« 黄金郷「佐渡国」 | トップページ | 「民」の部分と「宿」の部分を分けたとも考えられる »

2009.04.30

お花見の風景

 桜前線はそろそろ津軽海峡を渡って、北海道に入ったようです。名古屋では、もうすっかりと葉桜になり、ぽかぽかを越して、ほかほか陽気になって、初夏の気候です。
 名古屋が満開をやや過ぎた頃、私も、散歩がてらお花見に行ってきました。場所は、名古屋のお花見スポット「鶴舞公園」です。名古屋の中心部に近く、桜以外の花も咲いていて、やや葉っぱが目立った桜の木でしたが、お花見気分を味わえました。
 お花見で大変なのが「場所取り」ですね。会社のお花見会では、新入社員・若手の方々がその任に当たるようです。できるだけ桜が良く見える場所が良い、できるだけ通用の便が良いところを狙う、お手洗いが近いほうがいいけど、お手洗いの真裏では、いくら桜が満開でもちょっと避けたい…、等々。場所の選定には苦労するようです。よって、他の人よりも早く場所に出向いて、紐を張ったり、ブルーシートを広げることが求められます。しかし、お花見場所管理側も、無茶な場所取りは、牽制します。

「縄張り禁止」の立て札

 この立て札は、無茶な場所取りをしようとする人に向けてのものか、犬や猫に向けてのものか、ちょっと悩んでしまいます。が、犬や猫はおそらく日本語は読めないと思うので、人に向けてのものだろうと想像が付きます。
 来年、場所取りをする方は、木が傷むので、縄を張らないように気をつけてください。

 通常の場所取りは、このようにブルーシートが用いられるようです。

場所取り「59」
 謎の数字

 でも、段ボール箱に書かれた数字の意味が分かりませんでした。暗号だと考えられますので、何かミッションインポッシブっているのだろうと思います。

 多くの人が集まるところには、商売っ気も集まるのはつきもので、公園内の歩道沿いにみっしりと屋台が出ていました。定番の、たこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどの炭水化物系に、イカ焼き、焼き鳥、豚串などの肉っ気、数回遊んだら、飽きるか、壊れるかしそうなカラフルなおもちゃといったところが多かったです。そうそう、名古屋名物のたません屋さんもありました。
 そんなたくさんの屋台の中で、私がもっとも心を惹かれたのが、この屋台さん。

アメリカンドッグ屋さん
 こういう屋台の色使いは派手ですね

 アメリカンドッグ屋さんです。ソーセージがホットケーキミックスのような甘い粉をまとって、揚げられているお菓子のような、おかずのような、よくあるものの、考えてみれば不思議な食べ物です。
 このお店は、洋風、特にアメリカを強調していますね。「アメリカンドッグ」という真っ赤な文字だけで、アメリカということが分かるのですが、垂れ幕の上の部分に、青の文字でさらに「アメリカ生まれの」と強調しています。日本人の洋風志向を刺激しているのでしょう。

アメリカンドッグ屋さん・垂れ幕
 アメリカではなく、ここで作られています

 そんなアメリカンドッグ屋さんですが、こまごました所で、破綻をきたしています。

アメリカンドッグ屋さん・あおり文句
 日本一ウマイ、アメリカ

 あれだけ、アメリカを強調していましたが、美味しさは「日本一ウマイ!」です。確かに名古屋は日本なので、これで間違いはありません。むしろ「アメリカ一ウマイ!」とした方がおかしくなります。でも、「あれだけアメリカっぽさをだしているのに『日本一』はいかんだろう」という気にさせることは、避けられそうにありません。

 いや、これだけで、判断してはいけませんでした。日本にいながら、アメリカの味の素晴らしさを出していました。

アメリカンドッグ屋さん・お知らせ
 アメリカっぽい

 英語の説明書きに、日本語のルビ。
 「アメリカンドッグ」が「フレンチドッグ」になっているのはご愛嬌でしょう。

 Ketchup   and  mustard
 ケチャップ  と   カラシは

 間違ってはいません。ちゃんと対照になっています。

 Please help yourself!!
 ご自由 に どうぞ!!

 こっちは正しいとは言いがたい気がします。しかし、言わんとすることは分かります。何にせよ、親切なお店ということは間違いありません。

 これだけ親切なアメリカンドッグに興味わきましたが、お店の方が見当たらなかったので、購入はいたしませんでした。

 いい右横書きも持ってます。

グッドンカリメア
 発音すると良さが分かります

 お花見はやっぱり楽しいです。来年も楽しみです。

|

« 黄金郷「佐渡国」 | トップページ | 「民」の部分と「宿」の部分を分けたとも考えられる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/44848274

この記事へのトラックバック一覧です: お花見の風景:

« 黄金郷「佐渡国」 | トップページ | 「民」の部分と「宿」の部分を分けたとも考えられる »