« 季節先取りの「春小玉」 お味は「チ」 | トップページ | 今日の「山」登りは「マカライスハンバーグ」&「エメラルドカクテル」 »

2006.02.01

ルージュ・エ・ノワール

 忙しいのですが、あまり放置するのも気が引けるので、短く簡単な写真ネタで、お茶を濁すことにいたします。

 これを御覧下さい。

バス停の下の方
 211円

 これは、名古屋市営バスのバス停の時刻表に貼り付けられてあるものです。なんでも名古屋市営バスは大幅な赤字とのことで、利用者の方々に「赤字なのです!苦しいのです!」という胸のうちを声を小さくして、お知らせしているのです。

 このバス停の路線では、211/100。つまり100円の利益を得ようとすると、111円の損になっているというのです。ちなみに名古屋市営バスは、一乗車・一律200円(大人)となっています。大人のお客さんが一人やってくると、222円がバスから転げ落ちていく仕組みになっているということですね。

 赤字なのは分かります。でも、わざわざ、こっそり、けど目に付くように、こんなこと書かなくてもいいのに…。

 他の地域のバスでも同じような表示はあるのでしょうか?

――――――――――

 次回は、喫茶マウンテンの最新情報をお届けする予定です。大変な事が起こっていました。

|

« 季節先取りの「春小玉」 お味は「チ」 | トップページ | 今日の「山」登りは「マカライスハンバーグ」&「エメラルドカクテル」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/8461441

この記事へのトラックバック一覧です: ルージュ・エ・ノワール:

« 季節先取りの「春小玉」 お味は「チ」 | トップページ | 今日の「山」登りは「マカライスハンバーグ」&「エメラルドカクテル」 »