« 2013年4月 | トップページ | 2017年8月 »

2017.06.26

実は「帰れなくなった」のか? ―『ひよっこ』の日次から考える―

 折り返し地点の第13週に入り、『ひよっこ』最大の謎であり、この作品の芯とも言える「実は何故行方不明になったのか」、その理由の一端が語られようとしています。第12週までにみね子が(=視聴者が)分かっていることは、実が家族と連絡を絶った後もどこかで生きているらしいということです。その示し方も綿引が得た「実らしき人を見掛けた人がいる」という聞き込みの結果と、実らしき人が黙って振り向くワンシーンだけです。
 しかし、他に手がかりはないかと、疑り深く物語のおさらいをすると、ほんの少しだけ「何故か」が見えてきます。それを、前回作成した日次をたよりに整理してみます。
 まず、実の存在が確認されているのがいつまでかを考えてみます。まず、実は稲刈りのために奥茨城に帰省する前に、すずふり亭を訪れています。その時、彼はハヤシライスを食べていますが(第4回)、その注文伝票に「9/12」と記されています。ここから、この後の3日間の流れが分かります。実はすずふり亭の開店直後の11時頃に食事をしたあと、その日の夕方、奥茨城に帰ってきます。翌日の9月13日に谷田部家は総出で稲刈りをします。実は稲刈りの一日だけ休みを取っていたので、翌14日朝には東京に戻ります。この朝が谷田部家一同が実と顔を合わせた最後の時ですが、同じ日の午後に実はすずふり亭を訪れて、お礼の品が入った重箱を鈴子たちに渡しているので、みね子の知人にまで広げると、これが彼の足取りを確認できる最後の時点です。実の移動を簡単に書くと、

  • 9月12日…実は午前中にすずふり亭を訪れ、夕方、奥茨城に帰る。
  • 9月13日…稲刈りをする。
  • 9月14日…朝、実は奥茨城を発ち、午後、すずふり亭を再訪する。
 となります。

続きを読む "実は「帰れなくなった」のか? ―『ひよっこ』の日次から考える―"

| | コメント (0)

2017.06.11

みね子の歴史年表 ―『ひよっこ』の日次・その1―

・はじめに
 平成29年度前期放送の連続テレビ小説『ひよっこ』では、いたって普通に生きていこうとする市井の人々が描かれています。とりわけ主人公のみね子は、特段に何か自ら目立って多くの人の目を引こうとする行動は取りません。その場その場で起こることに対して、黙々と取り組みつつ、感情を素直に表して生きていきます。それは刹那主義的な生き方ということではなく、自らの力を惜しまず、起こったことをそのまま受け入れて今を生きることで、むしろ、一歩ずつ先につなげていく姿を描いているように見えます。
 みね子とその周りの人々の姿を観ていると、視聴者である自分が彼女たちのすぐそばに居て、時と場所を共有しているかのような感覚に捕らわれます。そのようにして物語を追いかけていくと、「あの時は楽しかったねえ」とか、「あれは大変だったよねえ」と語り掛けたい気持ちまで沸いてきます。例えば、「奥茨城村聖火リレー大会のテレビは楽しかったけど、なんか感じ悪かったねえ」とか、「あの時食べたラーメンは美味しそうだったねえ」とかです。そうすると、「奥茨城の聖火リレーって、本物のオリンピック前、いつ頃に行われたんだっけ?」とか、「ラーメンてどの時の? 綿引くんが雄大にたかられた時? 澄子がぶったおれたときの? あれ? どっちが先だっけ」というちょっとした疑問が浮かんできます。「オリンピックの前だから、10月の初め頃かな。三人組が高校生だった時の」「綿引は結局何回も雄大にラーメンをおごってたよな」というように、“まあだいたいこのころ”という具合に思い出します。
 この「だいたい」が分かっているだけでもだいたい面白く観ることができますが、「だいたい」をだいたいで済ませずに、きちんと日付を踏まえてみると、物語の面白みが俄然増してきます。密に描かれた日、省略された期間が分かると、みね子たちの心の動きをよりしっかりと捉えることができるようになります。
 良い物語に触れるとその物語の時の流れを知りたくなるものです。長編小説や、古典の物語の本をめくると、終わりの方のページに「年表」が載っています。物語や小説世界により深く入り込むための手助けとなる本当にありがたい部分です(作品の年表と共に著者年表も収録されていることがあります。これがまた作品と同じくらい面白いので、私は著者年表を目当てに本を開くこともあります)。
 『ひよっこ』は現在、第二章の終わりから第三章の始まりといえるところまで進みました。奥茨城村での高校生活、向島電機での仕事と青春の日々、そして突然の別れ、新たな仕事と暮らしの始まり。放送日程では三分の一の二か月、作品内では約一年四か月が過ぎました。この区切りの良いところで、一度物語の流れを振り返ることにより、これからのみね子たちの新しい生活を見守っていきやすくなるのではないかと考え、ここまでの年表(日次・ひなみ)を作りました。この年表を傍らに置き鑑賞することで、現状の把握や物語を振り返りやすくなるのではないか、そして、なによりも、『ひよっこ』の人々により近づけるような感じを覚えることができるのではないかと考えております。

・凡例
 本記事は、2017年6月10日時点で、連続テレビ小説『ひよっこ』第1週から第9週までの日次を作成したものです。よって、第1週から第9週までの作品内容に触れています。また、第10週の一部を参考としています。作品の中途で作成したものですので、今後の作品内容とは合わない部分が出てくる可能性があります。
 視聴に際し興を削がないよう、出来事の記述は簡略なものとし、台詞や場面の説明は最低限度に留めることを心掛けました。
 日次作成は、連続テレビ小説『ひよっこ』の総合テレビでの本放送(月曜日から土曜日の8時から15分間)をもととしました。
 総合テレビの再放送、BSプレミアムの各日の本放送と再放送、土曜日午前の一週間分の連続放送、および総合テレビ日曜日の『ひよっこ 一週間』を適宜参照しました。
 日付の確定、推定は、登場人物の台詞、作品に随時出てくるテロップ、解説放送、小道具等に印刷、記述されているもので行いました。台詞以外の情報には虚偽が無いことを前提としました。台詞についても、特別の理由が無い場合はその他の情報と同じく、虚偽はないものとしました。
 「テロップ」は映像に直接重ねて表示される文字情報を指し、データ放送で台詞などを表示する同時字幕とは区別しています。
 日付が明示されない場面は、ほかの場面の情報、一次的資料・文献などを総合して、日付を推定しました。
 日付を定めるために用いた情報のうち、特に注意すべき点がある場合は、注を入れ、各週ごとにまとめました。
 作品内で明示される日付と、他場面からの推定との間に明らかな齟齬が生じる場合は、各週の末尾の注で説明しました。
 日時が絞り込めない場合は「日付不明」として、可能性のある日付もしくは期間を付記しました。
 曜日は特に重要と思われる場面に限り、日付の後に記しました。
 公式ガイドブックや公式サイトの情報は参考に留め、放送された内容を主として判断しました。
 日付と曜日の対応などカレンダーの情報は、主に「こよみのページ」(http://koyomi.vis.ne.jp/)を参照しました
 その他、日付の推定に参考とした資料・文献等は、文末にまとめました。
 各回の順番と、それらの内容が前後する場合は、その都度、注により補足しました。

・「ひよっこ」の日次 第1週~第9週(2017年4月3日放送分~2017年6月3日放送分)

第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」

  • 第1回
    • 昭和39年(1964年)9月4日[1]、みね子たち谷田部家一同は父の帰りを待ちわびる。みね子、時子、三男は高校生活最後の年を過ごす。
  • 第2回
    • 昭和39年(1964年)9月上旬(日付不明[2]。4日から12日までのいずれか)、時子の就職先が決まる。
    • 同日夜、みね子、美代子が電話で実と話す。
  • 第3回
    • 昭和39年(1964年)9月上旬(日付不明[2]。4日から12日までのいずれか)、宗男が谷田部家を訪れる。
    • 12日[4]朝、実が奥茨城村に帰省の日。谷田部家一同が実の帰りを待つ。実が赤坂のすずふり亭を訪れる。
  • 第4回
    • 昭和39年(1964年)9月12日[4]、実がすずふり亭で食事をする。
    • 同日夕方、実が奥茨城村に帰ってくる。
  • 第5回
    • 昭和39年(1964年)9月12日、谷田部家は家族揃って夕食を食べる。
    • 同日夜、みね子は茂、実、美代子の話しに加わり、谷田部家の経済状況を知る。
    • 13日朝、谷田部家の田の稲刈りを始める。
  • 第6回
    • 昭和39年(1964年)9月13日、谷田部家は助川家、三男、宗男の手を借りて稲刈りをする。

[1]第1回で、実が立ち寄った靴店に「オリンピックまであと36日」の貼り紙がある。
[2]第3回で、実が子供たちへの土産を買うために立ち寄った赤坂の靴店に「オリンピックまであと28日」の貼り紙があるため、9月4日(第1回)から12日(第3回後半)の間となる。
[3]注2参照。
[4]ハヤシライスの注文伝票に「9/12」と記されている。開店直後なので正午前か。

続きを読む "みね子の歴史年表 ―『ひよっこ』の日次・その1―"

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2017年8月 »