« 模様替えのお知らせ | トップページ | 夕暮れの雨の中で。 »

2006.07.22

二度あることは三度あるかもしれません。

 あぁっ、去年と同じあやまちを犯してしまいました。

 去年のあやまちとはこのことでございます。

 今年も、うっかりとスルーしてしまっておりました。去年も2日後に思い出しました。
 少々、形態は変わったものの、「九州男児のにくばなれ」は7月20日をもちまして、無事に2周年を迎えることができました。
 記念に特別な記事を用意しておくべきでした。もう一つのブログを立ち上げたことが2周年記念と言えなくもありませんが…。いや、いくら言葉を費やしても、言い訳にしかなりません。他にいくらでも、言い訳はいくらでも立ちますが、それを申し上げても詮無きことでございますので、ここでとどめておきましょう。

 前年同様、間隔はばらつきながらも、この一年、記事を書き続けることができたのは、読者の皆様のおかげでです。私の文章に目を通して下さる方がいらっしゃると感じ取れることが、どんなに励みになったかわかりません。

 本当に、ありががとうございます。
 そして、これからもどうかよろしくお願いいたします。

 たいしたお礼にもなりませんが、パソコンの中のコネタ写真フォルダのモノを、放出いたします。大蔵ざらえです。もしかしたら、以前公開したモノもあるかもしれませんが「とぼけたやつだなぁ」とお目こぼしくださいませ。

 では、何の脈絡もないコネタたち。おいでなさい。

――――――――――

ドリアンキャンディのポップ?
 小さい字は「ちょっとくさいかも でもおいしい!!」

 愛知県犬山市の「リトルワールド」内です。
 「ドリアンキャンディ」自体はたいしたものではありませんが、段ボールの無造作な切り方、へろへろ具合、そして、上のもしゃもしゃしている何物か分からない飾りが気になります。また行かなくては。

トレッタッテ市場
 トレタッテ新鮮

 愛知県安城市のテーマパーク「デンパーク」の売店です。安城市は「日本デンマーク」と呼ばれていたそうです。公式サイトに書いています。初めて聞きました。この素敵なネーミングの由来は、

 日本デンマークの「デン」、田園の「デン」、伝統の「デン」と公園の「パーク」を組み合わせて名づけられました。(デンパーク公式サイトより)

 日本デンマークの「デン」だけで良かったのでは?

 トレタッテ市場の向かい側には、

デキタッテ工房
 デキタッテ美味しい

 パンなどが売っています。どうもできたてというほどできたてではないように見えました。しかし、雑誌などでは美味しいパンとして取り上げられることがあります。あなどれないのです。また行かなくては。

デンパークのレゴ
 新しい何?

 デンパークのレゴブロックです。「NEW」…、何だったのでしょう。お子様の手の届く高さだったことが敗因です。

パチンコ屋さん
 パチンコ台に関する張り紙

 おそらく、肖像権、意匠権などという言葉は念頭になかったのだと思います。

人間の許容限界事典
 書名が長すぎて2行になっています

 人間はどこまで耐えることができるのか!を追求している事典です。こんな写真が載っていました。

人間の許容限界事典・中身
 ほっぺの膨らみが痛々しいです

 絶対に持ち上がらない重さのものを持ち上げさせられているようです。世の中にはいろんな仕事がありますね。
 この本のデータは、
  書名:人間の許容限界事典 出版社:朝倉書店 著者:山崎昌廣・坂本和義・関邦博 発行年月:2005年10月 税込価格:¥39900 ISBN:4254101910
です。

笛とクレープ
 どっちを買うか迷います

 生まれはそうかもしれませんが、作っている人は間違いなく日本人でしょう。

ホームのはずれのお手洗い
 緊急時に困りそうです

 本物の「雪隠詰め」です。

――――――――――

 はずれまで行きましたので、今日はこれでおしまいにいたします。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

|

« 模様替えのお知らせ | トップページ | 夕暮れの雨の中で。 »

コメント

>まひろさん
そうなのです。また去年と同じことをやらかしてしまいました。「たらふく。」は2周年記念の一環だったのですが、肝心な日にそれをすっかり忘れていました。ニンテンドーDSの「脳トレーニング」では、57歳です。

>ちょうど20日のコネタ道場で7回目の入選をなさっていたので二重のお祝いを申し上げようとこちらに来てみましたが、あら?更新なさってない。
あっ、お祝いをするのにぴったりな日に採用されていたのにっ。ご指摘をいただけるまで、ぜんぜん気づいていませんでした。57歳だからでしょうか。
入選すると、いや、(※もう一息)でも、採用される度に、すごく喜んでおります。心の中で大騒ぎですよ。どんちゃんです。

来年こそは、忘れずに大ネタを用意したいと思います。忘れずに手帳につけたいものの、来年3月末までのページしかないため、それも出来ません。心のメモリに書き込んでおきます。不安定なメモリですが(笑)

「ミスド」と「マウンテン」を移したので、「今昔物語集」のウエイトが大きくなりました。くすっとほほえんでしまうようなお話を選び出して、訳していきますね。

>うえるりゃさん
いろいろとありがとうございます。
更新頻度が低いので、もう200も書いたとは思いませんでした。ココログの管理画面で190あたりになったときくらいからドキドキしてきてました。

「山」に行き、高山病で済んだのでしたら、良い方だと思います。あそこには数多の遭難者の塚がありますもの。でも何故か、店内でえらいことをしでかしてしまったという話は聞かないのです。不思議なところですよ、あそこは。

「ほほえみの貴公子」とは! なんて素敵な響きの肩書きでしょう。 体を壊さない程度に甘いものを追い求め、皆様が楽しんで下さるような、ネタを書いていきたいと思っておりますので、これからもどうかご贔屓に。

投稿: 桜濱 | 2006.07.23 02:15

2周年おめでとうございます。&200記事&別ブログ立ち上げ、おめでとうございます。
思えば、桜濱さんに魅せられて旅先でマウンテンにも行ったもんです。そして、高山病にかかりかけました。
甘党への道は険しいです。
これからも、「ほほえみの貴公子」としての活動、楽しみにしておりますね。

投稿: うえるりゃ | 2006.07.23 00:57

私も去年と同じコメントを書かせていただきます。

「あら、やっぱりそうだったんですか」

二周年を目前にして「たらふく。」を立ち上げたりなさっていらしたので今年はよもやお忘れではないでしょうと思っていたのですが。
ちょうど20日のコネタ道場で7回目の入選をなさっていたので二重のお祝いを申し上げようとこちらに来てみましたが、あら?更新なさってない。
これは、この一年の間に黒帯になられたり、ふたつのブログを運営されるようになられたりしたので、もう、二周年とか、7回目の入選くらいで騒いではかえって失礼になるかしらと思って、すごすごと退散いたしました。
自分のページを持っていない身にはそのあたりの機微が分からないもので…。
鬼が大笑いしてしまいますが、来年こそ、三周年のお祝いを当日に申し上げたいと存じます。
桜濱さんに二度あることが三度あったら、私にとっては三度目の正直ですね。

「アカデミック」が副題からなくなってしまいましたが「今昔物語」がなくなるわけではないようですので、次回作、楽しみにしております。

投稿: まひろ | 2006.07.22 21:26

>リムさん
お祝いとお褒めのお言葉、誠にありがとうございます。
根気の無い私が、よくこれだけ続けているものだと、我ながら驚いています。

人間の許容限界事典は、写真も面白いですが、文章も面白いですよ。「布団がどれだけふわふわだったら気持ちよく眠れるのか」の検証なんてのが載っていたりして。よくまあこれだけ限界を集めたものだと感心します。
事典なので、図書館では参考図書扱いになり、貸し出し不可だと思います。あの厚さだと、全部をコピーすると(著作権法違反かも)、4万円以内で収まると思いますが、その労力を考えると、4万円出したほうがいいような気がします。
アマゾンで人気が出れば15%オフなんてことになりますが、無理、でしょうね(笑)

投稿: 桜濱 | 2006.07.22 20:10

2周年おめでとうございます。
しっかりとした文の書ける桜濱さんのことですから、続ければ続けるだけ面白い話が読めるような気がします。
これからも楽しませていただきます。

「人間の許容限界辞典」
うっかり欲しくなって、Amazonで検索したところ・・・・4万円・・・・
うーん、図書館で借りるかなぁ~

投稿: リム | 2006.07.22 19:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/11054726

この記事へのトラックバック一覧です: 二度あることは三度あるかもしれません。:

« 模様替えのお知らせ | トップページ | 夕暮れの雨の中で。 »