« 物産展の頑張り方が微笑ましい | トップページ | 鬼のデザート »

2008.06.15

購入者心理を衝くレジ横の陳列

 タイトルにあるように、スーパーマーケットでは、レジ横の陳列は、お客さんに「ふと」追加購入させるためにあります。電池やゴミ袋、小袋菓子などが多いようです。
 ガムや飴もここのラインナップの常連ですね。

ガムとトマト

 「ほー、『キシリトール プライムミント』も思い切ったデザインになったのだな」というような勘違いはしません。

 あからさまにトマトです。大玉。

 このレジ横のスペースは、購入前の最後の決断場所でもあるのです。その結果、「これ、やっぱり要らない」と誰かのカゴからは、トマトがはじき出されてしまいました。

 それにしても、トマトと隙間がこんなにぴったりと合うとは、小さな奇跡です。

人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

|

« 物産展の頑張り方が微笑ましい | トップページ | 鬼のデザート »

コメント

>みんたさん
まさに、ジャストフィットでした。
人は、ボタンがあれば押したくなる、穴があれば埋めたくなる、という心理が働くようで、今回も、それに類するものなのかもと思ってしまいます。

要冷蔵品が、別の冷蔵コーナーに置かれている事は間々ありますが、ガムの間に生鮮食品がむき出しで置かれているのを見るのは初めてでした。本当に、評判の商品のようで、思わず手が出てしまいそうです。

 蛾。

ぅゎぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

そのお豆腐はバイオハザードですよ。
蝶や蛾は鮮やかなほど、逃げ出したくなる気持ちが強くなります。モンシロチョウくらいが精一杯です。
でも、みんたさんと出会った蛾は幸福でしたでしょう。お店の人に持っていかれたら、ゴミ箱行きの可能性が高くなってしまいますよね。

みんたさん、きっとお釈迦さまが御覧になられていますよ。

投稿: 桜濱 | 2008.06.16 03:52

本当に意外!こんなにぴったりとは。
場所が違うものが置き去りにされていることはよくありますが、たいがい何かの上に無造作に載せられていたりして「だらしないな、戻さないで」という目で見られるものです。これは元々の商品のようにぴったりとして、「残り1個だわ、評判がいいのかしら」とうっかり思ってしまいそうです。
トマトが大変好きなので、置き去りにされた姿は無念ですけど。

お店で意外なものというと、1年以上前のことですが「スーパーの豆腐パックをよく見ると横っちょに」というほんとに思いも寄らない場所に、ぺたんと4センチくらいの蛾が張り付いて震えてました(桜濱さんなら硬直してしまうかしら…)。美しい種類の子で、レジまで持っていってから気がついて、ビニール袋で保護してから外で放しましたがどうなったかしら。どこからついてたのか、今でも気になります。お店の人はびっくりして取り替えようかと言ってくれたのですが、完全密封の男前豆腐ですから害はなく、おどかして申し訳ないようでしたね。

投稿: みんた | 2008.06.15 13:10

>アマミノクロウサギさん
思わず「二度見」してしまいました。これを噛んだら、口からトマト汁が飛び散ります。
ちょうど食べ時だと思うのに、ガムの間に捻じ込まれたトマトの想いや如何に。きっとプライドがずたずたです。
彼が、他のお客さんに拾われることを願って止みません。

せめて、冷凍ケースに戻していただきたかった。

投稿: 桜濱 | 2008.06.15 10:07

す、すごいです!!!!!
真っ赤に熟れたおいしそうなトマト♪
こんなものがレジの横に置かれていたら思わず買ってしまいます。

そうしてはじき出されたトマトは、また別のトマトを心の奥で求めていた人のもとへ・・。

小さな奇跡ですね!

投稿: アマミノクロウサギ | 2008.06.15 09:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/41537976

この記事へのトラックバック一覧です: 購入者心理を衝くレジ横の陳列:

« 物産展の頑張り方が微笑ましい | トップページ | 鬼のデザート »