« 積読本と「丸かじり」 | トップページ | ミスドのコーヒーカップをもとめて »

2005.03.26

今日の『山』登りは「甘口バナナスパ」

 今日の喫茶マウンテンはお客さんが多かったです。土曜日で午後三時のおやつ時、学生さんは春休み中とくればあたりまえなのでしょうか。入山からアタック開始まで35分かかりました。

 注文したのは前々から予告していた「甘口バナナスパ」です。前回までに「甘口抹茶小倉スパ」「甘口いちごスパ」を登頂しておりますので、「バナナスパ」の登頂に成功すれば御三家制覇となります。「抹茶小倉スパ」と「いちごスパ」はおいしく頂くことができ、また「バナナスパ」は、「バナナとチョコの組み合わせが悪いわけないじゃない。チョコバナナってものがあるんだから」とか「温かいバナナなんてキワモノじゃないでしょ。バナナを蒸して、主食として食べる土地だってあるもの」なんて高をくくっておりましたが…。

 「バナナスパ」の見た目は厳しいものではありません。わずかに黄みがかったスパゲティの上にのる生クリーム。それを取り巻くように配置されたバナナとチョコ数片は、湯気さえ立てていなければでかいパフェにすごく無理して見ようと思えば見えます。

甘口バナナスパ

 チョコが解けると食べにくいらしいので、最初はチョコ部分から攻めることにします。いただきます。半溶けのチョコーレートに麺を絡ませて口にすると…、

 うぅ、これはしつこい甘さだ。

麺自体が甘い上に、普通の板チョコですから甘いのは当たり前です。でもここまでくどいとは思わなんだ。
 ちょっとこれは厳しいぞ。バナナに移ることにします。バナナは炒められたものと、生をカットしたものが入っています。まずは炒めバナナから。熱を加えられたバナナは表面が溶けていてぬめぬめしています。フォークに突き刺し、麺とともにすすりこみます。加熱されたバナナ、味を予想していましたが裏切られました。悪い意味で。

 なんでバナナがすっぱいのだ?

 加熱されたバナナは甘みが増すかと思っていたのに。原因はなんだろう。麺が甘すぎるためバナナの甘みが打ち消されたのか?加熱して食べるバナナと日本で普通に食されているバナナは種類が違うのか?など考えましたが、だんだんどうでも良くなってきました。
 こうなったら生クリームだけが頼りですが、この麺がまた生クリームと合わないんです。麺とバナナとチョコと生クリームの境界が分かりにくいんです。そのため生クリームが休みになりません。しかもいつもより油がきついような。皿を傾けると縁を伝って油が池になります。

 つらい。

 初めて甘口スパの厳しさがわかりました。『山』の辛さを感じました。おかしい。こんなはずではなかったのに。思わず首を傾げてしまいました。おそらく眉間にしわを寄せ、非常に厳しい顔をして食べていたはずです。食べ進めるうちに「なぜ食べ物を味わうことができる舌を持ってしまったのだろう」と生に対する疑問さえ生まれてしまいました。

 それでも6分45秒で、

甘口バナナスパ 完食

 登頂しました。正直言って美味しくなかったです。もう「甘口バナナスパ」は登りません。

 胸焼けするかなと思いましたが、『山』を出てしばらく風に吹かれているとお腹は落ち着きました。遭難はどうにかまぬがれたようです。次はどうしようかしら。このまま甘口の全制覇を目指すか、美味しいメニュー探しに移るか。

 レジ横に「特製甘口抹茶小倉スパストラップ」が置かれていました。前からあったかしら? ¥1000です。

|

« 積読本と「丸かじり」 | トップページ | ミスドのコーヒーカップをもとめて »

コメント

>naoyaさん
 見た目以上に味はすごいです…。完食はしましたが、悪夢のような時間を味わいました。

 コーヒーカップの記事に書きましたが、六実デリサンドのきんぴらとベーコンポテトを久しぶりに買ってみました。こちら↓
 http://blog.goo.ne.jp/syou0928_2004/e/619750d00ddf041aa469742a9aca1adb
の「温めるとおいしい」というのを試してみるためです。(ツナマヨベジはサラダ感覚で食べたほうがおいしいそうだなーと判断したので、今回の登場は遠慮願いました)
 きんぴらはマヨネーズの油がじっとりとにじんで和風感覚が薄れます。これは温めずに、ごぼうとにんじんにしみこんだおしょうゆの味をしみじみ味わうのが良さそうです。
 一方、ベーコンポテトは温めたほうが断然おいしいです。こちらは温まって溶け出したベーコンの油がパンにしみ、ベーコンのうまみが全体に広がったように感じました。

>藤田チエさん
 「通りの達人」の東海特集の番組ですよね。放送するのは知っていましたが、マウンテンが紹介されるとは思わなかったので、他番組を見てました。ミスったなー。
 氷を食べる(冬山登山)は今は厳しいので避けていました。もう少し暖かくなったら試してみようかなーっと思っておりました。
 それにしても、さすがテレビですね。氷の中で最もつらそうな「イカスミ」と「マンゴー」のチョイスをするとは。マンゴーって辛口なんですよねー。私は甘いのはだいたいOKなんですが、辛いの苦手なんです…。なので「イカスミ」は挑戦できますが、「マンゴー」はかなり後回しになりそうです。

投稿: 桜濱 | 2005.03.30 22:27

おおー!!
テレビつけたら名古屋でホンジャマカの石ちゃんと戸田恵子さんがマウンテンで登山しているぞ!!
そして隣の客がバナナスパ食べてるぞ!
いつみてもすごい絵だ!
あとイカスミ氷とマンゴーかき氷もやってるけど、これ、試したことありますか?
もし無かったら食べてきてください!!

投稿: 藤田チエ | 2005.03.30 19:36

こんにちわ。
甘口バナナスパ…見てるだけでもすごいです(笑)
完食しちゃってるっていうのに驚きましたっ。
すごいメニューもあったもんだと…。
ところで、おすすめ頂いておりましたミスドの六実デリサンドのきんぴらごぼうですが、よぉやく試食しました♪なかなか美味しかったですよぉvvv
当分、このミスドの新商品にハマりそうです♪

投稿: naoya | 2005.03.30 09:11

>藤田チエさん
 クレープ+生クリーム+チョコレート+バナナの組み合わせは甘口バナナスパに通じるものがありそうです。好き嫌いがはっきり分かれそうなクレープですね。

 まるごとバナナは私も大好きです。よーく冷やして食べると、しみじみと「おいしーなー」とつぶやいてしまうくらい好きです。やはりバナナ+生クリームは温めちゃ駄目だと今ようやく思いました。

投稿: 桜濱 | 2005.03.29 00:27

御三家制覇おめでとうございます!

南の国はバナナを焼くなり揚げるなりして加熱て食べるのが一般的と聞きますが、私は温かいクレープに生クリームとチョコといっしょにくるまれているバナナにちょっと抵抗が・・・。

やっぱりバナナはそのまま食べるかヤマザキのまるごとバナナとして食べるのがいいです。

投稿: 藤田チエ | 2005.03.27 20:23

>まゆぞうさん
 温かいバナナとチョコレートと生クリームの組み合わせによりデザート感覚で食べられるのではないかと思っていましたが、全くの見当違いでした。もしかしたら、銘菓「東京ばな奈」のようなものではないかとも考えていました。「東京ばな奈」に申し訳ないくらい、全くの見当違いでした。熱いバナナとチョコレートは巧妙な不協和音を奏でておりました。

 「焼きバナナ」、おいしそうですね。羨ましいです。「山」の熱いバナナとは一線どころか、深い谷が隔てるくらいの差がありそうです。

 

投稿: 桜濱 | 2005.03.26 23:41

甘口バナナスパですか。厳しい登頂ごくろう
さまです。

以前通った居酒屋に”焼きバナナ”という
メニューがあったんですが,それは熱い
ばななとチョコレートの絶妙なハーモニーが
あり,たいへんおいしいものでした。

これはどうもそういった焼きバナナとは
一線を画す代物だったようですね。
見ただけでもおそろしそうです。
次のアタック楽しみにしています。

投稿: まゆぞう | 2005.03.26 21:39

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/3447697

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の『山』登りは「甘口バナナスパ」:

« 積読本と「丸かじり」 | トップページ | ミスドのコーヒーカップをもとめて »