« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.15

大阪の甘さと、印度の刺激

 しばらく、更新が途絶えていましたが、やや速度が回復しそうです。忙しかったために体力の回復の方は、もうちょっとかかるかもしれません。
 なにか、力の付くものを食べねば。

 おっと、違いますよ。

 いつもだとこのような流れのまくらだと、「『山』に行ってきました」となるのですが、今回は違います。別の「甘み」が私の手元にあるのです。

 コレ。

たこ焼きようかん
 大阪新名物 たこ焼きようかん

 先月、黒帯認定のお祝いとして、藤田チエさんが送ってくださったのです。ありがとうございますっ!

 それにしても、大阪にこのような名物ができていたとは、全く知りませんでした。しかしあってしかるべきの品といえるでしょう。地方性を問わない甘みの代表格「ようかん」。それに、土地にしっかりと根付いた「たこ焼き」を組み合わせる方がいらしゃるのは、予想しうべきことだと思います。

 どちらもメジャーな日本の味覚。しかしながらそれのアンサンブルの味がどんなものになっているのか…。そちらは全く予想が付きません。どきどきします。このどきどきは甘さが目の前にあるからなのか、食べた後の状態を思うからでしょうか。

たこ焼きようかん・原材料名
 二つ三つ、ようかんではありえないものが入っています

 販売元は「なにわ名物 いちびり庵」とあります。

 いちびる
 大阪弁などで、出しゃばる。図に乗る。
 〔「市振(いちぶ)るの転訛とする説が有力。市振るは「魚市場で競りを仕切る」ことの意〕
 (三省堂「デイリー新語辞典」goo辞書版

 あぁ、いちびってこのようなモノをお作りになったのですね。いちびりすぎですわ。でも、そのいちびりを全面的に受け止めましょう。さぁ、おいでなさい。

 おっと、その前にようかんに対する礼儀を果たしましょう。

お茶うけとして
 思い切って玉露淹れました

 大前提:たこ焼きようかんはようかんである。
 小前提:ようかんには緑茶が合う。
 結論:たこ焼きようかんには緑茶が合う。

 以上、三段論法で演繹的に導き出されたようかんの準備態勢です。さて、箱を開けてみましょう。「山」の奇天烈メニューに慣れたこの身なのに、ドキドキ感は増すばかりです。

銀色
 透明のビニールじゃなかった

 銀色のものでしっかりとパックされています。そう簡単に正体を明かさないおつもりですね。緊張感を高める演出方法を心得ていますね、いちびり庵さん。
 しかし、もう覚悟は決まっています。ざっくりとハサミを入れて、

入鋏
 ようかん、入ハサミ

 銀包みをめくると…、

銀色
 思わぬ透明感

 予想していたよりも、あっさりとした色使いです。厚さ15mm、長さ125mm、幅47mm(実測値)。普通のようかんに比べて透明度が高いですね。ようかん本体を透かして見えるのは、たこ焼きの友のアレでしょう。

光で透かす
 逆光を浴びせかけてみる

 銀色包みを4分の3くらいまで剥いで、下からライトを当ててみました。
 厚さに比べて重さが耐えきれなくなったのでしょう。「ぷんなり」と頭を垂れています。実るほど頭が垂れるものなので、ようかんへの期待も膨らみます。

 いよいよ、味見です。私は甘党。これを薄くカットして、つまようじで食べるようなことはできません。怒涛の攻めを見舞いますよ。

歯型
 がっぷりと。クワガタにも見える

 あぁ、これは、まさしくたこ焼きの味。生地の方ではなくて、ソースの味ですね。たこ焼きソースから酸味を抜いて、甘味を強くしているようです。あずきの味は全く感じられません。でも、ようかんとしかいえない歯ざわり。
 そして、青ノリの主張がかなり強いです。これもメインのソース味をそぐことなく、妙なる磯の風味を加えております。
 「のちのち」としたようかん特有の歯ざわりを楽しんだ後、ソースと甘味と磯がのどを通り過ぎると、そこには、まぎれもないようかんの甘さが残るのです。でも、やはりソースの辛みが加わっているからでしょう、その甘さも長く後を引くことはありません。

 これは、美味しいですよ。

 ようかんとしてよりも、「珍味」の味わいですね。さいころ状の甘辛いマグロのおつまみなどに近いですわ。

 ぱくぱくぱくっと、あっという間にごちそうさまです。玉露をすする。

ぬけがら
 ちょっと変わった甘さで満足

――――――――――

 実は、チエさんからの贈り物は「たこ焼きようかん」で2回目なのです。「たこ焼きようかん」到着から、遡ること三ヶ月。一通の封書が届いたのです。

お手紙付きハーブ
 チエさんの直筆イラスト入りですよ

 中を見ると、お手紙とともに、色とりどりの謎の小粒が封じられた小袋が入っておりました。以前、私がチエさんにお譲りしたサルミアッキのお礼にと、日本では珍しい、印度国のハーブを送ってくださったのです。

 「どうもありがとうございますーっ! すぐに味の感想を書きますね」

と、お返事したまま早三ヶ月半。非礼も甚だしいです。本当に申し訳ございませんっ!

 このハーブは、食後の口直しに食べるもので、調味料というよりも、ガムやアメ玉のような食べ方をするものだそうです。
 頂いたその日の夕食後、「ほんの少量ずつ食べてください」とのお言葉通り、口にちょっぴり入れてみました。

 印度ッ!!

としか形容のできない味がぶわっと広がります。辛味はそれほど無いのですが、味が複雑に入り組み、口腔から咽喉、鼻腔へと印度が走り抜けていきました。
 これは、強烈ですわ。これを上回る口直しは、当面出会いそうにありません。

 それ以来、なかなか手をつけることが出来ずに、輪ゴムを掛けて、調味料入れに保管しておいたのですが、たこ焼きようかんの登場で、活動再開です。

 小袋から小皿(バールのようなもの)に、パラパラッと移し変えて調査開始。

インドのハーブ
 凝縮されたインド

 これをそのまま口に流し込んだら、最初に食べたときと全く同じ感想しか出てこないでしょう。この混沌とした状況に秩序を与えねばなりません。種類ごとに分類してみましょう。

分類中
 細かい作業は結構好き

 つまようじを使って、ちょいちょいちょいっと、色と形の違いごとに選っていきます。
 そして、分類終了。

分類終了
 こんなに入っていたのか!

 14種類に分けることができました。内訳は
・球形…赤、深紅、緑、黄、銀
・紡錘形…深紅、黄緑、黄、白
・タネ…深紅、黄
・その他…黄緑ベビースター形、氷砂糖形、不定形大型
です。
 それでは、個別に味を見ていきましょう。

・球形
 赤―φ約3mm(平均。以下同様)。甘い砂糖玉。中心部は白色
 深紅―φ約2.5mm。甘い砂糖玉。内側は白色。表面のコーティングの厚さは赤玉に比べて薄い。
 緑―φ約3mm。甘い砂糖玉。赤の色違い。
 黄―φ約3mm。甘い砂糖玉。赤の色違い。
 銀―φ約3mm。甘い砂糖玉。甘さが来るのが、他に比べて遅い。銀色のコーティングがやや固いか。

・紡錘形
 深紅―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。芯に香辛料(シード)。このシードは固い。噛むとピリッとした辛みと強い清涼感。砂糖玉と違い、歯で破砕されたシードが舌に残る。このスパイスミックスの強い香りは、このシードによるものと思われる。
 黄緑―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。深紅の色違い。
 黄―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。深紅の色違い。
 白―長さ7mm。甘い。砂糖でコート。破裂した米粒(五分がゆ)の形。

・タネ
 深紅―長さ6〜7mm。着色のみで甘みはほとんど無し。
 黄―長さ5〜6mm。深紅の色違い。

・その他
 黄緑ベビースター形―長さ20mm(最長)。刺身のツマの大根に似た、シャリシャリした食感。漢方薬っぽい香りとほのかな辛み。数の上では最大勢力。
 氷砂糖形―見たまま氷砂糖。なのに、他のもののコーティング砂糖よりも甘さが下回る。
 不定形大型―長さ11〜12mm。深紅。ドライフルーツが細かくカットされたもの。ガムやグミキャンディのような歯ごたえ。砂糖とは違う、抑えた甘さ。

●結果
 砂糖玉、砂糖コーティングされたシード、着色のみのシード、ベビースターっぽいもの、その他の甘さと、五種に大別できることがわかりました。
 なお、紡錘形とタネ部門に用いられているシードは、S&Bさん提供の「スパイス&ハーブ事典」から「フェンネルシード」ではないかと思われます。「種子には消化を助け、口臭を消す効用があることから、口に入れ噛む習慣があります」という用途にも合致します。
 これらを総合すると、フェンネルシードの軽い辛みと、スーッした清涼感が主となり、砂糖玉とコーティングの甘さがその強烈さを和らげ、黄緑ベビースター(っぽいもの)や氷砂糖・ドライフルーツで、また別の甘味と辛みを加えることで、味を複雑にしているといえましょう。

――――――――――

 「たこ焼きようかん」も「印度国のハーブ」も、実に個性の強い食べ物でした。「これぞコネタ!」と声を大にせずにはいられない贈り物です。

 チエさん、本当にどうもありがとうございました。今後も、お互い切磋琢磨して、コネタ道を突っ走りましょう!


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.02.03

今日の「山」登りは「マカライスハンバーグ」&「エメラルドカクテル」

 通常、年度末と言えば、3月末です。しかし、大学機関においては今が年度末。実際の事務手続きでは3月末ということになるのでしょうが、学生にとっては今が年度末となります。
 年度末。これから長い春休みが始まるのです。「これから楽しい春休み〜。宿題もない春休み〜」と小学生の皆様は思われることでしょう。しかし、大学生にまでなってしまうとそうはいきません。長〜い、春休みの前には、長〜いレポートを書くようにという命が下るのです。

 疲れました。まだ終わっていませんが、疲れました。芯が抜けたようになっています。ここいらで一つ、どしんと体の内部にエネルギーを与えたいです。何か力の沸くような…。遥かなる大地のような…。母なる山のような…。山のような…。山…。

「山」看板
 「マ」が隠れてしまっているし

 久しぶりに「山」登りです。でも、山にたどり着いた時点で、もうへとへとになりました。写真の中心もずれてしまっています。

 今日は、急に思いついた「ふと『山』登り」なので、何をオーダーするのか、なにも決めていません。店員さんから渡されたメニューを眺めます。何か力のつくようなモノをっと…。

 あっ、なんということをっ!

ケされたヤツら
 スパからの抹消

 スパゲッティーカテゴリーから、二つの品がメニューから抹消されていました。以前メモを取っておいたものと見比べたところ、トマトソースの「サボテンスパ」、その他の「納豆サボテン玉子とじ」が消されたことが判明しました。

 嗚呼!なんということでしょう!! 「山」から「サボテン」が消されるなんて!

 これは、季節の問題なのか、味の問題なのか、入手経路の問題なのか…。どの可能性もありえます。
 「納豆サボテン玉子とじ」は近いうちに登ろうと思っていただけに、残念でなりません。何とか復活するよう、皆様お祈りいたしましょう。

 削除メニューを気にしながらも、どしんと一撃強烈なものを腹に叩き込みたいという思いを抑えることができません。強烈な一撃ということから、肉方面に向かうことが決議されました。さて、肉っぽいもの。肉っぽいもの…と。

 ハンバーグ

 子供から大人まで人気の高いこのメニュー。もちろん「山」でもいただくことができます。以前いただいたモノでは「大人のお子様ランチ」に使われておりました。ただ、「てこね」とか「牛ミンチと豚ミンチの配合を厳選した」とか「パン粉は特別になじみのパン屋から譲り受けている」という風合いは、あまり感じることができませんでした。むしろ、「温めてから、袋から出す際に火傷に気をつけました」という感じのものです。それはそれで、たまに食べるとやたらと美味しく思われるものです。
 それで、ハンバーグ入りでお腹に一発叩き込めそうなモノとの基準で選んだのは、

 「マカライスハンバーグ、お願いします」

 良く分かったのは、「ハンバーグが入っているらしい」ということだけです。それ以外が見当が付きません。察しの早い方は、他に入っているものが、何かがお分かりになられたはずです。しかし、私は気付きませんでした。「『摩訶不思議』なものが入っているのかも。ワクワクするな」と待ち構えたのです。脳の働きが鈍っていると、余計なワクワク感を味わえるのが、お得ですよ。

 15分後、やってきた「摩訶不思議」な「ライス+ハンバーグ」は、

マカライスハンバーグ
 「マカ」は不思議じゃなかった

 あぁ、そうか…。マカロニのマカなのね。推して知るべきことでした。ワクワク感は山のかなたを越えていきました。

 「マカライスハンバーグ」の基本は、既成のミックスベジタブル(コーン、ニンジン、グリーンピース)とたまねぎのみじん切りが入った塩気がやや強めのコンソメ味ピラフ。たまねぎはややしゃりしゃり感を残して炒められています。
 そうそう、たまねぎと言えば、今回は珍しく「芯」部分が入っていませんでした。芯入りに慣れつつあっただけに、なんだか物足りなかったですわ。

 「マカ」担当の「マカロニ」には、貝殻の形のコンキリエと、ねじられ、溝が入れられているチェレンターニが使われています。その形ゆえに、ソースがよく絡みますよ。このショートパスタは茹でられた後に、ごはんと一緒に炒められております。

 上に載せられた3つのハンバーグは、直径約55mm、厚さ約15mmのミニサイズ。これは「大人のお子様ランチ」に使われているものと同じでしょう。冷凍食品、もしくは真空パック式のモノの食感で、練り物っぽく、肉がみっしりと寄せ集ったような食感です。

 さらにその上には、赤茶色のトマトソースが半掛けされています。これにはわずかながらもひき肉が入っているようで、ハンバーグとはまた違う肉っぽさに感涙です。
 ただ、このソース、やけに味が濃密です。ピラフの味の濃さを上回るほどの力強さ。この味は肉汁のものでしょうか。初めのこの強烈な一撃(これぞ今回求めていたものです)があり、そのあとを追いかけてトマトの香りがたち現れます。それゆえ口に入れた瞬間はトマトソースなのかなんなのか分からなかったくらいです。

スプーン版マカライスハンバーグ
 スプーンの上での「マカライスハンバーグ」状態

 これは「救いメニュー」どころか「旨いメニュー」に入れてもいいくらいでしょう。ただ、コショウがかなり効いていて、次第に舌がぴりぴりしてきます。でも、それも許容範囲内。辛口に入るほどではありません。それを見越してか、福神漬けが添えられています。なんといい口休めでしょう。サービスが行き届いています。

 完食後、消えたメニューに思いをはせながら、店内をぼんやりと見ておりますと、ある変化に気付きました。
 マウンテンにはメニュー外メニューとでも言えるものがあります。おそらく、試作段階にあるものなのでしょうが、普通のメニュー表に載っていないモノが、店内の張り紙やポップに書かれています。
 そのポップが変わっていたのです!それがこちら。

エメラルドカクテル・ポップ
 縁に細かく「エメラルドエメラルド…」と書かれてある

 カクテル【cocktail アメリカ】
 (1)ウィスキー・ブランデー・ジン・ウォッカ・リキュールなどの洋酒をベースとし、シロップ・果汁・炭酸飲料・香料・氷片などを混合した混成酒。アメリカから始まった。混合酒。コクテール。
 (2)いろいろなものを混ぜあわせたもの。「フルーツ・―」「―光線」
 (岩波書店『広辞苑 第五版』より)

 「エメラルドカクテル」…。緑色だろうなということしか想像が付きません。ドリンクメニューらしいということは分かりますが、「(ノンアルコール)」と書いてあることで、(1)には該当しません。それなら(2)の意味のモノなのでしょうか…。

 「いろいろなものを混ぜあわせたもの。」

 …意を決して、お水のお代わりを持ってきてくださった店員さんに注文します。

 「エメラルドカクテルを追加でお願いします」
 「エメラルドカクテル…ですか?…はい、分かりました」

 なんだか、不審感が伝わってきました。私はポップの幻をみていたのでしょうか。すると、オーダーを受けた店員さんの声が、厨房の方から聞こえてきました。

 「新しいのできたんですね」

 店員さんもご存じなかったの!? すごい新しすぎるほど新しい品ではないですか。注文して良かったです。

 数分後、「エメラルドカクテル」の到着です。「シャカシャカ」という音は一切聞こえてきませんでした。(2)の可能性が高くなってきました。

エメラルドカクテル
 緑色は当たっていた

 上と下で色が違っています。なんだか綺麗。ミスドで期間限定販売されいた「フルーツティ」のようです。あれは美味しかったなー。期待が高まります。
 それでは、まず、上の色の薄い部分から行ってみましょう。

 うっ!

 イメージと違うっ!

 これ「ニッキ」の味がする!「ニッキ水」だ、コレ!
 それじゃ、下の色の濃い部分は?

 うっ!

 あま〜いっ!そして、薬の味がするっ!しかもニッキのそこはかとない香りもにじんでしまっていますよ。
 これの飲み方は、最初に思いっきり「ガシャガシャガシャガシャッ!!」と勢いよくかき混ぜて、味の均一を図るとともに、氷で味を薄めるのが正しいようです。「カクテル」はセルフサービスだったのですね。
 しっかりと混ぜ合わされた「エメラルドカクテル」は、ニッキのきつさが薄れ、甘味もほどほど、いくらか飲みやすくなります。「いくらか」ですが。
 ミレーフライが救いになります。

 お会計を済ませようと、レジに向かうと、

黒酢ジュース
 話題の黒酢ジュース 350円

 「のみやすくてからだに(・∀・)イイ!!」って、書いています。「マウンテン」がお客さん「体の良さ」を気に掛けてくださるようになったみたいです。


人気blogランキング クリックしてくださると、もっとたらふくになれます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »