« これでゴールデンになる!…強引に! | トップページ | 白いカラスと角の生えた馬のお話 »

2005.05.07

今日の「山」登りは「ローズスパ」

 「ローズスパ」。バラの花びらが入っています。…と言っても、疑いをもたれないかもしれません。「マウンテンならやるかもね」と。ですが、残念ながら、入っているのは鮭です。色が似ているということらしいです。

 夕食を食べに山に登ったので、今回は甘口は無しです。店内に張り紙が以前から気になっていた「ローズスパ」にしました。ワンコインスパ(500円)のカテゴリーに含まれており、お安いのも魅力的です。

ローズスパ
 クリームべっとりのローズスパ

 安いからといって、量は手加減をしてくれません。ドカンとやってきます。
 多い上に、内容も濃い。ぶっとい麺にホワイトクリームがのせられ、というより、混ぜ込まれ、トマトソースが少々。鮭の切り身がほぐされ…、てはおらず、ちぎられています。千切り具合も思い切りが良く、フレークなどという軟弱なものとは対極の状態です。あとは玉ねぎのみじん切りらしきものが入っています。「らしきもの」としたのは切り方がバリエーションに富んでいるため。根っこに近い部分の芯が入っていました。あと、玉ねぎは半生でした。シャリシャリです。

 マウンテンにしては、味はごく普通。遭難を云々言うような味ではありません。楽に完食です。それにしても濃い!麺に対してホワイトソースの量が多く、どろどろになっています。少食の方であれば、遭難の危険性もあるかもしれません。

 私が入山したときは、学生のグループが数組入っていました。連休の思い出作りでしょうか。特に横のパーティの青年は悲惨でした。「甘口メロンスパ」を頼んでいたものの、ペースはすでにがた落ち。五合目くらいで止まっています。フォークをひたすら回し続けています。
 私がローズスパを食べ始めてもまだ、麺をもてあそんでいます。
 私がローズスパを五合目まで登ったとき、彼はメロンスパに塩をかけました。…失敗したようです。
 私がローズスパを食べ終わろうとするとき、彼は手のひらに塩を乗せていました。
 私がローズスパを食べ終わったとき、彼は九合目まで登っていましたが、半泣きでした。
 私が下山するとき、そのパーティの別メンバーが激辛ピカンテピラフを追加していました。どうなったのでしょうね。

 この張り紙があちこちにありました。

CDの広告
 霊峰マウンテン

 このCDです。Amazonのインディーズ部門で5月7日現在19位。人気商品です。

|

« これでゴールデンになる!…強引に! | トップページ | 白いカラスと角の生えた馬のお話 »

コメント

>まゆぞうさん
 結構なくどさです。スパにソースがかかっているのでは無く、ソースの具としてスパが入っているような感覚に陥りました。
 不味くはないのですよ。全く。不味くは無いのですが…。さすが「重食喫茶」と呼ばれるだけのことはあるなぁ、と思わせてくれる代物です。
 まゆぞうさんのピンクカルボナーラ、実に美味しそうです。色は似ていても、山とは全く違うんでしょうね…。

投稿: 桜濱 | 2005.05.09 03:13

最アタックお疲れさまです。
ローズというからバラの花びらかと思いましたが、
(山だったらやりかねないと思いましたので)
至極普通ですね。ちょっとくどそうですけど。
私は生ハムを刻んでたまねぎ、トマトソース、
生クリームで作ったピンク色のスパゲッティーを
作りますから、普通に食べてみたいです。半分ぐらいですが。

投稿: まゆぞう | 2005.05.07 23:20

>ささのってぃさん
 ちょっと通りかかったついでにね。一緒に登山していたら、私の代わりに甘口登山を強要していたかもしれないわよ。
 今のところ無事ですが、いつ遭難するか分からないよ。植村直己でさえもマッキンリーで行方不明になったからね。

 カキ氷はもう少し暖かくなってから。

投稿: 桜濱 | 2005.05.07 15:57

なんだかんだで、また登山したのですね。
一緒に登山できなくて残念です。あ〜、残念、残念。
しかし、いまだ一回も遭難してないとはなかなか強者だね。
やはり今度は、かき氷ですな。

投稿: ささのってぃ | 2005.05.07 03:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/4016506

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の「山」登りは「ローズスパ」:

« これでゴールデンになる!…強引に! | トップページ | 白いカラスと角の生えた馬のお話 »