« 2017年8月 | トップページ

2017.09.24

みね子の歴史年表 ―『ひよっこ』の日次・その3―

 「『ひよっこ』の日次・その2」の続きです。第18週から第25週までを扱っています。第26週(最終週)は最終回放送後に追記する予定です。第18週からの凡例は、第1週から第10週までのものに準じています。

・「ひよっこ」の日次 第18週~第25週(2017年7月31日放送~2017年9月23日放送)

第18週「大丈夫、きっと」

  • 第103回
    • 昭和42年(1967年)4月第5週(日付不明。23日か[1]。第102回終了時点の続き)午後、世津子のマンションの前で、実は記憶を失ってからの経緯をみね子に話す。世津子は実と過ごした日々を思い返す。
  • 第104回
    • 昭和42年(1967年)4月第5週(日付不明。23日か。第103回終了時点の続き)夕方[2]、すずふり亭裏の広場で、鈴子、愛子、時子がみね子の帰りを迎える。みね子は3人に実と世津子のことを話す。
    • 同日夜、みね子は美代子に手紙を書く。
    • 4月第5週(日付不明。24日か[3])午前、あかね荘、あかね坂商店街の人々が、それぞれにみね子を温かく励ます。
    • 4月第5週(日付不明。25日か[4])昼、美代子がみね子からの手紙を受け取る。
  • 第105回
    • 昭和42年(1967年)4月第5週(日付不明。25日か。第104回終了時点の続き)夜、美代子がみね子から届いた手紙を茂に見せる。
    • 同日夜、すずふり亭に電話が掛かり、みね子は美代子が上京することを聞く。
    • 同日夜、みね子は管理人室の電話で世津子に電話を掛ける。
    • 4月第6週(日付不明。30日日曜日か[5])朝[6]、美代子は東京に向かう。
    • 同日朝、裏の広場で、みね子は愛子に見送られて出かける。
    • 同日午前、みね子は上野駅で美代子と会う。
    • 同日午前、みね子と美代子は、世津子のマンションを訪れる。
  • 第106回
    • 昭和42年(1967年)4月第6週(日付不明。第105回終了時点の続き)午前[7]、世津子のマンションで、美代子が実と再会する。みね子、美代子、実、世津子が話し合う。
    • 同日昼頃、実は美代子とみね子に引き取られ、世津子のマンションを去る。
  • 第107回
    • 昭和42年(1967年)4月第6週(日付不明。第106回終了時点の続き)午後、みね子、実、美代子はそば屋に立ち寄る。みね子と実がしばらく東京で共に暮らすことを決める。
    • 同日午後、美代子が奥茨城に帰る。
  • 第108回
    • 昭和42年(1967年)4月第6週(日付不明。30日日曜日か[8]。第107回終了時点の続き)夕方、みね子は実と共にすずふり亭を訪れる。実は鈴子、省吾と再会する。
    • 同日夕方、みね子は実を連れて、あかね荘に帰る。
    • 同日夕方、あかね荘の人々が揃い、2号室で実の歓迎会を開く。
    • 同日夜、あかね荘5号室で、みね子と実の東京での生活が始まる。

[1]みね子が「夜の気まぐれショー」のコマーシャルに出演した4月21日以降最初の日曜日。第17週注7および注8参照。
[2]「雨上がりの空に夕焼け」の解説音声が入る。
[3]前項の翌日と考えた場合。
[4]25日に投函、翌日配達とする場合。みね子から美代子に宛てた手紙とは別の郵便物(茂宛ての封書)に「42.4.24」の消印が押されている。
[5]みね子の次の休日。第107回で、みね子たちがそば屋にいるときと同時間の谷田部家の場面で、ちよ子と進が家にいる。この時、掛け時計が12時40分頃を指している。平日では学校にいる時間であるため、日曜日もしくは祝日休みである4月29日と考える。
[6]美代子が次郎に「6時39分発の上りに乗りたい」と言う。
[7]リビングルームの時計が「11時55分」を指している。
[8]すずふり亭は営業していない。第110回の語りから逆算すると26日頃。やや不審。

続きを読む "みね子の歴史年表 ―『ひよっこ』の日次・その3―"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ