« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜精査編〜 | トップページ | 人の本棚を見るのが好き。だから「ブックバトン」も好き。 »

2005.08.20

今日の「山」登りは「大人のお子様ランチ」&「黒ざくろジュース」

 新メニューを調べるために「山」に登ったわけですが、メニューだけ写真に撮って「はい、さようなら。また来ます」という訳にもいきません。もとよりそのつもりは6%くらいしかありませんでした。

 やはり、今回の登山は「新山」、さらには挑戦心をかき立てる「???」しかありません。この「???」、正体が判明しているのは、1000円の「小倉丼」と800円の「大人のお子様ランチ」だけで、3800円の「????」は未だ不明のままです。

 この時「????」山の霧が晴れていたら登っていたでしょうか? …いくらなんでも「山」で一人で3800円を使うわけには…、うん、いかないとは思うのですが…。…食べなかったと…思いますよ。理性はまだ残っているはずです。

 それでは「小倉丼」と「大人のお子様ランチ」、どちらを登ることにしましょうか。答えは明快です。見たことないほうです。「小倉丼」の写真は、多くの雑誌、書籍に取り上げられているので見たことがあります。生の「小倉丼」も7月の登山会でリムさんが登っているものを目にしました。したがって、今回は必然的に「大人のお子様ランチ」になります。決して、「小倉丼」を召しあがるリムさんの苦しそうなお姿を見たためではございません。いつかは登りますわ。いつかは。

 いよいよ「???メニュー」の注文です。辺りをうかがいながら、少しこそこそしつつ店員さんに声をかけます。

 まずはメニューの確認から。
 「この『???丼』は『小倉丼』のことですよね」
 「はい、そうです」
 「それで、こっちの『大人の???』は『大人のお子様ランチ』ですよね」
 「はい」

 よし、裏は取れました。でも3800円「????」が分からないのは悔しいのよね。なんとか解明したいのですよ。…ちょっとカマをかけてみました。

 「で、最後の『????』は『甘口ミックス』なんですよね」
 「え?」
 「えーと、『甘口ミックス』って聞いたんですが」
 「あー、ちょっと違いますね〜」

 うーむ、引っかからなかったかー。さすが「山」でバイトをするだけのことはあります。

 「そうですかー。じゃ、『大人のお子様ランチ』お願いします」

 『大人のお子様ランチ』って、よく考えたら、いや、よく考えなくてもいかがわしい雰囲気を持っているではありませんか。恥ずかしい。そんなのよく声に出して注文したわね、自分自身よ。でも、注文してしまった事実は取り消せません。こうなったら「大人のお子様ランチ」が似合うような大人っぷりを周囲にアピールすることにしましょう。

 いつもは注文の品が到着するまでは、登山口近くの本棚に置いてある『ドラえもん』を読みながら待つことが多いのですが、今日は大人っぽく『ドラえもん』に走るようなことはしません。

大人っぽい待ち方
 少しぼかしています

 『週刊大衆』! 『ドラえもん』は脇によけておきます。
 表紙からしてどうしようもないくらいの大人っぷりです。どこがどう大人っぽいのかを書くことは控えておきます。では、大人っぽくページをめくってみましょう。

 ぱらぱらぱらぱら。

 …大人すぎた。袋とじも切られています。頭がくらくらします。
 『大衆』は閉じて、『ドラえもん』に戻りましたわ。あー、ほっとする。

 『ドラえもん』は何度読んでも面白いなー、…って、遅い! なかなか来ませんわ。そんなに面倒な品なのかしら。大人エッセンスでも振り掛けているのでしょうか。

 大人の世界をあれこれと想像していると、ようやく登場しましたよ、「大人のお子様ランチ」。

大人のお子様ランチ
 ???メニューの一。「大人のお子様ランチ」

 案の定、普通のお子様ランチスタイルは取っていません。大皿の上にごはんがどっさりと敷き詰められ、その上がやたらと肉肉しいです。彩りを放棄しています。お子様ランチとしての殻が突き破られた瞬間を目にしているのです。

 これは基本はピラフメニューですね。玉ねぎとグリーンピース入りのバター風味のピラフがベースになっています。もともとマウンテンのピラフはスパに比べると油が弱めになっています。「大人のお子様ランチ」もまた、油は気になるほどではありません。もちろんマウンテン内での相対的な判断となります。当然、食べ続けているとくちびるがてかてかになるくらいの油っぽさはありますよ。

 「お子様ランチ」としての付け合せは全てピラフの上に埋め込まれています。これくらいの力技では驚かなくなりましたわ。写真にのせた「大人のお子様ランチ」は、

 ミートボール 3
 ミニハンバーグ 3
 ソーセージ 1
 トマト 2
 旗

というラインナップとなっております。

 ミートボールとハンバーグ、ソーセージにはケチャップが「とちゃっ」と掛けられており、すべてを同じ味と化すような仕掛けが施されています。でも、肉ものの食感は段階的に変化をつけるという面白い技をみることができるのです。
 ミートボールが一番やわらかくて、すーっと歯が通ります。ハンバーグはミートボールよりもやや固め。筋っぽい少しこりこりとした食感も含まれていますね。この食感はマックの「チキンナゲット」に近いかしら。そして一番目を引くソーセージ。長い。メジャーで計ると約17cmでした。かぶりつくと皮がぱきっと音を立てて、肉汁がたっぷりと…出ませんね。皮の内部でたんぱく質がしっかりと手を取り合って、肉汁の入り込む余地はなかったようです。
 以上の肉三点セットは、どう見ても手作りの雰囲気はありません。やたらとつなぎが多い感触があります。なので、同じものを作ろうと思えばスーパーにお買い物に行けばどうにかなるでしょう。

 トマトは生のくし切りです。でも、ピラフの熱で多少、しなーっとなっております。こんなところだけお子様ランチっぽく彩りを加えなくてもいいのに。

 チキンライスがあっても、スパゲティがあっても、ミートボールがあっても、ポテトサラダがあっても「お子様ランチ」にはならないことは、世間に広く認知されている事実です。お子様ランチに生命を吹き込むものが必要です。

 それが「小旗」。

 「小旗」はお子様ランチにとって画竜の点睛なのです! 「大人のお子様ランチ」の小旗は、アメリカ合衆国でした。他のところで見た写真でもアメリカ合衆国でした。山神様の「大人のお子様ランチ」のイメージはアメリカなのでしょう。妙に納得させられますわ。

 「大人のお子様ランチ」は量は多いですが、味に奇抜さはなく、普通メニューになるでしょう。どなたでも安心してご注文できるとおもいます。あっ、単独登頂できました。極めて楽です。

「大人のお子様ランチ」登頂成功
 登頂できました

 ところで、なぜこれが「大人の」なんでしょうか。…深く考えないことが正しい大人の判断でしょう。理由を深く考えるとどつぼにはまり込みそうな気がしますし、判ってもこのブログに書けないような気もします。

 食後は「タマリンドウジュース」を飲むことにしました。店員さん、追加お願いします。

 「すみません。今日はタマリンドウ切れていまして」
 「あっ、そうですか。他に切れているドリンクはあるのですか?」
 「タマリンドウ以外でしたら、あります」

 …なんかうそ臭い。でもそれを確かめるのは野暮というもの。では「黒ざくろジュース」をお願いしますわ。

黒ざくろジュース
 「ざくろジュース」でもいいのではないか?

 てっきり、どす黒ーい汁が出てくるのかと思っていましたが、ジュースらしいジュースです。あっ、果汁がふんだんに含まれているジュースでは無くて、粉を混ぜて作るジュースの意味ですよ。
 この色の通り、シロップっぽい甘さと、病院でもらう薬のような味がします。「こどもかぜシロップ」の味と香りです。これはこれで懐かしい味ですわ。

 黒ざくろの商品は、店内におすすめの張り紙があります。

黒ざくろを勧める
 ザク」を書いてざくろって。

 実に道化た張り紙ですね。イランの方々がこれを飲んでいるとは到底思えません。

|

« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜精査編〜 | トップページ | 人の本棚を見るのが好き。だから「ブックバトン」も好き。 »

コメント

>リムさん
 名前の割にはインパクトが無いことは否定できません。味もただのレトルトの盛り合わせとしか感じませんでしたね。
 でも、普通のお子様ランチといえるかどうか…。これをばくばく食べるのは「お子様」とは思えません。「様」いらないです。「お子ランチ」で十分です。

 ばいきんまんとの闘いの直後のアンパンマンでしょうか。出血が激しいです。目からの出血はかなり危ないのでは?

投稿: 桜濱 | 2005.08.23 03:28

違う・・・・・イメージと違う・・・・
むしろこれは普通に「お子様ランチ」だ・・・(育ち盛りにピッタリ)

まんなかさんの書き込みを見て、、、
確かにアンパンマンっぽいですね!
ボコボコに殴られて顔の腫れた感じの(笑)

投稿: リム | 2005.08.22 22:38

>★香音★さん
 「小倉丼」や「大人のお子様ランチ」は、現在発売されている名古屋本には取り上げられているんですよね。「これを頼みたければ、きちんと予習してくるがよい」というマスターのメッセージなのかもしれません。

 「大人のお子様ランチ」の意味…。盛り付けにあるのか、量にあるのか、素材にあるのか、味にあるのか。深く考えるとそれだけで遭難してしまいそうです(w 今のところは「顔」案が最も首肯しうるものだと考えております。

 でも、次回の盛り付けが変わる可能性はかなり大です。特にケチャップ部分が。甘口スパでも生クリームの盛り付け方は毎回微妙に変わりますもの。
 それに旗の位置。あまりに痛そうです。

投稿: 桜濱 | 2005.08.22 02:16

いやぁ~!さすが山★
シークレットメニューときましたか。
大人のお子様ランチ…じっくり見れば見るほど、なにか意味があるような気がしてならないのですが、なんともイマひとつスッキリしない感じです。微妙です。
あのケチャップの付け方とか、肉・肉・ニクーーーッの並べ方とか、パセリの置き位置とか…むむむぅ~。
果たして次回頼んだら、コレと全く同じような形・盛り付けで出てくるかどうか…これこそが1番微妙なところですね…ハハ(^^;
深く考えるコトをやめられないとまらな~いなお子チャマ香音でしたw

投稿: ★香音★ | 2005.08.22 01:26

>まゆぞうさん
 緑の地に白のアラビア語…。う~ん、思い出せません。でも、検索したら判明。
http://www.asahi-net.or.jp/~yq3t-hruc/index.html
 アラブの国々の国旗には緑色が多く使われていたなー、と思っていましたが、イスラムの聖なる色だったんですね。勉強になりました。
 これをお子様ランチの旗で表現するとなると難しそうですわ。間違いなく字が潰れます。

 スウェーデンとバングラディシュの方はすぐ思い出せました。特にバングラディシュは「色違いだっ!」と始めに記憶した覚えがあります。比率は違うのかな。
 私は手作り万国旗は「パナマ共和国」をよく描いておりました。星を書きたかったんです。

>はぴたんさん
 投げているっぽいビジュアルの割には、出てくるまでやけに時間が掛かったんですよー。すごく待たされたので、どれだけ複雑なものが出てくるのかと思ったら、あれですからね。何に時間がかかっていたのでしょうね。解凍時間でしょうか。
「大人なのにこれくらいのものしか作れない」という意味でのお子様ランチですか。なるへそ。

 小倉丼。リムさんは頭を抱えて、何事かをどんぶりにつぶやきながら食べていらっしゃいました。凶悪な丼です。お茶碗2杯分くらいのあんこが入っていましたよ。

 「茶碗男」のネーミングは私だったら出てこなかったと思います。助かりました。大感謝でございます。

投稿: 桜濱 | 2005.08.21 23:11

キャハハー(^◇^)
大人のお子様ランチのレポート、スッゴク面白かったですぅ!!!!
謎に包まれた、大人のお子様ランチ!!
何と言う投げやりな料理なんでしょうかぁぁぁあああー!!!!!
料理を投げてますってー(*^▽^*)
つまり、大人気ない料理ってことで、大人のお子様ランチ・・・じゃないかなぁ~って、思っちゃいましたぁ!!!
米国国旗が、大人気ない極みっていうか・・・真の大人だったら、サウジアラビアの国旗ですよね~\(^∇^)/

リムさんの小倉丼を見てきましたぁ!!
怖かったぁ~!!
これを、夕食に出したら離婚かも?ですぅ~!!

茶碗男の入選、おめでとうございましたぁー!!
茶碗男を使ってくださって、ありがとうございましたぁ!!
うれしいです!!

投稿: はぴたん | 2005.08.21 14:47

私も適当にいっちゃったんですけれど、
サウジアラビアって緑の地に白でアラビア語みたいなものが沢山書いてある国旗だったきがします。
幼稚園の時万国旗を作らされたんですが、
”これは作れねえや”とあきらめた記憶が
あります。その頃作ったのはスウェーデンと
バングラデッシュです。

投稿: まゆぞう | 2005.08.21 13:32

>まゆぞうさん
 私も大人っぽい素材を使ってくるのかとか、辛味を強調したものが出てくるのかとか思っていたのですが、単に量が大人でした。でもそうすると、全部のメニューに「大人の」の冠詞を付けなければならないかも。

 サウジアラビアの旗ってどんなのでしたっけ?大人なのに分からないです…。

 「黒ざくろジュース」は色はアダルトですが、味はしっかり子供です。でも、お子様に与えると、将来身体によくない影響が生じることでしょう。

投稿: 桜濱 | 2005.08.21 00:34

大人のお子様ランチというからには
トッピングにキムチとかイカの塩辛とか
乗っけてくるものだと思ってました。
旗は、大人しかわからなさそうな、サウジアラビアの国旗とか。
大人(サイズの)お子様ランチだったようですね。

黒ざくろジュースはなんか大人っぽい感じが
します。

投稿: まゆぞう | 2005.08.21 00:12

>まんなかさん
 はじめまして。コメントありがとうございます。「マウンテン」レビューをご覧いただいている方がだいぶ増えてきているようで、嬉しい限りです。

 結局、お子様なのか、大人なのか分からないネーミングは、いい意味でマウンテンらしいふざけた付け方だとおもっております。この「大人のお子様ランチ」はマウンテンだけのものかと思ったら、普通のレストランでも出しているところがあるみたいです。googleのイメージ検索で見ることができましたわ。

>ところで、「大人のお子様ランチ」の写真を見ていると・・・
>アンパンマンの顔のような?
 あっ、本当だ!顔に見えますっ! 真ん中のハンバーグが立ててあるのは鼻に見えるようにしているのですね。
 目は…、ソーセージの切れ込みがそう見えるような気もします。強引にそう見ることにしましょう。
 ただ、そうなると、旗の位置が問題ですね。鼻と目の中間地点に突き刺さっていることになります。非常に痛い位置をアメリカに占領されてしまってます。

 ここ数日は、こまめにマウンテン関係の掲示板等をチェックしていますが、いまだに????の正体がわかりません。少しくらい情報が漏れてもいい頃だと思っているのですが。

投稿: 桜濱 | 2005.08.21 00:05

はじめまして
待ってました、山登りレポ

「大人のお子様ランチ」・・・
ネーミングからもう訳わかんないw
これが山の魅力なんでしょうね。

ところで、「大人のお子様ランチ」の写真を見ていると・・・
アンパンマンの顔のような?
そんな風に思うのは私だけなんでしょうか?

眉毛がトマト
頬と鼻がハンバーグ
口はミートボールのケチャップ

・・・目は?


次回の山登りレポ楽しみに待ってます。
なぞのメニューが気になります。

投稿: まんなか | 2005.08.20 19:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/5554463

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「山」登りは「大人のお子様ランチ」&「黒ざくろジュース」:

« 「喫茶マウンテン」の新メニュー!【2005年8月改訂版】〜精査編〜 | トップページ | 人の本棚を見るのが好き。だから「ブックバトン」も好き。 »