« 「BBフェスタin名古屋」にもおじゃましました | トップページ | 間違い探し »

2006.09.27

傍目八目、油断大敵

 今は昔のこと。上総国の守に平維時という人がいたんだ。この人はたいした武者という評判だったんだ。だから、お上のお仕事のときも、自分のことにしても、どんなときでも、いつでも、ちっとも油断してなかったし、怠けることもなかったらしい。
 この人に使えている者の中に、紀二郎という男がいた。維時にはたくさんの武者が使えていたんだが、この紀二郎はそんな中でも抜きん出ていた。背は高くて、顔かたちは光るように綺麗で、力は強く、足は速く、肝が据わっていて、思慮は深くて、腕が立って…。とにかく、悪いところが見当たらないくらいだったんだ。そんな男だったので、維時も一番の家来としていて、その様子は威風堂々というにふさわしかったらしい。

 ある日、維時の家で紀二郎は同僚と双六を打っていたんだ。そこにみすぼらしくて、もみあげがばらりと乱れただらしない年若い侍がやってきて、その双六をそばで見始めた。
 しばらくして、相手が良い手を打ってきて、紀二郎はどうやって駒を進めればよいのか分からなくなってきた。それで悩んでいると、横で見ていた若侍が、
「こうやって打てばいいじゃん」
なんて口を挟んだんだよ。それがまた良い手でね。
 紀二郎は怒るの怒らないの。怒髪天を衝くっていうのかね。
「この野郎! 余計な事をいいやがって!」
と、双六で使う壺でもって、若侍の目の横を思いっきりぶっ叩いたんだ。
 紀二郎の馬鹿力で殴られたものだから、若侍はふっとんで、涙がぼろぼろとこぼれ始めた。そして、しばらくうずくまっていたかと思うと、すっくりと立ち上がって、突然、紀二郎の頭を突き飛ばしたんだ。紀二郎はさっき言ったように、たいした力持ちだったんだけど、とっさのこと、しかも思いも寄らなかったことだったもんで、ばったりと後ろに倒れこんでしまった。
 若侍は、なんの得物もなかったんだけど、紀二郎が差していた刀を抜き取って、倒れこんだ二郎の上に飛び乗り、ぶるぶると震える手で、二郎の胸を刀の切っ先で突いてしまったんだ。
 そのときはじめて、若侍は自分がとんでもないことをしたことに気づいたんだろう。そのまま刀を持って、慌てふためいて逃げていってしまった。紀二郎の双六の相手をしていた男は、とにかく驚いたもんだから、その間なんにもできないまま。我に返ると、そいつも逃げ出してしまったんだとよ。
 紀二郎の傷は浅かったんだけど、刺されたところが急所だったみたいで、起き上がることもできないまま、体をのけぞらせて死んじまったんだ。

 その後いくらかして、誰かが紀二郎が転がって死んでいるのを見つけたのさ。もちろん、維時の家は大騒ぎ。「あの若侍が見当たらない。あいつがやったんだ」となって、家中の人であっちこっちと探したんだけど、もう手遅れ。どこにいったものやら分からなくなって、それっきりさ。もうどうしようもないやね。

 いなくなった若侍は、力はもちろん、どんなことでも紀二郎の爪の先にも及ばないやつだった。しかし、紀二郎は油断したばっかりに、どうにも手の打ちようも無く、刀で一突きされた後、一言も声を出せないままに死ぬことになってしまっただな。
 維時は、かわいがっていた第一の家来がこんな死に方をしたことを、たいそう惜しんで悲しんだんだそうだ。

 紀二郎は、たいへん立派な武者だったんだけど、油断したことで、全部が駄目になってしまった。
「こんな風に、壺を目に叩きつけたら、誰でも心穏やかにはいられやしない」
と、思い至らなかったもんだから、こんなつまらないことになっちまったんだな。だからみんなはこの話を聞いて、
「やっぱり、どんな相手に対しても軽く見ちゃいけないんだ」
と思い、油断した紀二郎を悪く言ったと、語り伝えているんだよ。

――――――――――

 『今昔物語集』巻二十九・第三十話「上総の守・維時の郎等、双六を打って、突き殺さるる語」の現代語訳です。
 ゲームに熱中していると、他のことがついついおろそかになってしまいがちです。いつどこで何が起こるか分かったものじゃありません。
 それに、どんな人に対しても軽んじてはいけませんね。何が起こるか分かったものじゃありません。
 油断は大敵でございます。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

|

« 「BBフェスタin名古屋」にもおじゃましました | トップページ | 間違い探し »

コメント

>まひろさん
おや、マシントラブルでしたか。「断念」するほどとは、ずいぶんお大変だったことでしょう。しかし、それも解決されたようですね。まとめてお読み下さって、ありがとうございます。

この説話が収録されている巻29は「付悪行」の副題が付けられています。しかし、「悪行」をしたのは一体誰なのか? 読むほどに分からなくなります。油断した「紀二郎」(原文では「大紀二」となっていますが、現代風に違和感の無い名前に変えました)なのか、殺人をした若侍なのか。
原文では、油断した「大紀二」を悪く言っていますが、現代の観念で言えば、間違いなく若侍。殺人して、しかも逃亡までしているのですから。
いや、やはりこの時代でも、殺害者が悪いのには変わりないのかもしれません。それだけに、油断して命を落とした「大紀二」の話が「奇」な話しとして伝わったのかもしれません。
語り口をくだけたものにしたのは、この方が「大紀二」のことをあざ笑っているような雰囲気が伝わるかなぁと思いましたので。

投稿: 桜濱 | 2006.12.08 22:45

あら、今回はずいぶんとカジュアルな語り口ですね。

明確な殺意がなくとも、武器が手近にあると弾みで人を殺してしまって、取り返しのつかない事態に陥ってしまうなぁ。アメリカなどの銃社会なんてのはとんでもないわ。

油断大敵よりなによりまず思ったのがこのことです。
少々カッとしようが、油断しようが素手なら大事には至らないでしょうに。
武器を携帯するなら常に命懸けの覚悟がいりますね。何の覚悟もない人が簡単に武器を手にすることが出来るって、怖いことです。

と、お話の本筋とは少し離れたところでの感想を持ちましたが、これを書き込むのにパソコンの調子が最悪で四苦八苦の挙句、断念。
その後もろもろのトラブルを超えてようやく最近パソコンが手元に戻ってきたのでやっと書き込めました。
あとのお話もこれから読ませていただきます。

投稿: まひろ | 2006.12.07 15:11

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/12064572

この記事へのトラックバック一覧です: 傍目八目、油断大敵:

« 「BBフェスタin名古屋」にもおじゃましました | トップページ | 間違い探し »