« 餅で酒を造ったら蛇に変わったお話 | トップページ | 「フレンチカラメルパイ」はワイルドに »

2005.05.02

仕舞っていた麺が蛇に変わったお話

 今は昔の事でございます。ある寺に、なんやかやの事務を一手に取り仕切っていた僧、つまり別当ですわな、そんな坊さんがおったんですわ。名前まではよう聞いておらんのです。
 その坊さん見た目は僧侶って感じなんですがね、心ん中はひん曲がってて、朝晩、京の都中の得体の知れんいろんな奴らを集めて、遊び道化た上に、魚をつまみに酒を飲んだりして、ちっとも仏さんのお仕事をしとらんやったんですわ。いっつも宿場や港町で遊女を呼んで、歌ったり、戯言言い合っとったんですと。それがやつの仕事と言えば仕事ですかね。そんな風だったんで、好き勝手に寺のものを拝借しとりましたが、これっぽっちも仏さんの罰を怖がっとりゃしませんでした。
 それが、ある夏のことでした。坊さん、麦縄あるでしょ、細うてつるつるって食べるあの麦縄、あれをたんまり手に入れたんで、客をたくさん呼んで食べたんですよ。それでも結局食べ残してしもうたんです。そんで坊さんは、
「これをちょっと取っておくことにするかな。『古麦は薬』って言うしな」なんて言って、でっかい箱にその麦縄入れて、目の前の棚に上げて置いたんですよ。その後は、特に箱が要ることもなかったんで、麦縄入れたまんまで、箱を下ろして中を見ることも無かったんですね。
 そんで、次の年の夏の頃になって、坊さんは麦縄が入った箱がふっと目に付いて、
「あれは、去年置いといた麦縄やないか。きっと痛んでしまってんやろなぁ」と思ったですが、それを他の坊さんに下ろさせて、ふたを開けさせてみたんですよ。
 そしたらですね、箱の中には麦縄は無いんです。代わりに有ったのが、小さな蛇がびっしりと。
 ふたを開けた坊さんは思っても見なかったことだったんで、箱を放り出してしまったんですよ。そのあとそのまんま箱を別当の坊さんのところへ持ってって開けたんですがね、別当も回りにいた他の人たちも、恐る恐る、ちょーっとだけ覗いてみたんですわ。それでも中身は小蛇がぎっしり。別当の坊さん、何ゆうかと思えば、
「仏様のもんだから、こんなこともあるんやなあ」
やて。
 その後、箱に蓋してそのまま河に流してしもうたんやて。居もしない蛇が見えた話があったようですが、この別当が見たのもほんとの蛇やったんでしょうかね。そう見えただけかもしれませんな。
 こんな話を聞くと、言うまでも無いことやけど、読経のお布施とか托鉢のお布施なんかの事が思いやられますわ。だから仏さんのものを盗むことは、とんでもなく重い罰当たりなことやな思いますよ。
 このことは、その寺にいる坊さんが話したのを伝え聞いて、このようにお話したんでございますよ。

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−

 徹夜明けです。いくらか書き進めることができました。午後から授業なんで、2,3時間でも眠ろうしましたが、頭が冴えて全く眠れないのですわ。
 仕方ないんで、眠るのをあきらめて、『今昔物語集』に載っている別のお話を現代語訳して時間をつぶすことにしました。題名は「寺の別当の許の麦縄、蛇に成る語」(巻十九・第二十二話)、前回のお話の次に載っているものです。意訳もいいとこです。方言は多々誤りがあるでしょうが、雰囲気を感じ取ってください。

 「古麦は薬」(原文では「旧麦は薬」)って、何よ、そのことわざは!? 湯がいてから一年も経ってたら腐ってるの通り越して無くなってるわよ。

 うぅ、コーヒーの飲みすぎで胃が痛くなってきた…。徹夜は向いてないわ。

|

« 餅で酒を造ったら蛇に変わったお話 | トップページ | 「フレンチカラメルパイ」はワイルドに »

コメント

>まゆぞうさん
 平安時代後期から鎌倉時代前期の古典をやっております。でも、源氏物語とか日記文学なんかは苦手で、よくわかっていません。困り果てることが多々あります。

 蕪の話は巻二十六・第二話の「東の方に行く者、蕪を娶ぎて子を生む語」ですね。今昔の中でも最も有名な説話の一つでしょう。芥川のおかげですね。芥川はこの説話の描写のリアルさを評価してますね。この評論のせいで教材に取り上げられることが多いのでしょう。

 昨年度までは研究をサボっていましたが、今年からはそういうわけにもいかなくなりました。古典を食わず嫌いしている方々のためになるかどうか分かりませんが、お勉強のついでに現代語に訳した説話を紹介してみようかなと考えております。

>ささのってぃさん
 嫌な笑い方するわねぇ。慣れない徹夜で血へどを吐きそうだわよ。そんなときにストロング飲んだらどうなるか、分かっているわよね。でも甘口メロンスパは食べるかも。

投稿: 桜濱 | 2005.05.03 00:13

いやはや、忙しそうですね。ひひひ。
労をねぎらいにストロングコーヒーでも飲みに行きますか。

投稿: ささのってぃ | 2005.05.02 17:03

桜濱さんは日本の古典文学を専攻しているんですね。

古典は受験のときにしか読んだことがないので、
今昔物語で私が唯一覚えているのが、
大きなカブが出てくる話です。
(内容はご存知だと思いますので詳細は書きません)
なぜうら若き女子高生があんな下品なストーリーを
読んでいたのかなぞですが。

ちょっと格調高い話をする人に会ったときに、
大きなカブの話しか知らないのでは私の品性が
疑われてしまいますので、勉強になりました。


投稿: まゆぞう | 2005.05.02 15:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/3946793

この記事へのトラックバック一覧です: 仕舞っていた麺が蛇に変わったお話:

« 餅で酒を造ったら蛇に変わったお話 | トップページ | 「フレンチカラメルパイ」はワイルドに »