« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜一覧編〜 | トップページ | 今日の「山」登りは「大人のお子様ランチ」&「黒ざくろジュース」 »

2005.08.18

「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜精査編〜

 では、今回のメニュー改正でどのような変化があったのかを見ていきましょう。

マウンテン新メニュー・2005年版
 新メニューは8月に入ってから登場(店員さんに訊きました)

 前メニューはラミネート加工されていたのですが、新メニューは普通の喫茶店(?)のような、黒の合成皮革の枠の市販品に入っています。四隅に金属の補強までついていて豪華ですわ。
 中身もなんだかカラフルです。カテゴリーに応じて写真やイラストをバックに散りばめています。ワープロソフトの使い方が格段に上手くなっている印象を受けました。

 この新メニュー、前メニューを見慣れている方にとっては違和感があるでしょう。なぜなら、ページの順番が逆になっているのです。メニューは横書きなので、左から右へとページが遷移することになります。つまり前メニューでは「デザートページ(マウンテンの住所・電話番号等が書かれているページ)」が第1ページで、スパゲッティー、ピラフ、ドリンクと読み進めるようになっていたわけです。
 ところが今度のメニューではそれが全く逆になっています。普通のページ遷移を適用するならば「ドリンクページ」が第1ページになるのですが、やはり「マウンテン自己紹介欄」が先頭にあるほうが適当だと考えましたので、今回の紹介では、以前の通り1ページ目がデザート、最終ページがドリンクとしました。

 メニューの中身はどのようにかわっているのでしょうか。変更点ごとに見ていくことにします。

・表記の変更
 「バーモント」→「バーモンド」
 バーモントが正しいでしょう。アメリカ・バーモント州はメープルシロップが名産だということです。

 「しいたけスパ」→「きのこスパ」
 「しいたけピラフ」→「きのこピラフ」
 「シャンピニオン」→「シャンピニオンスパ」

 きのこ入りメニューの表記の変更が目立ちます。「しいたけスパ」&「しいたけピラフ」はしいたけが入っていないことで知られていました。今回の改訂で名実が一致。
 「シャンピニオンスパ」については後述します。

 「グラタン風アボガド」→「グラタン風アボガドスパ」
 「玉子とじ」→「玉子とじスパ」

 上の「シャンピニオンスパ」も含めて、それまで付けられていなかった「スパ」の表記が加わったメニューがあります。でも前メニューのまま「スパ」無しのものもあり、どのような基準で「スパ」が付けられたのか…。「玉子とじ」は「スパ」が付けられたのに、「納豆サボテン玉子とじ」はそのままだったりします。「山」らしさが発揮されていますね。

 「きのこチキンクリームライス」→「きのこチキンクリーム」
 反対に文字が削られたものもあります。上の「スパ」付加を見て「メニューを分かりやすくする」という名目が考えられたのですが、「ライス」削りでその可能性がなくなりました。何を考えているのやら…。

 「イカトマトスパ」→「いかトマトスパ」
 「エビピラフスペシャル」→「えびピラフスペシャル」
 「ブタベジタブルカレー」が「豚ベジタブルカレー」
 「ヤサイトースト」が「野菜トースト」、「ヤサイサンド」が「野菜サンド」に。

 これらは「かな漢字変換もの」とでもしましょうか。カタカナ表記を嫌っているようです。

 「イタリアーノ【辛口】」→「イタリアーノ」
 「フレサラ」についている注記が「【冷】」→「(冷)」

 注記が変わっているものもあります。「フレサラ」は括弧の形の違いだけなのでたいした問題ではないのですが、「イタリアーノ」の【辛口】削除は陥穽としか思えません。「イタリアーノ」の味は変わっていないはずです。ご注文の際はお気をつけ下さい。

 「甘口メロンスパ」→「甘口メロンパン風スパ」
 元の名称に戻っています。食べるほうとしてみれば、どちらでも構わないのですが。ビジュアルに則った名称にしたのでしょう。それでも煮えたメロンは入っていると思います。

・価格改定
 「アボガド&えびクリーム」 700円→800円
 「豚(ブタ)ブタベジタブルカレー」 700円→750円
 「タカナベーコンピラフ」 700円→750円
 「お茶ピラフ」 700円→750円
 「ペペロンチーノピラフ(イカ、タコ入り)」 700円→750円
 「シーフードドライカレー」 700円→750円
 「マカライスハンバーグ」 700円→750円
 「シーフードトマトピラフ」 700円→750円
 「サボテンピラフ」 750円→800円
 「野菜サラダ」 650円→700円
 「パインミルクフラッペ」が「パイナップル」に変更。 800円→700円

 おおむね50円の値上げです。価格改定11品目のうち、8品目がライスメニューです。シーフードを含むものが値上げの対象になったと考えられますね。
 「パインミルクフラッペ」はミルクを除いた分、100円の値引きになったのかもしれません。50円でミルクのトッピングができますし。


・内容変更
 「ココナッツミルク」の『(ナタデココ入り)』が消えている。
 「パインジュース」がスカッシュ可に。

 ココナッツミルクは本当にナタデココが入らなくなったのでしょうか?「パインジュース」は本当にスカッシュができるようになったのでしょうか?もとはスカッシュができなかったのか? そもそも実物をちらりとも見たことがありません。

・消滅
 ピカンテピラフ激辛
 中華風ハンバーグ丼
 メキシカンハンバーグ丼
 メロンジュース

 「甘口スパ」が甘味方面の無理メニューとしたら、辛味方面の無理メニュー最高峰が「ピカンテピラフ激辛」でした。その「マウンテン」の名物料理がメニューから姿を消したのです。これは大きい。
 「和風ハンバーグ丼」を含めて、各国ハンバーグ丼トリオを形成していた「中華風ハンバーグ丼」と「メキシカンハンバーグ丼」が同時に消えました。解散してボーカルだけソロで活躍するグループみたいです。
 「メロンジュース」は…、注文する人がいなかったのかしらん。

・新登場(正式メニュー入り含む)
 ブルーベリー氷
 いちじく氷
 ゴーヤ氷
 サラミのナポリタン
 コーンリゾット
 ウーロン茶
 ブルーベリージュース

 店内の張り紙にはあったものが正式メニュー入りしています。一番の驚きは「ウーロン茶」。普通すぎる。

・その他、気付いた点など
 デザートページの左右が入れ替わっている。
 旧版では、左がアイスとパフェ、右が氷でしたが、新版は反対になっています。

 コーヒー、紅茶&ミルクに【アイスは加糖タイプになります】の注記が加わる。
 始めから甘いということをお知らせしてくれています。親切ですわ、と思っていたら…!
 「アイスティー」に「ストレートはプラス100円」の注記が加わる。
 抜くのにプラスするの!?

 「ご注文はお一人様一品以上お願い致します」→「お願いします」に。
 すぐ下では「代金は、まとめてお願い致します」になっているのに。

 相変わらず「アボガド」
 「アボカド」です。

・最大の注目点
 やっぱり、「???メニュー」が登場したことでしょう。

???メニュー
 今回の目玉「???メニュー」

 今のところ「???丼」は「小倉丼」、「大人の???」は「大人のお子様ランチ」であることが判明しています(店員さんにも確認しました)。3800円という飛び抜けた価格の「????」の正体はまだ分かっておりません。情報をお待ちしております。(2005/09/04追記 判明しました。「たらい氷」とのこと。5,6人分のカキ氷らしいです。オーダーは「たらい氷」でなくても「大量の氷」であることが分かれば注文を受け付けてくれるらしいです。詳しくはリムさんのレポートをご覧下さいませ) この「???メニュー」欄は、紙を貼り付けているのです。印刷後に思いついたのでしょう。
 「大人のお子様ランチ」は食べてみました。詳細は近日中にお知らせします。

 店員さんに「『大人のお子様ランチ』は大人じゃなくても注文できるのですか?」と問うたところ、「えっ、あー…、たぶん大丈夫だと思います」とのことでした。この品にレーティングは無いのです。18歳未満だろうと、15歳未満だろうと、12歳未満で保護者同伴でなくても、注文することができるのです。12歳未満で単独登頂できたら結構な強者ですよ。

|

« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜一覧編〜 | トップページ | 今日の「山」登りは「大人のお子様ランチ」&「黒ざくろジュース」 »

コメント

>はぴたんさん
 山では普通のメニューの方が遥かに多いですよ。ただ、量と油が多いだけなんです。お客さんも登山者というよりも、日常的に食べにきているらしき人も数多く見かけますよ。観光客、話のネタにするために来ているであろう学生グループの方が目には付きますが。
 私のように、一人で行って、写真を撮って、メモを取りながらもくもくと食べて、帰っていく人はあまり見かけませんねー(笑)

 マスターは加納幸助さんとおっしゃいます。お名前で検索をすればたくさんのページが引っかかりますよ。雑誌・テレビ等でもたまにお姿を見かけます。彼の存在はすでに伝説と化していますわ。

 「大人のお子様ランチ」のレビューを先ほどアップしました。これまでにない大人っぽさがでているとは思います。R18指定などはしませんが、見方によっては非常にアダルトです。

 先日の「茶碗がはまって〜、」の記事がDPZコネタ道場に採用されましたが、投稿時のタイトルをはぴたんさんのコメントから「茶碗男」としました。今回の採用はそのタイトルの力もかなり大きいものだったと考えております。事後報告になってしまったことをお詫びするとともに、すばらしいタイトル案を出してくださったことを感謝申し上げます。

投稿: 桜濱 | 2005.08.20 15:34

うっかり知らずに入店しちゃったら、生きてかえってこれないかもしれない・・・。
っと、思っていたら普通の人向けのメニューもあって、ほっとしましたぁ!!
お店の外に、「奇天烈喫茶店」とかって、注意書きがあるのでしょうかぁ~?!
それから、店主の方ってどんな人なんだろ?!
それから、お客さんってどんな人なんだろ?!
やっぱり桜濱さん系の勇者がそろっているのかなぁ~?
それから、「大人のお子様ランチ」っていうメニューって、おもしろいですぅ!!
「大人のおもちゃ」みたいですぅ!!
「????3800円料理」価格にも、中身にも興味がありますー!!
大人のお子様ランチ攻略レポートを楽しみにしていますー\(^∇^)/

投稿: はぴたん | 2005.08.20 14:33

>リムさん
 甘くない紅茶の入っているパックの方が、お高いのでしょうねー。マウンテンの仕入れ事情が分かりすぎるほど分かりますわ。

投稿: 桜濱 | 2005.08.18 23:19

>「アイスティー」に「ストレートはプラス100円」の注記が加わる。
>抜くのにプラスするの!?
(爆)
素晴らしい。
この辺が「マウンテンらしさ」ですね。
味が誤魔化せなくなるんで高いお茶を入れてくれる・・・んだと期待しておきます(笑)

投稿: リム | 2005.08.18 18:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/5522292

この記事へのトラックバック一覧です: 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜精査編〜:

» 名古屋とカロリー [@niftyからだプラス:スタッフルーム]
このところ土日は、牛乳寒天に黒密をつけて、おいしい思いをしながらカロリーをセーブ [続きを読む]

受信: 2005.09.05 19:41

« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜一覧編〜 | トップページ | 今日の「山」登りは「大人のお子様ランチ」&「黒ざくろジュース」 »