« 大道芸ワールドカップin静岡2005―2日目 | トップページ | 大道芸ワールドカップin静岡2005―最終日 »

2005.11.06

大道芸ワールドカップin静岡2005―3日目

 今日は「大道芸」らしく、呉服町、青葉公園など、ストリートのパフォーマンスを中心に回ってきました。

 最初は若き実力者、「キム・チャンヘン」さん。昨年の静岡大道芸見た彼のパフォーマンスは驚きでした。「なんというスピードとキレの良さなんしょう」と。
 今年はそれにますます磨きがかかり、正確で安定感が加わった演技となっておりました。ヨーヨーが手足を動かすように操られるのです。いや、自分の手足であったもあのような速さでは動かせないでしょう。道具を手足以上に動かせるのです。

051105_01


 まるぼうずのカツラをかぶった5人組「モンク」。「お坊さんの日常」という設定とのことですが、西洋から見た間違った東洋像ではありませんか。何か間違っている気がしますが、コミカルかつダイナミックなパフォーマンスを見てしまえば、そんなことは、どうでも良い気がしてきます。

051105_02


 でも…、

051105_03


 お坊さんは絶対に日常的には火を吐かないと思いますわ。

 「サンキュー手塚」さんは、静岡大道芸でお客さんが最も集まる演者の一人といえるでしょう。なのに、私は今日まで彼の演技をまともに見たことがありませんでした。サンキュー初体験です。

051105_04


 誰にでもできそうなネタに見せておきながら、誰にもまねすることができないネタなんだなぁという印象でした。顔の表情と、表現力の豊かさがそうみせるのでしょう。
 写真のネタは初出場した10年前と同じものだそうです。

 今年最後のナイトパフォーマンスは、丸井前のポイントを選びました。初日に見た「だめじゃん小出」さんを見るために。
 ナイトバージョンの小出さんは、お昼の数倍、ブラックなネタの展開です。「テポドン」やら「毒」やらの言葉がどかどか飛び出し、女の子を前に出して、演技のお手伝いを頼むかと思えば、人目のつかない暗がりに連れて行く。再び現れた時には「さっきのことは、お父さんやお母さんにはいっちゃだめだよ」なんて言う始末。
 だって、服装からしてこれだもの。

051105_05


 怪しいおっちゃんです。

 時間を少し戻して、日が陰る頃。初めてフェイスペイントというのをしてみました。
 2人のフェイスペインティングアーティストのうち、私がお願いしたのは「ミア」さんです。和と洋の融合した作風とのことでしたので、ひとつのリクエストを出してペイントしていただきました。
 ぺたぺたと絵の具が塗られていきますが、自分ではどのようなものが描かれつつあるのかさっぱりわからないので、だんだん不安になってきます。

 「ひとだかりができてきましたよ」

 ミアさんが、ますます不安をあおるようなことをおっしゃいます。

 暗闇の世界で過ごすこと20分。できあがりはこちら。

051105_07


 私のハンドルネームにちなんで、「桜」と「白波」を描いていただきました。スタッフさんによれば「今日一番の力作ですよ」とのことでした。力を入れて描いていただき、ありがとうございました。

 ペイントを済ませて向かった先は、

051105_08


 ここでした。
 もう福の神にしか見えなくなってきました。2ショットお願いします、神様。

051105_09


 「ペイントは石けんであらえば落ちますよ」
 そう聞いておりました。
 3度ほど繰り返し洗いましたが、まだ落ちきれていません。くすんで、ひどく顔色の悪い人のようになっています。

 明日はとうとう最終日。それまでに残りの絵の具を落としておきます。

|

« 大道芸ワールドカップin静岡2005―2日目 | トップページ | 大道芸ワールドカップin静岡2005―最終日 »

コメント

>まゆぞうさん
 出来上がりの後、鏡を渡されて、最初に顔を見たとき「あっ、金さん」と思いましたよ。ちょっと場所がずれただけです。

 おちゃらけメガネは、赤い枠が目の前にちらつきますが、もう慣れました。フィット感が良くて、家メガネとしてはなかなかの性能を発揮していますわ。

投稿: 桜濱 | 2005.11.13 10:50

遠山の金さんが顔に刺青があったら
こんな感じなんでしょうね。

軽薄そうなメガネは視界がせまそうですね。

投稿: まゆぞう | 2005.11.12 16:15

>ささのってぃさん
「言うほどではない」という表現にややひっかかりましたが、好意的に捉えることにしました。「知らぬが仏」っていい言葉ですね。

投稿: 桜濱 | 2005.11.10 00:23

あら、ぶれてたわけではないのですね。それなら良かったです。
感想は心に傷を負うと言うほどではないですよ。ふふふ。

投稿: ささのってぃ | 2005.11.09 01:49

>ささのってぃさん
 写真はちゃんと撮れていましたよ。わざとややぼかしてあります。顔をしっかりとさらすのははばかられましたので。
 子供たちの「お花だぁ~」という声は聞こえましたが、それ以外の感想は分かりませんでした。どんな感想なのだろう…。心に傷を負うようなものですか?

投稿: 桜濱 | 2005.11.08 19:26

フェイスペイントの写真、少しぶれてしまったようですね。すみません。
ペイントしてる途中で、周りの子供達から「うわぁ〜」という感嘆の声が聞こえてきましたよ。他にもいろいろな感想が聞こえましたが、ここでは言わないことにしておきます。ふふふ。

投稿: ささのってぃ | 2005.11.07 18:07

>リムさん
 さすが、コネタ道場に採用されるだけのことはあります。無視して通り過ぎることができないパワーがありますよ。川口先生(作った人)に感謝です。
 今日も行きましたが、外国人観光客が卑猥な手つきをしながら、横を通り過ぎていきましたわ。

>兄さん
 大江千里かぁ。もう少しメガネが大きければもっと似ていたかもしれません。あとマフラーのせいでしょう。

投稿: 桜濱 | 2005.11.06 23:26

メガネをかけた桜濱さんが大江千里に見えます

投稿: | 2005.11.06 15:33

わははははw

いやぁー
便利ですね~、ガードレールの像。
とりあえず上手くオチますもん(笑)
面白かったです。

投稿: リム | 2005.11.06 10:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/6920081

この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸ワールドカップin静岡2005―3日目:

« 大道芸ワールドカップin静岡2005―2日目 | トップページ | 大道芸ワールドカップin静岡2005―最終日 »