« 溺れる子供は…どうなる? | トップページ | これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 »

2004.10.16

秋の「ポン・デ」を食べました。

 ミスタードーナツの秋の限定商品「ポン・デ・紫いも」と「ポン・デ・八穀あずき」を食べました。どちらもなかなか個性的な商品となっております。

ポン・デ・紫いも&ポン・デ・八穀あずき

 まずは「ポン・デ・紫いも」。紫いもというチョイスが良いですね。秋といえば普通の甘藷の焼き芋を思いつくものですが、それだと見た目のインパクトが弱くなるでしょうし、甘みも強くなっていたでしょう。それを紫いもにしたことで抑えた甘みとなっております。そのため口に入れた瞬間は物足りなさを覚えますが、「ポン・デ」独特のあのもちもち感を3口、4口味わっていると、甘みとお芋の香り、そして土の中で育ったもの特有の素朴感が呼び起こされます。
 「ポン・デ・八穀あずき」。これは簡単に言ってしまえば、あんドーナツですね。でも「ポン・デ」に生まれたあんドーナツですから、ただのあんドーナツではありません。もともとのもちもち感に加えられた、穀物の粒のもちもち感。このダブルのもちもち食感は面白いです。そして幅を利かせているのはあずきの力強い甘み。それに合わさるきなこのぽこぽこした甘み。複雑な感覚が口中に渦巻く「ポン・デ」です。
 どちらの「ポン・デ」もおすすめです。甘いものが苦手な方は「紫いも」。甘さOKな方は「八穀あずき」を召し上がってみては。ちなみに「紫いも」はスイートレベル3、「八穀あずき」はスイートレベル5。発売期間は11月8日までとなっております。

|

« 溺れる子供は…どうなる? | トップページ | これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/1697069

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の「ポン・デ」を食べました。:

« 溺れる子供は…どうなる? | トップページ | これ以上は体がもたない「ポン・デ・秋のお茶会」 »