« デイリーポータルZ in 名古屋(BB Festa 2004) その2 | トップページ | 大長編ドラえもん再読。 »

2004.07.31

デイリーポータルZ in 名古屋(BB Festa 2004) その3

 レポートの体裁を取っているのに、前回から随分と間があいてしまった。カレンダーをみると三日坊主が一目瞭然である。恥ずかしい。でも、初回に「きまぐれ更新」になると書いといて良かった。先見の明とはこのことである。
 デイリーポータルZの7月30日の特集は「名古屋BBフェスタご報告」。私はこれを待っていたのである。DPZでは主催者側から、当方は参加者側からBBフェスタのご報告ということだ。今回は私は展示品を中心に書いていきます。
 過去DPZで用いられた品々は、抽選箱が置かれていた台の横のスペースにましましていた。いずれも一目見ただけで、過去の特集が思い起こされるものばかりである。だが、手に取って良いものか戸惑う。他のお客さんも同じような気分だったらしく、始めは近寄って見るばかり。あのようなときの曖昧な雰囲気は独特のものがあるなぁ。だが、だんだんと皆慣れてきたのか、徐々に手にし始める。

展示台

 「手にし始める」と書いたが、人気だったのは履き物関係。身長が突然7cm伸びる人や一本歯の下駄の不安定さを甘く見ていた人、「ガッコン、ガッコン」とドリフの缶の缶ポックリを試す人が続出していた。

缶ポックリ

あれほど大きな缶で缶ポックリをすると、みんなロボット的な歩き方になることに気づいた。アシモって、歩くときはあんな気分なのかなぁ。 今回は一本歯の下駄の展示しか無かったが、天狗のお面も一緒に展示していれば、より一層一本歯下駄を楽しめたであろうに。テングマンになれるのだから。二人で来場していれば、Zくん&テングマンの写真が撮れるし。
 私はシークレットシューズが一番気になっていた。安定感はあるのか。不安を持ちつつ履いてみる。ん、高くなった気はあまりしない。たぶんシューズを履いて外出すると実感がわくのであろう。電車やバス、雑踏の中とか。私はその高さよりも座ったらどうなるかが気になっていた。東海林さだおが通販購入体験を書いたエッセイで、シークレットシューズは、和式のトイレが怖いと書いていた。それを思い出したので、しゃがんでみる。おーっ。急にバランスが崩れる。立っているときとはえらい違いだ。和式トイレとシークレットシューズの相性は悪いことを身を以て認識した貴重な体験だった。

Zくん(頭だけ)

 履き物以上に人気だったのが、Zくん(の頭)だった。次から次へと様々なZくんが生まれ、写真に撮られていく。ダバディさんも開場前にかぶっていたということなので、開場後にかぶった人々は、Zくんでダバディさんと間接的につながっていたということになるのだ。みんなが知らず知らずのうちにつながっていく。Zくん(の頭)はまさにブロードバンド! BBフェスタにふさわしい存在だったのである。

うつむくZくん

 そして私もZくんをかぶらせていただいた。スタッフの方に手渡されたZくんは、思っていたよりもふわふわしていて、しっかりした作りになっていた。数十人がかぶったくらいではびくともしなさそうだ。そのZくんをスタッフの方の手をお借りしてかぶってみる。重いっ。手にもった感覚とこれほどまでに違うものか。首の筋肉を総動員する。なんとか形になるポーズをとって、あらかじめお渡ししておいたカメラで取っていただく。が、シャッターを押す瞬間に首の筋肉が力尽き、なんとも弱弱しいZくんになってしまった

 Zくんや履き物関係とは別に、展示台にもいろいろと置かれている。DPZ7月30日の特集でも書かれているが、確かに夏休み後の小学校の教室の後ろの雰囲気を漂わせている。その雰囲気に混じって漂ってくるのが、甘いバウムクーヘンの香りだ。
 前回キャラメルコーン好きであることを書いたが、私は甘いもの好きである。バウムクーヘン食べたい。展示品なのは分かっている。お願いしても断られるに違いない。が、食べたい。手作りバウムクーヘンなんて食べる機会はそうは無い。一切れだけ持って逃げるか。だめだ。バウムクーヘン窃盗なんてしゃれにならない。しかたがないから、出来るだけ近くで甘い香りを味わった。こんど自分で作ってみようか。

バウムクーヘン

 開場と同時にDPZブースに向かい、しばらくの間、展示品を楽しんだりほかのお客さんを見ていたりして過ごし、少し手持ち無沙汰になると、他のブースに立ち寄り、結局はDPZブースに戻る、ということを繰り返して、終了近くの時間までBBフェスタを堪能した。家庭に例えると、DPZブースが動線の中心地・冷蔵庫とでもいえよう。だからバウムクーヘンか。
 DPZブースに限らないが、BBフェスタのスタッフの皆様はとても親切で明るくて、とても良い日が過ごせたと思っております。ありがとうございました。次回8月28日の福岡でも大盛況となることを祈っています。オリンピック最終日前日のようですが負けないでほしいです。
 ペットボトルロケット飛ばしてほしかったな。

|

« デイリーポータルZ in 名古屋(BB Festa 2004) その2 | トップページ | 大長編ドラえもん再読。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44489/1093093

この記事へのトラックバック一覧です: デイリーポータルZ in 名古屋(BB Festa 2004) その3:

« デイリーポータルZ in 名古屋(BB Festa 2004) その2 | トップページ | 大長編ドラえもん再読。 »