2011.07.15

B'zの楽曲名でできる限り長くしりとりをして、最後に「C'mon!!!!」

 梅雨がもう明けてしまいました。暑くなりました。
 夏になれば思い出す、そして輝くウルトラソウルッ!! ハーイッ!! ……というくらいに、夏はB'zの『ultra soul』です。
 『ultra soul』は2001年に発売された31作目のシングルで、同年開催された世界水泳福岡大会の公式テーマソングになりました。以来、夏をイメージした映像や、水泳の場面で頻繁に使われているため、多くの方に認知されており、B'zの代表曲のひとつとして挙げることができるでしょう。
 この『ultra soul』が今夏、世界水泳上海大会中継の番組テーマソングに決まり、新バージョン『ultra soul 2011』として、10年ぶりに帰ってきました。この曲は、今月27日発売の新アルバム『C'mon』に収録される予定になっています。
 私は、新アルバムのニュースだけでも、とても嬉しがっておりました。ところが、この喜ばしいお知らせ加え、さらに、「そして羽ばたく、ウルトラソウルッ!! ハーイッ!!」というくらいに、次々と大きな快楽がもたらされています。
 『C'mon』の発売決定のニュースと共に、9月から12月末までの全国ツアーの詳細が、アナウンスされました。
 北米ツアーも開催されます。
 「でも、さすがに、アメリカ合衆国にまでは行けない……」と思っておりましたら、7月24日のツアー最終日・ロサンゼルス公演がUstreamで生中継で全世界に配信されることが発表されました(日本時間・7月25日 11:00から)。
 『C'mon』の発売日が迫り、公式サイトには特設ページが開設されました。
 それに合わせて、YouTubeに、B'zの公式チャンネルも開設され、未公開のものも合わせ、各種の動画が観られるようになりました。
 まさに、

 ウルトラソウルッ!! ハーイッ!! ドーンッ!!(打ち上げ花火)

 というくらいに、嬉しいこと限りない状況です。
 YouTubeの公式チャンネルでは、現在、新曲のフル試聴、新作のCMが数パターン、タイアップCMや、そのメイキングなどが観られるようになっています。
 これらの動画の中で、評判になっているのが、『B'z / 「C'mon」CM しりとり篇』というものです。

 晴れた日。草原のまっただ中、松本さんと稲葉さんがちょっとだけ離れた状態で向かい合わせに椅子に座り、おもむろにB'zの楽曲名でしりとりを始めます。

 松本さん「さよなら傷だらけの日々よ」
 稲葉さん「よ。夜にふられても」
 松本さん「も……、もうかりまっか」
 稲葉さん「か…………、カモーンッ!!」(両手を挙げて勢いよく椅子から立ち上がる)
 松本さん「はい、『ん』、付きました」(冷静に椅子から立ち、歩き去る)
 稲葉さん「……」(一人取り残され、立ったまま、無言でほっぺたをぽりぽりと掻く)

 そして、アルバムタイトルと発売日、というものです。
 最初から最後まで、画面は変わらず、楽曲は流れず、ただお二人がしりとりをされています。

 面白いです。

 「B'zのイメージ」とのギャップと、しりとりで使われる「コアな選曲」が、動画を観た方々に、驚きと楽しさを与えているようです。
 ライブでは、時には冗談も交えてMCをされることもありますが、もともとは寡黙という稲葉さんが、嬉しそうに「カモーンッ!!」と立ち上がるところ。サングラスを掛けて、クールに演奏をされるものの、ステージから下りると、時には熱く語ったり、またある時には子供のように無邪気に笑う松本さんが、「ん」が付いたと淡々と指摘し、淡々とフレームから消えるところ。お二人の「意外な一面」をシュールに切り取っているという印象を持ちました。
 もう一つ面白いところは、新作『さよなら傷だらけの日々よ』から、22年前に発売された2ndアルバム『OFF THE LOCK』収録の『夜にふられても』、7thアルバムに収録され、関西弁の歌詞が印象的な『もうかりまっか』、そして、最新作の『C'mon』への流れです。まさか、『夜にふられても』と『もうかりまっか』が出てくるとは、です。
 この「B'zタイトルしりとり」が、『C'mon』で終わらなければ、もっと「あー、懐かしいなー」や「それっ、僕は好きだっ!」という楽曲が次々に出てきそうです。
 ですが、このCMのもともとの意味を考えますと、『C'mon』で終わらなければなりません。けれども、長くこのしりとりを聞いていたい……。

 それならば、『C'mon』で終わるように、逆しりとりを作ればよいのではなかろうか。

 「カモン」を逆にして、「ンモカ」。「カ」で終わるタイトルを探す。さらにそのタイトルの先頭の文字で終わるタイトル……、を繰り返していったら、長いしりとりができるのではないでしょうか。出来上がったら、逆にしたものを元に戻してしりとりをし、最後は……、です。
 そうと決まれば、やってみましょう。
 まずは、ルール作りです。しりとりの基本ルールは、ある単語を仮名で表した場合、その最後の文字が先頭になる単語を次に続けます。それを繰り返していき、語尾が「ん」の単語が出たら、ゲーム終了です。このルールに、時と場合、場面、地域に応じて、「ローカルルール」が加わります。小さなかな(拗音、促音のゃ・ゅ・ょ・っ)はどうするか、最後が長音(ー)で終わる単語はどうするか、同じ単語をくり返し使ってもいいか、などです。
 今回は、以下のルールを設けることにしました。

 ・「!」「'」「・」など、仮名で言い表せない記号は考慮しない。
 ・語尾の拗音と促音は直音(や・ゆ・よ・つ)に変える。(例:『おでかけしましょ』→「おでかけしましよ」)
 ・最後が長音の場合は、その前の仮名の母音を語尾とする。(例:『ザ・マイスター』→「ザマイスタア」)
 ・外国語(英語)・ローマ字表記は、通用していると思われる「カナ読み」に置き換える。(例:『ALL-OUT ATTACK』→「オールアウトアタック」)
 ・v音(「ヴ」)は、バ行音とする。(例:『MY SAD LOVE』→「マイサッドラブ」)
 ・語尾が濁音・半濁音の場合は、そのまま続ける。(『グローリーデイズ』だから、次は「ズ」でも「ス」でもいいよ、ではなく、「ズ」のみ)
 ・曲名は、B'zの公式サイトのディスコグラフィーに掲載されているものを使う。
 ・シングル(『Don' Wanna Lie』まで)、オリジナルアルバム(『C'mon』まで)、ミニアルバム(『FriendsII』まで)、ベストアルバム(『B'z The Best "ULTRA Treasure』まで)に収録されている楽曲を使う。
 ・ソロ名義の楽曲は使わない。映像作品収録の楽曲は使わない。ボーナストラック等公式のディスコグラフィーに掲載されていない楽曲は使わない。
 ・同じタイトルは一度しか使わない。
 ・複数のCDに収録されていても、一度しか使わない。
 ・バージョン違い(「~Version」や「~Style」が付くもの、アレンジを加えたもの、日本語詞を英語詞にしたもの、など)は、タイトルが違っていても、初出のものを使う。(例:『だからその手を離して -Mixture style-』、『DA・KA・RA・SO・NO・TE・O・HA・NA・SHI・TE -OFF THE LOCK STYLE-』は、1stシングル収録『だからその手を離して』と同一とし、「ダカラソノテヲハナシテ」とする)
 ・「-」「~」で挟まれた部分も含む。(例:『GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-』→「ギミユアラブフクツノラブドライバア」)
 ・ミニアルバム『FRIENDS』の「Prologue」「SCENE~」の部分は省略する。

 これらのルールにより、当然含まれない楽曲があります。この記事をご覧になって「私の好きなのはこのバージョンなのに、入っていないのはけしからん」と思われる方もいらっしゃると思います。しりとりを出来るだけ簡便にするためであり、決してそれらの楽曲を軽んじている訳ではございませんので、何卒、ご理解頂きたく存じます。
 いつも通り、前置きが長くなりました。では、作業に移りましょう。

 1.全曲を書き出す
 「書き出す」としましたが、手書きはさすがに厳しいので、MS-Excelを使います。1stアルバム『B'z』から順番に打ち込みました。ルールに書いたように、バージョン違いでも、初出のタイトルで入力します。

タイトルをカナで入力
 重複分も合わせて、全てのタイトルを入力します

 2.逆引きができるようにする
 カナで入力したタイトルを、逆にします。これも一つ一つ手打ちでは厳しいので、VBAマクロを使いました。
 VBAには、「StrReverse」という、文字列を逆にする、今回うってつけの関数があります。これを使って、

 Function RevTitle(title As String) As String
  RevTitle = StrReverse(title)
 End Function

 と「RevTitle」という関数を作り、「ダカラソノテヲハナシテ」と入力したセルの隣に、「=RevTitle(セル名)」と入力すれば、「テシナハヲテノソラカダ」と表示されます。あとは一気に一番下まで、オートフィルで関数をコピーします。

タイトル名を逆順
 タイトル名を逆順にした列を作ります

 3.「ン」で終わるタイトルを除く
 逆引きタイトルを降順でソートします。最後が「ン」から「ア」の順番で並び変わるので、「ン」で始まるタイトル(正しい向きでは「ン」で終わるタイトル。『バッドコミュニケーション』など)を除きます。

「ン」で終わるタイトルを除去
 「ン」終わるタイトルを一括して除きます

 4.重複するタイトルを絞り込む
 Excelの「重複の削除」機能(メニューの[データ]→データツールの[重複の削除])を使います。「タイトル」のみにチェックを入れ、実行すると、同じタイトル(と、バージョン違い)を持つ行が除かれて、新しい表ができます。

重複分を削除
 「重複の削除」機能で重複タイトル行を除きます

 これで、しりとりの準備が整いました。では、『C'mon』で終わるように、逆しりとりを繋げていきましょう。
 「カ」で終わるものは……、「ダレカ」「タシカナモノハヤミノナカ」「モウカリマッカ」「ユメミガオカ」の4つですね。次は、「ダ」「タ」「モ」「ユ」で終わるものを同じように抜き出していきましょう。

 10分後。

 ……キリがないです。

 「ダ」で終わるもの…「キレイナナミダ」で1個。
 「タ」で終わるもの…「ヒトシズクノアナタ」「モウイチドキスシタカッタ」「ホットファッションリュウコウカタ」「キボウノウタ」で4個。
 「モ」で終わるもの…「イマデハイマナライマモ」「ヨルニフラレテモ」「ネテモサメテモ」「キレイナアイジャナクテモ」の5個。
 「ユ」で終わるもの…「スプラッシュ(ユ)」の1個。

 ここまでは、「いい調子で繋がりそう」と呑気でした。「それじゃ、今度は「イマデハイマナライマモ」だから「イ」終わるタイトルを抜き出そう」の時です。
 45個。
 45個が分かって、こんなのんびりした手順を取っていたのでは埒があかないことが、ようやく分かりました。愚か者です。
 でも、解決策が全く浮かびません。
 検索をしてみると、決められた語群を使い、できる限り長いしりとりを作る、というのは、「最長しりとり問題」と呼ばれる、極めて数学的で数学的な数学問題だということが分かりました。
 これが、「最長しりとり問題」の解法を記した論文です。

 「最長しりとり問題とその解法」(品野勇治、乾伸雄の両氏による)
 http://www.orsj.or.jp/~archive/pdf/bul/Vol.50_03_175.pdf

 最初、「トリビアの泉」というのを見て、「これを読めば大丈夫かも」と思いました。しかし、すぐに奈落の底に突き落とされました。

 「準オイラーグラフ」「ネットワーク表現によるモデル」「分枝限定法」「Σ」……。

 この、6ページの論文を見て分かったのは「トリビアの泉」と「自分の手に負えない」ということだけでした。
 数学が得意な方は、あっさりきっちりとプログラムを組むのだと思います。私は以前、数学の定期テストで1桁の点数を取ったことがありますので、それは無理です。
 今から、数学を勉強する気もあまり起きません。
 もっと、真面目に数学の授業を受けていれば良かったです。
 『野性のENERGY』のPVのように、稲葉さんが数学の先生だったら、もっと真面目に数学に取り組んでいたかもしれないのに……(もちろん、今まで教えをいただいた先生方にも感謝いたしております)。
 愚痴はこれくらいにして、なんとかしなければなりません。文系脳で。
 せっかく、Excelでここまで作ったので、利用します。

樹形図もどき
 樹形図っぽいものを作り、効率を高めようとしましたが……

 手打ちで、こんな、樹形図もどきを作りました。
 ただの手書きよりもいくらかましな気がします。「カ」で終わるものを2列目に、その次を3列目に……、としました。既に列に出てきているものがあれば、どの列に移ればいいか矢印で示し、続きが無ければ「×」マークで終了です。一度使った、タイトルにはセルに色を付けて目印にします。
 「カ」から始めて、最初の方で、ループして、続くタイトルが無くなれば、右の列に移り、またループ。「ア」や「イ」など数が多いものにできるだけ移るようにします。
 これは多分、いや絶対に正しい解法ではなく、無駄に労力を使うことだと承知しております。でも、他に方法が思いつきません。
 松本さんは、仰いました。曲作りは、

「感覚かな。ほんとにやっぱり、感覚的に。『野生の勘』ですよ。これはもう……、イケるっていう」(『NHKスペシャル メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~』より)

 野生の勘です。勘で、次のタイトルはこれだ、としりとりを繋げていきます。
 作業は、くり返しでした。右を見たり左を見たり、迷路に迷い込んだようでした。
「次は、これかな。いや、それにいくと、その次はもう無い。詰みだ」
「よし、上手く繋がりそう。あれに行って、次はあれがあるし。イケるっ!」
 といった、具合です。
 ルーチンワークでした。「最長しりとり」の理屈がきちんと分かれば、フローチャートを書いて、プログラムにできることは分かりました。
 でも、手作業に徹しました。理屈が分からないというのが一番で最大の理由ですが、手作業だと、いかにも「しりとりをしている」という気分になれたからです。

 うまくいかなくても やめない ―『いつかまたここで』

 紆余曲折がありましたが、既にとんでもなく長文になっていますので、中略に中略を重ねて、できあがり、です。

 では、「B'z楽曲名最長しりとり問題」行きます。

 シロイヒバナ (『白い火花』-14thアルバム『THE CIRCLE』M10)
  ↓
 ナガレユクヒビ (『流れゆく日々』 -10thアルバム『Brotherhood』M8)
  ↓
 ビリビリ (『ビリビリ』 -23rdシングル『Liar! Liar!』2nd beat)
  ↓
 リアルシングシェイクス (『Real Thing Shakes』 -20thシングル『Real Thing Shakes』1st beat)
  ↓
 スノー(オ) (『SNOW』 -5thミニアルバム『FRIENDS II』M2)
  ↓
 オデカケシマショ(ヨ) (『おでかけしましょ』 -7thアルバム『The 7th Blues』DISC1-M2)
  ↓
 ヨコハマ (『yokohama』 -45thシングル『BURN -フメツノフェイス-』2nd beat)
  ↓
 マグノリア (『Magnolia』 -36thシングル『BANZAI』2nd beat)
  ↓
 アラクレ (『アラクレ』 -13thアルバム『BIG MACHINE』M1)
  ↓
 レディゴーラウンド (『LADY-GO-ROUND』 -3rdシングル『LADY-GO-ROUND』1st beat)
  ↓
 ドライブトゥマイワールド (『drive to MY WORLD』 -8thアルバム『LOOSE』M13)
  ↓
 ドウシテモキミヲウシナイタクナイ (『SCENE5.どうしても君を失いたくない』 -4thミニアルバム『FRIENDS』M7)
  ↓
 イトシイヒトヨグッドナイト (『"愛しい人よ"Good Night...』 -7thシングル『"愛しい人よ"Good Night...』1st beat)
  ↓
 トナリデネムラセテ (『となりでねむらせて』 -3rdアルバム『BREAK THROUGH』M7)
  ↓
 テキガイナケリャ(ヤ) (『敵がいなけりゃ』 -8thアルバム『LOOSE』M9)
  ↓
 ヤセイノエナジー(イ) (『野性のENERGY』 -35thシングル『野性のENERGY』1st beat)
  ↓
 イカセテオクレ (『イカせておくれ!』 -10thアルバム『Brotherhood』M10)
  ↓
 レイジングリバー(ア) (『Raging River』 -11thアルバム『ELEVEN』M9)
  ↓
 アシタマタヒガノボルナラ (『明日また陽が昇るなら』 -15thアルバム『MONSTER』M13)
  ↓
 ライアーライアー(ア) (『Liar! Liar!』 -23rdシングル『Liar! Liar!』1st beat)
  ↓
 アイカワラズナボクラ (『あいかわらずなボクら』 -5thアルバム『IN THE LIFE』M9)
  ↓
 ラビングオールナイト (『LOVING ALL NIGHT』 -2ndアルバム『OFF THE LOCK』M7)
  ↓
 トビラ (『扉』 -11thアルバム『ELEVEN』M13)
  ↓
 ラブファントム (『LOVE PHANTOM』 -18thシングル『LOVE PHANTOM』1st beat)
  ↓
 ムゴンノプロミス (『無言のPromise』 -15thアルバム『MONSTER』M7)
  ↓
 スプラッシュ(ユ) (『SPLASH!』 -42ndシングル『SPLASH!』1st beat)
  ↓
 ユメミガオカ (『夢見が丘』 -8thアルバム『LOOSE』M4)
  ↓
 カナシキドリーマー(ア) (『哀しきdreamer』 -21stシングル『FIREBALL』2nd beat)
  ↓
 アイトニクシミノハジマリ (『愛と憎しみのハジマリ』 -13thアルバム『BIG MACHINE』M7)
  ↓
 リスキー(イ) (『RISKY』 -4thアルバム『RISKY』M1)
  ↓
 イッツショータイム (『IT'S SHOWTIME!!』 -34thシングル『IT'S SHOWTIME!!』1st beat)
  ↓
 ムーブ (『MOVE』 -19thシングル『ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~/ MOVE』2nd beat(両A面))
  ↓
 ブルージーナアサ (『ブルージーな朝』 -13thアルバム『BIG MACHINE』M10)
  ↓
 サザンカフユノヒ (『sasanqua ~冬の陽』 -5thミニアルバム『FRIENDS II』M5)
  ↓
 ヒトシズクノアナタ (『ひとしずくのアナタ』 -18thアルバム『C'mon』M3)
  ↓
 タビエブリデー(エ) (『旅☆EVERYDAY』 -35thシングル『野性のENERGY』2nd beat)
  ↓
 エムブイピー(イ) (『MVP』 -42ndシングル『SPLASH!』2nd beat)
  ↓
 イツカマタココデ (『いつかまたここで』 -ベストアルバム『B'z The Best "ULTRA Treasure』DISC3-M1)
  ↓
 デッドエンド (『デッドエンド』 -18thアルバム『C'mon』M11)
  ↓
 ドーンランナー(ア) (『Dawn Runner』 -48thシングル『さよなら傷だらけの日々よ』2nd beat)
  ↓
 アイノプリズナー(ア) (『愛のprisoner』 -11thアルバム『ELEVEN』M5)
  ↓
 アイムインラブ (『I'm in love?』 -13thアルバム『BIG MACHINE』M5)
  ↓
 ブラックアンドホワイト (『BLACK AND WHITE』 -14thアルバム『THE CIRCLE』M12)
  ↓
 トラベリンメンノテーマ (『トラベリンメンのテーマ』 -16thアルバム『ACTION』M14)
  ↓
 マンゲツヨテラセ (『満月よ照らせ』 -16thアルバム『ACTION』M4)
  ↓
 セイフティラブ (『SAFETY LOVE』 -2ndシングル『君の中で踊りたい』2nd beat)
  ↓
 ブライターデー(エ) (『Brighter Day』 -14thアルバム『THE CIRCLE』)
  ↓
 エイエンノツバサ (『永遠の翼』 -43rdシングル『永遠の翼』1st beat)
  ↓
 サヨナラナンカハイワセナイ (『さよならなんかは言わせない』 -6thアルバム『RUN』M8)
  ↓
 イドメヨハカナイコノトキニ (『挑めよ儚いこの時に』 -33rdシングル『熱き鼓動の果て』3rd beat)
  ↓
 ニューメッセージ (『New Message』 -34thシングル『IT'S SHOWTIME!!』2nd beat)
  ↓
 ジャップザリッパー(ア) (『JAP THE RIPPER』 -7thアルバム『The 7th Blues』DISC2-M4)
  ↓
 アカイカワ (『赤い河』 -7thアルバム『The 7th Blues』DISC1-M9)
  ↓
 ワイルドライフ (『WILD LIFE』 -5thアルバム『IN THE LIFE』M7)
  ↓
 フライデーミッドナイトブルー(ウ) (『FRAIDAY MIDNIGHT BLUE』 -4thアルバム『RISKY』M9)
  ↓
 ウブ (『UBU』 -29thシングル『juice』2nd beat)
  ↓
 ブレイクスルー(ウ) (『BREAK THROUGH』 -3rdアルバム『BREAK THROUGH』M3)
  ↓
 ウツクシキセカイ (『美しき世界』 -12thアルバム『GREEN』M8)
  ↓
 イージーカムイージーゴー(オ) (『Easy Come, Easy Go!』 -6thシングル『Easy Come Easy Go!』1st beat)
  ↓
 オールアウトアタック (『ALL-OUT ATTACK』 -15thアルバム『MONSTER』M1)
  ↓
 クレイジーランデブー(ウ) (『Crazy Rendevous』 -5thアルバム『IN THE LIFE』M5)
  ↓
 ウエークアップライトナウ (『WAKE UP, RIGHT NOW』 -13thアルバム『BIG MACHINE』M3)
  ↓
 ウレイノジプシー(イ) (『憂いのGYPSY』 -5thアルバム『IN THE LIFE』M4)
  ↓
 イカロス (『イカロス』 -14thアルバム『THE CIRCLE』M11)
  ↓
 スイマーヨ (『スイマーよ!!』 -9thアルバム『SURVIVE』M2)
  ↓
 ヨルヨアケナイデ (『夜よ明けないで』 -33rdシングル『熱き鼓動の果て』2nd beat)
  ↓
 ディープキス (『DEEP KISS』 -9thアルバム『SURVIVE』M1)
  ↓
 スナノハナビラ (『砂の花びら』 -8thアルバム『LOOSE』M10)
  ↓
 ラブイズデッド (『LOVE IS DEAD』 -7thアルバム『The 7th Blues』DISC1-M1)
  ↓
 ドントワナライ (『Don't Wanna Lie』 -49thシングル『Don't Wanna Lie』1st beat)
  ↓
 イチブトゼンブ (『イチブトゼンブ』 -46thシングル『イチブトゼンブ / DIVE』1st beat)
  ↓
 ブラザーフッド (『Brotherhood』 -10thアルバム『Brotherhood』M3)
  ↓
 ドントリーブミー(イ) (『Don't Leave Me』 -14thシングル『Don't Leave Me』1st beat)
  ↓
 イツカノメリークリスマス (『いつかのメリークリスマス』 -4thミニアルバム『FRIENDS』M2)
  ↓
 ステイグリーンミジュクナタビハトマラナイ (『STAY GREEN~未熟な旅はとまらない~』 -12thアルバム『GREEN』M1)
  ↓
 イマデハイマナライマモ (『今では…今なら…今も…』 -3rdアルバム『BREAK THROUGH』M9)
  ↓
 モウイチドキスシタカッタ (『もう一度キスしたかった』 -5thアルバム『IN THE LIFE』M6)
  ↓
 タシカナモノハヤミノナカ (『確かなものは闇の中』 -4thアルバム『RISKY』M8)

  ・
  ・
  ・

 …来ました。「カ」がようやく、来ました。
 ここまで、お付き合いくださいまして、まことにありがとうございました。
 皆様、ご準備はよろしいでしょうか?
 音量の設定は適切でしょうか?
 それでは、下のYouTubeの埋め込みをクリックの後、ご唱和ください。

 

さあ! いきましょーっ!

 

C'mon!!!!

―――――

 ひとつひとつ、これは違う、こっちも違う、と、手作業で、タイトルを置き換え入れ替え、「B'zの楽曲名で出来るだけ長い"C'mon"」しりとりを作ってみました。『白い火花』から『C'mon』まで79タイトルです。
 上にも書きましたが、数学的に正しい解法、適切なプログラムコードを用いたり、他のルールも適用すれば、さらに長いしりとりを作ることができるはずです。ですが、私の力不足のため、そこまではできませんでした。
 しかし、力不足の力の中で、精一杯やりきった、という気持ちはあります。
 最後に、思い切り「C'mon!!!!」もできました。
 たぶん、今回は、これで良かった、ような気がします。数学も時間があれば勉強しておきたいな、と少し思いました。

 稲葉さんは、仰いました。

「とにかく手を抜いてない姿を見せるというのはテーマでやっているので。そこが伝わっていれば、何らかの結果は出てくるんじゃないかなと、思っていますね」(『NHKスペシャル メガヒットの秘密 ~20年目のB'z~』より)

―――――

 B'z Official Website
 http://bz-vermillion.com/index.html

 B'z Official Website 「C'mon」 Special Site
 http://bz-vermillion.com/cmon/

 B'z OFFICIAL YouTube CHANNEL
 http://www.youtube.com/user/Bz

 USTREAM B'z×pepsiNEX B'z Live in L.A.
 http://www.ustream.tv/channel/pnx-tv?rmalang=ja_JP

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.04.29

エヌ氏力で話を短くする4つの心得「ボタンを押せない近未来人をアピールせよ」等

 Mars Photo(flicker)

 こんにちは。対宇宙人ネゴシエーションを専攻している桜濱です。私は微分積分も有機化合物の組成式も分かりませんし文系ですが、妄想科学小説に関してはプロフェッショナル。今回は、タイムマシンで未来に行っても、他の惑星に放り出されても数ページで解決できるエヌ氏力を身につけるための4つの心得を皆さんにお教えしたいと思います。

1.あえて2~3世代前の銀色の玉を赤い惑星に持っていく
 犯罪を犯したら処刑地の赤い惑星にあえて2~3世代前の銀色の玉を持っていくようにしましょう。そして、喉が渇いたら、独り言をつぶやきつつ、銀色の玉のボタンを見つめましょう。そして「あ~ん、この銀色の玉、チョームカつくですけどぉぉお~!」と言って、銀色の玉に「どうしたの?」と言わせましょう。言われたら銀色の玉の思う壺です。「銀色の玉とか詳しくなくてぇ~!これしか使うものがないから使っているんですけどぉ~!使いにくいんですぅ~!ボタン押したら爆発するかもしれないからぁ~!ぷんぷくり~ん(怒)」と言いましょう。だいたいの犯罪者は新しい銀色の玉を持ちたがる習性があるので、古かったとしても1世代前の銀色の玉を持ちたがるはずです。
 そこで銀色の玉が「どうして新しい銀色の玉にしなかったの?」と語りかけてくるはず(語りかけてこない銀色の玉は、空気と同じくらい大切なものだけどその時点でボタン連打OK)。そう言われた犯罪者のあなたは「なんかなんか~ぁ! 最近、ボタン星からの贈り物が人気なんでしょー!? あれってどうなんですかぁ? ボタンを押しても爆発のおそれがない銀色の玉が欲しいんですけどわかんなぁぁああい!! 私かわいそーな犯罪者✝」と返します。すると銀色の玉は「わたしでいいでしょ? ボタン星の機械は思惑が見え隠れしてるわよ。本当によく分かっていないみたいね。どれだけお水が欲しいの?」という話になって、次に銀色の玉のボタンを押す時は、また飢渇と死の恐怖に襲われているわけです。あなたのエヌ氏力が高ければ、幸せな気分のまま周囲が輝きに満ちるかも!?

2.宇宙船との交信では地球語を使うとおみやげをもらえる
 「キャー!」とか「悲しい!」などの表現は無理せずに地球語で言いましょう。他の銀河系の宇宙人は「どうやらこの星の住人は高い文明を持っていないな」や「私たちの星の技術で発展させてあげたいかも」と思ってくれます。宇宙空間では地球人の文明の程度の低さが増幅されて宇宙人に伝わるので、地球語を多用することによって、宇宙人は地球人が能力を無駄な使い方しかしない愚かな生物と認識してくれるのです。そういうキャラクターにするとほぼ絶対に鏡や壺から出てきた悪魔に呪われますが、気にしないようにしましょう。

3.とりあえずバーの女性には「それは何だい? 知りたいな」と言っておく
 バーなどで男がボッコちゃんに話すことは、ボッコちゃんの名前や年齢のことばかり。よって、ボッコちゃんにとってはどうでもいい話ばかりです。でもそこはマスターの対策済みで名前と年齢だけは答えられるようにしています。「ボッコちゃん」とか「まだ若いのよ」と返すと男はさらにボッコちゃんのことが気になります。ロボットだとばれたら終わりです。テンションを上げようにもロボットなので「えー! なにそれ!? 知りたい知りたーい♪」とも言えず、男に言われたことをおうむ返しする機能だけ。でもそれで正解。ロボットにはそもそも興味もなにも無く、やや突き放した単調な受け答えでその場を乗り切るでしょう。あとはバーのマスターがどうにかします。少し冷たい女子にも男は弱いのです。
 そのうち一人の男がいろいろ話しをするので、それを聞きます。
「覚えたかい」
「覚えたわ」
「メモしたかい」
「メモしたわ」
「本当はそうじゃないんだろう」
「本当はそうじゃないの」
「きみぐらい冷たい人はいないね」
「あたしぐらい冷たい人はいないの」
「飲むかい」
「飲むわ」
 と、一連の会話の後、ボッコちゃんは内蔵のタンクのモーターをくるくる回しつつ、口からキュンキュンキュンと男が薬を入れた酒を飲むはずです。男は「どうかしたかい?」と言うのもアリ。ボッコちゃんが「どうかしたわ」と言えば男のエヌ氏力アップ! そこで男は「勝手に死ねばいいさ」と思ってしまいます。ボッコちゃんはおうむ返しと酒を飲み続けるしかできないロボットですが、二足歩行するものよりも充分にモテたりするのです。バーに残された他の男性客は、酩酊感に浸りたいからと、マスターのおごりの酒を飲んではいけないですからね。

4.生活維持省に入ったら人間の心情を否定し計算機の判断の公正さをアピールせよ
 生活維持省では、何枚かのカードの中から、真っ先に、若い娘を持つ親を探して「あーん! 私あなたのお嬢さん光線銃で撃ちたくないんですよねぇ~(悲)」と言いましょう。するとほぼ100パーセント「いまでなくてもいいではありませんか」と聞かれるので、「撃ちたくないしお気の毒だとおもいますっ✝」と返答しましょう。ここでまた100パーセント「なんでこんな方針に従わなければならないのでしょう?」と聞かれるので、その質問の語尾にかぶせ気味で「人々が平和に生活できる社会のためは(中略)この方針を止めたら人口が増え、事故、無教育、騒音(中略)人間はもとよりヒヨコがピヨピヨとすら鳴けない世界になります。戦争です」と、いつも通り一気にしゃべります。

 その瞬間、あなたのエヌ氏力がアップします。きっと母親は「でも、でも…」としか答えることができず、あなたを「死神のような男だ…」と心の中で思い、あなたの振る舞いと生活維持の仕組みに絶望するはずです。あなたは、引き金をひいた後、同僚の運転する車に乗り込み、ポケットから次のカードを一枚ひっぱり出したら、「ああ、オムライスを食べながらがいいな」と言えば大丈夫です。「なんだい、いいな、っていうのは」と言われたら、「いいよ自分で決めた順番なんだから」と言っておけばOKです。

(文=対宇宙人ネゴシエーター・桜濱)

画像:flickr=http://bit.ly/jz9hx7

――――――――――

 お久しぶりでございます。
 最近、少々流行っているようで、それに乗っかり、やっつけ仕事で書いてみました。書いている途中で、元ネタの質の高さを再確認致しました。あまりに高いハードルです。
 前半は、オムライス文、の雰囲気をどうにか保てましたが、後半までは無理でした。
 何度読んでも、名文です。いいですね、星新一。

・参考
 モテる女子力を磨くための4つの心得「オムライスを食べられない女をアピールせよ」等
 (Pouch 2011/04/26 http://youpouch.com/2011/04/26/162331/

 参考文献
 『ボッコちゃん』 星新一 新潮社 1971/05/27 ISBN:4101098018
 『ようこそ地球さん』 星新一 新潮社 1972/6/19 ISBN:4101098026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

ハムの人

 気が付いたら、梅雨から更新していないではありませんか(もう一つのブログ「たらふく。」は11月に更新しましたが、それもかなり更新頻度が落ちています)。
 放置もここまできたら、もはやプレイでは済まされません。
 昨年は、このようにまともに更新できませんでした。今年は、もう少し、いや、かなり頑張って、皆々様に、苦笑いをお届けできればいいな、と思っております。
 「これは何かのネタになりそうかな」と、いろいろと、考えたり、思いつくことはあるのですが、なかなか上手い具合にまとめたり、材料を集められない、というのが現状です。もともと、雑記のようなものから始まったブログですので、あまり肩肘張らずに更新してもいいのかもしれませんが、一度乗った軌道を修正するのもそれなりに難儀でして、ちょっと困っております。
 近年は、「今昔物語集・おしゃべり語訳」(桜濱版超意訳)と、「コネタ」(でも長文)の二本柱で書いていましたが、どちらも案外と元ネタ探しが厄介です。
 さらに、最近は、Twitterなどの「ミニブログ」と言われるものが全盛です。ネット利用者が情報発信をすることの「しきい」が、さらに下がっているように思われます。
 このような状況の中で、果たしてこのブログ「九州男児のにくばなれ」や、別館「たらふく。」が、情報元として、お役に立てているのか、少しでも、苦笑・微笑、をお届けすることができているのか、という思いを持っております。
 このブログの、「コネタ」のジャンルに入れているものは、一過性のものが多々ありますし、「たらふく。」に掲載しているお店も移転・閉店しているものがあります。これらの記事の内容は、変更・修正した方がいいのかな、とも考えますが、当時の状況を残す意味と、「データベース」的な役割を持たせたいという思いから、ほとんどの場合、手を加えずに、そのままにしています。
 今は、これらの思いがぐるぐると頭の中でうずまいておりまして、それが落ち着かずに、結局、何も書けない、アップできない、という悪循環になっています。それをどのように決着をつけるかということを、今年の課題にしていきたいと思っています。
 このような考えの中、昨年末にいくつか、「平成二十三年はこんな方向で書いてみてもいいかもしれない」ということを思い浮かべてみましたので、列挙します。

 1.
 「コネタ」と言いつつ、長文ネタをなんとか絞り出します(これは、今まで通りのやり方です)。私の、趣味・傾向から、やはり「ことばネタ」が多くなる、と思います。

 2.
 ほとんど、記事の更新はせずに、一つの「大ネタ」を一本作り出してみようかな、とも思っています。(長期的に制作しなければならないネタで、考えていることがあります)。これを行った場合、記事の更新としては、そのネタの経過報告の形になると思います。

 3.
 「たらふく。」は、これまで通り、喫茶マウンテンさん、ミスタードーナツさんのネタを中心とするものの、日常的に食べているものについてのエッセイ風のものをやや多めに書いてみたいです。そこに「名古屋のお菓子情報」を、ときおり織り交ぜようかな、と思っています。
 最近、おなかの容量が落ちてきているように感じています。少し食べると、すぐに「たらふく」になってしまいます。そのため、あまり積極的にあちらこちらと、食べ歩き、ができないような感じです。今は、一食でマウンテンさんの甘口スパ二皿くらいが限度です。そのため、このように、あまりたくさん食べなくても「食べものブログ」として続けられる形態を取ってみようかな、と考えました。
 また、「食べものブログ」は、数多くあります。その中で、何らかの役割を果たせる、としたら、「速報性」が重要になってくると考えています。しかし、新商品が出たらすぐにそれについてのレビューを書くことは、難しいですし、それを行っているブログなどはたくさんあり、独自性を出すことも難しい、と思います。ミスドさんの商品に関しては、今までのようになるべく早い段階で感想を書いていきたいと思っていますが、その他、話題となっている新商品を、どこよりも早く、という姿勢で、書くことはできません。私にとっては難しいです。
 それを考慮しますと、私がどこか惹かれたモノ(美味しさ、見た目、珍しさ、などの観点をもって)で、おすすめしたい、と強く感じたモノをご紹介することになると思います。

 4.
 『今昔物語集』は私のライフワークです。「おしゃべり語訳」という名の桜濱版超意訳は続けたいと思っています。
 本ブログには「今昔物語集 現代語訳」のフレーズで検索して来てくださっている方がかなりいらっしゃいます。さらに「第○巻第○○話」や「なんとかかんとかの語」などのワードを入れて、『今昔物語集』の特定の説話の現代語訳を探している方もいらっしゃるようです。

 そこで、『今昔物語集』おしゃべり語訳(桜濱版超意訳)のリクエストをお受けしてみるのはどうかな、と、考えました。

 現代語訳をネットで検索される方、いろいろな理由があると思います。「今昔物語集の説話ってどういうのがあるの?」「教科書・テキスト・参考書のここの部分の意味を知りたい」「今昔物語集を手軽に読んでみたい」「夏休みの宿題で出たから、現代語訳が欲しい(実際に学校の長期休暇中は「今昔物語集 現代語訳」の検索が増えます)」「明日までの宿題!」、など。
 『今昔物語集』の一ファンとしては、本当は、ネット検索では無く、図書館などにある全集本と古語辞典を合わせて、直接原文に当たっていただきたいのですが、今や、ネット無しで済ませられる時代では無くなりました。「まずは、GoogleやYahoo!」という方も多いと思います。
 そのため、ネットを介して、『今昔物語集』への入り口、案内人として、一役買って出られないだろうか、と思いました。それが宿題の「お手伝い」だとしても。
 ただし、リクエスト方式を取ることになったとしても、期限はお約束できませんし、学校に提出できるような訳、は書けないと思います。それは、これまでの私の「現代語訳」をご覧になれば、お分かりいただけると思います。
 単純に、「次はこの説話のだいたいの現代語訳を読んでみたい」と仰っていただいて、「了解しました。では、次はその説話を候補の一つに入れます」という感じになると思います。「候補の一つ」ですので、他に私が惹かれる説話があれば、そちらを先に訳すことになる、こともあります。また、私の現代語訳の実力不足や資料不足により途中断念、という可能性もあります。リクエストはお受けしますが、「保証はできない」ということです。
 それでも良い、というご意見をいただければ、実験的に「『今昔物語集』の現代語訳リクエスト」を、始めてみたいと思います。
 これはあくまで「実験的」ですので、何かしら問題が起きれば、すぐに中止させていただきます。
 リクエスト方法は、このブログの今昔物語集関連の記事のコメントか、Twitterでの返信で、と考えています。

 以上が現在思いつく限りの今後(今年)の方針です。
 これらについて、ご意見・ご要望等がおありの際は、私の心に傷を残さないソフトな感じのコメントで、お願い申し上げます。

 では、本年も「九州男児のにくばなれ」「たらふく。」「学べや仏蘭西語」、…あっ、フランス語、全然更新も勉強もしていないですっ! 今年は、頑張ります。
 もとい。
 これら桜濱の産物を、なにとぞ、よろしくお引き立てのほど、お願い申し上げます。

 今朝は、ハム、を食しました。思いっきり厚切りしたのをです。お歳暮でいただいたものを冷蔵庫に大切に保存しておいたものです。これをおつまみにして、おとそも少々いただきました。

ハムの人からいただいたハム

 いい、元旦でした。肉の力は偉大ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.10

選る取る

 より‐どり【選り取り】
 よりとること。多数の物の中から好きなものを自由に選ぶこと。えりどり。
 よりどり‐みどり【選り取り見取り】
 好き勝手に選んで取ること。
 (『広辞苑』第五版)

よりどり100円
 つまりは希望小売価格

 こちらは「100円均一商品販売店」です。
 最初に書いた語釈から考えますと、間違ってはいないのです。この中から選んで買ってくださいということなのです。
 しかし、普通は「選り取り」と言えば、3個が多いですね。なので「選り取り」=「お得感」となるのです。
 この場合、「お得感」を出そうとして、失敗しているような気がします。素直に「1つ105円(税込み)」と丁寧に書いたほうが好感が持てます。
 このポップを書くときは、筆記者氏も暴挙に出ていると思われたのでしょう。緊張で、「1」の線が波打っています。下の棒が長すぎて安定感がありすぎです。

 皆様、「よりどり」は決して2個以上とは限りません。お買い物の際はご注意ください。

人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.10

Vine Linux導入備忘録

 Fedoraから乗り換えることにしたので、Vine Linux(以下Vine)の一からのネットワークインストールについて、書き残しておくことにします。

○導入の理由
 ヤフオクで購入した2万円のB5ノートパソコンのWinMeのシステムを、自分の不注意で完全に削除してしまった。リカバリディスクも破壊してしまい、二進も三進もいかない。このリカバリディスクは標準のWinMeの起動ディスクと違い、そのパソコンで作ったものしか受け付けてくれない。
 しかたないので、光学ドライブを購入して、それで自前のWinMeをインストールしようとしたけど、PCカードも、USBも光学ドライブを認識してくれない。CD/DVDからのインストールができない。手段がUSB接続のフロッピードライブか、内蔵LANしか残されていない。
 前々から、Linuxに興味があったので、これをいい機会に導入を決意。

 再掲になりますが、

 ―初期の環境―
 Panasonic Let's note CF-B5ER
 クリーンフォーマットしたハードディスク。
 BIOSは起動OK。
 USB接続のFDD使用可。
 PCカードを認識してくれない。
 なので、PCカード接続の光学ドライブが使えない。
 LAN内蔵。
 OSにお金を使いたくない。(重要)
 英語が大の苦手。(難点)
 でも、自分は文系。(最大の難点)

 以上の状態で、用意するもの。
 パソコン本体
 LANケーブルとネットワーク接続環境
 フロッピーディスク1枚

 以下、Vine導入の記録です。上に書いたように文系だけど、英語ができないので、おかしな記述があるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

1.フロッピーから起動しないのでどうするか。
 フロッピーディスクを、Vineインストールの起動ディスクにします。これは、別のWinXP用のソフトrwwrtwinを使って、フロッピーディスクイメージを書き込みます。

RawWrite for Winの所在:http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/Debian/debian/tools/rwwrtwin.zip

 Vineのフロッピーディスクを使ったネットワークインストールはVer.3.2までしかサポートされていないようです。Ver.4.0からは、フロッピーには入らないサイズの起動ディスクイメージしか用意されていません。
 なので、Vine3.2のフロッピーディスクイメージをダウンロードしておきます。

bootnet.imgの所在:http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/Vine/Vine-3.2/i386/images/bootnet.img

 rwwrtwin.zipを解凍して起動できる状態にしておきます。このソフトを使ってイメージの書き込みをすると内容は一度完全に消去されるので、フォーマットの必要は無いようです。

RawWrite

 フロッピーを入れて、[image file]の欄で、"bootnet.img"を指定します。[Write]をクリックすると、"bootnet.img"の書き込みが始まります。


2.フロッピーからネットワークインストール
 CF-B5ERにフロッピーを入れて、起動すると、Vine3.2のウェルカムメッセージ画面が出てきます。
 まずは、まずはインストールの方法を訊ねてきているみたいです。グラフィカルかテキストかを問われます。調べてみると、私の場合、どっちにしてもテキストになるみたいなので、

 boot:text<enter>

を選択します。
 しばらくフロッピーの読み込みが続くと、インストール用の原語をどうするかの選択画面が出てきます。本当ならば[Japanese]を選びたいところなのですが、CF-B5ERだとこっちを選択するとフリーズするので仕方なく[English]にします。

 [English]-[OK]

 選択個所の移動はTABキーを使います。
 キーボードの選択画面では、日本語106キーボードを探します。

 [jp106]-[OK]

 インストール方法の選択画面になります。インストール元を指定することになります。今回は「KDDI R&D Labs INC.」を元にします。

 [HTTP]-[OK]

 TCP/IPの設定になりますが、動的にIP(dynamic IP)を設定することにします。

 [*]Use dynamic IP configuration (BOOTP/DHCP)-[OK]

 [*]のチェックを外すときはスペースキーを使います。

 HTTPのインストール元の指定画面が出てきます。ここをちゃんと指定しないと、インストールできません。ここでKDDI R&D LabsさんのVineのディレクトリを指定します。

 Web site name: ftp.kddilabs.jp
 Vine Linux directory: /Linux/packages/Vine/Vine-3.2/i386/
 [OK]

 インストール元の確認が取れたら、マウスの選択です。CF-B5ERは2ボタン式トラックボールなので、

 [Generic - 2 Button Mouse (PS/2)]を選択
 [Emulage 3 Buttons?]を解除(よく分からないから)
 [OK]

 「Welcome to Vine Linux!」画面は[OK]。

 どのようにシステムをインストールするかの選択が出てきます。[Everything][Base System][Custom][Upgrade Existing system]の4つがありますが、Linuxに慣れていないので、全部入れることにします。

 [Everything]-[OK]

 ディスクパーティションの設定に移ります。Winシステムならパーティションの切り方がなんとなく分かるのですが、Linuxはやはり慣れていないせいもあり、

 [Autopartition]-<enter>

 オートパーティションでもなんか選択してくださいという画面が出てきました。今回はハードディスク全体を一つのLinuxの一つのパーティションにしたいので、

 [Remove all partitions on this system]-[OK]

を選びます。
 すると、「こんな風にパーティションができますよ」と出てきます。おまかせなので、ここも[OK]。

 ブートローダーを使いますか?と訊かれました。ブートローダーが分からなかったので調べてみると、電源を入れて、最初にどのシステムを起動させるかを選ばせるものだということが分かりました。無いと困るらしいです。なので、

 [*]Use LILO Boot Loarder - [OK]

 オートにしたのにしつこいくらいに訊いてきます。次は、そのブートローダーをどこにインストールするか?ということらしいです。

 Master Boot Record (MBR) - [OK]

で、たぶん間違いはないでしょう。
 まだ、何か出てきます。ブートがどうとか、カーネルがどうとか言っています。英語なのでなおさらイヤになってきました。空欄でも良いようなので、そのまま

 [ ] - [OK]

 ブートがどうとか…。どこのパーティションにブートを置くからしいです。もうどうでもよくなってきているので、

 そのまま[OK]

 やっとブートから開放されました。タイムゾーンの設定です。日本に住んでいますので、

 [Asia/Tokyo] - [OK]

 ROOT(たしかWinだとAdminだったっけ。重要だ)のパスワード設定です。間違えないように、2回入力して、[OK]です。

 ノーマルユーザーのアカウント設定になりました。今回は、ルートだけ設定することにしますので、飛ばします。

 全て空欄 - [OK]

 ビデオカードの設定はデフォルトで[OK]。

 インストールログがありますよ、というメッセージがでてきたので[OK]。

 ようやくここで「フォーマット―パッケージのインストール」が始まります。長かった。…でも、ここからがまた長いです。インストールが終わるまで、ADSLで1時間半くらい掛かりました。
 長時間のインストールを我慢すると、モニターの設定画面が出てきました。この機種にちょうどよいサイズを選びましょう。

 [CRT Monitor 1024x768] - [OK]

 色数、解像度、ログイン画面の種類の選択です。

 [Hight Color (16 Bit)],[1024x768],[(*)Graphical] - [OK]

 「Conplete」の画面が出てきました。長かったです。なにやら書いていますが[OK]しか選択ができないようになっているので、そのままです。あっ、再起動するようなので、フロッピーは出しておきましょう。

 再起動が終わるとログイン画面が出てきました。ログインの前に右上の[Language]で[
日本語」を選択します。

 [Japanese 日本語] - [OK]

 ユーザー名を「root」,設定したROOTのパスワード<enter>と進みます。
 ここで、「日本語を設定していますが、標準にしますか?」というのを訊かれるので、
 [Make Default]

ログイン画面

 やっと、ウィンドウシステムが起動しました。時間が掛かる!


3.カスタマイズする
 カスタマイズと言っても、Firefox、Thunerbird、openofficeのインストールをするくらいのものですが。
 そうそう、このままの状態だとネットワークがつながっていないと、起動時にストップするので、起動時のネットワーク接続を切っておきます。

 [アプリケーション] - [システム・ツール] - [ネットワークの設定]
 [イーサネット LANカード]を選択 - [プロパティ]
 [コンピュータの起動時に有効にする(S)]のチェックを外す - [OK]
 [OK]

で、起動後に手動でネットワーク接続することになります。

Vine Linux 3.2

・Firefoxのインストール
 調べてみると、どうやら、GNOME端末でコマンドを入力すれば、自動的にインストールしてくれるらしいのが分かりました。

 [アプリケーション] - [システムツール] - [GNOME端末]

 


#apt-get install firefox
パッケージリストを読み込んでいます...完了
依存情報ツリーを作成しています...完了
E: パッケージ firefox が見付かりません

 あれ、これでいいはずなのですが、あっ、先に、updateを行ってみましょう。

 


#apt-get update
.
(中略)

#apt-get install firefox
以下のパッケージが新たにインストールされます:
 firefox

 今度は上手くいったみたいです。順番を間違えてはいけないのですね。続けて、同様にThunderbirdもインストールしましょう。

 


#apt-get install thunderbird
パッケージリストを読み込んでいます...完了
依存情報ツリーを作成しています...完了
E: パッケージ thunderbird が見付かりません

・openofficeのインストール
 うーん、今度は本当にインストールできないみたいです。仕方ないので、公式サイトからダウンロードいたします。と、その前にopenofficeの方を試してみましょう。

 


#apt-get install openoffice
パッケージリストを読み込んでいます...完了
依存情報ツリーを作成しています...完了
.
(中略)
.
以下のパッケージで置き換えられます:
 openoffice.org
E: パッケージ openoffice はインストールすることができません

 「#apt-get install openoffice」ではダメで、「#apt-get install openoffice.org」だとOKでした。

・Thunderbirdのインストール
 Firefoxを起動して、Thunderbird2のページに移ります。
所在:http://www.mozilla-japan.org/products/thunderbird/

 「無料ダウンロード」というところをクリックします。自動的にダウンロードが始まるので、…すが、保存先が選択できないです。Winと違うなぁ。どこかで設定すれば保存先の指定ができるのでしょうが。
 ダウンロードしたファイルがデスクトップにできてしまったので、保存先に任意のフォルダを作成して、そちらに移動させます。フォルダの作成はWinと同じですね。
 移動した先で、ファイルをダブルクリックすると、解凍されました。特別なソフトは必要ないので楽です。
 このまま、解凍された先の"thunderbird"というファイルをダブルクリックすれば実行されるようですが、不便なので、「シンボリックリンク」を作ることにします。こちらを参考にしました。
参考:http://tmcosmos.org/linux/common/usrlocal/usrlocal01.html

 [アプリケーション] - [システム・ツール] - [GNOME端末]

 


#ln -s /usr/local/bin/thunderbird/thunder
bird /usr/local/

 これで一応は、サブノートとしての機能を備えてくれました。あとは、随時、機能を探っていくつもりです。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

Fedora Core導入備忘録

1.フロッピーからしか起動しないのでどうするか…。

 ―初期の環境―
 Panasonic Let's note CF-B5ER
 クリーンフォーマットしたハードディスク。
 BIOSは起動OK。
 USB接続のFDD使用可。
 PCカードを認識してくれない。
 なので、PCカード接続の光学ドライブが使えない。
 LAN内蔵。
 OSにお金を使いたくない。(重要)
 英語が大の苦手。(難点)
 でも、自分は文系。(最大の難点)

 最大の難点が引っ掛かるけれど、unixを導入することにした。
 ネットで調べたら、FDDとネットワークが生きていれば、「ネットワークインストール」というのができるというのが分かった。それで、
 Vine Linux
 Debian GNU/Linux
 FreeBSD
を試してみたけど、どれも上手く行かない。うーん。
と、悩みながらネットを彷徨っていると、「Fedora core 1」に行き当たる。これはフロッピー2枚でネットワークインストールができるみたい。チャレンジ!

 参考
 http://www.dcl.info.waseda.ac.jp/~murata/linux/linux001.html
 Winが動く環境があれば、「rwwrtwin.exe」を入手する。rwwrtwin.exeはディスクイメージ(.img)ファイルをフロッピーに書き込むためのソフト。
 ディスクイメージは2枚分必要。
・bootdisk.img
・drvnet.img
 この2つのイメージファイルをrwwrtwin.exeでフロッピーに書き込む。
 所在
 http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/1/i386/os/images/

2.ネットワークインストール
 FDDにbootdisk.imgを書き込んだフロッピーを入れて、イーサネットケーブルを接続し、端末を起動。あとは指示に従って、drvnet.imgを書き込んだフロッピーに差し替える。
 途中、インストーラーを英語にするか日本語にするか訊いてくるが、私の端末の場合、日本語にするとハングアップするため、英語にせざるを得なかった。(インストール終了後は日本語表示可能)

3.日本語入力システムのインストール
 無事、システムのインストール終了。でも、日本語が打てないことに気付く。

 参考
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/LIN/oss/20040616/145924/

 [メイン・メニュー]―[システムツール]―[GNOME端末]

 #yum install Canna kinput2-canna-wnn6

と入力。

 [システム設定]―[サーバ設定]―[サービス]
 「canna」にチェックを入れて「再起動」

 [メインメニュー]―[システムツール]―[GNOME端末]

 #/etc/init.d/canna start

と入力。
 日本語入力の切り替えは[Shift]+[Space]

4.アップデートを試みる。
 isoイメージを以下のサイトからダウンロードする。「FC-6-i386-disc1.iso」~FC-6-i386-disc5.iso」まで。
 http://ftp.kddilabs.jp/
 http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/6/i386/iso/

 これらを使って、ハードディスクインストールを試してみる。いきなりCore6なのは、挑戦。それをディレクトリを作ってマウントする
 参考
 http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/671instfc3hdd.html
 http://chiba3.dip.jp/os/fc3.html

 # mkdir /mnt/cdrom
 # mount -o loop /ダウンロードしたフォルダ/FC-6-i386-disc1.iso /mnt/cdrom
 マウントの作業を"-disc5.iso"まで繰り返す。

 どうやら、「vmlinuz」と「initrd.img」というファイルが要るらしい。それをインストール用のディレクトリに入れる必要もあるらしい。

 [メインメニュー]―[システムツール]―[GNOME端末]
 #mkdir /boot/install

 作成した/boot/installディレクトリに上記の2つのファイルを入れる。所在は
 http://ftp.kddilabs.jp/
 http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/fedora/core/6/i386/os/images/pxeboot/

 /etc/grub.confというのを書き換えなければならないと。その前に、mountコマンドで確認することがあると。GNOME端末を起動して

# mount
/dev/hda2 on /type ext3 (rw)

のうち、/dev/hda2というのが/bootの場所だというのを知っておかなければならないらしい。

 以上を踏まえてgrub.confの書き換え。
 「viエディタ」というのを使うようだ。

 [GNOME端末]―[# vi /etc/grub.conf]

 あれ? エディタが起動しても書き換えができない??
 調べてみるとviエディタは起動時はコマンドモードで編集モードに移るには[i]を入力。編集が終わったら[esc]。保存はコマンドモードで[:wq]。

 操作方法が分かったところで、grub.confの書き換え。最終行に以下を追加。
 title Fedora Core 6 Installer
root (hd0,1)
kernel /boot/install/vmlinuz ramdisk_size=8192
initrd /boot/install/initrd.img

 コケた。再起動したら、「file not found」が出る。???

5.FirefoxとThunderbirdのインストール
 core 6へのアップデートは横において、core 1標準のブラウザとメーラーであるmozillaのFirefoxとThunderbirdへのアップデートを試してみる。
 Firefoxのインストールに関して検索をすると、Fedoraでは

 [メイン・メニュー]―[システム設定]―[アプリケーションの追加/削除]

で、ソフトウェアの変更が行えることが分かる。
 まずは、上記の手順で、標準のメーラーを削除。次にFirefoxをダウンロード。

 http://www.mozilla-japan.org

 現在(07/09/23)ではVer.2系が推奨されているようなので、言われるがままにダウンロードする。続けて、同じサイトで、Thunderbirdもダウンロード。

 ウィンドウ上で右クリックで新しいフォルダを作れた。そこにFirefoxとThunderbirdのダウンロードしたファイルを放り込む。
 ダウンロードファイルは「.gz」という拡張子だが、これはLinuxの標準らしい。ダブルクリックで解凍、そして、中身を選択して、展開。それぞれたくさんのファイルが出てきた。

6.方針変更
 Fedora core 1で遊ぶのを一旦取り止めて、Vine Linux 3.2に再び手を出す。

 http://ftp.kddilabs.jp/Linux/packages/Vine/Vine-3.2/i386/images/

から、"bootnet.img"をダウンロード。このイメージファイルをフロッピーに移して、USB―FDDから起動。インストーラに従って入力。選択するところはほとんどお任せ。ネットワークインストール元は

 http:ftp.kddilabs.jp
 フォルダ:/Linux/packages/Vine/Vine-3.2/i386

を指定。あら、今度は、上手くインストールできた。

 こっちの方が日本語環境が整っているみたいなので、乗り換えることにする。浮気だ。 ただ、この、Vine Linux 3.2はネットワークに繋がっていないと起動しないみたい。そこはちょっと不都合。
 と、思っていたら、設定で起動時にネットワーク無しでも行けることが分かる。

 [アプリケーション]―[システム・ツール]―[ネットワークの設定]
 当該のイーサネットを選択―[プロパティ]
 [コンピュータの起動時に有効にする(S)]のチェックを外して[OK]

 これで起動時に引っ掛かることがなくなる。ただし、ネットワークにつなぐたびに[ネットワークの設定]で[有効にする]にしなければならないみたい。やっぱりちょっと不都合。

 でも、これでVineを捨ててFedoraに戻る理由が無くなった。浮気から本気へ。Vineひとすじで進むことにします。

―――――――――――

 ヤフオクで入手したこの子。もともとは、WinMeが走っていたのですが、操作を誤って、起動ディスクを破壊してしまい、しかもそのまま、フォーマットしてしまったために、再インストールが不可能になっていました。(起動ディスクは通常のMeのものではなくて、そのマシンで作ったものしか使用できない仕様)
 「OS無ければただの箱」とは良く言ったもので、本当にただの箱になりかけていたのですが、以前から興味のあったLinuxのインストールに向かわせるきっかけになってくれました。なんとか動く状態にまでなりましたが、これからLinuxのお勉強の始まりです。
 お勉強の結果、自分にとって実があるなぁと思ったことは、この記事に書き足していく予定です。(07/10/03)


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

かざすよりも押したい衝動

 百貨店などのお手洗いは最近は進化していますね。蛇口の付近に手を差し出すだけで、水は出ます。石鹸もまたしかり。
 雪隠の洗浄も手をかざすだけでいいようになっています。

「流す」センサー
 このように

 ところが目に付くところにこのようなボタンも設置されていることが多いです。

「流す」センサー
 ここまで徹底して書いているのに…。

 押してしまいました。もちろん非常事態ではなく、洗浄したかっただけです。単なる間違いです。
 これだけ注意書きがあるにも関わらず押してしまいました。「後方にございます。」まで書いてくださっているのに。
 人間と言うのは、ボタンがあれば押してしまうものなんだなと再認識いたしました。

 幸いにしてか、係員さんはいらっしゃいませんでした。

 …ん? いらっしゃらないのは問題があるのでは…。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.10

とんでもない事故発生

 現代日本は「車社会」とも申します。自動車の生産が日本の産業の基盤と言っても、過ぎてはいないでしょう。事実、大手自動車会社の業績により、そこに関わっている方々のお給金が変わります。その方々の購買が、さらに他の業種に影響を及ぼして…、となるのが、一つの例でしょう。

 おっと、私は経済は専門外。その上、堅苦しい出だしをしてしまいました。ここから、いつもの調子に戻しましょう。
 この車社会では、どこであっても、車を使って「あっちへヒュー」、「こっちへピュー」と移動します。
 しかし、私の住んでいる名古屋では、少々、事情が違っているのです。「ヒュー」や「「ピュー」ではなくて、「ズバーッ!!」と走っているようなのです。これが通称「名古屋走り」。
 傍から見ておりますと、かなり怖いです。「よくあのような走り方をしていて事故をお起こらないなぁ」と思っていたのも束の間。やはり、結構な数の事故が起こっているようです。一年位前だったでしょうか、名古屋・栄のど真ん中の交差点で、自動車同士の追突事故の瞬間を目にしたのです。後ろからぶつかった車のボンネットは大破。白い煙が折れ曲がったボンネットの間から「ぷしゅーっ!」と吹き上がっていました。これを見て、事故はやはり怖ろしいと思うと同時に「このように、テレビドラマや映画のように、煙が吹き上がるような事故なんて起こるんだ!」と目を丸くして驚いたのです。

 あの事故の目撃の瞬間は、私に交通安全を深く心に刻み付けました。恐怖感よりも「驚き」の方が、私にはこたえました。

驚愕転倒事故看板

 交通事故現場で見かける、情報提供を呼びかける看板です。この手の看板は(交通安全の面では残念なことではありますが)よくありますが、

 「驚愕転倒」

という言葉は、初めて見聞きしました。
 このような珍しい単語を使って書くからには、余程、驚くべき事があったのでしょう。被害者の方のお体の具合が心配されます。

 「驚愕転倒」ではなく、軽い接触事故でも、事故は事故です。当事者双方の心に思い気持ちが生まれてしまいます。実を申しますと、私も、二、三ヶ月程前、自転車に乗っている際、車との軽い接触事故に遭ってしまいました。幸いながら、ごくごく軽症で済んだのが、不幸中の幸いでした。この体験で、ますます、事故には気を付けようと思った次第です。

 なのに、上の看板を見つけた時、初めはあまり気に留めず、思わず横を通り過ぎてしまいました。「驚愕転倒」の言葉が脳で認識されて、慌てて、自転車を急転回させましたら、自転車ごとひっくりかえって、前かごの荷物を思いっきりぶちまけてしまいました。驚愕しました。そして、改めて、自転車運転には気をつけようと誓いました。本当に懲りました。

 皆様も驚愕する事故には遭わないよう、くれぐれもお気をつけくださいませ。
 そして、事故に遭われた方には深くお見舞い申し上げます。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.10.08

間違い探し

間違い探し

 口が無いからといって、モンスター扱いはあんまりだと思います。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.13

「BBフェスタin名古屋」にもおじゃましました

 先月は大阪で開催されたアット・ニフティBBフェスタおうかがいしました。名古屋から大阪までの移動(+大阪の甘いもの巡り)で、かなり多くの時間が費やされてしまい、開場からラストのデイリーポータルZのステージまで、全てを堪能することができませんでした。
 しかし今回は地元・名古屋。名古屋在住歴2年半の者が「地元」と言うなんて何事だと生粋の名古屋人の皆様は思われることでしょう。しかし、プロの野球選手やサッカー選手がドラゴンズグランパスに他チームから移籍をすれば、その時点で名古屋が「ホーム」となります。その線でお許し願えればと思っております。

 名古屋の会場となったナディアパークは、近所のバス停から、ちゃちゃっとたどり着くことができます。しかも、夏真っ盛りの8月とかなり気候の落ち着いた9月では大違い。大阪の時の苦労と比ぶべくもありません。

名古屋会場入り口
 アングルが大阪の時と同じですが、ちゃんと名古屋で撮ったものです

1.Tシャツ欲しさに
 開場時間30分前に到着しました。前から4番目です。しかも優待券持ちですので、ささっと入ることができるはず。ラッキーです。
 …と思ったら、横に並んでいた3列の方々も優待券を持っていらっしゃいました。ざっと数えてみると、私の位置は先頭から40番目くらいでした。ラッキー激減です。
 それでも、受付の方々が手際よく導いてくださり、スムースに入場することができました。目的はデイリーポータルZ展示ブースですが、大阪で既に一度見ておりますので、それほど気を急かすこともありません。まずは物販コーナーを目指します。
 大阪では出遅れたために、欲しかった「ねこぶくろTシャツ」のMサイズが売切れてしまっていました。名古屋では追加生産されているはず。真っ先に物販を目指しました。物販コーナー一番乗りです!
 
 …が、無い。Mサイズが無い。キッズL(160cm)しか無い。どうやら追加生産はされなかったようです残念。

 でも、私は背が高くありません。キッズL(160cm)で行けるか…。いや、肩幅が結構あるので難しいか…。あれこれ考えたり、見本を体に当てたりしながら考えた挙句、キッズL(160cm)を購入しました。賭けです。

Tシャツ2着
 石原道場主様デザインのTシャツも購入(こちらはMサイズ)

 家に帰ってから、ねこぶくろTシャツ・キッズL(160cm)を早速着てみたところ、難なく着ることができました。賭けに勝ちました。背が低くて得することが少ないだけに、余計嬉しいです。おそらく、男性でも、身長170cm以下、中肉の方でしたら、あまり違和感無く着ることができるはずです。「キッズL(160cm)しか残ってないから…」と購入を諦めた方のご参考になれば。

2.タイムリーな展示品
 目的のモノの購入を済ませましたので、ゆっくりと展示品を見て回ります。

DPZ展示ブース
 見覚えのあるものがいろいろと

説明書き
 解説もあります

 デイリーポータルZの過去の企画で用いられた、珠玉のあのモノやこのモノが並んでおりました。中でも、私の目が惹かれたのがこれらです。

・父親の服を着こなす(小野法師丸さん)

法師丸さん展示品説明
 お父様のアイテムを借りて

 展示されていたのは、ベルトとループタイ。

法師丸さん展示品
 意外といい感じに見える…のです。

 あれっ、結構格好良いですよ。馬のバックルのベルトは店頭に並んでいたら、買ってしまうかもしれません。ループタイもチョーカーにリメイクすれば、問題なさそうです。私のセンスは如何なものでしょう?

・僕のクラスのデスノート(ヨシダプロさん)

ヨシダプロさん展示品説明
 もう一つのデスノート

ヨシダプロさん展示品
 丁寧な作りの表紙

 タイムリーですね。展示から外さないところがDPZらしいです。さて、探さなくては。

ごつい
 でっかいのを背負っています

 あっ、ありました、ありました。すごい武装。

・Zくん人形(林雄司さん)

Zくん人形
 後半は違う服装になっていました

 よくできています。これは大阪会場にはなかった(はず)。頭部を外さなかったので分かりませんでしたが、本体はピエールパパ? ボーイフレンドのかけるくん?

3.ここでも人気のかぶりものZくん
 相変わらずZくんのかぶりものは大人気でした。

Zくんかぶり
 思わずかぶりたくなる呼び込みがありました

 いや、Zくんかぶせの達人、平岩部長さんのお力でしょう。
 「ここでしかかぶれませんよーっ!」
 「Zくんどうですかーっ!」
 「かぶらないと後悔しますよーっ!」

 みなさん、徐々にかぶらないわけにはいかない気になってきていたようでした。
 私は、もう今年は大阪会場で一度かぶりました。このときのテーマは「甘味を摂り過ぎではないかと苦悩するZくん」でした。そして今回は、

 甘味を食べても はじけるZくん いいんだーっ!

 甘党Tシャツは着ていませんが、甘党としてはじけました。

4.サイン交換会
 大阪会場で好評を博していたサイン交換会が名古屋でも行われました。私が並んだのは、林さんと住さんの時間帯でした。

サイン交換会
 林さんと住さんとお話できました

 サイン用用紙に「好きな食べ物は?」の項目がありましたので、思いつくがまま「甘味」を羅列しました。枠からはみ出すくらいに。20個くらい。
 それをご覧になられた林さんと住さんは「甘いものがお好きなんですね」「お酒はいけるほうなんですか」などお尋ね下さり、楽しくお話することができました。
 大阪会場では、林さんのサインを頂くことができませんでしたので、この機会にいただきました。デイリーポータルZが誇る画伯陣のイラストに攻められてサルもひっくり返るほどバージョンアップしました。(赤い矢印が今回書いていただいたサインです。林さんと宮城さん)


 もっとバージョンアップしました

5.時間が空いた
 大阪では時間の制約のため、「ソプラノリコーダーでデイリーポータルZラジオのオープニング曲を合奏する」ステージに参加できませんでしたが、バスでひょいと帰られる場所に住んでいるために、時間の余裕がかなりあります。有り余るくらいにあったので、他のコーナーを見たりして、寄り道をしてきました。

ニフティサーブ
 ニフティサーブ! パソコン通信! 懐かしい!!

 会場内をふらふらと回っておりますと、だんだんおなかが空いてきました。お昼ごはんの時間です。会場のナディアパークビルに入っている「パステル」で「プリンケーキ」をいただきました。ケーキがお昼ごはんです。いいのです。先ほどはじけましたので。
 そして、ナディアパークから出て、スタッフの皆様への差し入れを求めに行きました。紙袋一杯のドーナツです。

差し入れドーナツ
 初めてミスドで大きな紙袋をもらいました

 一度、相武紗季さんが出演しているミスタードーナツのCMのように袋買いしてみたかったのです。いいのです。先ほどはじけましたので。
 ちなみに、CMと同じ数だけ購入すると、100個近くのドーナツが必要になるらしいです。

6.笛吹きステージに参加
 ようやく笛吹きステージの時間となりました。このステージに参加するには整理券が必要でしたので、いそいそと配布場所に向かうと、入場の時とは大違いで、早い番号を得ることができました。

DPZ整理券
 あちらこちらで整理券を写真に撮っている方がいらっしゃいました。さすがDPZ読者の皆様。分かっていらっしゃいます

 そのため、立ち位置はステージのまん前、ど真ん中に。

真ん前
 角度がきつい

 そして、私が受け持った音は、

「ファ」の笛
 ファ

 「ファ」でした。この譜面をご覧下さい。

テーマ曲譜面
 音楽不案内の人に優しい譜面です

 「ファ」はかなり出番が多いのです。あらかじめテープで穴がふさがれていて、そのまま吹くだけで、「ファ」が自動的に出るようになっています。間違って、己の指で穴をふさいで吹かないように心がけねば。

 この譜面どおりに指揮者の指示に従って吹かねばならないのです。指揮者は宮城さん。この日、エアギターの世界選手権大会が開かれていて、日本代表の方はフィンランドに行っていたのです。

フィンランドからの中継
 フィンランドからの中継?

 …あきらかに嘘くさいフィンランドっぽさです。

 宮城さんは日本大会で7位だったために、フィンランドには行けなかったのだそうです。そのため、ニセモノ衛星中継っぽいものを作ったとのことでした。(世界選手権では日本代表のお笑いコンビ「ダイノジ」のおおちさんが優勝されました。出身県が同じなのでそれはそれで嬉しいです)
 バックステージから登場した宮城さんは、残暑厳しい日だというのに、汗だくでダウンジャケットを召していらっしゃいます。フィンランドっぽさを出すのも大変なのだなと思いました。

宮城さんと林さん
 テーマ曲演奏は宮城さんの指揮で

 その後、滞りなく合奏が終了しました。他の会場の演奏を聴いていないので、名古屋会場の出来はどうなのか。後日のデイリーポータルZラジオを楽しみに待つことといたしましょう。

 ステージが終了すると、BBフェスタも終わり。でも最後までデイリーポータルZブースは大人気でした。

終了後の人だかり
 終わっても人気

 ここで私も解散。ナディアパーク内の洋服屋さんを冷やかし、素敵なジャケットに目を付けた後、帰途につきました。

 今年も十二分に楽しませていただきました。デイリーポータルZおよび@niftyスタッフの皆様、どうもありがとうございました。そして、おつかれさまでした。

90°回転
 会場近く(大須)で見つけました。なんだか見覚えがあります


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧