2009.04.30

お花見の風景

 桜前線はそろそろ津軽海峡を渡って、北海道に入ったようです。名古屋では、もうすっかりと葉桜になり、ぽかぽかを越して、ほかほか陽気になって、初夏の気候です。
 名古屋が満開をやや過ぎた頃、私も、散歩がてらお花見に行ってきました。場所は、名古屋のお花見スポット「鶴舞公園」です。名古屋の中心部に近く、桜以外の花も咲いていて、やや葉っぱが目立った桜の木でしたが、お花見気分を味わえました。
 お花見で大変なのが「場所取り」ですね。会社のお花見会では、新入社員・若手の方々がその任に当たるようです。できるだけ桜が良く見える場所が良い、できるだけ通用の便が良いところを狙う、お手洗いが近いほうがいいけど、お手洗いの真裏では、いくら桜が満開でもちょっと避けたい…、等々。場所の選定には苦労するようです。よって、他の人よりも早く場所に出向いて、紐を張ったり、ブルーシートを広げることが求められます。しかし、お花見場所管理側も、無茶な場所取りは、牽制します。

「縄張り禁止」の立て札

 この立て札は、無茶な場所取りをしようとする人に向けてのものか、犬や猫に向けてのものか、ちょっと悩んでしまいます。が、犬や猫はおそらく日本語は読めないと思うので、人に向けてのものだろうと想像が付きます。
 来年、場所取りをする方は、木が傷むので、縄を張らないように気をつけてください。

 通常の場所取りは、このようにブルーシートが用いられるようです。

場所取り「59」
 謎の数字

 でも、段ボール箱に書かれた数字の意味が分かりませんでした。暗号だと考えられますので、何かミッションインポッシブっているのだろうと思います。

 多くの人が集まるところには、商売っ気も集まるのはつきもので、公園内の歩道沿いにみっしりと屋台が出ていました。定番の、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどの炭水化物系に、イカ焼き、焼き鳥、豚串などの肉っ気、数回遊んだら、飽きるか、壊れるかしそうなカラフルなおもちゃといったところが多かったです。そうそう、名古屋名物のたません屋さんもありました。
 そんなたくさんの屋台の中で、私がもっとも心を惹かれたのが、この屋台さん。

アメリカンドッグ屋さん
 こういう屋台の色使いは派手ですね

 アメリカンドッグ屋さんです。ソーセージがホットケーキミックスのような甘い粉をまとって、揚げられているお菓子のような、おかずのような、よくあるものの、考えてみれば不思議な食べ物です。
 このお店は、洋風、特にアメリカを強調していますね。「アメリカンドッグ」という真っ赤な文字だけで、アメリカということが分かるのですが、垂れ幕の上の部分に、青の文字でさらに「アメリカ生まれの」と強調しています。日本人の洋風志向を刺激しているのでしょう。

アメリカンドッグ屋さん・垂れ幕
 アメリカではなく、ここで作られています

 そんなアメリカンドッグ屋さんですが、こまごました所で、破綻をきたしています。

アメリカンドッグ屋さん・あおり文句
 日本一ウマイ、アメリカ

 あれだけ、アメリカを強調していましたが、美味しさは「日本一ウマイ!」です。確かに名古屋は日本なので、これで間違いはありません。むしろ「アメリカ一ウマイ!」とした方がおかしくなります。でも、「あれだけアメリカっぽさをだしているのに『日本一』はいかんだろう」という気にさせることは、避けられそうにありません。

 いや、これだけで、判断してはいけませんでした。日本にいながら、アメリカの味の素晴らしさを出していました。

アメリカンドッグ屋さん・お知らせ
 アメリカっぽい

 英語の説明書きに、日本語のルビ。
 「アメリカンドッグ」が「フレンチドッグ」になっているのはご愛嬌でしょう。

 Ketchup   and  mustard
 ケチャップ  と   カラシは

 間違ってはいません。ちゃんと対照になっています。

 Please help yourself!!
 ご自由 に どうぞ!!

 こっちは正しいとは言いがたい気がします。しかし、言わんとすることは分かります。何にせよ、親切なお店ということは間違いありません。

 これだけ親切なアメリカンドッグに興味わきましたが、お店の方が見当たらなかったので、購入はいたしませんでした。

 いい右横書きも持ってます。

グッドンカリメア
 発音すると良さが分かります

 お花見はやっぱり楽しいです。来年も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.11

気まぐれで作りたい

 やや、時期を逸してしまいましたが、

 明けまして、おめでとうございます!

 本年も「九州男児のにくばなれ」をたまにチェックして下さいますと、たいへん嬉しく思います。どうか、よろしくおねがいいたします。

 日本国に住んでおりますと、その正統なお正月の過ごし方は、おせち料理をつまみながら、のんびり、ゆるやかに、ほほえましく過ごすことがよろしいようです。
 しかし、単身者の私は、このお正月をおせち料理無しで過ごさざるを得ませんでした。今年一年が良い年になることを祈りたいのですが、出だしでややつまづいた感がございます。
 その代わりになるか分かりませんが、先日、おせち料理をいただく代わりに、お気に入りの健康食ブッフェレストランに行ってまいりました。そこで、美味しくて、健康に、今年一年が食に困ること無いよう、祈りながら、たらふくいただいてまいりました。
 美味しいものをいただいたことは、もう一つのブログ「たらふく。」に書くのですが、たまたまそのお店で目に付いたものが、コネタ気味でしたので、こちらの方でご報告することといたします。

きまぐれポップ
 きまぐれの日

 「シェフ」さんが気まぐれることは、レストランでは良くあることですが、日替わりのおすすめパスタで気まぐれることは、あまりないのではないでしょうか。

 スタッフ「シェフ、今日のパスタは何にしますか?」
 シェフ「う~ん、そうだね~…。それじゃ、今日はボクの『気まぐれ』で何か作るよ。うん、気分次第だ。」
 スタッフ「…」

 などという会話がされたのかもと想像いたしました。シェフもたまには思いつくままに何かなさりたいのでしょう。制約のないままにパスタに立ち向かいたい日があるのでしょう。

 さて、この気まぐれは、どれくらい気まぐったものなのでしょうか。

本日のきまぐれパスタ
 きまぐれな具たち

 水菜が入っていました。人参が入っていました。しめじ、まいたけ、えのきと、キノコ群がたむろしていました。ハムの細切りが入っていました。

 本当に、気まぐれで目に付いたものを入れたような、自由奔放ぶりを発揮した具の内容でした。

 味付けは塩胡椒。胡椒がやや強めで、ピリリと舌に響きます。もう一皿、このパスタを作ると、味付け変わるのでしょう。変わってほしいです。シェフには、思うがまま、気まぐれで味付けをして欲しいなと思いました。

 最後になりましたが、たいへん美味しかったです。素人がきまぐれたら、こうは美味しくならなかったでしょう。さすがシェフです。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.10

アメリカンコーヒー専門店? ~入店の日。そして…~

 これの続きです。コメントもご参照下さい。

―――――

 確かにそこは何度も通り過ぎた道だった。間違いないと思って、二度三度と往復した道だった。しかし、その時は、蜃気楼のようにその看板は消え失せていた。
 今はある。目の前にそれはある。蜃気楼のように消えていたそれは、沙漠の湖のごとく再び眼前にある。年季の入った臙脂と紫の看板に、手書きの品書き。初めて私がそれを目にしたときから、いや、何年も何十年も前から一分の違いも無く、その場所に置かれているかのように思われた。

COFFEEうすい・看板
 消えていたのが嘘のように

 「COFFEE 喫茶うすい」は、この店の正しい名前ではないようだ。入り口のガラス、その上に取り付けられた大きな看板には「ミュージックプラザうすい」と書かれている。窓ガラスの文字や上の看板も、長い年月を経ているようだ。

ミュージックプラザうすい

 昭和30年代、「歌声喫茶」というものが流行したと聞いたことがある。喫茶店に集まった、見知らぬ客同士が合唱をする店だったという。昭和40年台に入り、純喫茶が流行するとともに歌声喫茶は衰退する。音楽喫茶というものもある。主にジャズが流されているとのことだが、品書きを見る限り、ジャズの雰囲気は伝わってこない。
 一体、この喫茶店では、どのような音楽が流れているのだろうか。
 私は、重いガラスのドアを引き開けた。先には、階下へと続く階段が伸びている。「うすい」は地下にあった。

ミュージックプラザうすい・ドア

 階段を降りきると、もう一つドアがあった。それを開けて店の中に入る。10数人が座れるほどのカウンター席と、4つ5つのテーブル席。二人一組の客がテーブル席に着いていた。彼等は煙草を吸っていない。しかし、店には紫煙の香りが沁みている。
 二人の客は私を気にすることなく、会話を続けている。カウンターの奥には、誰もいない。棚にはキープされたウィスキーのボトルが並んでいる。この店は、喫茶店というよりも、スナックと呼ぶほうが適当のようだ。
 一分ほど立ち尽くしていただろうか。左手奥のドアから、店の主人とおぼしき熟年の女性が現れた。

 「あら、すみませんね。どうぞ、お好きな席へ」

 私は、カウンターの中心近くの席に着き、脱いだブルゾンと鞄を左横の座席に置いた。

おしぼり、シロップ&フレッシュ

 「何に、なさいますか」

 ミストレスが訊いた。

 「『コーヒ』ト、トースト、ヲ、オネガイシマス」

 初めて気付いた。「コーヒー」を入り口に置かれた品書きの如く「コーヒ」と口に出すと、後に続く言葉は片言になるのだ。

 「はいはい、コーヒーですね。トーストは1枚? 2枚?」

 私の注文した「コーヒ」は「コーヒー」として、きちんと伝わったようだ。
 トーストは1枚100円だ。安い。2枚注文する人もよくいるのだろう。

 「1枚で」
 「はい、ちょっとお待ちくださいね。あら、その席は上の電球が切れているから、暗かったら他の席に移ってくださいね」

 ふいと見上げると、カウンターに沿って点灯している白熱球は、私の座っている上のものだけが切れていた。他の電球は点っている。暗いとは感じない。この席のままで良い事をミストレスに告げる。カウンターの端には、買って来たばかりと思しき電球が箱に入ったまま置かれていた。
 そして、私は、出された氷水をこくりこくりと飲みながら、何という気も無く、カウンターの奥で私の「コーヒ」と「トースト1枚」を用意するミストレスを眺めていた。
 パンが焼きあがる。
 ミストレスはバターナイフにティースプーン一杯ほどのバターをすくい取り、満遍なく、丁寧に、慣れた手つきで塗りつけた。
 その間に、湯も沸いたようだ。カップの上にドリッパーを置き、濾紙に入れた豆にその湯を注ぎ込む。これもまた、丁寧に、慣れた手つきで。

 「お待たせしました。どうぞ」

 私の前に、縦半分に切られた六つ切りのトースト1枚と、コーヒーカップが置かれる。パンの生地目に沁みこんだバターの香りとカップのコーヒーの香りが、紫煙の香りを紛らす。

「コーヒ」と「トースト」

 「COFFEEうすい」の「コーヒ」は、「アメリカン」の「コーヒー」なのか。それを確かめるためにこの店に入ったのだ。淹れたての熱い「コーヒ」をすする。

 薄くは無い。普通の濃さの「コーヒー」だ。
 もう一口すする。芳ばしい香りが鼻をくすぐる丁寧なコーヒーだ。ここは「アメリカンコーヒー専門店」では無かった。だが、それを残念なことだとは思わなかった。

「コーヒ」

 トーストをかじる。薄いきつね色の焼き色が付いている。さっくりとした食感をわずかに残して、バターの脂でゆるやかな口当たりになっている。難しいことはしていないトーストだ。しかし、美味い。
 半分に切られたトーストを四口で食べ終わる。熱さの和らいだコーヒーをカップ半分ほど飲む。残り半分のトーストを、また四口で食べ終わる。残りのコーヒーを飲み干す。

 「ごちそうさまでした。あの…、こちらは何時から開いているんですか?」
 「朝はだいたい10時頃に開けて、昼は3時過ぎくらい…かしら、それくらいに一度閉めて、また夜は夜で開けますよ」
 「あの、すみません。こちらのお店をインターネットのホームページで紹介してもよろしいでしょうか?」
 「あら、インターネットですか…」

 私は、最近はブログでお店を紹介する場合、店主や店員さんに、出来る限り了解を取るようにしている。礼儀であるとも思うし、このように話しかけることで、お店の人々と会話が弾み、食事をするだけでは知りようのなかったことが分かるときもあるからだ。ただ、初めは不審がられることもある。これは仕方が無いと思うようにしている。

 「僕はインターネットのホームページで、自分が食事をしたお店の感想などを書いているのですが、こちらのお店もご紹介できたらと思いまして」
 「インターネットねぇ…。私はインターネットも携帯電話も持っていないのよ。時代遅れね。紹介ねぇ…、どんなものかよく分からないけど、良いですよ」
 「どうも、ありがとうございます。コーヒー、美味しかったです。…実は、こちらのお店の名前が『うすい』さんなので、アメリカンコーヒー専門の、薄いコーヒーが出てくるお店なのかなと思って、前からずっと気になっていたんです」
 「『うすい』は私の名前なんですよ。『薄い』と『うすい』ね。あはは。なるほどね。頼まれれば、アメリカンコーヒーも出しますよ」
 「そうですよね。だから『うすい』さんというお名前と、『薄い』を掛けて、アメリカンコーヒーだけを出すのかな、なんて思ったんですよ。薄くなくて、美味しかったです」
 「いえいえ、どういたしまして。…でもね、実は、今度の22日でお店を閉めちゃうのよ」

 『閉める』って…。えっ!

 「『閉める』って、店じまいということですか?」
 「そうなの。だから、紹介って言っても、22日までなのよ。…41年。ここで41年お店をやっていたのよ。昭和41年から41年間。でもね、私の体が動くうちに止めることにしたのよ。
 …お店ってね、創めるときはそれほど難しくないのよ。止めるときの方が難しいわね。自分で止めることが出来るときに止めるの。それが良いと思うわ」
 「そうなんですか…。ずっと前から気になって、今日こそはと思ってお邪魔したんですが…。残念です」
 「そうね。残念だけど、仕方ないわねぇ」

 そして、私は上を向き、一つだけ消えている電球を見た。
 ミストレスは、あと10日余りで店を閉めるのに、電球を新品のものに取り替えようとしていたのだ。端の目立たない席の上に点っている電球を外し、カウンターの真ん中近くの電球と取り替えても良いはずだ。ほとんどの客は、そうしても気に留めないに違いない。それでもミストレスは、41年間続けていた通りに、あと10日余りを、一点の欠けも無いように、店内を照らし続けようとしているのだ。これも何かの縁だと感じた。

 「もし、よろしければ、ここの電球を替えますよ」
 「いやいや、いいですよ。あとで知り合いが来たときにでも替えてもらうから」
 「いえ、簡単なものですから。取り替えますよ。あれを着ければいいんですよね」
 「すみませんね。じゃ、着けてもらおうかしら」

 私は、椅子の上に立ち上がって、新しい電球をソケットに捻じ込んだ。黄色の暖かい灯りが点る。

 「あら、点いたわ。どうもありがとうございます。お客さんを使っちゃって、悪かったわね。私はこういうのが駄目で、上手く着けられたり、なかなか着けられなかったりするのよね。良かったわ」

 「コーヒ」と「トースト」の代金400円をミストレスに手渡し、階段を上り、ガラス戸を開けて外に出た。夕方が早い冬の日だ。ちらりほらりとクリスマスを祝う白と青の硬い光が点り始めていた。私はその光に背を向けて、傾いた太陽がうすい闇へと変えている街の外れに歩を進めた。


◎店舗・商品データ
・商品データ
 商品名:コーヒ
 価格:¥300

 商品名:トースト
 価格:¥100

・店舗データ
 店舗名:うすい
 住所:名古屋市中区栄3-13-28
 アクセス:「栄交差点」を西(名古屋駅方面)に約200m。「広小路呉服町交差点」を左折(プリンセス大通りを南下)して、約250mの左手。
 ※2006年12月22日をもって閉店。

喫茶うすい・立て看板
 週「刊」誌が揃っていました


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.08.24

「ポッポ」っぽ?

 ―これまでのあらすじ―
 今川焼きは気軽に食べることができる上に、めでたくて、美味しいものである。
 中でも、イトーヨーカドー・フードコートの「ポッポ」は、いつでもアツアツの今川焼きが食べられる上に、見ていて面白い。今川焼きだけでなく、お好み焼きやたこ焼きが、ぽっぽっぽとできるのは一大エンターテインメントでもある。このことに想いをはせていた桜濱の心の中に、一つの疑雲がかかったのであった。

―――――

 「ポッポ」さんでは、ぽっぽっぽっと、今川焼きや、お好み焼きや、たこ焼きなどができていきます。

 「ポッポ」と「ぽっぽっぽ」

 ここに私は一つの因果関係を思い浮べてしまったのです。

 「『ぽっぽっぽ』と言えば、『鳩ぽっぽ』。株式会社セブン&アイ・ホールディングス設立前のイトーヨーカドーさんと言えば、白・青・赤の鳩のマークが目印だった…。もしかして、「ポッポ」の名前は、童謡『はと』の歌い出し『ぽっぽっぽ はとぽっぽ』から来ているのではないだろうかっ!」

 ポッポさんの今川焼きファンの一人である私にとっては、あまりに重大な疑念です。この疑念を晴らさないうちは、鳩にばかり思いが及び、肝心の今川焼きを堪能することができません。ここはひとつ、意を決して、因果関係の解明に乗り出さねばなりません。

 そこで、私は近くのイトーヨーカドーさんに電話で『はと』と「ポッポ」の関係についてお尋ねすることにいたしました。

フードコートのポッポ
 『はと』が「ポッポ」なのか?

―――

 近くのイトーヨーカドーさん(以下、イ):はい、イトーヨーカドー○○店でございます。
 桜濱(以下、桜):お忙しいところ恐れ入ります。一つお伺いしたいことがあるのですが、イトーヨーカドーさんのフードコートには「ポッポ」さんというお店が入っていますが、この「ポッポ」という店名は、以前、ヨーカドーさんのシンボルマークだった鳩と、歌の「はとぽっぽ」に由来するものなのでしょうか?
 イ:…っ! 少々お待ちくださいませ。「ポッポ」の方に問い合わせてみます。

 あぁ、前にペットボトルのお茶の量を尋ねた時も、同じような雰囲気でした…。

 ~♪
 イ:お待たせいたしました。ただいま、当店の「ポッポ」に確認をいたしましたが、はっきりとわかりませんでしたので、また調べまして、折り返しお電話を差し上げますが、どういたしましょうか。

 あぁ、また、ご面倒をお掛けしてしまっている。申し訳ございません。

 桜:はい、どうかよろしくお願いいたします。

 あぁ、お願いしてしまった。たいへんなお手間をお掛けしてしまっている。どうやら本部の方に確認をしてくださるようです。でも、どうしても気に掛かるのです。申し訳ございません。

―30分後、イトーヨーカドーさんから、お電話が掛かってきました。

 イ:桜濱さまでしょうか。
 桜:はい、そうです。
 イ:さきほど、ご質問をいただいた「ポッポ」の件ですが、「ポッポ」の「ポッポ」は「はとぽっぽ」の「ぽっぽ」からきております。
 桜:あっ、やはりそうなのですかっ! 全国のヨーカドーさんのフードコートの「ポッポ」が全部「はとぽっぽ」の「ぽっぽ」なのですかっ!?
 イ:はい、左様でございます。「はとぽっぽ」の「ぽっぽ」でございます。
 桜:分かりました。わざわざ、ありがとうございました。
 イ:いえ、それでは失礼いたします。

―――

 「ぽっぽ、ぽっぽ」と、それこそ鳩のような会話となりましたが、結果は以上の通りです。イトーヨーカドーさんのフードコート内にある「ポッポ」さんの店名は、童謡『はと』の歌い出し「ぽっぽっぽ」と、ヨーカドーさんの以前のシンボルマークだった鳩とを掛けたものでした。

7&iマーク
 マークは変わっても、鳩はまだ生きていた。

 このような些細な疑問にも、たいへん丁寧に対応してくださったイトーヨーカドーさんに、感謝いたします。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.14

「小さな虹」は甘い虹

 バウム

 この後にどんな言葉をつなげますか?

 1.テスト
 バウムテスト―被験者に樹木の絵を描かせる性格診断法。申し訳ございませんが、このブログには該当する情報は載っておりません。「心理学」などのキーワードを加えて、再検索をおすすめします。

 2.ガルテン
 [Alexander Gottlieb Baumgarten]―ドイツの哲学者。『形而上学』『美学』などを著す。申し訳ございませんが、こちら該当する情報は載っておりません。「哲学」などのキーワードを加えて再検索を。

 3.タイガー
 「バウムタイガー」ではなくて、「タイガーバーム」が正しいです。
 タイガーバーム―「萬金油」とも呼ばれ、肩こり、筋肉痛などに効く塗り薬です。小瓶に描かれた伸びやかな虎の絵が目印。シンガポールには、タイガーバームで莫大な富を築いた胡文虎氏の手による「タイガー・バーム・ガーデン」という派手派手なテーマパークがあります。
 またまた、申し訳ございませんが、こちらにはこれ以上、タイガーバームに関する情報はございません。「胡文虎」などのキーワードを加えて…

 4.クーヘン
 バウムクーヘン―ドイツ語で「木の菓子」を意味する焼き菓子。この名前は、断面が木の年輪状になっていることに由来している。一枚ずつはがして食べる人も多い。

 あります。バウムクーヘン情報なら、こちらに少々ございます。ここまでお付き合いくださったことを感謝いたします。

――――――――――

 名古屋市中区・金山総合駅に隣接するショッピングモール「アスナル金山」内にある、パティスリー「プティアルカンシエル」のバームクーヘンはたいそう美味しいらしい。その情報は1年前のオープン時から、ちらほらと入ってきておりました。

 アスナルの「プティアルカンシエル」は、名古屋市港区の結婚式場「アルカンシエル名古屋ウエディングビレッジ」内のカフェ「プティアルカンシエル」の金山店(少しややこしい)ということです。
 結婚式といえば、引き出物。引き出物といえば「バウムクーヘン」というくらいですから、アルカンシエルのバームが美味しくないわけがありません。したがって、オープンと同時にアスナルに駆け込んで、バームクーヘンを2,3本買い込み、三食+おやつがバームクーヘンの1日を設けてもよかったくらいなのですが、それはかないませんでした。それどころか、金山駅には何度も足を運んでいるのに、プティアルカンシエルでケーキを買ったのは一回だけ。その一回も、なぜかバームクーヘンをまるで念頭に置かない買い物だったのです。

 みすみす、美味しいバウムクーヘンとの邂逅を逃すなんて!

 それからは、ユーハイムを見かけるたびに、キッチンペーパーを横から見るたびに、池に落ちた鉄の斧の行方を思うたびに、「今度こそはプティアルカンシエルのバームを食さねばならぬ」と強く心に思うようになったのです。

 そして、ついにその念願が叶うときがやってきました。ふと。

 金山駅に降りた私は、「今日はバームの日だ」と思ったのです。ふと。
 そしてそのままエスカレーターを上がり、アスナル2階の「プティアルカンシエル」のショップに向かったのです。

 色とりどりの甘味を内包したショーケースには、カットされて、フルーツやクリームで綺麗に飾り立てられ、ひときわ多く居並ぶバームクーヘンが2種類。…2種類!? 良く見ると、オーソドックスなバームクーヘンと、生地にチョコレートが混ぜ込まれたバームクーヘンがありました。

 これは迷いますよ。迷って、迷って、迷いぬいた挙句に選んだのは、

 「バーム(チョコレート)」。

 なぜならば、チョコレートが好きだからです。直球の理由でございます。普通のバームのほうは次回に頂くことにしましょう。

 店内はとっても明るいです。明るすぎるくらいに。店舗の表面が全面ガラス張りになっているため、通路を歩く人から丸見えです。少し恥ずかしいです。軽くシェードをかけてもいいのではないでしょうか。

チョコレートタワー
 展示品のチョコレートタワー。お手を触れないで下さい

 オーダーから、やや時間を置いて登場した「バーム(チョコレート)」は、イートイン専用で、3種類の柑橘類(グレープフルーツ2種類、オレンジ1種類。写真では1個裏側に隠れてます)とフランボワーズソースで綺麗に飾り付けられていました。この姿を目にすれば、同じいただくのでもテイクアウトよりもイートインをおすすめするよりほかありません。

バーム(チョコレート)
 バーム(チョコレート)。1/4カットで¥315

 トッピングのイチゴは小粒ながらも、甘味強め、酸味抑え目。土台になっているカスタードクリームとも絶妙な兼ね合いとなっています。

 肝心のバーム本体はどうでしょうか。
 よくあるバウムクーヘンのように、ホロホロと崩れるような感じはありません。むしろ、みっしりしっかり、ぎゅっと濃縮された食感です。
 チョコレートの香りは濃厚。しっとりとして、長く口に残る甘さは、ザッハトルテに近いように思われます。「長く口に残る」といっても、上品な甘さのため舌にまとわり付くようなくどさはありません。「このバームなら、2,3本は軽くいける!」という気になってきます。

 バウムクーヘンには、常に「はがすか?はがさないか?」の問題が絡んできます。私はこの「バーム(チョコレート)」は、はがさない方向でご提案を差し上げたいと思います。このバームも、少しはがして食べてみました。美味しいです。しかし、しっとりとした幾層ものバーム生地を裁断する喜びを、歯に味わわせたいのです。それに適したバームだと思うのです。

 ここまでの文中で「バウム」と「バーム」という、2種類の表記をしています。一般的には「バウムクーヘン」と書くことが多いでしょうが、「プティアルカンシエル」では「バーム」という商品名で販売されていました。よって、「プティアルカンシエル」の「バウムクーヘン」は「バーム」、一般的なバウムクーヘンを指すときは「バウム」と書き分けてみました。
 オーダーの際は「バウムください」ではなく、「バームください」と告げると、店員さんに「あなどれないっ!」と思われることでしょう。

 JR、名鉄、市営地下鉄、バスターミナルが入り乱れる金山総合駅に隣接するアスナルです。乗り換えに余裕があれば、ぜひ一度ご賞味くださいませ。バウムの概念が覆されるバームに出会えますよ。

――――――――――

 諸事情により、約1ヶ月ぶりの更新となりました。半ば休眠状態でしたが、その間も訪問者数はほとんど変化が無く、多くの方々にご覧いただいておりました。感謝に耐えません。
 今後は更新ペースを以前のレベルに戻すよう最善の努力をして、仮に長期間更新ができない場合は、あらかじめご報告致したいと思います。
 それでは、今後もご贔屓のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.15

大阪の甘さと、印度の刺激

 しばらく、更新が途絶えていましたが、やや速度が回復しそうです。忙しかったために体力の回復の方は、もうちょっとかかるかもしれません。
 なにか、力の付くものを食べねば。

 おっと、違いますよ。

 いつもだとこのような流れのまくらだと、「『山』に行ってきました」となるのですが、今回は違います。別の「甘み」が私の手元にあるのです。

 コレ。

たこ焼きようかん
 大阪新名物 たこ焼きようかん

 先月、黒帯認定のお祝いとして、藤田チエさんが送ってくださったのです。ありがとうございますっ!

 それにしても、大阪にこのような名物ができていたとは、全く知りませんでした。しかしあってしかるべきの品といえるでしょう。地方性を問わない甘みの代表格「ようかん」。それに、土地にしっかりと根付いた「たこ焼き」を組み合わせる方がいらしゃるのは、予想しうべきことだと思います。

 どちらもメジャーな日本の味覚。しかしながらそれのアンサンブルの味がどんなものになっているのか…。そちらは全く予想が付きません。どきどきします。このどきどきは甘さが目の前にあるからなのか、食べた後の状態を思うからでしょうか。

たこ焼きようかん・原材料名
 二つ三つ、ようかんではありえないものが入っています

 販売元は「なにわ名物 いちびり庵」とあります。

 いちびる
 大阪弁などで、出しゃばる。図に乗る。
 〔「市振(いちぶ)るの転訛とする説が有力。市振るは「魚市場で競りを仕切る」ことの意〕
 (三省堂「デイリー新語辞典」goo辞書版

 あぁ、いちびってこのようなモノをお作りになったのですね。いちびりすぎですわ。でも、そのいちびりを全面的に受け止めましょう。さぁ、おいでなさい。

 おっと、その前にようかんに対する礼儀を果たしましょう。

お茶うけとして
 思い切って玉露淹れました

 大前提:たこ焼きようかんはようかんである。
 小前提:ようかんには緑茶が合う。
 結論:たこ焼きようかんには緑茶が合う。

 以上、三段論法で演繹的に導き出されたようかんの準備態勢です。さて、箱を開けてみましょう。「山」の奇天烈メニューに慣れたこの身なのに、ドキドキ感は増すばかりです。

銀色
 透明のビニールじゃなかった

 銀色のものでしっかりとパックされています。そう簡単に正体を明かさないおつもりですね。緊張感を高める演出方法を心得ていますね、いちびり庵さん。
 しかし、もう覚悟は決まっています。ざっくりとハサミを入れて、

入鋏
 ようかん、入ハサミ

 銀包みをめくると…、

銀色
 思わぬ透明感

 予想していたよりも、あっさりとした色使いです。厚さ15mm、長さ125mm、幅47mm(実測値)。普通のようかんに比べて透明度が高いですね。ようかん本体を透かして見えるのは、たこ焼きの友のアレでしょう。

光で透かす
 逆光を浴びせかけてみる

 銀色包みを4分の3くらいまで剥いで、下からライトを当ててみました。
 厚さに比べて重さが耐えきれなくなったのでしょう。「ぷんなり」と頭を垂れています。実るほど頭が垂れるものなので、ようかんへの期待も膨らみます。

 いよいよ、味見です。私は甘党。これを薄くカットして、つまようじで食べるようなことはできません。怒涛の攻めを見舞いますよ。

歯型
 がっぷりと。クワガタにも見える

 あぁ、これは、まさしくたこ焼きの味。生地の方ではなくて、ソースの味ですね。たこ焼きソースから酸味を抜いて、甘味を強くしているようです。あずきの味は全く感じられません。でも、ようかんとしかいえない歯ざわり。
 そして、青ノリの主張がかなり強いです。これもメインのソース味をそぐことなく、妙なる磯の風味を加えております。
 「のちのち」としたようかん特有の歯ざわりを楽しんだ後、ソースと甘味と磯がのどを通り過ぎると、そこには、まぎれもないようかんの甘さが残るのです。でも、やはりソースの辛みが加わっているからでしょう、その甘さも長く後を引くことはありません。

 これは、美味しいですよ。

 ようかんとしてよりも、「珍味」の味わいですね。さいころ状の甘辛いマグロのおつまみなどに近いですわ。

 ぱくぱくぱくっと、あっという間にごちそうさまです。玉露をすする。

ぬけがら
 ちょっと変わった甘さで満足

――――――――――

 実は、チエさんからの贈り物は「たこ焼きようかん」で2回目なのです。「たこ焼きようかん」到着から、遡ること三ヶ月。一通の封書が届いたのです。

お手紙付きハーブ
 チエさんの直筆イラスト入りですよ

 中を見ると、お手紙とともに、色とりどりの謎の小粒が封じられた小袋が入っておりました。以前、私がチエさんにお譲りしたサルミアッキのお礼にと、日本では珍しい、印度国のハーブを送ってくださったのです。

 「どうもありがとうございますーっ! すぐに味の感想を書きますね」

と、お返事したまま早三ヶ月半。非礼も甚だしいです。本当に申し訳ございませんっ!

 このハーブは、食後の口直しに食べるもので、調味料というよりも、ガムやアメ玉のような食べ方をするものだそうです。
 頂いたその日の夕食後、「ほんの少量ずつ食べてください」とのお言葉通り、口にちょっぴり入れてみました。

 印度ッ!!

としか形容のできない味がぶわっと広がります。辛味はそれほど無いのですが、味が複雑に入り組み、口腔から咽喉、鼻腔へと印度が走り抜けていきました。
 これは、強烈ですわ。これを上回る口直しは、当面出会いそうにありません。

 それ以来、なかなか手をつけることが出来ずに、輪ゴムを掛けて、調味料入れに保管しておいたのですが、たこ焼きようかんの登場で、活動再開です。

 小袋から小皿(バールのようなもの)に、パラパラッと移し変えて調査開始。

インドのハーブ
 凝縮されたインド

 これをそのまま口に流し込んだら、最初に食べたときと全く同じ感想しか出てこないでしょう。この混沌とした状況に秩序を与えねばなりません。種類ごとに分類してみましょう。

分類中
 細かい作業は結構好き

 つまようじを使って、ちょいちょいちょいっと、色と形の違いごとに選っていきます。
 そして、分類終了。

分類終了
 こんなに入っていたのか!

 14種類に分けることができました。内訳は
・球形…赤、深紅、緑、黄、銀
・紡錘形…深紅、黄緑、黄、白
・タネ…深紅、黄
・その他…黄緑ベビースター形、氷砂糖形、不定形大型
です。
 それでは、個別に味を見ていきましょう。

・球形
 赤―φ約3mm(平均。以下同様)。甘い砂糖玉。中心部は白色
 深紅―φ約2.5mm。甘い砂糖玉。内側は白色。表面のコーティングの厚さは赤玉に比べて薄い。
 緑―φ約3mm。甘い砂糖玉。赤の色違い。
 黄―φ約3mm。甘い砂糖玉。赤の色違い。
 銀―φ約3mm。甘い砂糖玉。甘さが来るのが、他に比べて遅い。銀色のコーティングがやや固いか。

・紡錘形
 深紅―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。芯に香辛料(シード)。このシードは固い。噛むとピリッとした辛みと強い清涼感。砂糖玉と違い、歯で破砕されたシードが舌に残る。このスパイスミックスの強い香りは、このシードによるものと思われる。
 黄緑―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。深紅の色違い。
 黄―長さ5〜6mm。甘い。砂糖でコート。深紅の色違い。
 白―長さ7mm。甘い。砂糖でコート。破裂した米粒(五分がゆ)の形。

・タネ
 深紅―長さ6〜7mm。着色のみで甘みはほとんど無し。
 黄―長さ5〜6mm。深紅の色違い。

・その他
 黄緑ベビースター形―長さ20mm(最長)。刺身のツマの大根に似た、シャリシャリした食感。漢方薬っぽい香りとほのかな辛み。数の上では最大勢力。
 氷砂糖形―見たまま氷砂糖。なのに、他のもののコーティング砂糖よりも甘さが下回る。
 不定形大型―長さ11〜12mm。深紅。ドライフルーツが細かくカットされたもの。ガムやグミキャンディのような歯ごたえ。砂糖とは違う、抑えた甘さ。

●結果
 砂糖玉、砂糖コーティングされたシード、着色のみのシード、ベビースターっぽいもの、その他の甘さと、五種に大別できることがわかりました。
 なお、紡錘形とタネ部門に用いられているシードは、S&Bさん提供の「スパイス&ハーブ事典」から「フェンネルシード」ではないかと思われます。「種子には消化を助け、口臭を消す効用があることから、口に入れ噛む習慣があります」という用途にも合致します。
 これらを総合すると、フェンネルシードの軽い辛みと、スーッした清涼感が主となり、砂糖玉とコーティングの甘さがその強烈さを和らげ、黄緑ベビースター(っぽいもの)や氷砂糖・ドライフルーツで、また別の甘味と辛みを加えることで、味を複雑にしているといえましょう。

――――――――――

 「たこ焼きようかん」も「印度国のハーブ」も、実に個性の強い食べ物でした。「これぞコネタ!」と声を大にせずにはいられない贈り物です。

 チエさん、本当にどうもありがとうございました。今後も、お互い切磋琢磨して、コネタ道を突っ走りましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.12.19

もう「メリー」じゃなくなっている?―クリスマスケーキの「祝い言葉」調査

 メリー・クリスマスーッ!

 今週末はいよいよクリスマスです。
 赤と緑と金色が溢れかえり、街中がLEDでぴっかぴか、ジングルベルがからからからん。日本中が一番盛り上がる日に向けて準備万端といったところでしょうか。

 クリスマスといえば、まずクリスマスケーキ。

 「いや、それは違うぞ。あれやこれやとこまごまとしたことがあるではないか」と仰る方々もいらっしゃることでしょう。それは私も重々承知いたしております。しかし、甘党に所属している私としては、ケーキを一番に挙げざるを得ません。もし「クリスマスといって思いつくものはなんですか?」とアンケートを取ったとしたら、ケーキは上位にくい込むはずです。「クリスマス→ケーキ」の連想は私だけのものではないと思っております。

 その証拠に、11月の後半からは、ケーキ屋さんや百貨店でクリスマスケーキの予約が始まります。そして、それがあっというまに売り切れるのです。
 なぜ、それを知っているのかといいますと、11月末にたまたま、ある百貨店の地下にふらりと立ち寄りました。するとエスカレーター脇に、クリスマスケーキ予約専用のコーナーが特別に設けられておりました。

特設コーナー
 三越のクリスマスケーキ特設コーナー

 「あぁ、もうそんな季節なんだなぁ」と思って、置いてあったカタログのページをぱらりとめくると、色鮮やかなケーキの写真が。しかし、それらの写真のキャプションには「売り切れました」を意味する×が書かれておりました。ページをめくるたびに出てくる×印。
 買う予定がなくても、なんとなくがっかりしてしまうのが人情。でも、そこは気分を切り替えて、写真だけでケーキを味わうことにしました。それをやってのけようとするのが甘党の意地です。

 めくるめく、甘美なる世界。

 一通り、いや二通り三通りくらい目を通しますと、浮かれ気分に満ち満ちてしまいました。

 「もっと、ケーキの写真を見たいっ!」

 そして、私は、次なる百貨店を目指したのです。
 その成果が、

ケーキカタログ達
 歩き回りました

 これだけ、集めることができました。「これで、しばらくは楽しめるわ」と、腰を据えてじっくり見ておりますと、あることに気が付いたのです。

●メリーはどこに?

 クリスマスケーキの典型とはどのようなものでしょうか。「えーっと、ベースはいつものケーキなんだけど、飾りが多くなっているのよね。ヒイラギの葉っぱとか、お菓子でできたクロース翁が乗っていたり。それと、チョコレートのプレートが付いていたかしらん。『MERRY CHRISTMAS』とか書いているのが」

 そこなのです。

 大多数の人が思い浮かべるクリスマスケーキというのは、

典型的
 一般的なクリスマスケーキイメージ

 こういったものでしょう。真っ赤なイチゴに、真っ白な生クリーム。そして「MERRY CHRISTMAS」の文字が入ったプレートが乗っかっているもの。
 ところが、カタログを見てみると、「MERRY CHRISTMAS」が意外に少ないのです。プレートが無くなったわけではありません。プレートに書かれている言葉が替わっているのです。その替りとは「Joyeux Noёl(ジョワイユー ノエル)」。フランス語のクリスマス祝い言葉です。(半角で「ё」が出ないので、以下、「Noel」「NOEL」と表記します)

Joyeux Noelの例
 増えつつあるのか?「Joyeux Noel」

 ケーキ屋さんが、いつの間にやら「パティシエ」とフランス語で呼ばれるようになりました。それに伴うように、祝い言葉のフランス語化が急速に進んでいたのかもしれません。
 「もしかしたら、冒頭で『メリー・クリスマスーッ!』などと、浮かれて言い放ってしまったのは、すごく時代遅れなことだったのかもしれない…」と思うと、恥ずかしさで頬が朱に染まりそうです。

 そこで、名古屋市内の主要百貨店から蒐集したクリスマスケーキカタログをサンプルにして、「クリスマス祝い言葉」の現状は、一体どうなっているのかを調べてみました。

●調査方法

 今回の調査で使用するカタログは、「ジェイアール名古屋タカシマヤ」「松坂屋・本店」「丸栄」「三越・名古屋店(別館とみなし、ラシックも含む)」「名鉄百貨店・本店」(五十音順)の5店のものを使用し、以下の規則に則り、集計・分析を行います。

・写真で判断できる祝い言葉をカウントする。

・祝い言葉一部が他の飾りなどで隠れていても、他の部分で推測できる場合は、それに基づき、隠れた部分を補填してカウントする。

隠れているのを推測
 他の飾りに隠れているが、「Joyeux Noel」「Merry Christmas」と推測できる

・一台のケーキに、複数の祝い言葉の飾りが付けられている場合は、単数のものと区別をしてカウントし、最終集計で別個にカウントをする。(3番目の写真は「Merry Christmas」として、5番目の写真では「Joyeux Noel+Merry Christmas」としてカウントする。ただしその際は、主と思われる祝い言葉(上の写真ではプレートの「Joyeux Noel」)を前に、副となる祝い言葉(同じく、リボンの「Merry Christmas」)を後に書く。

よくよく見ると
 「Merry Christmas」だけかと思いきや、クロース翁が「Joyeux Noel」を持っている

・大文字と小文字は同一とみなす(「MERRY CHRISTMAS」と「Merry Christmas」は同じものとなる)。ただし、一台のケーキに同一の言語で、大文字で書かれたものと小文字で書かれたものが両方使われていた場合は「MERRY CHRISTMAS+Merry Christmas」の形式でカウントをする。

・同一のケーキが複数の百貨店のカタログに載っている場合、最終集計では、1カウントとする。

●百貨店別祝い言葉

 それでは、まずは百貨店別に、祝い言葉の使われ方を見てみましょう。

・ジェイアール名古屋タカシマヤの場合

タカシマヤ
 シックなタカシマヤのケーキカタログ

祝い言葉台数
Joyeux Noel14
Merry Christmas7
(なし)5
Joyeux Noel+Merry Christmas4
Noel3
Christmas1
Frohe Weihnachten1
Buon Natale1
Merry Christmas+JoyeuxNoel1
Joyeux Noel+I wish for your happiness.1
 (有効サンプル数・38台)

 いきなり、「Joyeux Noel」が「Merry Christmas」のダブルスコアとなりました。2種類の祝い言葉が含まれているものも加えると、圧倒的にフランス語が他を凌駕してしまいます。「Joyeux Noel」が多く見えたというのは、やはり間違いではなかったのです。
 1台ずつですが、「Frohe Weihnachten」と「Buon Natale」という祝い言葉が登場しました。前者はドイツ語で「フローエ ヴァイナハテン」、後者はイタリア語で「ブォン ナターレ」と読むそうです。

ドイツ語祝い言葉
 フローエ ヴァイナハテン

・松坂屋‐本店の場合

松坂屋
 松坂屋のケーキカタログは明るい

祝い言葉台数
Merry Christmas11
Joyeux Noel11
Noel3
(なし)3
Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS2
MERRY XMAS2
Best Wishes for a Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS1
Joyeuses Fetes1
 (有効サンプル数・34台)

 今度は一転して、英語がやや優勢となります。当初は有力かと思われた「MERRY XMAS」が、ここでようやく2票を取りました。
 1票入っている「Joyeuses Fetes(ジョワイユーズ フェット)」はフランス語で、本来ならば「Fetes」の一つ目の「e」の上には「^」が付くのですが、これも小文字では表示できないので、「^」無しで表記しました。
 「Best Wishes for a Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS」が今回調査した中で、最も長い祝い言葉です。

長い祝い言葉
 「Best Wishes for a Merry Christmas」なんてことを普通に言えたら、かっこいいぞ

・丸栄の場合

丸栄
 クリスマスらしくグリーンの表紙

祝い言葉台数
Merry Christmas7
Joyeux Noel2
Merry Christmas+Merry Christmas1
Frohe Weihnachten1
(なし)1
 (有効サンプル数・12台)

 こちらは英語がはるかに優勢です。「祝い言葉なし」がわずか1票というところも注目でしょう。

・三越‐名古屋の場合

三越
 三越は表紙が「NOEL」

祝い言葉台数
Merry Christmas13
Joyeux Noel11
(なし)8
Noel5
JOYEUX NOEL+Merry Christmas4
Buon Natale3
Merry Xmas+Merry Christmas3
MERRY CHRISTMAS+Merry Christmas3
Merry Christmas+Joyeux Noel2
Merry Christmas+I wish for your happiness.1
Happy Christmas And A Bright New Year1
Merry Xmas1
 (有効サンプル数・55台)

 今回、最も多くの種類のケーキを発売していたのが、三越でした。そのため、多様なパターンの祝い言葉を見ることができます。

綴り違い
 間違い見っけ。「e」が抜けていますよ。「Joyeux Noel」に入れておきます

 目に付くのは、英語の長文型2票と、3票入ったイタリア語の健闘でしょう。やはりここでも、「Merry Xmas」はわずか2台と、劣勢に立たされています。

ブオン・ナターレ
 ブオン ナターレ躍進か?

・名鉄百貨店‐本店の場合

名鉄
 名鉄百貨店は赤

祝い言葉台数
(なし)8
Merry Christmas6
Joyeux Noel+Merry Christmas5
Joyeux Noel4
Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS3
Buon Natale2
Noel1
Merry Xmas1
Merry X'mas1
Merry Xmas+MERRY CHRISTMAS1
Bon Noel+MERRY CHRISTMAS1
 (有効サンプル数・33台)

 大番狂わせです。それまで首位争いをしていた、英語表記とフランス語表記を抜いて、「祝い言葉なし」がなんと首位に立ったのです。これが結果にどのような影響をあたえることになるでしょうか。
 「Buon Natale」が意地を見せて、2票獲得。
 老舗の「Merry Xmas」も同じく2票。なお下から3つ目にある、おなじみの「Merry X'mas」は日本のみでの誤用とのことですので、別カウントとしました。

X’
 アポストロフは要らないらしい

●地域別ではどうなるか

 クリスマスケーキのカタログには、「有名パティシエ作」や「話題のパティスリーから」などと銘打ち、普段名古屋では購入することができない、東京や神戸などの有名店がプロデュースするケーキが載せられています。それら、東海地域外(主に東京となります)のお店の特別出品ケーキの、祝い言葉の状況はどうなっているでしょうか。
 各百貨店から該当する品を抽出して、統計をとってみました。

・特別出品‐東海地域外の場合

祝い言葉台数
Joyeux Noel21
Merry Christmas7
Joyeux Noel+Merry Christmas6
Noel5
(なし)3
Merry Christmas+Joyeux Noel2
Merry Xmas+Merry Christmas2
Best Wishes for a Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS1
Joyeuses Fetes1
Merry Christmas+I wish for your happiness.1
Buon Natale1
 (サンプル数・50台)

 「Joyeux Noel」が他を圧倒しています。多言語複合型や他のフランス語表記を合わせると、さらにフランス語表記優位が揺ぎないものとなります。全国的には、フランス語表記の台頭が始まりつつあると考えてよいでしょう。

 次に、東海地域外に本店・本部があり、名古屋にも店舗があるお店のケーキの祝い言葉を見てみましょう。

・名古屋に支店あり‐本店・本部は東海地区以外

祝い言葉台数
Merry Christmas15
Joyeux Noel11
(なし)7
Merry Xmas4
Buon Natale3
Noel3
Merry Christmas+Merry Christmas3
Joyeux Noel+Merry Christmas2
Frohe Weihnachten2
Joyeux Noel+I wish for your happiness.1
MERRY XMAS+MERRY CHRISTMAS1
Merry X'mas1
 (サンプル数・53台)

 今度は、英語表記が頭一つ、抜き出る結果となりました。イタリア語・ドイツ語の大部分がこのカテゴリーで登場することとなります。

 では最後に、東海地域に本店・本部のある(8割強が名古屋です)お店の商品の祝い言葉を見てみましょう。

・東海地区に本店・本部あり

祝い言葉台数
Merry Christmas18
(なし)12
Joyeux Noel9
JOYEUX NOEL+Merry Christmas5
Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS4
Noel3
Christmas1
Merry Christmas+Joyeux Noel1
Happy Christmas And A Brigh tNew Year1
Merry Xmas+MERRY CHRISTMAS1
Bon Noel+MERRY CHRISTMAS1
 (サンプル数・56台)

 なんと、東海地域外のお店とは正反対の結果です。「Merry Christmas」が「Joyeux Noel」のダブルスコアとなっています。さらに名鉄百貨店の力が強く反映され、「祝い言葉なし」が「Joyeux Noel」を抑えて2位にくい込み、1位の「Merry Christmas」に迫る勢いとなっております。

●最終結果は…

 百貨店別、また地域別に、言語別・祝い言葉の使用状況を見てきました。さて、いよいよ最終結果の発表です。

・祝い言葉総計

祝い言葉台数
Joyeux Noel41
Merry Christmas40
(なし)22
Joyeux Noel+Merry Christmas13
Noel11
Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS7
Buon Natale4
Merry Xmas4
Merry Xmas+Merry Christmas4
Merry Christmas+Joyeux Noel3
Frohe Weihnachten2
Christmas1
Joyeux Noel+I wish for your happiness.1
Best Wishes for a Merry Christmas+MERRY CHRISTMAS1
Joyeuses Fetes1
Merry Christmas+I wish for your happiness.1
Happy Christmas And A Bright New Year1
Merry X'mas1
Bon Noel+Merry Christmas1
 (サンプル数・159台)

 わずか一票差ですが、「Joyeux Noel」が「Merry Christmas」よりも多く使われていることがわかりました。これほどまでに「Joyeux Noel」が使われていれば、やたらと目に付くことも納得できます。

Merry Xmas
 「Merry Xmas」は少なかった

 しかし、祝い言葉複合使用ケーキには、英語表記が多いように見えます。この複合型を飾りごとに分けて、カウントをしてみましょう。

・祝い言葉・飾り別集計

祝い言葉台数言語
Merry Christmas85英語
Joyeux Noel54フランス語
(なし)22(なし)
Noel11フランス語
Merry Xmas8英語
Buon Natale4イタリア語
Frohe Weihnachten2ドイツ語
I wish for your happiness.2英語
Christmas1英語
Best Wishes for a Merry Christmas1英語
Joyeuses Fetes1フランス語
Happy Christmas And A Bright New Year1英語
Merry X'mas1誤用(日本のみ)
Bon Noel1フランス語
 (サンプル数・194個)

 飾りごと個別に見てみますと、「Merry Christmas」が「Joyeux Noel」の1.5倍強となりました。古参の面目躍如といったところでしょう。

きらきら
 このタイプのきらきら飾りは英語のものしか見られなかった

 ここからさらに、言語別の使用数を集計してみても、

・祝い言葉・飾り別集計(言語別)

言語台数
英語98
フランス語67
(なし)22
イタリア語4
ドイツ語2
誤用(日本のみ)1
 (サンプル数・194個)

 英語がトップであることに、変わりはありませんでした。こうしてみると、クリスマスケーキ上は、英語とフランス語の二強がしのぎを削っていることがわかりますね。
 しかし、いつ「Buon Natale」と「Frohe Weihnachten」がそれに割って入るかわかりません。「Merry Christmas」と「Joyeux Noel」はうかうかしていられないのです。

―――

 ここまで、書いておきながら、申し上げるのもなんですが、飾りに何語が使われいようとも、ケーキが美味しいということに、なんらかわりはございません。
 でも、24日、箱から取り出したケーキに何語が使われているのかを見る。それもまた聖なる夜の一つの小さな楽しみになるのではないでしょうか。

 それでは皆様。メリー・クリスマス。ジョワイユー・ノエル。ブォン・ナターレ。フローエ ヴァイナハテン。

 あと、ケーキの数え方の単位が「台」というのを、今回はじめて知りました。

人気blogランキング
ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005.08.15

2.5kmの世界を巡り、アイススイーツを食べ歩く(2)

・4ヶ所目

 ペルーの「大農園領主の家」の門を抜けたところに、4ヶ所目の「マサモラ・モラーダ」を出すお店がありました。ガイドに書いている「マサモラ・モラーダ」の説明文には「紫とうもろこしから作られるチチャモラーダを、アイスクリームと共に食べるペルーのスイーツ」と書いてあります。肝心の「チチャモラーダ」が私達日本人にはなじみの無い言葉ですので、全くもって正体がわかりません。肝心なところが抜けているとしかいいようがないでしょう。なににせよ現物を見ないことには始まりません。

ペルー・チャチャモラーダ
 マサモラ・モラーダ!

 ぱっと見は至って普通のアイスクリームです。でもこの赤紫のソースが「チチャモラーダ」なんですね。音のわりには意外性が無くてややがっかり。もしかして、味が「チャチャモラーダ」と名が付くだけのことがあるのかも。それでは、「チャチャモラーダ」だけをちょっとばかりすくってなめてみます。
 あら、味もそれほど意外性の無い「チャチャモラーダ」(チャチャモラーダと書きたいだけになってきてます)。砂糖みたいには精製されいない甘さ、穀物そのものの甘さに、軽い酸味。ラズベリーソースに近い感じもありますが、甘みも酸味もそれほど強くありません。
 普通はこのソースだけを食べませんわね。アイスと一緒に食べましょう。バニラアイスにつけて食べると甘みが補うことができます。それでも、やや味がぼやけているように感じますわ。
 さて、会計しましょう。ふと伝票を見ると。

この伝票…
 せっかくいい響きなのに…

 「イベント」って…。「マサモラ・モラーダ」って書いて欲しいなぁ。「マサモラ・モラーダ」って。

・5ヶ所目

 ペルーの「大農園領主の家」を突っ切ったところに、バリのスイーツ「ブブル・チャンドル」を出すお店があります。
 ガイドには「パームシュガーソースのバリ風おしるこ。ほっぺが落ちそうな甘さが魅力」と書いています。「ほっぺが落ちそうな甘さ」? なんか違和感を感じる表現です。「ほっぺが落ちるほど美味しい」というのが普通の使い方でしょう。甘さの表現に「ほっぺが落ちそうな」は変ですよ。すごく甘いというのを言いたいなら、「のどが焼けるほどの甘さ」とか普通は言うのではないでしょうか。…マイナス表現だ。ガイドには書けませんね。「ほっぺが落ちそうな」で正解かもしれません。
 では、ほっぺの落下を覚悟して、バリ風おしるこをいただきましょう。

バリ・ブブルチャンドル
 バリのブブル・チャンドル

 見た目が地味です。最初の「シンサム」を上回るくらい。でも「シンサム」は見た目からの予想をいい意味で裏切ってくれました。期待しましょう。
 でも地味です。お味噌汁の中に白玉を入れて、しらがねぎを乗せているように見えます。これでほっぺが落下するほど甘いのでしょうか。
 甘さの元らしい、スープを飲むと…。

 うっ、甘いっ!

 どうにかほっぺの落下は免れましたが、黒糖風味のスープはどっしりと重みのある甘い刺激を舌に与えます。想像されうる南島の甘みがここにはあります。
 白玉は普通のものです。日本風にアレンジしているのでしょう。また、トッピングのココナツはしゃきしゃきとした歯ざわりで、白玉のもちもちと対称的な食感を与えてくれます。
 もちもちと繊維質のしゃきしゃきで、やたらと口をもぐもぐさせなければなりませんでした。あごが疲れます。

・6ヶ所目

 南洋ゾーンを抜けると一気に雰囲気が変わり、ヨーロッパゾーンに入ります。ルートどおりだと次はドイツのスイーツになるのですが、先にお隣のフランスの「フロマージュ・ブラマンジェ」をいただくことにしました。理由は後ほど。
 ブラマンジェは最近はコンビニでもよく見かけるようになりました。それだけ人気があるということなんでしょう。このフェアでの登場もそれらの流れによるものかもしれません。
フランス・フロマージュブラマンジェ
 フランスのフロマージュ・ブラマンジェ

 写真、失敗しました。太陽の下でもっときらきらしていたんです。「シンサム」や「ブブル・チャンドル」とは対称的な色使いです。
 ブラマンジェの上にはシロップとゼリー。カットフルーツとミントが鮮やかに彩っています。
 シロップとゼリーは普通の砂糖の甘さですわ。うーむ、特筆すべきことはないかな。
 ブラマンジェはどうでしょうか。…うーむ、無難な味です。チーズの香りがそれほど立ちません。牛乳プリンみたい。「これコンビニで買ってきましたよー」と渡されてもそれほど疑いを持たない、というような味でした。期待していただけにちょっと残念です。

・7ヶ所目

 先ほど、飛ばしたドイツに戻ります。
 ここを飛ばした理由は2つ。1つは、ここで出されるスイーツ「プリンツェレゲンテントルテ」が、やや重そうな印象があったためです。最初にここで食べてしまうと、次の「フロマージュ・ブラマンジェ」がきつくなりそうでしたので。
 もう1つの理由は…、先に写真をご覧いただきましょう。

ドイツ・プリンツェレゲンテントルテ
 ドイツのプリンツェレゲンテントルテ(打ちにくい)

 これが「プリンツェレゲンテントルテ」です。上のケーキのことです。下は普通のバニラアイスでした。たぶん、このアイスが無いと「アイススイーツフェア」でなくなるからでしょう。…なんだか丸め込まれた気がします。
 ザッハトルテのようなものかと思っていましたが、全体がチョコではなくて、スポンジがはさまって、層を成しています。フォークがすっと入っていって、見た目ほどどっしりとはしていません。
 ふわりとしたスポンジの感触と、苦味と甘味を兼ね備えた濃厚なチョコレートが、絶妙なバランスをとっています。アイスと一緒に食べてもまた良し。クリーミーな甘さが合わさることでまた別の味わいが生まれます。上で悪い事書いて申し訳ありませんでした。アイス必要でした。

 ここでは、もう1つオーダーしたものがあります。それがドイツを飛ばした2つ目の理由です。これ↓

ドイツビール3種類飲みくらべ
 魅惑のドイツビール

 ドイツビール3種類飲みくらべ! 甘いものも好きだけど、ビールも同じくらい好きな私は目をそらすことができませんでした。これを落ち着いて飲むためにドイツを後回しにしたのです。さあ、飲みますわよ。

 ごくごくごくごくごくごくごくごくっ。

 ふーっ。美味しい! 外が暑いだけになおさら美味しいっ! 3つとも美味しい。あえて順位を付けるなら、右上のビールが一番好みです。苦味が少なくてすっきりした味でした。
 右上のビールと書きました。名前をメモし忘れたのです。なぜなら酔ってしまったから。最初の方で、「さくらんぼソフトクリーム」を早めにいただいたのが正しい選択だったと書きました。その理由がこれです。

 酔いました。間違いなく。
 もう、なんだか全種類食べるのがどうでも良くなってきました。あー、いい気分だわ。炭酸でもうおなか一杯だし。帰ろうかな。

・8ヶ所目

 次は、イタリアの「ピッツァ・ドルチェ」なんですけどねー。もういいかなー。だるいなー。うーん、全種類食べるために来たんだけどなー。だるいなー。帰ろうかなー。

 飛ばしちゃえ。

 写真を見ると、実に美味しそうです。「エスプレッソをたっぷり浸して焼き上げたピザ生地に、ジェラートを添えたイタリアのスイーツ」らしいです。今でしたら、書いているだけでおなかが鳴りそうになります。でも飛ばしてしまいました。今となってはどうしようもありませんが、大後悔です。

 この後、アフリカの「セムペンペ・プディング」、インドの「ガジャル・ハルア」もスルーしてしまいました。全部、私の判断ミスです。飲みくらべさえしなければ。

 各国の展示を見ながらふらりふらりと歩き続け、タイまで来たところで、ようやくおなかも落ち着いてきました。酔いもほとんど醒めました。

 わー、しまったーっ。全部食べるつもりで犬山まで来たのにっ! …酔いの上での失敗を演じてしまいました。
 
 もう、日もかげってきています。いまさら戻ることもできません。仕方ありません。ここからの分を食べられるだけ食べたいと思います。

タイ・カノムワーン
 アイスぜんざい?

 タイの「カノムワーン」です。ガイドには「ココナッツミルク味のアイスぜんざい。タイでは屋台・カフェテリアなどに必ずある人気スイーツ」とありますが、出てきたものは、フルーツとナタデココが盛られたココナツ味のカキ氷でした。暑い中を歩いてきた後に、甘くてさっぱりとしたカキ氷はありがたいです。
 氷は荒めに削ったもの。ココナツの香りがかなり強くて、しっかりとした甘さです。この甘さ、氷の時はほどよいのですが、解けたものを飲むとなると、甘さがかなりくどく感じます。むせました。

・9ヶ所目

 韓国の「オミジャファーチェ」も、時間と酔いの残りの関係から飛ばしてしまいました。スイカやナシが入ったフルーツポンチみたいなもののようでした。

 韓国のお隣は山形月山山麓の家。やっと世界を一周できました。「さくらんぼソフトクリーム」の売店は十数人ほどの列ができています。早めに回っておいて本当に良かった。
 エントランス前まで戻ると、朝とはうって変わってお客さんがたくさん来ています。運営者ではありませんが本当に良かったと思います。

 もう、夕方になりました。帰らなければ。でも、その前に最後の「アイススイーツ」をいただきましょう。すこしおなかが張っていますが、あと一つです。少しでも心残りを減らしておくことにします。

 入り口正面の「沖縄県石垣島の家」のお店で出されているのは「緑豆・沖縄ぜんざい」。

沖縄・緑豆ぜんざい
 最後のアイススイーツ、緑豆・沖縄ぜんざい

 ぜんざいというより、みつまめのようね。豆は緑豆、小豆、金時豆の三種類が入っているものの、緑豆のこりこりした食感が強くて他の豆は目立ちません。シロップは甘いですが、豆はそれほど甘くなくて、そこもぜんざいという感じはあまりしません。
 白玉は、他のお店のスイーツに入っているものと同じような気がします。一箇所でまとめて作って、白玉が必要なところで分けているのかもしれません。

・おわりに

 全13種類を食べるという計画は、私の読みが浅かったために成し遂げることができませんでした。すこし心残りはあるものの、おおむね満足です。失敗の大原因となったビールも実に美味しかったです。ビールは悪くありません。

 9種類の中での私のおすすめは、「シンサム」「プリンツェレゲンテントルテ」「さくらんぼソフトクリーム」です。やはり「さくらんぼソフトクリーム」はコースを外れて早めに向かうのがよろしいかと思いますわ。

 アイススイーツフェアの開催日は、あと20,21,27,28日だけとなりました。世界の甘味を食べ歩く夏休み、いい思い出になりますよ。近隣の方はお出かけしてみてはいかがでしょうか。万博のように行列に巻き込まれることもありませんし。

 愛・犬山博です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2.5kmの世界を巡り、アイススイーツを食べ歩く(1)

 しばらく前から名鉄に乗るたびに気になっていた中吊りがありました。あまりに魅力的な単語が並んでいます。

 「世界のアイススイーツフェア」

 「世界の」、「アイス」、「スイーツ」、「フェア」です。
 気にするなと言うのが間違っています。

 このパラダイスはどこにあるのか?西の果てか?雲の上か?
 いや、犬山市にありました。「野外民族博物館 リトルワールド」が7月16日から8月28日までの土・日・祝(8月11日から15日は毎日開催)に行っている、この夏のメインイベントです。

 なかなか時間が取れなかったのですが、先週末、ようやく機会に恵まれまれました。行けるのです! 食べられるのです! 冷えられるのです! 目標は全13種類を味わうこと。 甘味食欲大爆(暴)発です。

リトルワールド入り口
 リトルワールド入り口

 名鉄の「びっくりクーポン」を使って、たどり着きましたよ、リトルワールドに。今回使用したクーポンは、往復の名鉄の電車・バスの料金が3割引、施設の入場料が半額になるという、たいそうお得なものです。まんまとびっくりしました。

 「野外民族博物館」ですので、本来なら世界中の文化を学ぶことがメインとなる施設なのでしょうが、この日の私と私の胃袋はすでに食べ歩きモードに入っておりました。朝起きた時から。文化は次来た時にしておきます。

アイススイーツフェアマップ
 アイススイーツフェアの地図

 入り口では、通常の園内地図のほかに、アイススイーツフェア用のガイド地図も配布していました。園内のどの場所でどのスイーツが食べられるのかが一目瞭然となっています。
 …と書きましたが、私は初め、このフェア専用のブースがあって、そこで全種類を食べることができるのだと思っておりました。でも、全部を食べるには園内をぐるりと一周しなければならないのです。

 面倒くさい。

 でもまあ、アイススイーツですから、少しは暑い思いをしたほうが美味しくいただけるでしょう。ぎりぎり忍耐の範囲内です。

・1ヶ所目

 では、気合を入れなおして、1ヶ所目に向かいましょう。早くしないと売り切れちゃうかも。最初は入り口すぐの、リトルワールドレストランで食べられるベトナムの「シンサム」です。
 初っ端から「シンサム」を求めて大行列がっ!…できていませんね。

 おかしいな。

 むしろ閑散としています。ここだけではなく、入口周辺一帯、人がまばらです。

 おかしいな。

 お盆休みの初めだし、お天気はいいのに。

 おかしいな。

 スイーツにつられて、喜び勇んできているのは私だけなのでしょうか? 脳内に疑問が渦巻く中、「シンサム」が到着しました。

ベトナム・シンサム
 ベトナムの「シンサム」

 シロップの中に黒いゼリーとタピオカ。その上にナッツを散りばめたアイスが乗っています。見た目はちょっと地味ですわ。アイスとタピオカは問題ないものの、黒いゼリーが胡散臭さを醸しています。正体が分かりません。
 「最初からコレか…」とやや気をそがれたものの、スプーンで一口、いただきます。
 あら、見た目よりも優しい味。シロップは蜂蜜が入っていて甘い香りが口中に満ちるのですが、味覚としての甘味はそれほど強くありません。
 黒いゼリーは仙草という薬草のゼリーなのですが、薬くささはまったくと言っていいほどなくて、単体で食べると無味に近いです。
 タピオカがまた美味。もちもちっとした食感は、いつまでも噛み続けたくなるものです。歯の喜びです。
 ただし、シロップ、ゼリー、タピオカを別々に食べるとそれぞれ何かが欠けた印象を持ってしまいます。このスイーツの食べ方の正解は、

 混ぜる。

 アイスも軽く突き崩して、スプーンでなにもかもをすくって、ぱくりと行くのです。するとそれぞれの味が補い合って、香り、甘味が単体で食べるよりも格段に増します。
 最初から、こんな美味しいものに当たって幸運ですわー。この時点で、気をそがれたというのは忘却のかなたに飛んで行っています。

・2ヶ所目

 次はルートから行くと、沖縄の「緑豆・沖縄ぜんざい」ですが、ちょっと逆行して、「山形月山山麓の家」に向かいます。ここではアイススイーツフェアの一番人気(らしい)「さくらんぼソフトクリーム」を出しています。ぐるりと一周するまで待ちきれなかったのです。―この判断が、後に正しかったことが証明されます。

山形・さくらんぼソフトクリーム
 山形のさくらんぼソフトクリーム

 さくらんぼの果汁と果肉がたっぷり入っているのでしょう。甘酸っぱい香りは生のさくらんぼにかなり近いもののように感じました。よく見ると果肉が練りこまれているのがわかります。
 ソフトクリームとなっていますが、乳脂肪分が少ないのでしょう、ジェラートっぽく、甘さ控えめでさっぱりとしています。
 暑い日差しの下では、こってりとしたソフトクリームよりも、このようなさっぱりアイスの方が好ましいです。一番人気だというのがうなづかれます。

・3ヶ所目

 再び順巡りに戻り、「沖縄石垣島の家」の「沖縄ぜんざい」を食べに行こうとしましたが、ここでちょうど正午になったので、こちらはまたもや後回しにして、食事ができる「台湾小館」へ。
 ここは大小2つのスタンドがあったのですが、小さいスタンドの店員さんのほうが格段に愛想が良くて、来る人来る人、小さいほうに寄って行きます。愛想が世渡りの重大な要素であることが再認識されました。

 お昼ごはんは、

お昼ごはん
 左上・海老団子 右上・小龍包 中央・刀削麺

 四川風冷やし刀削麺、海老団子、小龍包です。
 刀削麺は四川風とあるものの、お品書きには「からくないです」と書き加えられています。これなら辛味が苦手な私でも食べられそうです。冷やしなのでするするいけそうですわ。
 は〜、今日はまだちょっとしか食べていないので、おなかが空きましたわ。いただきます。つるつるっと。

 あれ?辛いですよ。

 辛いっ!くっ、「辛い」の認識レベルに相違が見られたかっ!ひーっ、ひりひりしはじめた。ちょっとつらい。「からくないことないの」を頼んでいたらどうなっていたことかっ。滞在1時間で引き返す可能性が無きにしもあらずだったでしょう。
 口直しに小龍包をいただきます。うん、これは美味しい。中華だしがきちんと入っていて、皮も程よい厚さ。これは辛くないので安心して食べられます。
 そして、海老団子。これが良かった。カリッカリの衣を、カシッと噛み割ると、ぷりぷりの海老の身が歯と歯の間で踊り狂うかのような、すばらしい弾力感を見せてくれます。不味い海老のような水っぽさも無くて、香りもしっかり。小龍包よりもこちらの方が好みですわ。

 ふぃー、満足満足。人心地つきました。でも、そのままここを立ち去るわけには行きません。ここでは台湾のスイーツ「水果冰淇淋(スイグォービンチーリン)」を提供しています。

台湾・水果冰淇淋
 台湾の水果冰淇淋(読めない)

 購入時にアイスの味が選べるようになっていました。私が注文したのはマンゴーアイス。他にライチとパインの選択ができました。ただ、ガイドには「パパイヤ・パイン・マンゴの3種類から選べる」となっています。日替わりで変わるのかもしれません。
 マンゴーアイスは果肉入り。しっかりとマンゴーの香りがします。
 ただいただけないのはアイスの周りを囲んでいるもの。小さくカットされた果物はシロップの香りが強く出すぎていて、かんずめから出したばっかりのものじゃないかと感じさせ、ライチもやたらと水っぽくて、香りも薄いです。これだったら楊貴妃は好んで食べなかったことでしょう。
 チェリーはみたまんま、缶詰物です。山形のがんばりを参考にしてちょうだい。
 うーむ、これはちょっとがっかりだったですわー。

 まだまだ、先は長い。

 次に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のアイススイーツを食べつくす。2.5kmの距離で。

 犬山のリトルワールドで夏季特別開催されている「世界のアイススイーツフェア」に行ってきました。いろんな甘味が体験できて大満足の一日でございました。
 詳しいレポートはまた後ほど、上げることにします。
 開催は今日(15日)と20,21,28,29日だけですので、ご興味を持たれた方は、万障お繰り合わせの上、お出かけくださいませ。

 私のおすすめは、リトルワールドレストラン、山形、ドイツの展示場で提供されるスイーツです。もし今日、リトルワールドにお出かけされる方がいらっしゃいましたら、山形の展示に早めにいくことをご提案いたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)