« これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 | トップページ | ワールドカップ1日目(ただし大道芸の) »

2004.10.28

手っ取り早く「昭和」を知る

 いつもお菓子のことばかりなので、たまには雰囲気を変えて本の紹介などを。
 岩波ブックレット『年表昭和史 増補版』は1926年から2003年までを1年/1ページで主要な時事を年表形式で並べたものです。2003年までと平成のものも含んでいるものの、まだ平成が続いているので「昭和史・平成史」とはせずに、「増補版」にしているとのこと。

年表昭和史 増補版

 年表といったら「調べる」ために「使う」ことが多いのではないでしょうか。特に受験生の皆さんは、日々年表のページをめくり、何の戦いがいつ起こったものかとか、この法律はいつ作られただとか、だれがどこに行って誰に会ったのだとかを調べていることと思います。でも、一旦受験から離れてしまうと年表なんて触れもしない。思い出しもしない。鳴くようぐいす平安京。いい国作ろう鎌倉幕府。火縄くすぶるバスチーユ。なんてことをつぶやくくらいのもの。受験生でも、日本現代史なんて後回し。せいぜい第二次世界大戦までで手一杯。といったところでしょう。
 受験から離れて今一度手に取った『年表昭和史 増補版』。「調べる」のではなく「読んで」みました。こんなとき本の頭から読まないものなのですね。私が最初に読んだのは「1995年」。この年に思い入れが深い方も多いことでしょう。未曾有の災害と未曾有の事件があった年。そして私個人にも転機があった年です。おそらくこの本を最初に手に取ると皆さん同じような読み方、自分にとって最も印象深い年のページから開く方が多いのではないでしょうか。
 その後「昭和史」という「流れ」を読んでいくことになると思います。その「読み方」も自由。受験には関係ないですからね。本の頭から昭和を追っていく読み方。また逆に現在(昨年ですが)からさかのぼっていく読み方。昭和をあちら側とこちら側に分けてしまっている「1945年」を境に読み比べてみたり等々。授業的ではない歴史の楽しみ方ができる本です。
 1年/1ページというのも秀逸です。主要時事を上手く抜き出していて、見やすいですし、歴史の流れを追うには効果的な構成になっています。

岩波ブックレットNo.624 『年表昭和史 増補版』 中村政則 編
ISBN 4-00-009324-X 本体580円+税

|

« これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 | トップページ | ワールドカップ1日目(ただし大道芸の) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/1799291

この記事へのトラックバック一覧です: 手っ取り早く「昭和」を知る:

« これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 | トップページ | ワールドカップ1日目(ただし大道芸の) »