« 飲み物? | トップページ | とろけるわらびもち »

2005.04.20

メインの活動ができない。

 ミスタードーナツさん、またやっちゃいましたね…。

 それでも私はミスドが好きです。フルーティ・スプリングフェアなんて、私の心を惹いてやみません。フレンチカラメルパイのサクサク感とコクのあるカスタードクリームの味わい、ポン・デ、フレンチ、イーストのスプリングバージョンの春らしいさわやかなデザインとフルーツジャムのしっとりとした甘さ、見た目も鮮やか、混ぜて飲めばフルーツのフレーバーが優しく香るフルーツティ。おいしいなー。
 どれも食べてはいますが、感想を書いておりません。感想用に食べに行っていないのです。具体的に申し上げますと、新発売商品を同時に注文して食べ比べをしていないのです。今日はフレンチカラメルパイのミックスベリーとハニー&ピーチ。今回はポン・デ・白桃。それなら今度はミックスベリーというように、ばらばらに食べているので比較しにくいんです。
 いつもと違う注文の仕方をしてるのには理由があります。同時にたくさんのドーナツを食べることができなくなっているのです。なぜならば…、

 太った。

 少しだけど、明らかに太りました。ドーナツの大量摂取は憚られます。マウンテンに行くのも憚られます。今日のデイリーポータルZコネタではマウンテンの「甘口抹茶小倉スパ」を再現しています。でも、実際に食べた者としては「なんか違う…」と思われ、比較のために小倉スパを再登山して検証してみようかなと考えたのですが、体重のことがちらついて踏み切れません。

 現在、体重落とし中です。ドーナツ食べたい…。期間限定なのに…。マウンテン行きたい…。小倉スパ食べたい…。うらめしい…。

|

« 飲み物? | トップページ | とろけるわらびもち »

コメント

>うえるりゃさん
 ご許可いただいた上に、相互にまでしていただいて感謝いたします。さっそくリンク張らせていただきました。

 「ぬっぺふぽふ」、言いにくいです。n音、p音、f音という間抜け音の連続ですもの。でも響きは素敵です。
 私が気になったのは「袖ひき小僧」です。「特徴:袖を引っ張る」。邪険に扱いたい。

投稿: 桜濱 | 2005.04.21 11:31

どうぞどうぞ。
ありがとございます。よろしくお願いします。

むしろ相互にしちゃいます。ここスゴイ楽しいんで。
お願いしマウス。

追伸:僕の好きな妖怪は「ぬっぺっぽう(ぬっぺふほふ)」です。見た目+音の響きが完璧に近いです。

投稿: うえるりゃ | 2005.04.21 10:47

>うえるりゃさん
 ようこそいらっしゃいませ。コメントどうもありがとうございました。
 名古屋に移り住んで一年強になりますが、名古屋のキレ度はなかなかものがあります(ほめ言葉)。飽きないです。深夜だけに店を開け、安く、量が多く、サービスも良いが、まずいラーメン屋なんてのもあるみたいです。(http://nagoya.cool.ne.jp/gami1/)食べてみたいですが、場所が場所だけに怖い。

 鳥取境港は私も惹かれます。霊番ホーム!すばらしいセンスですわ。妖怪でもないのに、ブロンズ像化した「サラリーマン山田君」も見てみたいです。

 追伸
 当ブログに、うえるりゃさんのブログへのリンクを張らせていただきたいのですが、ご許可いただけますでしょうか?

投稿: 桜濱 | 2005.04.21 00:37

コメントありがとございます。
飛んできました。

抹茶スパにしても、天むすにしても、味噌カツにしても個性派料理が多くていいなあ。くいたい。
名古屋ってなんかすげえ楽しそう。
いい意味で飛んでるものが多そうな雰囲気で素敵です。

現実から逃げて行きたい二大地区の一つになってます。
もう一つは鳥取。砂丘と水木しげる。夢の国です。

投稿: うえるりゃ | 2005.04.21 00:11

>藤田チエさん
 確かに大塚さんの抹茶小倉スパはお菓子の雰囲気がありますね。なんというか毒々しさがないというか。「違和感のない味」とかかれていらっしゃいますし、マウンテンの抹茶小倉スパとは別物と考えたほうが良さそうです。

 コネタを読んでいくつか違いを上げるとすると、まずはチエさんのおっしゃるように、

・炒めていない。
 これは大きいです。麺がテカテカしてお皿に池となるくらい油がきついです。炒め方も均等ではありません。いためすぎでぱりぱりになったところと、油が絡まっているだけのところがあります。

 あとは、

・麺を冷ましてから生クリームを盛っている。
 スパの熱で急速に溶けていく生クリームが難関です。

・餡の粒が大きく残っている。水分が多めに残ったとろとろの餡。
 あんこはスーパーの片隅で売っているような今川焼きに入っているタイプの餡です。

・生クリームはホイップ済みのものが、しぼり出し袋に入った状態で売っている業務用のもの

・麺の砂糖が少ないのでは?
 マウンテンの麺は嫌になるくらい甘いです。

・抹茶の量が少ないのでは?
 マウンテンの麺は苦いです。

・ゆで時間が足りないのでは?
 マウンテンの麺はアルデンテを無視しています。柔らかくて生クリームと油とあんこがよく絡みます。

 以上の点を考慮して調理すると、少なくとも「違和感の無い味」にはならないと思います。
 「でも「もう一回作れ」って言われても作らないなあ。」
 …そうですよね。

 

投稿: 桜濱 | 2005.04.20 22:21

そのコネタ、朝見ました。
大塚さんが作ったものは、大塚さん自身の器用さと、センスの良さと、写真加工技術が相まって、「抹茶風味のモンブラン」みたいでおいしそうな洋菓子に写っています。
なんなんでしょうね、ここで散々地獄絵のような・・・失礼、おいしそうな抹茶スパを見てきたので視覚が麻痺したのでしょうか?なんだかよくわからなくなってきました。
過程を見ると、大塚さんはパスタをゆでて盛りつけしていますが、本家マウンテンではパスタを炒めてるんですよね。
だから写真見たときに違和感があったのではないでしょうか?

投稿: 藤田チエ | 2005.04.20 21:46

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/3783754

この記事へのトラックバック一覧です: メインの活動ができない。:

« 飲み物? | トップページ | とろけるわらびもち »