« 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(2) | トップページ | 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(4) »

2005.03.08

加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(3)

 蒸気の勢いは期待はずれとなりました。でも何かできそうです。そうだ!さっき手を近づけたとき、すごく熱かったではないか。熱だ!熱が使えるぞ。
 蒸気と熱。私の頭に浮かんだのは、故郷九州の風景です。温泉大国日本。九州には名だたる温泉地が数多くあります。旅番組でも温泉紹介の最初の場面では幾多もの温泉源の蒸気が引きの映像で流れます。
 そのような旅番組では温泉の紹介だけに終わることはありません。必ず食の情報もからんできます。温泉+蒸気+食。この和の解は何でしょうか? 私は「温泉玉子」を導き出すことに成功しました。他にも「温泉まんじゅう」を導き出すこともできたかもしれませんが、自分の家には玉子しか無かったので、解は「温泉玉子」にならざるを得ませんでした。よし、加湿器の蒸気で温泉玉子を作るぞ。あれほど熱い蒸気なのだ、きっと玉子は固まってくれるはずだ。

 冷蔵庫から玉子(L玉)を取り出します。これをそのまま蒸気吹出口の上に置いても良かったのですが、先ほどの失敗のために少し弱気になっていた私は、玉子加熱中の不慮の事態による玉子の破裂を危惧して、玉子をラップで包んだ後にセットすることにしました。
 ラップは「ピッとピッタリ おいしさつつむ」と銘打っている大手の物で、摂氏140度まで耐えることができる製品です。加湿器の蒸気にも負けることはありません。


 マイナス60度Cから140度Cまで。

 ラップで満遍なく玉子をくるみます。


 すきまなく。

 ラップで包んだ玉子を蒸気にさらします。


 加熱開始。

 玉子を置いているこのくぼみは、本来はメンソール成分の入った専用リフレッシュ液を入れておくためのものです。


 入れておくといい香りがする。

 明らかにくぼみの使い方を間違ってはいますが、説明書を見ても、

 蒸気吹出し口やすき間にピンや針金などの金属物等、異物を入れないでください。
 感電や異常動作をしてけがをすることがあります。
 [禁止]

とあるだけで「温泉玉子を作るためにくぼみの上に玉子を乗せないでください」とは載ってないので、少し安心しました。ですが、
これも同様の作業を行う場合は、個人の責任で行ってください。玉子が割れた、機械が壊れた、やけどしたなどいかなる損害が生じても、私は責任を負いかねます。

 玉子を乗っけて1分もしないうちに、ラップには水滴がびっしりと付きました。玉子が固まる期待感を抱かせる姿です。
 …30分経過したところで、蒸気を玉子全体に当てるために、玉子をひっくり返します。熱せられた玉子はまともにつまめないほどです。


 熱すぎてなかなか触れない。

 熱っ、熱っ!と何度か手を引っ込めながらもどうにか裏返し、またしばらくの間、加熱させておきます。
 さらに30分。そろそろいいかなと思ったものの、やはり先ほどの風車の失敗がこたえたため、万全を期すためにさらに30分放置。

 合計1時間30分加熱したところで玉子を蒸気から下ろします。


 温泉玉子もどきの完成。

 気になる中身はどうなっているのか。少し冷えたところで、玉子を台に打ち付けます。

 カチカチ。

 感触は固ゆで玉子と同じだ。カチカチ。普通にひび割れてるな。カチカチ。…わっ。


 どろっと白身が出た。

 あれだけ加熱したのに固まっていませんでした。以降、柔らかい白身に注意しつつ殻を取り除いていきます。
 全身むき終わった玉子を皿に移し、観察をすると、

玉子殻なし
 わずかに半熟。

 ほとんどが固ゆで状態で、一部半熟の玉子になっていました。スプーンで割って、しょうゆをたらします。

玉子中身
 まずまずの仕上がり。

 中身を見ても、70%固ゆで、30%半熟といった状態でした。本物の温泉玉子のようにとろとろの白身に固まりかけの黄身とはずいぶんと離れた見た目です。ですが、黄身のわずかな部分は温泉玉子を髣髴とさせる食感になっていました。時間の調整次第で、温泉玉子に近づくことができると思わせるものです。

 このスチーム玉子(温泉玉子から改称)、完成までに1時間30分掛かりましたが、15秒で食べ終わりました。

 (4)につづく。

|

« 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(2) | トップページ | 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(4) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/3216660

この記事へのトラックバック一覧です: 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(3):

« 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(2) | トップページ | 加湿器の蒸気に副業を与えてみた。(4) »