« 陸の王者対海の王者の戦いや如何に | トップページ | 近視の天使が舞い降りた »

2005.10.17

今日の「山」登りは「カルボエッグ」

 喫茶マウンテンの記事を書くようになってから、「山」の実情について訊ねられる機会が多くなりました。
 中でもよく訊かれるのが、

 「マウンテンで一番美味しいものは何なの?」

というものです。

 「マウンテンで美味しいものかぁ。今まで食べたものの中だと、甘口キウイスパが一番好きだけど、甘口イチゴスパもなかなかイケる。フロートも食後にはちょうど良いし、大人のお子様ランチも食べ応えがあって、お肉いっぱいだし味付けも良いね」

なんてことを思いますが、口には出しません。この意見が一般的で無いことが分かっているからです。
 でも、そろそろ一般的におすすめできるものを食べておかねばならぬと思った私は、美味しいという評判のメニューを頼んでみました。

カルボエッグ
 カルボエッグ。真っ白。

 「カルボエッグ」です。マウンテンにはカルボナーラはありません。「カルボナーラ」で「炭焼きの」という意味らしいので、「カルボ」で切ったら意味を為さなくなってしまうと思うのですが、そんな既成概念にとらわれないおおらかさがマウンテンの良いところです。
 「カルボエッグ」はスパ・ホワイトソースカテゴリーに所属しています。ホワイトソースのスパは、ただただ白いばかりで、どれもこれも同じように見えてしまいます。なかみが分かるように、ホワイトソースをかき分けて麺を露わにしてみましょう。

カルボエッグのエッグ部分
 カルボナーラじゃないです

 卵が絡まっているのがお分かりいただけますでしょうか。この辺が「エッグ」なのでしょう。もともと味が濃いマウンテンのスパですが、「カルボエッグ」はこの「とき卵」が、味をまろやかにする効果を果たしており、他のスパより確かに食べやすく感じます。

 フォークで麺をまきまきしていると、スパのやわらかさとは対照的なはっきりした手ごたえを感じます。

カルボエッグのハム
 カルボナーラじゃないからハム

 でかいハムが出てきました。確かにハムです。ベーコンではありません。なぜなら「カルボナーラ」ではなく「カルボエッグ」だからです。ハムの塩気はなかなかのもの。でも、その塩気が他に移っておらず、食べ進めるのにそれほど影響はありません。むしろ、歯応えのあるハムは、やわらかーい麺とは違う食感を欲する舌に喜びを与えてくれます。
 具はそのほかに、玉ねぎにマッシュルーム。このコンビは気が付けばいつも出てきます。玉ねぎの芯が入っているのもいつもどおりです。他のお店だったら、なにかもめごとが起きそうなものなのですが、「山」だとこのような「いつもどおり」が安心感を与えてくれるのです。

 「カルボエッグ」は、他所での評判どおり、おすすめできるメニューだと思いました。ただ、油がきつい、にんにくが大量に入っているというのは、他のスパメニューと同様ですので注意が必要です。

 これで、次からは「マウンテンで美味しいものは何なの?」と訊ねられたら、

 「私は甘口のキウイとかイチゴが好きだけど、安心して食べられるのはカルボエッグかもね」

と、答えることができます。ただし、

 「本当に美味しいものが食べたいのならば、わざわざ山登りをしなくてもいいんじゃないかしら」

と付け加えますが。

|

« 陸の王者対海の王者の戦いや如何に | トップページ | 近視の天使が舞い降りた »

コメント

>山原くいな
 わざわざお知らせくださいまして、ありがとうございます。
 うむ、ずいぶんと無茶なことをなさいましたね。最後は、美味いか不味いかも分からなくなったことでしょう。

 次は「えびピラフスペシャル」と「ココアフロート」の予定です。なにがどう「スペシャル」なのかを考えてみますわ。

投稿: 桜濱 | 2005.10.30 00:59

こんばんは。

簡単ではございますが、記事中に「九州男児のにくばなれ」へのリンクを貼らせていただきましたので、ご報告いたします。

「喫茶マウンテン」、
次回のレポも楽しみにしております。

投稿: 山原くいな | 2005.10.28 20:42

>山原くいなさん
 ようこそ、いらっしゃいませ。
 あの氷を制覇した瞬間は見ものでしたねー。

 山のメニューで「変り種じゃないメニュー」ってありましたっけ?(笑)どれも少なくとも、一癖は持っているように見受けられます。
 そんななかでも、ホワイトソース系はやはり安心して食べられるものと言えるでしょうね。あのソース、見た目に反して案外あっさり味なのも、また意外。
 ホワイトソース系ピラフの感想があまりないのは、店の主力がスパだからでしょうか。
 今度のターゲットは決まったような気がします。

投稿: 桜濱 | 2005.10.19 01:10

初めまして。
いつも、楽しく記事を拝見させていただいております。
(と言いながら、かつての「たらい氷オフ」の参加者だったりもしますが)

私の場合は、地理的な事情で、マウンテンに行く際にはどうしても変り種メニューを頼んでしまうので「おいしいメニュー」とはあまり縁が無いかったりしますが……やっぱり、ホワイトソース系が鉄板って感じですね。

もっとも、ホワイトソースはホワイトソースでも、ホワイトソース系ピラフの評判は何故かあまり聞きませんが…。

投稿: 山原くいな | 2005.10.18 06:18

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/6434676

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「山」登りは「カルボエッグ」:

« 陸の王者対海の王者の戦いや如何に | トップページ | 近視の天使が舞い降りた »