« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

今日の「山」登りは「アボガド&えびクリーム」&「アメリカンコーヒー」

 「甘い言葉には罠がある」

 この春、名古屋市千種区、昭和区あたりの学校に入学された学生さんの一部は、この言葉を身をもって感じたのではないでしょうか。

 「甘い言葉には甘さを以って」

 正確には、このような言葉になるでしょうか。

 「新歓するから来なよ。いやいや、酒は無しだよ。普通の食事会みたいなものだから。いやいや、会費はいらないよ。僕たちのおごりさ」

 甘口スパ。私は美味しいと思うのですが。

 愕然とする新入生の方々がいらっしゃる中、私たちは、普通に食事と喫茶をするのです。

 お供してくださったのは、いつもの通り、ささのってぃ氏。コーヒー好きの彼のオーダーは「アメリカンコーヒー」。この勢いで喫茶をすれば、近いうちにマウンテンのコーヒー部門をコンプリートしてくれそうです。

アメリカンコーヒー
 濃いアメリカンコーヒー

 「アメリカンコーヒー」とは言うものの、他の喫茶店の普通のブレンドコーヒーと比すると、若干濃い目のようです。メニューでは、

 ストロングコーヒー … 300
 ソフトコーヒー … 300
 アメリカンコーヒー … 350
 ミルクコーヒー … 350
 ウインナーコーヒー … 350
    ・
    ・
    ・

と、なっていますので、「山」には「アメリカンコーヒー」よりも低い「コーヒー山」は存在しないと思われます。

 私の注文した「アボガド&えびクリーム」は、本体の名前は書かれていませんが、スパゲッティーです。それさえ分かっていれば、どのような山かは、容易に想像が付きます。アボガド(アボ『カ』ドが正式名称ですが、あえてママで書きます)、えび、クリームが入っているのでしょう。

アボガド&えびクリーム
 黄緑がかっている


 やはり、想像通りのものでした。上記の食材に、タマネギ、ニンニクが力を貸しています。そして、

アボガド&えびクリーム・アップ
 肩まで浸かってます

 油も力を貸しています。澱んでいます。

 ベースはコンソメ味、それにホワイトソースが混ぜ込まれていますね。やや塩気が強いのは、ホワイトソースのものなのか、えびから出たものなのか。それに、やや青くささを感じます。これはアボガドのものでしょう。
 その主役・アボガドは、

ごろごろアボガド
 大きいと得した気分になりますね

 「ごろごろ」と出てきます。実にダイナミックなカットですね。

アボガド・アップ
 何という切り方でしょうか?

 ねっとりとした舌触りのアボガドは、柔らかく茹でられたスパにまとわり付いたホワイトクリームと同化して、どこまでがアボガドで、どこからがクリームで、いつまでがスパなのか、境界が曖昧になっています。これは、無理に分別はせずに、「アボガドクリームスパ」という一つの存在と考えたほうがいいのかもしれません。それに、えびやタマネギやニンニクが加わっているとしましょう。

 「ごりっ」

 歯が、火の通っていないニンニクに遭遇しました。強い刺激と香りが口腔を包みます。精力が尽きそうです。いや、付きそうです。

 15分ほどで、登頂に成功しました。

黄緑の油池
 相変わらずの池っぷり

 ささのってぃ氏が、私の皿を見て言いました。

 「オイルマネーを手にしたね」

 でも、大富豪の気分には、それほどなれませんでした。

 アボガドの舌触りと香りが苦手でなければ、それほど困難な山ではないでしょう。

 おっとと、追記です。「サラミのナポリタン」(スパゲッティー)がメニューから消されていました。2005年8月改訂版(最新版)で新規加入したものなのに、もう消されるなんて…。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.04.20

おめでたい「クリスピースティック」と、ふわりと舞い上がる「エンゼルエッグ」

 久々のミスド記事です。
 「ちょっと役立つ生活情報を、手早くお手軽に」というキャッチフレーズは、今思いたものですが、その精神はずっと持ち続けて記事を書いておりました。それなのに、今頃になって、「クリスピースティック」と「エンゼルエッグ」の感想を書くのは、顔を上げて歩けないくらい、罪深いことではあるのは分かっております。

 でも、書きます。今、書かねば、もっと罪深いことだと考えました。恥を忍んで、書きます。上の二品をご購入する際の参考にしていただければ幸いでございます。

――――――――――

 縁起物というのがあります。例えば鯛。「めでタイ」につながるからですね。昆布、「よろコブ」です。数の子は、いっぱいの玉子で、子宝にめぐまれますようにと。あと、縁起が悪い言葉を縁起の良い言葉に変えるということもしますね。スルメは「擦る」につながるので、「寿留女」と書いたり、「アタリメ」と呼んだりします。
 このように、日本人は食べ物に食べること以外の意味を見出すことがあるのです。このような風習を、ドーナツに当てはめるとどうなるでしょうか。これは深く考えなくても答えを出せます。

 形が丸いから「円満」。

 ドーナツは縁起物なのです。「ハニーチュロ」の元である「チュロス」は、映画館などで売っているものは棒状です。しかし、ぐるりと折り曲げて、端と端をくっつけて、円状にしています。

 「ハニーチュロ」も「円満」

 ミスタードーナツには「円満」が満ち溢れているのです!…と申し上げたいのですが、何にでも例外はあります。これから取り上げる「クリスピースティック」。円じゃありません。あまつさえねじれています。「ねじれる」にあまり良いニュアンスが感じられません。
 それでは、「クリスピースティック」は忌むべきものなのか。いえ、形や名前とは別方面に縁起を見出すことに成功しました。

 「クリスピースティック」は「ザクザク」した食感なのです。

 「ザクザク」。なんて縁起の良い言葉ではありませんか。「ここほれワンワン。掘ったら、お宝、ザックサク」という例を挙げるまでもなく、富裕繁栄の意味を有していることが分かりますね。
 それでは、目の前にお宝が降りそそぐことを祈り、安心して「クリスピースティック」をいただくことにしましょう。

クリスピースティック2種
 シナモンが無くなったのは残念

 今回発売されたクリスピースティックは、リニューアルということになります。それまで4種類あったものを2種類にして、チョコレート風味の生地を混ぜ込んでいて、食感をより「ザクザク」したものに変えたということです。トッピングにやや変更があるものの、見た目はこれまでのものと大きく変わっているようには見えません。サイズは、長さ190mm、幅(直径)25mmとなっています(実測値)。

 「クリスピースティック」はその名前のとおり「パキッ」と折れるのが特徴でした。そして今回も…、

 「ポクッ」

 なぜだか、「ポクッ」とした折れ方をしました。より「ザクザク」した食感にすると、「パキッ」が「ポクッ」と折れるようになるのです。新発見です。

クリスピースティック断面
 生地はマーブル状になっています

 それでは、まずは「メープルチョコクリスピー」からいただいてみましょう。…あっ。半分にする際に、手に油などが付かないようにと、ナプキンを使ったのですが、メープルシロップのせいで、ナプキンがくっついてしまいました。…あっ。ナプキンを剥がしたらメープルシロップにナプキンの繊維がわずかに残ってしまいました。「メープルチョコクリスピーを召し上がるときは、手やナプキンにメープルシロップが付かないようにお気をつけください。結構べとべとします。

 一口噛んだときの「ザクザク感」は明らかに上昇しています。これは心地よい食感です。さすがに「ザクザク」を大々的に表明しているだけのことはあります。メープルシロップの香りと甘さが強く立ち上り、口から鼻へとじんわりと染み渡るようです。
 生地は表面から中までしっかりざくざくしています。中でも「おこげ」の部分の食感が好ましいです。ザクザクの中でも極まったザクザクです。おこげのザクザクが「クリスピースティック」の眼目なのかもしれません。

 「ダブルチョコクリスピー」は、「メープルチョコクリスピー」と同じ生地に、チョコレートソースとパウダーシュガーが掛かったものです。
 こちらは、完全にチョコレート一色。「メープルチョコクリスピー」に比べると、やや変化に欠けると言わざるを得ません。表面のチョコレートの主張が弱いからなのか、同じ「チョコ+チョコ」の「ポン・デ・ダブルショコラ」に比べると、チョコレートの印象がぼんやりとしているのです。
 甘みも「メープル」よりも、若干弱いように感じました。これは、メープルシロップの甘みが強いことによる、相対的なものと見ることもできるでしょう。甘さが決定的に欠けているわけではないので、甘さひかえめがお好きな方はこちらをどうぞ。

 「クリスピースティック」には、4本入りセットのボックスがあります(お店によるのかもしれませんが)、縁起の良い「ザクザク」のセットです。お土産にするには、もってこいではないでしょうか。

―――――――――――

 そして、今月の新製品「エンゼルエッグ」の感想と行きましょう。

 プチシュータイプの「エンゼルエッグ」は、「ふんわりホイップ」「ふんわりカスター」「ふんわりイチゴ」の3種類。実際に販売されるときは、「ふんわりカスター&ホイップ」「ふんわりイチゴ&ホイップ」の2つの組み合わせとなっており、1月の限定商品「春小玉」と同様の形態ををとっています。

エンゼルエッグ2種
 天使の羽のパッケージ

 「エッグ」の名の通り、楕円球形。直径37mm(最小部)、52mm(最大部)で、ぱくりと一口でいける大きさとなっております。

 生地は、フレンチドーナツと同じもののようです。普通のシュークリームの生地よりも、ややしっとりしており、弾力性も強めです。クレープ生地に近いでしょうか。
 「ふんわりホイップ」の中に充填されたホイップクリームは、他の商品のホイップクリームと同じでしょう。まさに、ふんわり。そしてさっくり。かる~くいただけます。他のドーナツのいいとこ取りのお品のため、安心して味わえるのですが、意外性にはやや欠けるでしょう。

 「ふんわりカスター」は、片面にチョコソースがかけられ、その上に、カラーシュガーがまぶされています。生地は「ふんわりホイップ」と同じですが、中身はカスタード+ホイップクリームとなっていて、玉子の香りとホイップの軽さが絶妙なバランスで融合しています。さらにバニラビーンズも加えられており、味にアクセントが効いています。
 このカスタードクリームと表面のチョコレートが合わさると、豊かな甘みに満ち満ちます。チョコバナナの味わいに近いように思いました。

 「ふんわりイチゴ」のクリームは、他2つのはるか上を行く鮮烈な印象です。酸味が効いて、春らしい明るい彩り、かるいホイップにイチゴの風味がしっかり。表面のイチゴチョコレートと合わさることで、相乗的にイチゴのお味が強まっています。

エンゼルエッグ断面
 これはしっかりとクリームが入っていますが、たまに空洞が大きいときも…

 「春小玉」の時にも思ったことですが、セットの内訳を自分で決めることができたら、より良かったと思います。店員さんにお手間をおかけするのは分かっております。でも、「ふんわりカスター&イチゴ」が欲しかったです。どちらか甲乙つけがたいのです。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.11

春の植物園―花見、木見、瓢見

 この春最後の思い出作りに、東山植物園に行ってまいりました。
 植物園ですから、桜があるというのは、それほど深く考えずとも分かることです。ですので、桜は二の次。桜以外の何かが見られるの期待して。

 市営地下鉄星が丘駅から、徒歩10分ほどで植物園の入り口に着きます。駅から入り口まで、ゆるい上り坂となっており、植物散策前に5割ほどの体力が失われました。失われた5割の力は、美しい植物を見ることで回復を願いましょう。

黄色い花
 黄色くて、わーっと咲いている花

わらび
 健康診断の季節ですので、前日にでもぜひ召し上がってください

鳥と花
 白い怪鳥とチューリップ

 星が丘門から入った場合(植物園の入り口は3つあります)、最後に目に飛び込んでくるのが…、

でかい木
 あれは、なんだ!?

でかい木・真下
 圧倒されます

 でかい木です。桜の木と比較してみてください。あまりのでかさに圧倒されます。さすが植物園の木! 園外の植物とは一線を画した、植物のエリートっぷりを見せ付けています。

縄文杉説明
 数千年の歴史!

 縄文杉! これがあの有名な縄文杉! 教科書で見たものが、いまこの瞬間、眼前にそびえ立っているのです。

でかい木
 軽量鉄骨、モルタル仕上(一部FRP)

 …不動産屋さんで見たことのある言葉です。

 「そりゃ、そうだよなぁ。あるわけねぇよなぁ」

 私の横にいらっしゃった紳士が、私の想いを汲み取って下さいました。

 …

 「これで、植物園散策はおしまい」と思ったところに、実に魅惑的な単語が目に留まりました。

ひょうたん展
 ひょうたん展

 迷わず、展へと足を向けました。

 展のひょうたんは、もちろん生ではなく、飾り用の乾いたひょうたんです。水につけたり、乾かしたり、干したり、磨いたりして、よい飾りひょうたんを作るはずです。志賀直哉の『清兵衛と瓢箪』に、そんな風にして作ると書いていたような覚えがあります。

 能書きはこれくらいにいたしますので、とにかくすごいひょうたんをご覧下さい。

ひょうたん1
 居並ぶひょうたん

 これ、全部…、

ひょうたん2
 お坊さんと女房

 百人一首が描かれているのです!すごい!

ひょうたん3
 飛び跳ねてます

 ひょうたんを滝に見立てて、鯉を登らせています。縁起が良いです!すごい!

ひょうたん4
 駄洒落と思わないようにしましょう

 六個のひょうたんで「六瓢」。イコール「無病」。掛け言葉です。これまた縁起が良いです。すごい!

 このように、古典っぽいひょうたんもあれば、時代に即したポップなひょうたんも展示されていました。

人気キャラひょうたん1
 「キ」さんのみエントリー

 いまだに人気の覚めやらぬ万博のマスコット「キ」さんが、ここにも顔をだしていらっしゃいました。目が少し怖いです。しかし、なぜかその相方は「モ」さんではなく、ややマイナーな中部国際空港のマスコットキャラでした。

人気キャラひょうたん2
 世界一有名

 あまり深くは触れませんが、ひょうたん界でも人気のようです。

人気キャラひょうたん3
 やっぱり世界一有名

 また、登場されていらっしゃいます。やはり人気のようです。でも、右のひょうたんは…?

イナバウワー
 世界一の説明書

 !! バウワーでしたかっ! この手書きの説明書が無ければ、三日三晩悩み続けるはめになるところでした。カスタマーサポートがしっかりしています。

 こうして、ひょうたん鑑賞をしていると、あちらこちらで、

 「これは色使いが派手すぎるな」
 「つやが…」
 「形がもうすこし…」

などという会話が交わされていました。奥深きひょうたん界です。

 しかし、私のような、ひょうたん歴1日の人のために、「一から分かるひょうたん解説」のパネルも用意されています。

ひょうたんの説明
 10分でわかるひょうたん講座

 ひょうたんといえば、お酒の入れ物のイメージが強いですが、広く世界に目を遣ると、飲み物入れ以外にさまざまな使われ方がされているのです。

ひょうたんの使われ方
 9/100の使われ方

 宮古島のカモは、ひょうたんに誘われてしまうのです。実に悲哀に満ちた使われ方ではありませんか。
 ほかにも、この使い方や、その使い方、そしてあの使い方が目に付きますが、目に付けておくだけにして、感想は御免蒙らせていただきたく思います。

 『清兵衛と瓢箪』には、ひょうたん愛好家のお金に糸目をつけないさまが書かれています。展をちらりと見ただけですが、その気持ち、分かるような気もいたします。見て、触れて、カモを捕まえたくなりました。いつか、お金に余裕ができたとき、素敵なひょうたんを手に入れたいと思います。

金ひょうたん
 天まで届け、金ひょうたん!

満開でした
 もちろん桜も見ましたよ


――――――――――

 やっと、絵を下にやることができました。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.01

エイト・オー・オー

800


 一生懸命描きました。

 (2006年4月2日追記)
 問題がありそうな部分を加工させていただきました。


人気blogランキング

ほめられて伸びるタイプなので、押していただけるとすごく喜びます。


・本記事からのトラックバック先
http://chienowa8017.cocolog-nifty.com/76/2006/04/post_6376.html
http://samohan.cocolog-nifty.com/otya1/2006/04/post_1a3b.html

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »