« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.30

今日の「山」登りは「えびピラフスペシャル」&「ココアフロート」

 「スペシャル」。それは特別。
 前々回の記事で、夏みかんが「特別のみかん」の雰囲気を持っていると書きました。「普通のもの」には無い、特別なファクターを見出すことができるのです。

 「喫茶マウンテン」のお品は全てがスペシャルのように見えますが、そのスペシャル揃いの中で、さらに「スペシャル」を冠する「山」があるのです。それが…、

えびピラフスペシャル
 どこがスペシャルなのかを探します

 「えびピラフスペシャル」です。「スペシャル」の中の「スペシャル」ピラフ。
 えびが入っているのだろうということは、当初から予想できたのですが、「スペシャル」部分が何を表しているのか、どう頭をひねっても、全く予想ができませんでした。
 
 そして驚くべきことは、実物を見ても、何がスペシャルなのかが分からないのです。ピラフにえびが入っているのは確認できました。そしてその他に、あさり、グリンピース、玉ねぎの姿があります。
 魚介類仲間として、えびとあさりが手を組んでいるのがスペシャルなのでしょうか。魚介類だけではなく、緑鮮やかなグリンピース、しゃっきりした歯ざわりの玉ねぎのみじん切りが入っているのがスペシャルのでしょうか。
 いや、グリンピース、玉ねぎが入っている他のピラフもあります。では、えび+あさりを指しているのでしょうか。それをスペシャルと呼んでいいのでしょうか。疑問を脳内に駆け巡らせつつ、ピラフをスプーンでひとすくい。

 えびとあさりはシーフードミックスのもののようです。海の香りとやや強めの塩気を感じます。ピラフの味はオーソドックスなコンソメ味、ごはん一粒一粒が油をまとい、ぱらりとしたちょうど良い炒め具合とおります。
 上に「とっちゃり」とかけられたホワイトソースが塩気を和らげて、全体をまろやかな味に仕上げているのは、計算されたものでしょうか。
 福神漬けが添えられていますが、これは他のピラフにも添えられているので、これがスペシャルの由来ということはないでしょう。

 もくもくと完食したものの結局、何がスペシャルなのかは分からずじまいでした。味はいたって普通なのですが、謎が謎を呼ぶお品です。

 食後はココアフロート。

ココアフロート
 「チョコレートフロート」もあります

 いつものことながら、絶妙な技でグラスにアイスが盛られておりました。いつものことながらフローティングはしていません。
 フロートカテゴリーには、「チョコレートフロート」もあります。「チョコレート」と「ココア」、どのような違いがあるのでしょうか…? これまた謎メニューといえるでしょう。
 以前、「チョコレートフロート」のレポートを載せたことがあります。その「チョコレートフロート」と見比べてみてください。

 そうです。盛られたアイスクリームが違うのです。「チョコレートフロート」は、バニラとチョコレートの「ハーフ&ハーフ」、「ココアフロート」はバニラアイスのみなのです。 
 ココアは若干色が薄く、味はカップ自販機のものと似ているような気がします。味も「ちょっと薄いかな」と思いましたが、飲み食べ続けるうちに、溶けたバニラアイスがココアと混じり、ちょうど良い甘さになりました。これも計算されたものなのでしょうか。

 どうやら「えびピラフスペシャル」の「スペシャル」は、ホワイトソースがかけられているからという説が有力のようです。
 他のお品にもホワイトソースがかけられているのに…、何故? 「えびピラフスペシャル」は、いつまでも謎メニューなのです。

 そして、私が制していないフロートは「オレンジフロート」のみとなりました。オレンジジュースのフロートはあまり聞きません。いや、他では全く聞いたことがありません。目にしたことがありません。危険な香りを感じております。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.29

ドント・タッチ

 犬はお好きですか?
 私は嫌いでした。幼少の時分、隣家の犬に追いかけられたことがあるからです。大きな犬ではありませんでした。普通の柴犬だったはずです。しかし、小さい私にとっては、怪物の如き存在のように思えたのです。

 以来、大きかろうと小さかろうと犬を敬遠しておりました。しかし、私もいい年となりました。もはや、小さい頃のような犬に対する恐怖心はございません。
 でも、巨大で獰猛なワンちゃんに追いかけられたらどうでしょう。また恐怖心が再発するかもしれません。用心に越したことはないのです。
 このように書かれてある場所は敬遠すべきでしょう。

ワンワン
 猛犬!ワンワン!

 赤い字が怖ろしいですね。口から血を滴らせながら「ワンワン」と吼えられる場面を想像してみてください…。背中に冷たい汗が流れますね。

 この用心書きの近くには、猛犬どころか、チワワさえもいませんでした。

 久しぶりの写真一発ネタです。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

まばゆく甘い「ポン・デ・夏みかん」

 「夏みかん」というと、あまんきみこさんの小説を思い出します。小学校の教科書に載ってたものです。調べてみると『車のいろは空のいろ・白いぼうし』というタイトルでした。タクシーの運転手さん「松井さん」と不思議なお客さんたちとの物語です。
 「白いぼうし」の冒頭は松井さんと、お客さんの会話から始まります。

 「これは、レモンのにおいですか?」「いいえ、夏みかんですよ」

 松井さんは、知人から贈られた夏みかんを芳香剤の代わりに、車中に置いていたのです。
 この会話で、私は夏みかんが香りの強いものなんだなと知りました。
 実際に夏みかんを手にしたとき、その香りを確かめると、厚い皮に蓄えられた強い酸味、鼻と目を軽く刺激するさわやかさ、そしてなんとなく油っぽい手触り。

 「夏みかん」に対して「冬みかん」とは言いません。「冬みかん」すなわち「温州みかん」が「普通のみかん」だと考えられているからでしょう。それだけに「夏みかん」は「特別なみかん」だという感じがします。

 「冬みかん」よりも、大きくて、
 「冬みかん」よりも、香りが強くて、
 「冬みかん」よりも、甘味が鮮やかで、
 「冬みかん」よりも、すっぱくて、
 「冬みかん」よりも、目に眩しい。

それが「夏みかん」のような気がします。決して「温州みかん」の地位に疑問を投げかけているわけではございません。「温州みかん」の安心感、安定感は揺るぎないものだと思っております。
 ただ、「夏みかん」には、季節を冠するにふさわしい要素を多分に含んでいると思うのです。夏の好ましさがいっぱいに詰まっているように思うのです。

 ミスタードーナツの夏季限定商品「ポン・デ・夏みかん」は、明るく鮮やかな夏の雰囲気をいっぱいにまとっていました。甘いけど、すっぱい。ちょっとだけクセのある皮の味。そして、いつもの「ポン・デ・リング」よりも、ぴかりんと輝いています。

ポン・デ・夏みかん ¥126
 紙ケースに入っていたところが湿気で色が変わっています

 「ポン・デ・夏みかん」のベースとなる生地は「ポン・デ・リング」と同じです。直径は約100mm、中央の穴は50mm(共に最大値)、横面をカットして、間に夏みかんペーストを挟みこんでいます。紙のケースに入っていて、表面のパウダーやフィリングが手に付きにくいようになっています。
 表面にまぶされたオレンジ色のパウダーは、酸味が強く、甘みはあまり感じられません。その分、ペーストはさわやかな甘みが前面にでており、酸味は少々。そして、夏みかん特有の皮の苦味が、ほんのほんのちょっとだけ見えました。ペーストをよく見ると、わずかに皮らしきものが確認できます。ゼリーを粉砕したようになっていて、マーマレードにも似ていますが、マーマレードのように皮の存在ははっきりしていません。

ポン・デ・夏みかん(内部)
 ジャムよりさらりとしています

 もっちもっちとじっくりしっかり味わいますと、マーマレードの甘みだけを抜き出したような夏みかんペーストの味がぱーっと広がり、パウダーのちょっとしたすっぱさがそれを支えます。この二つの味が生地と交わって、まるで「みかんもち」のような食感と味になりました。

 見ているだけで口が潤い、のどが潤う。この季節だからこそのお品です。涼しいお部屋で、冷たいお飲み物(できれば、あまり甘くないもの)と共にいただくのがよろしいかしらんと思いました。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.06.09

爽やかでかわいいペンタゴン「フルーツシュードーナツ」

 昨年夏、ミスタードーナツは1993年に発売された「アメリカンフルーツ」を「アメリカンフルーツJr.」の名前で、期間限定商品として、再発売をしました。
 その「アメリカンフルーツJr.」が好評を博したのでしょうか、今年は少し姿を変えて「フルーツシュードーナツ」の名前で、6月5日から発売が開始されました。
 「『アメリカンフルーツ』が定番化してくだされば嬉しいのに」と思っていた私にとっては、とびっきりの朗報です。さっそく今年の「アメフル」、いや「フルシュー」…この呼び方ですと、気が抜けたようになりますね。訂正いたします。「フルーツシュードーナツ」をいただきにショップへ向かいました。

 五角形と星型の中間にあるような、かわいらしいフォルム。片面にはパウダーシュガーがまぶされ、半分にカットされたその間に、ヨーグルトクリームをフルーツソースがはさみこまれています。フルーツソースは、「マンゴ」「ブルーベリー」「ピーチ」の3種類、ヨーグルトクリームは三種類共通のものとなっています。

フルーツシュードーナツ3種
 「フルーツシュードーナツ」を前にしたリカちゃん

 大きさは直径85mm、厚さは45mm(ともに最大値)、中心には生地がふくらみすぎてややつぶれてしまっている穴があいています。
 表面がさっくり軽く揚げられて、内部は大きな気泡を持ってふんわりと。フレンチドーナツ系の生地ですね。4月の期間限定商品「エンゼルエッグ」によく似た食感です。同じ生地を使っているように見えます。

 フィリングのヨーグルトクリームは、クリーム感がやや強めです。ねっとりとした舌触りとなっています。ホイップクリームよりもカスタードクリームに近いなめらかさです。酸味はやや抑え気味でしょうか。その分甘味が引き立っていますが、そのバランスは取れていて、ヨーグルトの風味が生かされていて、じつにさわやか。でも、その味は、舌の上に長めに舌に味が残るという、ちょっと不思議な味わいです。

フルーツシュードーナツ・フィリング
 フィリングはこのように

 「マンゴ&ヨーグルトクリーム」は、細かく切ったマンゴーの実と、ペースト状のマンゴークリームが混ぜ合わされたものが入っています。マンゴーの実が入っていますが、熱帯の密度の高い空気を含みこんだような、マンゴー独特の強い甘味ではなく、ヨーグルトクリームにあわせたのか、さっぱりとした香りになっていたように思います

 「ブルーベリー&ヨーグルトクリーム」が3つの中で最も甘味を感じました。「プチッ」としたブルーベリーの食感、そしてソースのしっかりした酸味と甘味は、ヨーグルトクリームのそれとは上手い具合にコントラストが取れていました。

フルーツシュードーナツ・ブルーベリー&ヨーグルトクリーム
 つぶつぶ入りです

 「ピーチ&ヨーグルトクリーム」のピーチは、桃の生の果実の味というよりも、缶づめのピーチの味に似ているような…。もしくは「不二家ネクター」の味に。桃本来の甘味、香りというよりも、桃缶のシロップを思い出させてくれるものでした。

 現在、「misdo Licca」キャンペーンの第2段、「レアル・マドリード」のユニフォームを着た「Real Licca chan」プレゼントキャンペーンが行われています。期間は6月26日(当日消印有効)まで、5000セット限定となっています。
 300円分の商品の購入ごとにもらえる、ミスドカードのはずれスクラッチ8枚を1口として応募するしくみとなっています。

 8枚!?

 前回の「misdo Licca」では5枚だったような…。ドーナツを食べまくって6口応募したような…。全部外れたような…。体重が増えたような…。

 今回は応募はちょっとパスいたします。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.06.01

甘党特製QRコード・改

 昨日の記事「甘党特製QRコード」に、べんぞうさん

>最近ではGIFアニメにしても面白いかもと思ってます。

というコメントを下さいました。…面白い。確かに面白いです! さすがダブル黒帯は一歩先を見つめていらっしゃいます。

 面白い。なので、我慢ができなくなりました。お先に作らせていただきます。

 まずは、QRコードの調査から取り掛かることにしましょう。今回作るGIFアニメQRコードは、電光掲示板方式(もしくは株価表示方式)をとることにいたしました。文章が右から左に流れていくようにします。
 どこに文字を埋め込むことができるのでしょう。QRコードの技術解説を読むことは、かなりの苦痛を催すことになると判断いたしましたので、実際に、QRコードを削って認識するかどうか確かめることにしました。

右下カット

 右下を削ってしまうと、全く認識してくれません。右下にある一辺が5セルの正方形を完全に消すと不具合が起こるようです。

ハラキリ

 削ってはならない5セルの正方形を残して、ハラキリをしました。こちらは、認識してくれる時と、してくれない時が半々くらいです。ちょっと動作が安定しません。

半分残す

 上のハラキリから半分を残した状態にすると、9割がた認識してくれました。この部分に文章を流すことにしましょう。できるだけモザイクを残した方がQRコードっぽく見えますね。それと、ハラキリ全体に文章を流すためには、ほぼ倍量の元画像が必要になります。それを作るのは骨が折れます。そして、私の性格を鑑みると、途中で飽きる公算が非常に高いです。後者の理由の比重が非常に大です。

Visual G++
 アニメに変換

 埋め込み文章を2セルずつ左にずらした画像を、たくさん用意して、それをGIFアニメ形式に統合します。この作業には「Visual G++」というフリーソフトを使いました。元画像ををまとめてドラッグ&ドロップするだけで、GIFアニメに変換してくれます。

 できあがりました。

甘味が好き☆
 好きなんです

 やはり、昨日のよりも、こちらの方が目を惹きますね。右サイドバー、昨日作ったQRコードの下に置くことにいたします。
 ハラキリを止めて、作らねばならない元画像の量を減らしましたが、昨日の比ではないくらい脳内がチカチカしています。途中でややくじけそうになりました。ハラキリ止めてよかったです。己の性格を冷静に把握したことが奏功いたしました。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »