« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.24

秋を追及、キャラメルコーン・マロン味

 キャラメルコーン・マロン味をようやく食しました。楽しみ楽しみっと思いつつはさみを入れる…前にパッケージに目をやります。今回手にしたのは「キャラメルコーン・マロン君泣き顔パッケージパターン」(ウインク笑い顔パターンもあります)。秋らしい落ち着いた色合いの中の真ん中で、栗の形をした鼻がかわいいです。

キャラメル・マロン君

 改めて、袋にはさみを入れます。思ったよりも栗のフレーバーはしません。袋の口に鼻を近づけるとほんわかと栗フレーバーがしますが、それよりもレギュラーの赤キャラメルコーンのフレーバーの方が強いようです。
 がさがさと袋を鳴らしマロン君を二つまとめてつまみ出し、ぽいっと口に放り込むと、袋をかいだ時の予想とは反して、結構な強さの栗の味が口中にあふれます。ですがキャラメルコーン。口どけの良さが売りだけあって、栗はあっという間に走り去って行ってしましました。
 前回のパイン君はかなり後を引く味で、やめられない感が激しかったのですが、マロン君はそれほど後引き感は無かったです。パイン君は間断なく二つ三つまとめてポイポイと口に放り込む勢い。それに対してマロン君は一つ取ってポイッ。サクッ。うむ。(←うなずく)ポイッ。サクッ。うむ。という拍で食べてしまいますね。落ち着いています。
 そうです。灼熱の太陽の激しい勢いから、涼風が頬をすり抜けて行く澄んだ空気へと移り変わる季節の変化が、キャラメルコーンの後引き感でも表されていたのです。
 さすがです。東ハトさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

今ごろ「キャラメル・パインちゃん」

 キャラメルコーンの季節限定発売「キャラメルコーン マロン味」が出回り始めたようで、立ち寄ったスーパーに陳列されておりました。購入欲が泉のように湧き出て、袋を手に取りました。でも、買いませんでした。スーパーに立ち寄ったのは「新・オールレーズン&オールアズキ」目的だったからです。予定外の事態に対応できないという弱点が露呈しました。
 結局、数件のスーパーを巡ったのですが、「オールレーズン&オールアズキ」は見つけることができませんでした。発売日は過ぎてるのに… ちょっとがっかりして近所のコンビニに入ったところ、「キャラメルコーン・パインヨーグルト味」が。8月末までの季節限定発売なんですが。余剰在庫?
 余剰在庫でもなんでもかまいません。即購入しました。発売期間中にパインヨーグルト味を買いそびれて「もう、会えないのかなー。パインちゃん」などと涙ぐむ日々を過ごしていたからです。

キャラメル・パインちゃん

 嬉々として、パインちゃん入りのコンビニ袋をぶら下げて家へと帰り、早速開封。
 香りは熟しすぎの甘いパインのもの。強い香りは心地好く嗅覚を刺激します。袋に手を入れると、キャラメルコーンのあの形のため、2つ3つが絡まって手の中に。大口をあけてそれを放り込むと、ほどよい酸味がほんわかと広がって、軽めの甘みが入り混じって、すっと溶けていく。
 …おいしいよー! 止められない旨さです。手がパインちゃん袋と口を結構な早さで往復しました。惜しいなー。夏の間もっと食べていれば良かったです。後悔先に立たず。何度繰り返したことか、このような失敗。
 気を取り直して、次は東ハトの秋商品に挑戦です。キャラメルコーン・マロン味にしようか、オールレーズン&オールアズキにしようか、秋季のデザートショコラ・マロングラッセにしようか。今度は買い逃さないようにせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »