« 今日の「山」登りは「カルボエッグ」 | トップページ | 怖いマンガはやっぱり怖かった »

2005.10.17

近視の天使が舞い降りた

●○○○天使さまの来臨

 金山総合駅の南口から徒歩1分のビルに、名古屋では良く知られたメガネチェーン店が入っています。そのメガネ屋さんの前に、天使は舞い降りていました。

金山駅前のメガネ店
 あっ、あんなところにっ!

 ほら、あなたには見えますか?天使の姿が。

めがね天使さま
 めがね天使さま、来臨。

 天使さまですから、もちろん翼もお持ちです。

横から見ためがね天使さま
 翼がある!ただの子供ではありません。

 めがね天使さまのお顔はこのようになっています。

めがね天使さまのお顔
 かなり度が強いようです

 めがね天使さまは、完全にめがねを掛けているわけではないのです。掛けかけなのです。

めがね天使さまの目
 焦点はどこに?

 なんというつぶらな瞳をなさっているのでしょう。心配になるほど純な瞳です。

かろうじて…
 足で支えているはず

 なんという絶妙なバランスを保っていらっしゃるのでしょう。まさに神の為せる業です。

●めがね天使さまの歴史と意味

 このめがね天使さまは、きちんとしたいわれがあるのです。天使さまが降りられている台座の側面には、その由緒が書かれてありました。それを要約すると、

 めがね天使のオリジナルは、精密機器工業が盛んなドイツのグラスヒュッテ市の時計学校に設置されており、そこのマスコットして、また勉学の友として愛されている。
 何冊もの百科事典の上に座り、読書をしている像にふれることで、勉学の向上につながって欲しいという願いを込めて設置をした

ということのようです。めがね天使さまは勉強の手助けをしてくれる存在だったのです。それをふまえると、先ほどの絶妙なバランスも「試験でもギリギリ滑り止めで合格しますよ」という意味が読み取れます。
 でも、本を足蹴にするのは、「いくら天使様とはいえどもいいのだろうか?」と思わざるをえません。

踏みつけ
 触れるとご利益があるのです

●めがね天使さまへお願い

 勉学の向上を謳っているからでしょう、めがね天使さまの後ろにはたくさんの絵馬が掛けられています。「天使なのに絵馬?」などと野暮なことは、この際考えないことにしようではありませんか。
 どれどれ、皆さん勉強熱心なんでしょうね。

欲しいのか?
 オオクワガタ カブトムシ

そのうち叶うと思いますよ
 大きくなる

スパイの連絡用?
 き がいね おね と ぜん

決意表明。最後の記号は何?
 元気な孫の顔が毎日見られる様にがんはります。○○∞

万人共通の願いを、遠慮がちに書く。
 わたしは大きくなったらお金もちになりたいです。

???
 これ、誰?

早く直って欲しいと、心から願います
 補聴の電池が自分の自由に聞こえる様に成るのか毎日苦心さんたん

 ………。
 めがね天使さまは、今は勉学に限らず、広く願いを受け入れていらっしゃるようです。

●やはり直接訊いてみる

 ここにめがね天使さまが来臨されたのには、どのような経緯があったのでしょうか。気になります。意を決してお店の方に伺ってみましょう。

 「いらっしゃいませ。今日はどのようなものをお探しでしょうか?」
 「あっ…、えーと…、メガネのねじが緩んだので調整をお願いします」

 決して、怯んだわけではありません。話の糸口をつかむためです。

 …30分後。

 「どうもありがとうございました」

 今日はこんなメガネを買ってみました。前のメガネが傷んでいたのでちょうど良かったのです…。

勧められた
 レンズ込みで2980円。安い。

 これで終わるわけにはいきませんわ。きちんと天使さまについてうかがいました。対応していただいた店員さんによると、

 「社長の趣味でして…」
 「置いたのは一年ほど前でしたね…」

 なぜか、天使さまのことをお話しするときは、伏し目がちになっていらっしゃいました。

 「あの絵馬なんですけど…」
 「あっ、書いてみますか?」

 お店に来られた方は、どなたでも書いて良いそうです。お言葉に甘えて、私も天使さまにお願い事をすることにしました。

書きたい放題
 一文字書いて、ペンの太さの間違いに気付いた

 …できたっ。どうか天使さま、叶えてください。おねがいします。メガネも買ったんですから。


・本記事からのトラックバック先
http://chienowa8017.cocolog-nifty.com/76/2005/10/post_a9be.html

|

« 今日の「山」登りは「カルボエッグ」 | トップページ | 怖いマンガはやっぱり怖かった »

コメント

>はぴたんさん
 こんな面白い存在が金山に降り立っていたんですよ。見つけたときは小躍りしましたわ。

 「き がいね おね と ぜん」は「おねがい」の語が含まれていますが、それ以外が解読できません。写真の上にマウスを乗せると出るコメントにも書いておきましたが、暗号だと思います。日本のピンチです。

>みんたさん
 本当にドイツの人は真面目にこれを作ったのかかんぐってしまいます。googleで探ってみましたが、元ネタの像を見つけることができませんでした。ドイツ語が詳しい方がいらっしゃったら、ぜひとも探していただきたいです。

 浮いています…か?どうみてもまたいでいるようにしか見えないです…。でもいい動きは見て取れますよ。

 「前途おねがい」。やんちゃな字にしては難しい単語を使っていますねぇ。それはそれで謎です。

 私の絵馬はスペースさえあれば、もっと書きたかったです。欲張りです。

>藤田チエさん
 「おねがい」は読み取れるのですが、それ以外がねぇ…。うーん、頭を悩ませます。
 響鬼の時間は起きてもいないですわ。その手の情報には疎いから、私には解読は無理なのかも。

 ドラえもんさえいれば十分なのですが、それが叶う可能性が一番低いんですよね。

>まひろさん
 そうそう、お水も謎物なんですよ。明らかにおキツネさまなんかと混同しています。社長さんの意図が知りたかったですわ。
 なんでも最後はドラえもんです。みんなのび太になりたいのです。

>もるさん
 アウトレットセールだとかで、いつも以上に安くなっていたみたいです。他にも5000円や9000円でレンズ込みがありました。セール以外の品でも「1万円を切る商品でしたら、ご相談いただければレンズ込みにしますので」と言ってもらいました。今度もココで買うことになるでしょう。

 まん丸メガネがいいですよね。天界ではメジャーなのかも。交通の便はよいところなので、帰省のさいは是非。

>べんぞうさん
 そう思って、2枚目はいつもより写真を大きくしました。あとは開いた本のあたりのアップがあれば言うことなしでしょう。

投稿: 桜濱 | 2005.10.18 01:49

2枚目の写真があれば他は何も要らない、そのくらいインパクトがあって笑える写真ですよ。

投稿: べんぞう | 2005.10.18 01:07

うわー!!メガネ安っ!!!
(私も今セルフレームのメガネを求め探しているので思わず興奮してしまいました)

それはさておき、めがね天使さま!
すごい。キテレツ?そのメガネっぷりが天啓ですね。

しかも絵馬にもグっときます。

帰省したら見に行こうかなー。

投稿: もる | 2005.10.17 18:27

元ネタのご出身はドイツだそうですが、お水をあげて、絵馬でお願い…
完全に日本のものになってますね。
>「要はドラえもん…」
 確かに!
 あれこれお願い事を考えるより効果的です。
 good idea!

投稿: まひろ | 2005.10.17 17:40

私もナゾの絵馬を解読しようと試みましたが、「おねがい」しかわかりませんでした。

私が思うには、仮面ライダー響鬼に出てくる同じ鬼の仲間「斬鬼」(ザンキ)のフィギュアか何かが欲しいノでは?と。考え過ぎか・・・。

願い事、もうドラえもんさえ入れば十分です。

投稿: 藤田チエ | 2005.10.17 17:35

今回も面白かったです!
天使も遠い異国でこんなふうに笑われもとい親しまれるとは思っていなかったでしょうね。
お行儀はやはり気になりますが、浮いているのかもしれませんし、美術の教科書調に言うと「動きのある良い作品」になるのかもしれませんね。

やっぱり、はぴたんさんと同じく解読を試みてしまいました。左から縦書きという変則書きで
「前途お願い」
かと思われましたが、1文字余ります。
やっぱり謎ですね。
沢山さきに見ておいて書かれた桜濱さんの絵馬も、盛りだくさんでお茶目です。

投稿: みんた | 2005.10.17 16:29

めがね天使様、すっごくおもしろいですぅぅううーキャハハハア(^◇^)

桜濱さんは、おもしろいのを見つける天才ですぅ!!!

「きがいねおねとぜん」
暗号でしょうかぁー?!
それとも単なるクイズ?!
それとも、天使語??

文字を入れ替えて、はぴたんなりに解読してみましたぁ!!
「おねね と ぜいきんが」?
「おねがいね ぜんき と」?
「ぜんと おねがいね き」?
「きぜんと おねがいね」??

やっぱりよくわからなかったですぅぅううー\(^∇^)/

投稿: はぴたん | 2005.10.17 13:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/6435822

この記事へのトラックバック一覧です: 近視の天使が舞い降りた:

« 今日の「山」登りは「カルボエッグ」 | トップページ | 怖いマンガはやっぱり怖かった »