も減っていません。もっと食べているかと思っていたのですが。
 美味しいです。すごくたくさん食べた気になっているのです。でも減っていないのです。不思議です。それだけ、一粒の印象が強いのです。何かピンと閃きたい時、ヒントを得たい時、頼りになるでしょう。やっとタイトルに結びつけることができました。
 これをたらふく食べたときを想像すると…。とんでもないアイデアが浮かぶような気がいたします。

ヒントミント 一粒&ケース側面
 ケースと同じ葉っぱの絵。厚さは10mmです

 ケースは軽く湾曲しています。これはポケットに出し入れしやすいようにとのこと。
 このオシャレなケース、食べ終わった後、何かに使えそうなのですが、何に使えばいいのか思いつきません。良いアイデアは無いものでしょうか。(私は非喫煙者です)

◎商品データ
 商品名:ヒントミント クラシックシナモンミント(清涼菓子)
 製造者:HINTMINT INC.(アメリカ合衆国)
 価格:¥399(明治屋)
 公式サイト:http://www.hintmint.com/


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

和シックな「ダーシェンカ・蔵」

 「ホーロー看板館」の続きです。

 佐藤さんの熱気に当てられた私たちは、イオン有松SC内のドトールコーヒーで、遅い昼食を取りました。ササイさんは夕方から御用があるとのことでしたので、あまり長居はできません。
 しかし、私には、ホーロー看板館のほかに、有松でどうしても行ってみたいところがありました。

 「どうしても行ってみたいパン屋さんがあるのだけど、行ってもよいかしら?」

 同行二人の相手が弘法大師ではなく、パン好き人間となったことを、不運と思っていただくほかございません。

 お店の名前は「ダーシェンカ・蔵」。私のお気に入りブログ「おうちでeat!!」★香音★さんがご紹介されていて、気になっていたお店です。
 ★香音★さんの記事にも、公式サイトにも、「Googleマップ」にも住所が載っているのですが、私のポケット版名古屋市地図には、その地名が載っていないのです。

 「だいたいこの辺のはずなんだけど…。行ってみれば分かるかな」

と、いいかげんなリサーチで行ってしまいました。ササイさんにとっては不運としか申し上げようがありません。

 キョロキョロ、ウロウロしたものの、結局、見当たりません。ポケット地図に載っている交番で場所をお尋ねすることといたしました。有松交番は、町並みに合わせたレトロな建物です。

 「すみません。場所をおうかがいしたいのですが」
 「はい、どちらでしょうか」
 「えーと、有松町大字有松字往還北というところです」
 「往還北ですね。こっちの地図で調べてみますので、少しお待ちください」

 若いおまわりさんは、細かい場所まで載っている大きな地図帳で調べてくださいました。

 「往還北というと、この辺なんですけどね」

と、おまわりさんが指し示してくださったページを見ると、

 「パン屋」

という鉛筆の書き込みが。私が思わず、

 「パン屋…」

とつぶやくと、おまわりさんはちょっとはにかんだ様子で、

 「あっ、これは僕が書き込んじゃったもので。ははは」
 「ここです! このパン屋さんに行きたいんですっ!」

 地元の方がしっかりマークしているパン屋さん。「このお店は間違いない!」と確信を得ることができたのです。
 「ダーシェンカ・蔵」は、イオンから交番に行く途中のわき道を、少し入った所にありました。辺りに気を配っていれば気づいてしかるべき場所でした。もっと観察力をつけねばなりません。

ダーシェンカ・蔵 外観
 絞り染め屋さんと見紛いました

 ここは、もとは絞り染め問屋「神谷半太郎」亭で、そこの蔵の内装を変えて、石窯などを設置し、パン屋さんに模様替えしたということです。そのため、外観は古い町並みに綺麗に調和しておりました。「だから、見つけることができなかったんだ」と心の中で言い訳をします。

 すでに3時を回っていたので、商品が少なくなっています。売り切れのパンもちらほら。それでも、「売り切れ閉店になっていなくてよかったな」と楽天的に考えつつ、気になるパンを気の向くままにトレーに乗せていきました。

ダーシェンカ・蔵 陳列
 ネーミングがユニークです

 私が選んだのは5種類。
 まずは「おやき」。

ダーシェンカ・蔵 「おやき」
 パンの「おやき」。¥189

 信州名物の「おやき」に似せた薄焼きのパンです。記事には黒胡麻が混ぜ込まれ、表面には、カリッとしたかぼちゃの種がトッピングされています。パンの紹介文が書かれてあるポップには、「ごま生地の中に日替わりの具をつめて"おやき"っぽく焼き上げました。ボリュームがあって食べごたえバッチリ!」と書いていました。
 「さて、その『日替わりの具』は何かな?」とちょっとわくわくしながら半分こにすると、濃厚なお味噌の香りが立ち上ってきました。この日のあんは、ひき肉とピーマンを炒めた肉味噌でした。しょうがも入っているようで、「ピリッ」とちょっとだけスパイシー。パン生地は薄いですが、歯ごたえがあり、ひき肉もみっしりとつまっていて、ポップにあるとおり、おなかにしっかりとたまります。ごはんパンにぴったりです。

ダーシェンカ・蔵 「ココチャイぱん」
 葉っぱ形になっていて、お茶っぽさ度を上げています。¥168

 綺麗なオレンジ色の焼き目がついた「ココチャイぱん(小)」。ふんわりと軽いこのパンは「おやき」とは対照的に、おやつパン向きです。ココナツの甘みと芳醇な茶葉のかおりが上品です。それにシナモンがやや強めに効いていて、良いアクセントになっています。「甘味好き+シナモン好き」の私にはたまらないお味でした。

ダーシェンカ・蔵 「プチ米丸」
 「プチ米丸」¥147 ふつうの「米丸」もありました。

 ポップによれば米粉を使っているとのこと。確かにお米特有のもちふわ感があります。そして、酵母によるものでしょうか、お酒っぽい香りも感じられました。
 強烈な甘さはありませんが、噛めば噛むほど、素材の甘味がじわじわ、ゆったりと口の中に広がります。そのままでも充分に美味しいですが、少しバターやマーガリンを付けてみるのもよいでしょう。ぱっかりと半分に割って、一方はそのまま淡白な素材のお味を、もう一方にはバターなどを添えて、味に濃さと塩気を足すのもまた一手だなと思いました。

ダーシェンカ・蔵 「チョコローフ」
 ロールケーキのように見えますが…。

 パンなのです。名前は「チョコローフ 1/2サイズ」(¥346)。チョコレートが混ぜ込まれた薄い生地を、普通のパン生地に重ねて、ロールケーキのようにぐるぐる巻きにして焼き上げています。上にはアーモンドスライスがまぶされて、ふわふわにポリポリが加わっています。
 白いパン部分は、「米丸」と同じように酵母の香りが強く感じられ、チョコレートパン部分はしっとりとした甘さと濃厚さが。一つで二度美味しいお菓子パンです。
 ハーフカットですが、結構な大きさです。実測値は、幅が約87mm、高さが100mmでした。

 最後の一つは、名前が秀逸です。

ダーシェンカ・蔵 「静岡」
 お茶と柑橘で…

 「静岡」! 他に何も付きません。隣県の名前のみです。理由は生地にお茶が入り、上にいよかんのチップが乗っているためのようです。「静岡」なのに「いよかん」です。ミカンという大枠でくくったことになりますが、この組み合わせが最も美味しいという結果が得られたがゆえなのだと思います。大きな心でこの名前を受け入れることとしましょう。
 中には濃厚なクリームチーズがたっぷりと入っています。口にすると、上にぽつんと座っている、いよかんピールの強さが出ていて、柑橘系の香りと酸味がぶわっと広がります。その分お茶の香りがやや弱くなっているようでした。
 ちなみに、「静岡」は、静岡だと「しぞーか」と発音します。方言豆知識です。

 さすがにこれだけいただけば、たくふくたらふくです。

 今、再度、ダーシェンカ・蔵さんの公式サイトを見ました。右下に「マピオン」で分かりやすい地図が載っていました。今、部屋でひとり、自らの観察力の無さを思い知っております。

 9/20(水)~9/25(月)の期間、「高島屋 ブーランジェリー&パティスリー fes」(JR名古屋タカシマヤ 10F)に出品されるそうです。ダーシェンカさん3店舗限定パンを同時に購入できるとのことです。要チェック!

◎店舗データ
 店舗名:ダーシェンカ・蔵(ダーシェンカ 名古屋有松店)
 住所:〒458-0901 名古屋市緑区有松町大字有松字往還北106
 営業時間:10:00-19:00
 定休日:月・火
 公式サイト:http://www.mis.ne.jp/~dasenka/


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。


・本記事からのトラックバック先
http://home-eat.seesaa.net/article/6362258.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »